ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

バレル研磨/トラックホイール

2016.03.28

4tトラック19.5インチ/スーパーポリッシュバレル研磨ノークリアー

トラック用アルミホイールのポリッシュはハンド磨きによるバフ磨研磨が通常ですがバフ磨仕上げでは「バフムラ・バフ焼け・バフライン」は避けられませんのでそれらを解消するのが当社独自のトラック用フルポリッシュバレル研磨です。

通常の乾式バフ磨きはバレルの下処理、前研磨の役目としてさらに湿式(水槽混入)セラミック磨きのバレル研磨をする事により磨きムラの無い均一な光沢を得た高級感有るフルポリッシュになります。



4tトラック/アルミホイール/スーパーポリッシュバレル研磨ノークリアー



宮城県のお客様・・・フロント側はユーザー自身でバフ磨きしてあるみたいですがさすがにリアー側はユーザー磨きは難しいようです。





フロント側はお椀型のため比較的研磨し易いですがリアー側はすり鉢状の深リム構造のためフロント側の倍以上の手間と時間が掛かります。





ガリ傷やエグレの肉盛り修理





リム修理からハンドアクション研磨





すり鉢状のぼっこり深いリアー側の手作業にるハンドアクション研磨





バレル荒研磨





バフ磨きしてさらにバレル中研磨





バレル中研磨からバフ仕上げですがバフ研磨ではバフ焼け、バフムラ、バフラインが入りますのでそれらを解消するのがバレル仕上げ研磨です。





リアー側は回転研磨機で2000番手まで念入りに研磨しましてそれからフロントと同様にバフ磨きをしてバレル研磨で仕上げて行きます。構造の違いでリアー側は工程がひと手間掛かります。





フロント側のバレル研磨の完成!





リアー側バレル研磨の完成







1Psは本体丸ごとバレル研磨しますのでホイール側面はバレルのセラミックがあたりますのでついでに光沢が出て綺麗になりますが裏面までは磨けませんので!





バレル研磨ならではの映り込み光沢です。

※乾式のハンドバフ磨きによる「バフムラ、バフライン、バフ焼け」など一切出ないのが水槽混入式のセラミックによる湿式バレル研磨の最大の特徴です。







専用治具さえ制作出来ればトラック用のホイールや乗用車用22インチまでならバレル研磨によるフルポリッシュが可能です。



ノークリアーの長所・・素材光沢がそのまま表現されます。クリアー層の下へ入る水の侵入など有りませんの白ミミズ腐食などは無縁です。また少々の傷直しや白ボケは手磨きでユーザー自身でリペアーメンテが出来ます。

ノークリアーの短所・・雨泥や塩カリ、降灰が被ったまま放置すると水垢や酸化腐食、白ボケを起こしますので普段のメンテが必要になります。お住まいの環境地域条件にも大きく左右します。



ノークリアーのメンテについて・・

アルミ素地無垢は泥や水気が一番の敵ですので泥汚れは水洗いして乾燥させた後に市販のコンパウンドで手磨きして水弾きの強いワックスを塗ってコーティングしておけば光沢を永く維持出来ます。洗車や磨きを至福の喜びとする方にはお勧めです。





バレル研磨軍団(ノークリアーOrパウダークリアー)ホイール4台とバイクのパーツ8個同時期完成しました。

現在施工中のバレル研磨軍団9台その他パーツは入荷順番で作業していますのでしばらくお待ちください。



バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り今年も継続して往復送料無料キャンペーン中!単品修理は当社送料片道負担になります。



メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。日曜祝祭日はお休みです。





お問い合わせやお見積もりメールは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



(有)オートサービス西

2015.12.29

4トントラック用アルミホイール/パウダーブラック&バレル研磨&パウダースモークブラック

4トントラック6穴アルミホイールのパウダーコート(ベース&トップ)バレル研磨からのフルパウダーコートです。

今回のトラック用ブラック&ブラックポリッシュは通常のバレル研磨による丸磨きや丸塗りパウダーコートとは違い、ベースのパウダーグロスブラックを先塗りしてリムからフィン部をバフ磨き、バレル研磨仕上げしてトップコートはパウダースモークブラックとなる手間と時間が掛かった「ブラック&ポリッシュ&スモークブラック」の2コートフルパウダーコートになります。



4トントラック用ホイール/バレル研磨パウダースモークブラック/フルパウダーコート



静岡県のお客様・・・トラック用ですので1台分6本とスペアー1本を含めた7本のオーダーです。ガリ傷修理ついでにバレル研磨からのパウダースモークブラックにします。





施工内容を詳細に頂きましたがトラック用は表裏が解りずらく念には念を入れてオーナー様の確認の元で作業に入ります。





先ずは7本剥離からブラスト研磨





2本曲りとガリ傷修理有りです。





ガリ傷の肉盛り修理





リムガリ傷修理の原型修復研磨形成の完成!

削り込み研磨形成やパテ埋め補修など行っていません。





バレル荒研磨!





1コート目のパウダーグロスブラックの静電噴射!







フィンポリッシュ部は軽くマスキングしてパウダーグロスブラック静電噴射!





リムフランジから縦ラインのフィン部をバフ磨きしてバフラインを完全に消すためにさらに追い込んだバレル仕上げ研磨

※先塗りが溶剤ブラックの場合バレル研磨で黒が剥げてしましいますがパウダーコートなら地金への密着性が高いためバレルを掛けても黒が剥げる事は有りません。







バレル研磨したデザイン天面(フェイス)部への2コート目のパウダースモークブラックの静電噴射

ポリッシュ面はパウダー1コートになりますが先塗りの黒部はパウダー2コートになります。







ステンレス製のナットカバーもパウダーグロスブラック

※注):プラ樹脂製のパーツの場合はパウダーコートが出来ませんので溶剤カラーになります。





フロント側・・パウダーグロスブラックからのバレル研磨してパウダースモークブラックの完成





リアー側・・パウダーグロスブラックからのバレル研磨してパウダースモークブラックの完成







リアー側のWホイール内側はパウダーグロスブラックの丸塗りですのでバレル研磨やパウダースモークブラックは有りません。





裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的です



以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り今年も継続して往復送料無料キャンペーン中!単品修理は当社送料片道負担になります。



メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。日曜祝祭日はお休みです。





お問い合わせやお見積もりメールは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



■年末年始休業のご案内■

平成27年12月30日(水)~平成28年1月5日(火)まで休業とさせて頂きます。

※12月29日(火)は機械メンテ大掃除※休業中でも宅配便商品受け付けは平常通りです。

(有)オートサービス西

2015.12.22

4トントラック用アルミホイールのスーパーポリッシュバレル研磨

トラック用アルミホイールのバフ磨きは通常何処もハンド磨きですが当社ではハンドバフ磨きからさらに追い込んだバレル研磨によるフルポリッシュ研磨工法です。

トラック用ホイールは乗用車ホイールと違いピッチが特殊でボルトがでかくホール穴が広いためバレル研磨機にセッティングするための専用治具作成からまず始まります。

専用治具さえ有ればトラック用のホイールでもバレル研磨によるフルポリッシュが可能です。



4トントラック用アルミホイールのスーパーポリッシュバレル研磨



静岡県のお客様・・・他所でバフ磨きされたトラック用のホイールですがペーパー目やシングルアクション研磨目が粗く雑な磨き仕上げでしたのでバレル研磨による手直し再ポリッシュをします。





曲りやガリ傷は有りませんでしたのでいきなりブラスト研磨からの下準備に入ります。





デザイン面は研磨機で再研磨して後はひたすら手作業にて磨き込みます。







フロント側とリアー側のバレル中研磨からバレル荒研磨





トラック専用の治具を作成してバレル研磨機にセッティング





最初のバレル研磨ではぼけた感じですのでバフ掛けで2000番手まで追い込んでいます。

バレル研磨にかけていきなり光沢が出る物では有りませんのでバフ研磨とバレル研磨を納得いくまで何回も繰り返します。





フロント側バレル研磨の完成





メンテし易い構造でユーザー自身で普段磨くとの事ですのでノークリアー仕上げになります。





リアー側バレル研磨の完成





リアー側には浅い凹文字刻印が有るため刻印文字が消えないように研磨して有ります。





1Psは本体丸ごとバレル研磨しますのでホイール側面は特別狙って磨いてはいませんがついでに光沢が出て綺麗になります。





バレル研磨ならではの映り込み光沢です。

※湿式のバレル研磨は一般的な乾式のハンドバフ磨きで避けられない「バフムラ、バフライン、バフ焼け」など一切有りません





ホイールサイズ22インチ以内ならどんなホイールでも治具さえ作れればバレル研磨でフルポリッシュが可能です。



ノークリアーの長所・・素材光沢がそのまま表現されます。クリアー層の下へ入る水の侵入など有りませんの白ミミズ腐食などは無縁です。また少々の傷直しや白ボケは手磨きでユーザー自身でリペアーメンテが出来ます。

ノークリアーの短所・・雨泥や塩カリ、降灰が被ったまま放置すると水垢や酸化腐食、白ボケを起こしますので普段のメンテが必要になります。お住まいの環境地域条件にも大きく左右します。



ノークリアーのメンテについて・・

アルミ素地無垢は泥や水気が一番の敵ですので泥汚れは水洗いして乾燥させた後に市販のコンパウンドで手磨きして水弾きの強いワックスを塗ってコーティングしておけば光沢を永く維持出来ます。洗車や磨きを至福の喜びとする方にはお勧めです。



バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。





以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り今年も継続して往復送料無料キャンペーン中!単品修理は当社送料片道負担になります。



メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。日曜祝祭日はお休みです。





お問い合わせやお見積もりメールは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

ブログ内検索

カレンダー

«4月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

カテゴリーリスト

フィード