ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - パウダーコートカラー丸塗り

2018.09.24

TECNOMAGNESIO(テクノマグネシオ)&Speedine(スピードライン)マグホイールのパウダーコート再塗装&ロゴ作製

TECNOMAGNESIO(テクノマグネシオ)&Speedine(スピードライン)マグホイールのパウダーコート再塗装&ロゴ作製 TECNOMAGNESIO(テクノマグネシオ)&Speedine(スピードライン)マグホイールのパウダーコート+パウダークリアーによるフルパウダーコート再塗装+ロゴシール作成です。

1Psの丸塗り再塗装は簡単そうに見えますが、マグホイールの再塗装はアルミの再塗装とは剥離から下処理、仕込みが大きく異なりますのでコスト納期など倍ほど掛かります。

マグの曲りガリ傷修理は難しくさらに塗装との相性が悪い特異な金属のためマグ専用の剥離やアルミには無い特殊な下処理を要しパウダーコートは必須条件で指定カラーが有る場合はパウダーコートはベースとしてカラー調色した従来のガン吹き液体溶剤アクリルウレタンお化粧塗装になります。

TECNOMAGNESIO(テクノマグネシオ)&Speedine(スピードライン)マグホイールのパウダーコート再塗装ロゴシール作成


香川県のお客様・・・程度良好なTECNOMAGNESIO(テクノマグネシオ)14インチ/マグホイール

山口県のお客様・・・若干曲りガリ傷の有るSpeedine(スピードライン)18インチ/マグホイール

マグホイールのマグ専用塗装剥離

ハンドアクション研磨~リム研磨

インナーリムから側面リム研磨

ガスグラスプライマー化学処理

マグ専用ハイブリットプラーマー

パウダーシルバー&パウダーグロスホワイト静電噴射!

1コート目パウダーシルバー

1コート目パウダーグロスホワイト

2コート目パウダーアクリルクリアー静電噴射!

アルミ製ドアミラー台座の剥離~ブラスト研磨

アルミ製ドアミラー台座のパウダーマットブラック

パウダーシルバー&パウダークリアーリコート後ロゴ黒シール貼り付け溶剤クリアー抑え完成!

パウダーグロスホワイト&パウダークリアーリコート後ロゴ赤シール貼り付け完成!(クリアー抑え無し)

白、黒などソリッド系へのパウダークリアーは任意ですが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアー”によるフルパウダーコートフィニッシュを絶対お勧めします。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」の利点からインリムまで塗装までパウダーコートが絶対お勧めです。ガラスコーティングは肌の弱い溶剤カラーを保護する役目のコーティングですので頑丈肌のパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”は必須条件です。

パウダーアクリルクリアーによりモッチリとした肉厚感有る頑丈肌になります。

【アルミと大きく違うマグホイールの修理から再塗装の工程】

1・マグ剥離(外注依頼)~2・曲り、ガリ傷修理~3・本体丸ごと研磨~4・脱脂(釜炊き)~5・陽極酸化や化成処理~6・マグプライマー(釜炊き)~7・パウダーコート(釜炊き)~8・パウダー肌サイディング~9・陥没埋め+サフ塗装(釜炊き)~10・サフサイディング~11・溶剤塗装(釜炊き)~12・トップコート(釜炊き)~13・バフ磨き

※1・剥離から完成まで釜炊きだけで最低6回を要します。

※2・塗装剥離は専門外注依頼となるためアルミの倍以上掛かります。

※3・ガリ傷肉盛り溶接はアルミの5割~増し

※4・マグの割れ修理は基本的に不可です。

※5・外注工事を伴い下処理が多いため納期もアルミ再塗装の倍近くコストが掛かります。

素材を痛めるマグ素人剥離 http://www.243ok.com/blog/2015/05/22944/

マグホイールの再塗装リフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。※悪質なパテ埋め、削り込み修理など一切行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール返信のお願い・・携帯からのメールは一部返信不能や文字化けなど有り電話番号が明記されないとこちらから連絡方が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

日々多いメールのため随時回答返信が出来ない場合や回答返信しても迷惑メール削除されている場合も有りますので2~3日たってもこちらから回答返信が無い場合はお電話お願いします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.07.26

MOMO15インチ削り込みパテ埋め補修の手直し修理からフルパウダーコート再塗装リフレッシュ・リメーク

これも酷かった、削り込みパテ埋めの手直し修理からフルパウダーコート再塗装リフレッシュ・リメークです。

後塗りされたホイールは、ほとんどがろくな修理されてないのが多く塗装剥いで「ビックリ、ガッカリ」の削り込み、パテ埋め補修が多く今回のMOMOもそれに当たります。

パウダーコートによる「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPからパウダーコートフィニッシュがワンオフ一品物ならではの理想的な再塗装です。

MOMO15インチ削り込みパテ埋め補修の手直し修理からフルパウダーコート再塗装リフレッシュ・リメーク


鹿児島県のお客様・・・・めったに見かけない激レアのMOMO15インチです。

インチキ修理の後塗りは塗装で有る程度誤魔化し隠せますが、プロの目は誤魔化せません。
波打ち凸凹が多く有り如何にも怪しげな後塗り塗装ホイールです。※その場しのぎの素人だましインチキ修理はいずれバレますのでまじめに真剣に仕事してください。

アウトリム&インリム曲り修理から・・

パテ埋め削除から肉盛り溶接

リム研摩形成原型修復して剥離ブラスト研磨

海外製の鋳造(CAST)ホイールは鋳j肌が粗いためサフプライマー塗装で平滑面を出して有りますので粗い鋳物肌をハンドアクション研磨で削り落とします。

さらに平滑面台しのための当社独自のバレル荒研磨!

インナーリムから側面リムの研磨

1コート目メタ強めパウダーシルバー静電噴射!

センターキャップと星形キャップカバーの剥離ブラスト研磨

センターキャップはホイールと同色1コート目メタ強めパウダーシルバー静電噴射!

ホイールとセンターキャップ2コート目パウダーアクリルクリアーリコート静電噴射!

メタリックの強いギラギラしたパウダーシルバーはパウダーアクリルクリアーを塗らないと効果が出ません。

エンターエンブレムは剥離研磨してパウダーイエロー静電噴射!

エンターエンブレムのロゴリール作成貼り付けしてクリアー抑え!

星形キャップカバーは虫食い、陥没、腐食だらけのためパウダーコートには大きな壁です。

虫食い、陥没、腐食埋め目的でパウダーサフコートを厚めに塗ります。

パウダーサフコートをサンディングしてとりあえずパウダーレッドを塗りましたが肌がまだ凸凹です。

パウダーレッドをサンディングして2回目のパウダーレッド静電噴射!

凸凹肌が埋まり平滑レベリングUPしました。

パウダーレッドをサンディングしてパウダーアクリルクリア静電噴射!
※星形キャップカバーは「パウダーサフ+パウダーレッドx2回+パウダーアクリルクリアー」のパウダー4コートです。

全パーツパウダーフルパウダーコートの完成!

星形キャップカバーが上手くいきましたので赤と黄色のコンストラストでインパクトの強いイメージです。

パテ埋め、削り込みされたリムの手直し修理原型修復はほぼ完璧です。
※塗装の出来栄えも重要ですが、修理の方が肝心要です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
※ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

剥離しないで溶剤上塗り3色カラーなら簡単で何てこと無いですが、手直し修理から剥離してパウダーコート3色カラーが耐久性Up目的拘りです。
●パウダーコート再塗装について●
1・曲りガリ傷修理~2・塗装剥離~3・ブラスト研磨~4・ハンドアクション研磨~5・バレル荒研磨~6・化成処理~7・脱脂~8・200℃以上空炊き~9・パウダーコート~10・カラーによりパウダークリアー
2・マットブラック、その他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要のためパウダーコートカラーでは一番安く上がります。
3・黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんのでパウダークリアーは任意ですが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアー”2コートをお勧めします。
4・ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートになります。
5・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の3コートになります。
6・カラーNOや指定カラーが有る場合はパウダーコートはベースとして調色可能な溶剤カラーお化粧塗装になりますので耐久性は溶剤カラーの特性になります。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※色塗れば誤魔化せる悪質なパテ埋め補修、削り込み修理など一切行っていません。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225
 (有)オートサービ西

2018.07.24

OZラリー四駆16インチ/パウダーグロスブラック/ロゴシールクリアー抑え

根強いファンの多い人気モデルですので修理リフレッシュ・リメーク依頼が多いOZラリーレーシング16インチのパウダーグロスブラックからロゴシール溶剤クリアー抑えです。

数年前同品ご依頼頂いたお得意様ですが、当時は溶剤サフ、溶剤ブラックでの対応でしたが現在4本セット再塗装は全てパウダーコートでの再塗装です。

パウダーコートは溶剤より高いと思われがちですが、剥離から丸塗り再塗装は却って溶剤の方が割高になり、溶剤が安く上がるケースは新品又は新品同様で塗装剥離、ブラスト研磨が不要な上塗りが出来る場合や単品修理でカラー調色を要す場合のみ従来のガン吹き液体溶剤アクリル塗装の出番です。

OZラリー四駆16インチ/パウダーグロスブラック/ロゴシールクリアー抑え


神奈川県のお客様・・・経年劣化褪色は当然有りますが、曲り、ガリ傷修理の無い程度良好なOZラリー四駆16インチです。

曲り、ガリ傷修理が有りませんので即塗装剥離

ブラスト研磨

リム研摩機形成からハンドアクション研磨!

インナーリムから側面リムのリム研摩

平滑面出しレベリング向上のため溶剤&パウダーコート問わず当社独自のバレル荒研磨!
※再塗装は下処理、仕込みが命!

パウダーグロスブラック静電噴射!

パウダーグロスブラック仕上げなら終了ですが、これからマスキンしてサンディングシール貼り付けが有ります。

パウダーコート肌のサンディング

拘りのひと手間掛けた溶剤クリアーがインナーリムから側面リムに被らない様にマスキング!

カッティングロゴシール黄色作製

ロゴシール貼り付けはオリジナルに沿った「角度・位置・文字間隔」合わせが重要です。

OZロゴシール「退色、剥げ防止」のための溶剤クリアー抑え完成!

忠実に再現したOZロゴシール

・・インナーリム、側面リム拘りのパウダーコート肌残しの理由・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光して見栄えが良い」などインリムはパウダーコートが絶対お勧めです。パウダーコートはガラスコーティングなど必要有りません。

ベースはパウダーブラックですがシール「退色、剥げ防止」のための溶剤クリアー抑えですので最終肌は溶剤の特性になります。

ガンコートによるロゴ塗装からパウダーアクリルクリアー抑えのフルパウダーコートも可能ですが失敗手直しリスクが高いためシール貼り付けの方が安心安全確実です。

装着写真頂きました。
■パウダーコートついて■
ホイールの再塗装は「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPで量産新品には無い一品物ワンオフ塗装ならではの個体パウダーコートフィニッシュが理想的な塗装です。
※パウダーコートは溶剤より高いイメージが有りますが、剥離から丸塗り再塗装は却って溶剤の方が割高になり、溶剤が安く上がるケースは新品又は新品同様で塗装剥離、ブラスト研磨が不要な上塗りが出来る場合や単品修理でカラー調色を要す場合に一般的なガン吹き液体溶剤塗装の出番です。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。※悪質なパテ埋め補修、削り込み修理など一切行っていません。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2018.07.18

RAYS-TE37ブロンズ16&18インチ曲りガリ傷修理パウダーグロスホワイト/パウダークリアー有り、無し

RAYS-TE37/16インチ&18インチのアルマイトブロンズからパウダーグロスホワイト再塗装です。

18インチの方はパウダーグロスホワイト1コートですが、16インチの方はパウダーアクリルクリアーリコートとロゴシール貼り付けで内容がやや異なります。

アルマイトブロンズとはブロンズに着色された酸化被膜の化研アルマイトで一種のメッキ工法のため下処理がそのいまま反映されます。ディスクは鍛造ユズ肌のままですので艶の無いブロンズになり、リムは旋盤カットによるポリッシュのため艶の有る透き通るブロンズになりディスクとリムのブロンズ光沢が異なる理由です。

アルマイトブロンズは年式やロットで色合いが異なり今回の16インチと18インチのアルマイトブロンズの色合いが違います。

アルマイトブロンズの単品修理の場合、同じアルマイトブロンズは不可能ですので溶剤クリアーにブロンズを加えたキャンディーカラー塗装での単品修理になります。

RAYS-TE37ブロンズ16&18インチ曲りガリ傷修理パウダーグロスホワイト


山口県のお客様・・・やや青みの強いRAYS-TE37アルマイトブロンズ16インチ

RAYS-TE37/16インチ/曲りガリ傷修理

RAYS-TE37/16インチ/ガリ傷肉盛り修理

鹿児島県のお客様・・・やや赤みの強いRAYS-TE37アルマイトブロンズ18インチ

RAYS-TE37/18インチ/曲りガリ傷修理

RAYS-TE37/18インチ/ガリ傷肉盛り修理
16&18インチ共通作業

曲りガリ傷修理から研磨形成~ブロンズ剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

16&18インチ共にインリムはかなり腐食が進行しています。

平滑面台しのための当社独自のバレル荒研磨・・溶剤&パウダーコート問わず再塗装は下処理、仕込みが命です。

パウダーグロスホワイト静電噴射!

18インチ側はパウダーグロスホワイトの1コートで完成ですが16インチ側はパウダーアクリルクリアーリコートします。

16インチ側はパウダーアクリルクリアー静電噴射!

TE37/16インチ曲りガリ傷修理パウダーグロスホワイト+パウダーアクリルクリアー+ロゴシール貼り付け完成!

パウダーアクリルクリアーにより光沢性、耐食性、耐久性UPします。

TE37/18インチ曲りガリ傷修理パウダーグロスホワイト1コート完成!

黒や白などソリッド系は経費削減で1コートでも構いませんのでパウダークリアーリコートは任意です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。

※ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

写真上パウダーアクリルクリアーリコートで写真下はパウダーアクリルクリアー無しです。

奥深い狭いホイール穴などガン吹き溶剤の場合塗装が完全に届かず一部薄くなったり、ざらついたりしますが、静電式のパウダーコートなら複雑な構造の奥深い箇所など隅々まで万遍無く塗装が出来ます。

TE37/16インチ/パウダーグロスホワイト+パウダーアクリルクリアー+ロゴシール貼り付け

TE37/18インチ/パウダーグロスホワイト1コート(パウダーアクリルクリアー無し・ロゴシール貼り付け無し)
●パウダーコート再塗装の流れ●
1・曲りガリ傷修理~2・塗装剥離~3・ブラスト研磨~4・ハンドアクション研磨~5・バレル荒研磨~6・化成処理~7・脱脂~8・200℃以上空炊き~9・パウダーコート~10・カラーによりパウダークリアー
(任意オプション)
2・マットブラック、その他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要のためパウダーコートカラーでは一番安く上がります。
3・黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんのでパウダークリアーは任意ですが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアー”2コートをお勧めします。
4・ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートになります。
5・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の3コートになります。
6・指定カラーが有る場合はパウダーコートはベースとしてパウダーサイディング下処理して調色可能な溶剤カラーが追加となります。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービ西

2018.04.17

BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)+パウダー赤フランジ(裏組み)

BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)+パウダー赤フランジ(裏組み) BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)とリムフランジパウダーレッド、フルパウダーコート裏組みです。

表組み(オーバーヘッド)台座勘合のモノを裏組み(アンダーディスク)組みすれば勘合が無いため裏から組んで「ハイ完成!」と安易な組み付けでは有りません。

裏組みは勘合の無い正規組み付けでは有りませんので改造組み付け自己責任としてお願いします。

BBS-LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)パウダー赤ライン/フルパウダーコート(裏組み)


愛知県のお客様・・・数回ご依頼頂いているお得意様の程度良好なLM-DSK-Pです。

剥離~ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

バレル荒研磨・・・塗装は下処理仕込みが命!

ディスクのパウダーマットブラック(5分引き)静電噴射!

2Ps本体剥離インナーリムから側面リム研磨

2Ps本隊パウダーマットブラック(5分引き)丸塗り静電噴射!

リムフランジ部が溶剤赤ラインなら簡単で楽なのですが、フルパウダーコートがお客様の拘りですのでリムフランジもパウダーコートによる赤ラインを入れます。

マット黒の上に赤上塗りでは鮮やかな赤になりませんのでリムフランジを黒を剥ぎ研磨します。
溶剤赤の場合は白をベース塗りして赤を塗りますのでリムフランジの黒を剥ぐ必要は有りません。

リムフランジマスキングしてパウダーレッド静電噴射!パウダー2コートになります。

ピアスボルト、エアバルブのブラスト研磨からガスグラスプライマー化学処理パウダーマットブラック静電噴射

全パーツ個別のパウダーマットブラック

フロント裏組み完成!

リア-裏組みけ完成!

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

微かな艶がある5分消しマットブラック
溶剤マットブラックの場合、艶消し添加剤塗装のため肌がザラツキ感が出ますが、パウダーマットブラックはザラツキ感の無いツル肌になりメンテもやり易くなります。

裏組みによりリムが一段深リムになり9.0J+45から9.0J+28になります。
※リムが深くなり見た目が良くなりますが、勘合の無い裏組みは最善の方法を施しては有りますが正規の組み付けでは無く改造組み付けですのでご使用に関し自己責任としてお願いします。

裏組みによりリムが一段深リムになり9.0J+45から9.0J+28になります。
※リムが深くなり見た目が良くなりますが、勘合の無い裏組みは最善の方法を施しては有りますが正規の組み付けでは無く改造組み付けですのでご使用に関し自己責任としてお願いします。

■LM18インチ/パウダーマットブラック(5分引き)裏組みアンダーディスクの詳細■
・アウターリム・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)+パウダー赤ライン
・アウターリム・・・・・・・赤ロゴシール作製貼り付け
・2Ps本体塗装・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・センターディスク・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・ピアスボルト・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・ナット・・・・・・・・・・洗浄研磨
・エアーバルブ・・・・・・・パウダーマットブラック(5分引き)
・エンブレム・・・・・・・・赤パッチ新品交換

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225
・・・・・繁忙期のため納期遅延のお詫び・・・・・
2月~3月入庫が普段の倍以上有り4月末GW前の納品やお客様のイベント出品が多く迫っているため普段の納期より全て遅延してますのでご理解ご了承のお願いします。

(有)オートサービス西

2018.04.14

二輪・四輪鉄ホイールの修理パウダーコート再塗装x4台

二輪・四輪鉄ホイールの修理パウダーコート再塗装です。

鉄ホイールの修理から再塗装リフレッシュ・リメークは当社では全て粉体塗装(パウダーコート)での再塗装を行っています。

※パウダーコートは溶剤より高いイメージが有りますが、剥離からの丸塗りの場合却って溶剤の方がコスト割高になり溶剤が安く上がるケースは塗装剥離~ブラスト研磨が不要な新品又は新品同様の再塗装のみです。

パウダーコートは樹脂膜の180~200℃高温焼き付けのため「密着性、耐光性、耐色性、耐熱性、頑丈肌」など鉄ホイール再塗装には一番適した塗装で、一般的なガン吹き溶剤カラーの比では有りません。

鉄ホイールの修理パウダーコート再塗装x4台

その1・・・穴埋め溶接パウダーマットブラック3分引き(1コート)
神奈川県のお客様・・・ホイールカバー削除穴埋めがメインの17インチ鉄ホイールです。


ホイールカバーのリベット止め削除すれば穴が開きます。

溶接前に塗装剥離

リベット止め穴の鉄溶接埋め

鉄溶接埋め研磨形成

アウトリム研摩

インナーリムから側面リム研磨

平滑面出しのバレル研磨!塗装は下処理、仕込みが命です。
※パウダーコートは全てバレル研磨をしています。

パウダーマットブラック3分引き静電噴射!

微かな艶がある3分消しマットブラック
溶剤マットブラックの場合、艶消し添加剤塗装のため肌がザラツキ感が出ますが、パウダーマットブラックはザラツキ感の無いツル肌になりメンテもやり易くなります。

リベット止め穴の鉄溶接埋め箇所は完璧です。


その2・・・曲り修理手直しパウダーシルバー(1コート)
佐賀県のお客様・・・曲りを応急処置で治した鉄ホイール

曲がった状態で頂ければ簡単に修理出来ますがハンマー叩きやペンチ伸ばしされると修理が難しくなり修理代も倍以上掛かりますので絶対に手を加えずにお送りください。

凸凹に歪な形状になっています。

プレス曲り修理

曲り修理が終わればパウダーコートの下準備

パウダーシルバー静電噴射!

パウダーシルバー完成!

ハンマー叩き、ペンチ伸ばしされた周辺です。

手付かずの曲りなら安く早く治せますが手を加えられたモノは余計な経費と時間が掛かります。
このホイールは2ヵ月ほど納期を頂きました。


その3・・・二輪曲り修理パウダーホワイト(1コート)
高知県のお客様・・・レア物スクーターの12インチ鉄ホイールです。

30年前の鉄ホイールですので凸凹曲がってかなり傷んでいますが修理と下処理さえしっかりすれな見事に再生蘇ります。

鉄ホイールでもより密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理してパウダーグロスホワイト静電噴射

錆びだらけのスクーター鉄ホイールがパウダーコートにより当時物以上のクオリティー耐久性UPして再生されました。

一般的なガン吹き溶剤ホワイトの数倍長持ちします。

ホイール本体隅々までパウダーコートでコーティングされてますので錆び易い鉄ホイールにはパウダーコートがベストな再塗装です。


その4・・・パウダーホワイトベース溶剤ホワイト&溶剤クリアー(3コート)
茨木県のお客様・・・トライアンフTR-4純正鉄ホイールです。

鉄ホイールを剥離すれば直ぐに錆びてしまうためアルミの様にまとめて造り置きが出来ませんのて鉄ホイールは剥離したらパウダーコートまで一気に付きっ切りの作業になります。

ブラスト研磨

リム研摩

化成処理からガスグラスプライマー化学処理してベースとなるパウダーホワイト静電噴射

指定カラー提示頂き調色しての溶剤お化粧塗装

インナーリムから側面リムはマスキングしてパウダーホワイト塗装残しです。
・・・・・・パウダーホワイト塗装残しの理由・・・・・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

鉄ホイールに限らず丸塗り再塗装ではガン吹き溶剤お化粧塗装でも今時溶剤サフなど使用していませんので地金をしっかりガードするパウダーコートをベースとしたガン吹き溶剤塗装になります。

量産新品鉄ホイールの塗装は錆止めレベルの簡易的な溶剤塗装ですが錆び易い鉄ほどワンオフ一品物再塗装ならではパウダーコートがベストな塗装で一般的なガン吹き液体溶剤塗装は行っていません。

※当然鉄ホイールも曲り修理してガリ傷は鉄の肉盛り修理をしてからのパウダーコート再塗装です。

※ご指摘のバルブ穴周辺損傷修理はチュウブレスの場合シビアな修理が必要ですが、チューブ式の場合はエアー漏れに関係しませんので簡易的な見た目をよくする程度の処置になります。

■鉄ホイールパウダーコート再塗装の流れ■

1・曲りガリ傷修理~2・塗装剥離~3・ブラスト研磨~4・ハンドアクション研磨~5・バレル荒研磨(損傷程度による)~6・密着性向上の化成処理~7・パウダーコートカラー~7・パウダークリアー(オプション)

※4~5~6項目はバレル研磨機がない他店では行え無い当社独自の特別な塗装前下処理です。塗装は下処理仕込みが命!

※1・・ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタのメタリック系の1コートではメタ本来の艶感が有りませんので任意オプションの”パウダークリアー”リコートすることをお勧めします。
パウダー丸塗り1コート http://www.243ok.com/blog/2015/10/22891/

※2・・黒、白赤、青などメタの無いソリッド系でも光沢性、耐食性、耐久性を上げるために”パウダークリアー”でリコートすることをお勧めします。
パウダー丸塗り2コート(クリアーリコート) http://www.243ok.com/blog/2016/08/23560/

※3・・指定カラーが有る場合はパウダーコートはベースとしてパウダーサイディング下処理して調色可能な溶剤カラーが追加となります。
パウダーコートベースからの溶剤カラー  http://www.243ok.com/blog/2016/11/23582/

※4・・ザビの酷いモノや鉄錆びによる虫食い陥没が多い場合ば別途追加お見積りになります。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の(曲り・振れ・ガリ傷・欠け・割れ)ホイール修理が出来てからの話しです。

お見積は会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2018.04.05

BBS-RG13インチ/パウダーマットブラックとRG15インチ/パウダーシルバーポリッシュ

BBS-RG13インチのパウダーマットブラック(3分引き)とRG15インチのパウダーシルバー&リムポリッシュフルパウダーコートです。

BBS-RG13インチはパウダーマットブラック1コートですのでお安く早く上がります。

BBS-RG15インチの方は1Psカラー塗装&リムポリッシュはカラー塗装を先に済ませてからリムポリッシュが追加になりますので「1・先塗りパウダーシルバー~2・リムポリッシュ~3・丸塗りパウダークリアー」のパウダー2コート+ポリッシュ+のためパウダーマットブラック1コートの数倍手間と時間が掛かります。

BBS-RG13インチ&15インチ/フルパウダーコートリフレッシュ・リメーク
その1・・BBS-RG13インチ/パウダーマットブラック(3分引き)


長野県のお客様・・・スバル純正のBBS-RG13インチです。

純正ポリッシュ特有のリムポリッシュ腐食が出始めています。

塗装剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

インナーリムから側面リム研磨

平滑面出しのバレル荒研磨!
※再塗装は下処理、仕込みが命!

パウダースモークブラック(3分引き)静電噴射!

パウダースモークブラック(全消し)に対してやや艶の有るパウダースモークブラック(3分引き)です。

インナーリムから側面リム丸塗りパウダーコートですので普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ない裏リムは「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

純正ホイールには全て座金ブッシュが付いてますので座金ブッシュは外しての再塗装です。

一般的なガン吹き溶剤マットではザラツキ感有るマットになりますが、パウダーマットブラックはツル肌マットになります。マット系は今やガン吹き溶剤塗装は行っていませんので全てパウダーコート再塗装です。


その2・・BBS-RG15インチ/パウダーシルバー&ポリッシュフルパウダーコート

兵庫県のお客様・・・ポリッシュ腐食は相変わらず進行中ですが程度良好なRG15インチです。

塗装剥離~ブラスト研磨

リム腐食削除からハンドアクション研磨

インナーリムから側面リムの研磨

平滑面出しのバレル荒研磨!
※再塗装は下処理、仕込みが命!

パウダーシルバー丸塗り静電噴射!

メタリック系のパウダーシルバー1コートではメタ本来の光沢が出ませんのでパウダークリアーリコートが必要です。

パウダーシルバーに傷が入らぬ様にディスクのマスキング

リムフランジシルバー残ししてアウトリムのBBFバフポリッシュ

アウトリムのポリッシュからインナーリム~側面リム本体丸塗りのパウダーアクリルクリアー静電噴射!

パウダーシルバー&リムポリッシュフルパウダーコートの完成!

インナーリムから側面リム丸塗りパウダーコートですので普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ない裏リムは「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

リムポリッシュはパウダーアクリルクリアーですので薄い肌の弱い量産一液型溶剤クリアーより遥かに耐久性UPしします。

ガン吹き溶剤シルバーに引けを足らないレベリング

丸塗りパウダー1コートとポリッシュ追加パウダー2コート

パウダーマットブラック(3分引き)丸塗り1コート
パウダーマットブラック(全消し)はこちら
http://www.243ok.com/blog/2017/09/23678/

パウダーシルバー+リムポリッシュ+パウダーアクリルクリアーによるポリッシュ&パウダー2コート
フルパウダーコートは量産新品の溶剤カラー塗装の様に自然劣化ボロボロ剥げる心配御無用です。

量産新品の溶剤カラー塗装経年劣化 http://www.243ok.com/blog/2018/01/23723/

1・マットブラックやガンメタ他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要ですのでパウダーコートカラーでは一番安く上がります。

2・黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。

3・ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。

4・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の3コートをお勧めします。

※パウダーカラー丸塗り1コート 
http://www.243ok.com/blog/2015/10/22891/
※パウダー丸塗り2コート(クリアーリコート) 
http://www.243ok.com/blog/2016/08/23560/
※パウダーコートベースからの溶剤カラー 
http://www.243ok.com/blog/2016/11/23582/

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール 
nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

 (有)オートサービ西

2018.03.10

BMW純正19インチ/ガリ傷修理パウダーシルバー+パウダークリアーフルパウダーコート

BMW純正19インチ4本ガリ傷修理パウダーシルバー+パウダークリアーフルパウダーコートです。

パウダーコートは溶剤塗装より高いイメージが有りますが、剥離からの丸塗り塗装は却って溶剤の方が割高になります。溶剤カラーは上塗り部分塗装が出来る単品修理や指定カラーNo.が有るのみ溶剤の出番です。

耐久性重視したパウダーコートの丸塗り再塗装でも代り映えがしませんのであまりブログで紹介しませんがパウダーコート前の肝心要なガリ傷肉盛り修理が今回ブログのメインテーマです。

BMW純正19インチ4本ガリ傷修理パウダーシルバー+パウダークリアーフルパウダーコート

熊本県のお客様・・・修理や塗装下処理工程を見学ご希望の業者様が熊本よりご来店頂きました。ブログだけで無く直に目で確かめたいと遠方よりご来店頂くお客様も多いですがその方が納得安心されます。。百聞は一見にしかず!

4本見事に大来ガリ傷が有ります。
大概の修理はやすりで削ってパテ埋めて色塗ってハイお終いですね・・・

塗装が被っていれば肉盛り溶接がやりずらいですので大まかに塗装を剥いで4本ガリ傷肉盛り溶接

※写真には全て収まり切れませんので実際はこの倍以上有ります。


裏リムの曲りや割れは使用に影響しますので全て修理致しますが裏リムガリ傷は使用に関係なく普段見得ない箇所の為、リクエスト無い限りガリ傷肉盛り修理はいたしませんが今回裏リムガリ傷の肉盛り修理リクエストです。

タイヤビートあたり面が何故か陥没していますのでここ見逃さず肉盛り溶接修理!

肉盛り溶接、原型修復研磨形成

4本ガリ傷修理完成!

※再塗装は色塗る前に正直な曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。


ガリ傷修理が済んだら本格的な塗装剥離

インナーリムから側面リムの本体丸ごと研磨!

海外鋳造(CAST)ホイールは鋳物肌が粗いため面出しハンドアクション研磨

さらなる平滑面出しの当社独自のバレル荒研磨

※塗装は下処理、仕込みが命です。


パウダーBMWシルバー静電噴射!

1コート目パウダーシルバーではやや艶引き感有るシルバーメタになります。※ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”のリコートをお勧めします。

2コート目パウダークリアーリコート静電噴射!

パウダーBMWシルバーパウダークリアー完成!

純正ホイールや社外ホイールは全て溶剤カラー塗装ですので、外車など特にブレーキパットカスが塗膜に刺さりしみ込んでしまうため汚れが取れなくなります。普段汚れっぱなしの裏リムはメンテ掃除が出来ませんので樹脂膜の高温焼き付けパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点も兼ね揃えたパウダーコートが一番理想的な再塗装です。またパウダーコートへガラスコーティングなど不要です

全周ガリ傷が有ったリム周辺!

平滑レベリング、メタリック艶感など純正溶剤シルバーと引けを取りません。

パウダーコート再塗装の出来栄えより塗ってしまえば見えなくなる完璧な修理の方を評価してください。
ガリ傷への削り込み修理やパテ埋め補修からの再塗装なら素人でも出来ます。


1.剥離ブラスト研磨してアルミ無垢からの再塗装の場合カラーNO指定が無い限り肌の弱い耐久性が悪い一般的なガン吹き溶剤カラーカラー塗装はお勧めしません。
※溶剤塗装剥げ自然劣化現象 http://www.243ok.com/blog/2015/10/#date-2015-10-28

2.溶剤による指定カラー塗装でも溶剤サフ塗装は使用せずパウダーコートをベースとして再塗装しています。



●パウダーコート再塗装の工程●
1.塗装剥離~2.曲りガリ傷修理~~3.ブラスト研磨~4.ハンドアクション研磨~5.バレル荒研磨~6.化成処理~7.脱脂~8.200℃以上空炊き~9.パウダーコート~10.カラーによりパウダークリアー(任意オプション)
1コートで済むマット系と2コート以上必須なカラーも有りますのでカラーにより異なります。

1.マットブラックやガンメタ他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要ですのでパウダーコートカラーでは一番安く上がります。
2.黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。
3.ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。


4・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の3コートをお勧めします。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。


メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話番号:0995-65-7225
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。

(有)オートサービス西

 

2018.01.27

エンケイ&スーパーボルク/パウダーホワイト+パウダークリアーフルパウダーコート再塗装

エンケイ、スーパーボルクの溶剤ホワイト経年劣化剥げ腐食のパウダーホワイト再塗装リフレッシュ・リメークです。

ホイールの再塗装は「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPで量産新品には無い一品物ワンオフ塗装ならではの個体パウダーコートフィニッシュが理想的な塗装です。

パウダーコートは溶剤より高価なイメージが有りますが、剥離して丸塗りの場合は却って溶剤の方が割高になり、溶剤が安く上がるケースは塗装剥離~ブラスト研磨不要な新品又は新品同様の再塗装や単品修理でカラー調色を要す場合に限りガン吹き液体溶剤塗装の出番です。

再塗装の工程を10とすれば1~8が「修理・下研磨・仕込み」で9~10が再塗装の工程になり再塗装とは下処理仕込みこそが重要で仕上がりを大きく左右します。
上塗り再塗装なら素人でも出来ます。

エンケイ・スーパーボルク/パウダーホワイト&パウダークリアー/フルパウダーコートx2台

愛知県のお客様・・・何した訳でも有りませんが下処理が悪いため自然に溶剤塗装がボロボロ剥げています。

鳥取県のお客様・・・こちらスーパーボルクも経年劣化で溶剤塗装がボロボロ剥げています。

パウダーコートなら自然にボロボロ剥げる事は有りません。

2台共通の曲りガリ傷修理!

塗装剥げの箇所は腐食が酷く進行しています。

スーパーボルクの方はかなり腐ってます。

一番重要な工程、塗装剥離~ブラスト研磨~リム研磨~ハンドアクション研磨

平滑面出しでさらに当社独自のバレル荒研磨

※再塗装は下処理研磨、仕込みこそが命です。


インナーリムから側面リムの研磨

1コート目パウダーグロスホワイト静電噴射!

黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。

2コート目パウダークリアーリコート静電噴射!

エンケイ/パウダーグロスホワイトパウダークリアー完成!

スーパーボルク/パウダーグロスホワイトパウダークリアー完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

リムロゴシール作製貼り付け

光沢艶、レベリングも申し分ないです。

スーパーボルクのプラ樹脂製キャップ黒墨入れ

腐ったホイールがここまで再生出来るのは下処理研磨、仕込みが有ってこそです。
※1
再塗装の工程を10とすれば1~8が「修理・下研磨・仕込み」で9~10が再塗装の工程になり再塗装とは下処理仕込みこそが重要で仕上がりを大きく左右します。上塗り再塗装なら素人でも出来ます。

※2 パウダーコートの売りは「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPが期待出来ますのでパウダーコートフィニッシュはワンオフ一品物ならではの理想的な塗装です。

拘りの指定カラーNOが有る場合はパウダーコートでは表現で出来ないためパウダーコートはベースとしてその上に調色したガン吹き溶剤カラーになります。

パウダーコートベースからのお化粧溶剤カラー www.243ok.com/blog/2016/11/#date-2016-11-08

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
悪質な削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービ西

2017.09.14

日産R34GTR純正カラー近似フルパウダーコート再塗装リフレッシュ・リメーク

日産R34GTR純正溶剤カラーから耐久性重視で近似のフルパウダーコートによるの再塗装リフレッシュ・リメークです。

純正ホイールは全て溶剤カラーですので、単品修理の場合は現品合わせの調色して溶剤カラーになりますが、4本再塗装リフレッシュ・リメークの場合は剥離ブラスト研磨してアルミ無垢からの再塗装ですので量産新品には無い一品モノならではの耐久性UPのパウダーコートカラーが今主流です。

日産R34GTR純正カラー近似のフルパウダーコート再塗装リフレッシュ・リメーク

青森県のお客様・・・数年屋外放置されたR34GTR純正です。

屋内保管なら湿気位で殆ど傷みませんが屋外放置は雨風の影響で塩を吹いたような腐食が出て来ます。

曲りガリ傷は完璧に治せますが腐食の方が心配です。

剥離ブラスト研磨して肌確認で一部虫食い、陥没が有りますがこの程度ならパウダーコートが上手く行きそうです。

リム&ディスクのガリ傷肉盛り溶接!
色塗って誤魔化せるパテ埋め補修、削り込みなどインチキ修理は行っていません。

曲りガリ傷修理が終わればパウダーコートの下処理ハンドアクション研磨

さらに当社独自のバレル荒研磨
※塗装は下処理、仕込みが命!

溶剤純正カラー近似のパウダーカラーの静電噴射!

パウダーカラー1コートで艶質感が出ませんのでさらにパウダークリアーでリコートします。

2コート目パウダークリアー静電噴射!

錆びて傷んだ座金ブッシュは新品交換も有りですが新品は直ぐに錆びますので再錆び防止も兼ねてパウダーグロスブラックで再利用します。

座金ブッシュのブラスト研磨~ガスグラスプライマー~パウダーグロスブラック静電噴射!

座金ブッシュを圧入して完成です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

パウダーコートは溶剤の様に調色が出来ませんので調色無限の溶剤純正カラーと同じ色にはなり切れませんがほぼ近い表現です。

虫食い、陥没、腐食は殆ど目立たないレベルに仕上がりました。

純正の溶剤カラーの色合わせより今回の再塗装のメインは耐久性重視です。

溶剤カラーの出番は単品修理や部分的な修理塗装補修用で4本塗り直しで拘りカラーが無い限り再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。

パウダーコートの売りは「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPが期待出来ますのでパウダーコートフィニッシュはワンオフ一品物ならではの理想的な塗装です。

拘りの指定カラーNOが有る場合はパウダーコートでは表現で出来ないためパウダーコートはベースとしてその上に調色したガン吹き溶剤カラーになります。

パウダーコートベースからのお化粧溶剤カラー http://www.243ok.com/blog/2016/11/#date-2016-11-08

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービ西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«12月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード