ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

二輪バイクホイール/修正・リフレッシュ

2017.02.22

二輪ホイール/セブンスター大きな曲り、割れ修理

二輪ホイール、セブンスターの大きな縦割れと大きな曲りによる歪み、横振れ、割れの修理です。

四輪ホイールの場合は殆どのモノは修理出来ますが、二輪ホイールに関しては強度的な配慮から曲り割れの酷いモノは普段お断りしています。・・・「レア物ですので何とか修理を」と熱望されれば断りにくくなり「強度的な保証は無しと納期を頂く事」の条件付きで修理いたしました。

二輪、四輪問わずアルミならディスク歪みが無い限り曲り割れ修理は殆ど可能ですが、マグホイールに関してはガリ傷と軽い曲りまでが修理可能で「大きな曲りや割れ」などほぼ修理不可です。

二輪ホイール/レア物セブンスターの曲り、割れ修理

その1・・大きな縦割れ修理

大分県のお客様・・・過去にも同じようなバルブ穴周辺の縦割れ修理が有りましたがなぜ?こんな割れ方をするのかわかりません。
過去のバルブ穴周辺の縦割れ修理
http://minkara.carview.co.jp/userid/782662/blog/29096196/

満遍なく溶接出来るように大きく開先を開けます。

表裏包み込むように万遍なく溶接してピンホールや熱による歪を起こさないように溶接するのが腕の見せ所ポイントです。

溶接は簡単な事ですが研磨形成は(グラインダー、ヤスリ、超鋼バー、ペーパー)などを使った手作業による形成でさらにバルブ穴凸部の出べそ形成が難しく手作業研磨形成に一番時間を要しました。

塗装のための仕上げ研磨600番♯まで手作業です。
古い鋳造品は溶接による湧きでピンホールが出やすいですが今回それは皆無です。

部分塗装とは言えより密着性を上げるためにガスグラスプライマーの化学処理

修理箇所周辺のサフ塗装して赤塗装を先塗りします。

リムは回転研磨機にてリム全面ポリッシュ仕上げ

側面までポリッシュにする必要は有りませんので側面は研磨のみです。

バイク専用のリム研磨機にてアウトリム(二輪は両面仕上げ)磨き込んで完成です。
※割れたいた箇所のポリッシュ部は全くピンホールは有りません。溶接修理はほぼ完璧です。

全面剥離からの再塗装&磨きによるリフレッシュ・リメークでは有りませんので赤塗装は修理箇所周辺の部分塗装になります。
その2・・大きなリム曲りによる歪みクラック修理

埼玉県のお客様・・・大きな曲りによる割れと横振れ有りのセブンスター

大きく反って曲がった砂型鋳造(CAST)ホイールは曲り具合によりクラックが入ります。

二輪ホイールはリム幅が狭いため曲がったリムの反対側が引っ張らて反ってしますため横振れを起こします。そのため曲がったリムだけ直すのではなく反った反対側リムの押し込む必要が有りますので二輪ホイール修理は難しです。

リム曲りによるリムとディスクにクラックが入っています。

リム側面までヒビ割れが広く入っています。

溶接が完全に溶け込む様に貫通する程度まで開先を取ります。

表面とリム側面の溶接修理

V時型のスポーク形成に手間がかかりましたがハンド研磨にて原型修復完成

大きな曲り割れ以外の箇所も曲がっていました箇所もついでに曲り修理

修理箇所周辺の先塗りゴールド塗装してリム全周研磨ポリッシュで完成です。

大きな曲りや割れ修理ですので強度的な補償は出来ませんが原型修復は問題無く修理出来ました。

全面剥離からの再塗装&磨きによるリフレッシュ・リメークでは有りませんので金塗装は修理箇所周辺の部分塗装になります。

 ・・・二輪ホイール曲り修理の特性について・・・
二輪ホイールはリム幅が細いため曲りにより反対側が引っ張られ反ってしまいホイール本体が横振れを起こします。さらにタイヤ側への押し込み曲りはエアー漏れはしませんがディスクまで押されるためディスク自体の曲り、横振れ、歪み現象が起きます。

曲りよりも反りつまりホイール本体のよじれ歪みが大きい場合は曲りが治っても横振れが残る事がありその場合は修理不可扱いとなります。
※自転車のようなワイヤーホイールは歪現象が顕著に現れます。
修理不能歪現象はこちら https://www.youtube.com/watch?v=c3kQbnR5Vs8

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の(曲り・振れ・ガリ傷・欠け・割れ)ホイール修理が出来てからの話しです。

二輪2本、四輪4本の1セットフルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中です。!

 「みんカラ」メッセージからのお見積は出来ませんので、会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 


メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2016.11.04

二輪鋳造マグ腐食からのパウダーコートベース再塗装とマグ曲り修理の部分塗装

二輪鋳造マグ腐食からのパウダーコートベース再塗装とマグ曲り修理の部分塗装マグホイールをユーザーが市販の剥離剤を使い剥離した結果、マグ肌を痛めてしまった二輪鋳造マグホイールの補修修理パウダーコートベース再塗装と二輪鍛造マグホイール曲り修理の部分塗装のご案内です。

二輪のマグホイールにも鋳造、鍛造が有りアグはアルミ、スチールのように剥離剤やブラストでの塗装剥離が出来ませんのでマグ専用の特別な剥離、下処理をしてパウダーコートで地金マグ肌をガードしてから最終仕上げは溶剤カラーでのお化粧塗装となり、マグの再塗装は様々な特殊な下処理を要すためアルミの倍ほど納期、料金が掛かります。

マグのガリ傷、欠けなどマグ肉盛り溶接修理は比較的簡単ですがマグの曲り、割れ修理は治らない場合が有ります。

二輪鋳造マグ腐食からのパウダーコートベース再塗装とマグ曲り修理の部分塗装

その1・・鋳造マグのユーザー剥離手直しと腐食修理のパウダーコートベース再塗装


広島県のお客様・・・お客様が剥離してマグ肌を溶かしたモノとマグ特有の塗装腐食が酷く進行したマグ鋳造ホイールです。ユーザー剥離して素材を痛めた場合は再生不可になる事が有りますのでマグホイールは絶対に手を加えずにお願いします。

市販の剥離を使えばマグ表面の一部が溶けてヒョウ柄模様に腐食陥没して穴だらけの凸凹肌になり終いにはマグが溶けて形も無くなり骸骨になります。
※市販の剥離剤によるユーザー剥離は絶対NGです。
ユーザー剥離による過去の事例
http://www.243ok.com/blog/2015/05/#date-2015-05-14


経年劣化した鋳造マグホイールは塗装縮みや塗装浮き剥げが確実に出て来ます。この現象は鋳造マグ塗装の避けられない宿命です。

ユーザー剥離したホイールの肌確認研磨状態ですが、間違った剥離方で素材を痛めた場合は再生不可の場合もあり得えますのでマグホイールは特に余計な事をしないで手を加えずに送ってください

お客様自身で剥離したホイールよりはまだ増しですがそれでも腐食が結構進行しています。

鋳造マグ腐食による虫くい、陥没だらけですのでこれから先が大変です。

リム端しの深い陥没ガリ傷はパテ埋めではまずいですのでマグ溶接修理!
※マグ陥没腐食補修に比べればガリ傷肉盛り修理など屁みたいなモノです。

ある程度追い込んで腐食削除の研磨しますが削り過ぎると肉厚が薄くなってしましますのでここまでが限界です。

マグ専用のプラーマーからさらにマグ肌にも効果が高いガスグラスプライマーで化学処理します。

※ガスグラスプライマー
http://www.global-suzuki.com/product/gas-glass-primer-2/

虫くい、陥没を少しでも埋め込むために普段より倍近くパウダーコートを厚めに塗ります。

やや厚めに塗ったパウダーグレーサフ塗装の第一段階

パウダーグレーサフで埋まり切れなかった虫くい、陥没のほぼ全域パテ埋めで補修でパテ埋めとサフの繰り返しを要します。

パウダーコート肌へのパテ埋め補修研磨はエアー工具は使えませんので手作業での研磨でパテ埋めとサフと手削りを何回も繰り返しして平滑面出しのこの工程が全体の半分以上の時間を要します。
※平滑面が出たら指定カラー溶剤ゴールド塗装&クリアー塗装に入ります。

フロント側/塗装が剥いでなかった方の剥離からのパウダーコートベース溶剤ゴールド塗装&クリアー再塗装の完成!

リアー側/塗装が剥いで有った虫くい、陥没の酷かった方のパウダーコートベース溶剤ゴールド塗装&クリアー再塗装の完成!

虫くい、陥没の酷かった凸凹リムが何とかツルツル平滑肌になりました。

凸凹陥没スポークも平滑肌になりました。

ホイール側面は普段タイヤで覆われ保護されていますので大気に触れず雨泥が付かないため殆ど腐食していません。

表面を溶かしてしまった廃棄処分寸前の陥没、凸凹ホイールが再生復活しました。

・・マグ再塗装について・・
マグネシウム(鋳造・鍛造)問わずスチール、アルミと違い塗装との相性が悪い特異な金属です。
マグホイールはF1やフォーミュラーカー使用の軽量かつ機能性重視のため塗装の耐久性など二の次です。

塗装の耐久性や外観性などを問わないレース専用の特異な素材のマグホイールを実用車で機能性重視から塗装外観も良い状態を維持するという事は現実的にマグは無理な素材です。
マグの再塗装はマグ専用の外注剥離から本格的な下処理は陽極酸化(アルマイト)など施しその後マグ専用の皮膜形成処理やプロテクターなどアルミに無い特殊な下処理してからパウダーコートをベースとして溶剤ウレタンカラー仕上げの工程を踏みますのでアルミの倍以上の納期とコストが掛かります。
マグ専用の下処理に陽極酸化や化成処理しても実用車として永い年月で劣化しないとは言い切れませんしまた保障も出来ません。
マグネシウムホイールは実用に耐えうる金属では有りませんのでマグの特性上ある程度割り切りが必要です。
量産の鋳造マグでも塗装の浮きや縮み現象もそれらのマグ特性によるものですので修理からワンオフ塗装は出来るだけベストな処理を施し、腐食発生を先延ばしにする、というイメージだと思ってください。近年アルミの鍛造(FORGED)の方が鋳造マグより軽量化していますので鋳造マグの意味が無くなりました。
マグのガリ傷欠けなどマグを肉盛り溶接してから再塗装をしていますので強度を必要とする箇所はパテ埋め補修など行っていません。

その2・・鍛造マグ曲り修理からの部分塗装処理

福岡県のお客様・・・アルミ鍛造(FORGED)よりさらに軽い鍛造マグの曲り修理から修理周辺部分塗装です。

マグは粘りが無く割れやすい特性が有りますので曲りプレス修理中にクラックが入ればそこでOUT修理不可になりますのでトライしないと結果が見えません。
二輪アルミのリム割れは修理可能ですがマグのリム割れ修理は全て修理不可です。

幸いにクラックも入らず曲り修理が出来ました。
※過去の経験上マグの曲り修理に伴う割れや振れ残りなど二輪マグ曲り修理の成功率は約50%位で二輪マグの曲り修理が一番難しい修理です。

曲り修理箇を研磨形成して研磨周辺の簡易部分塗装になります。

大きく曲がっていた修理箇所部分塗装仕上げ!
赤ラインのリムシールは塗装の邪魔になるため削除して有ります。

曲りガリ傷修理の場合は本格的なマグ全面塗装剥離からの全面再塗装では無く修理周辺の簡易的な分部塗装のため簡易的な分部塗装周辺はマグ特有の塗装縮み、塗装浮き。剥げが出やすくなりますのでその点はご理解ご了承の上お願いします。

★二輪ホイール曲り修理について★
バイクホイールの曲りは見た目での修理「可・不可」の判断が出来ません。

二輪はアルミ・マグに関係なくガリ傷や欠け修理は問題なく修理いたしますが曲り修理に関しては現品確認後の修理「可・不可」の判断となります。

二輪の曲りの特性として二輪ホイールはリム幅が細いためリム曲りにより反対側も引っ張られ反ってしまうためホイール本体が横振れを起こします。
特にタイヤ側への押し込み曲りはエアーは漏れませんがディスクまで押されるためディスク自体が曲って横振れ縦振れ歪み現象になります。

リム曲りよりも反りつまりホイール本体のよじれ歪みが大きい場合は見た目の曲りは治っても横振れは残りますので修理不可となります。
※自転車のようなワイヤーホイールは歪現象が顕著に現れます。
修理不能歪現象はこちら https://www.youtube.com/watch?v=c3kQbnR5Vs8

二輪ホイールの再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2015.07.31

二輪バイクホイールの曲りガリ傷修理からパウダーコートリフレッシュ・リメーク

アルマイト加工されたホイールも再アルマイトは可能ですが剥離からバフ磨きしてアルマイト加工となりコストが掛かりますので修理ついでに耐久性重視のパウダーゴールドで色替えします。

パウダーコートは設備さえ揃えればどこでも出来ますが肝心要の修理が出来ないとパウダーコートの再塗装にも繋がりません。また二輪バイクホイールの曲り修理は難しいですので何でも感でも治るモノでも有りません。



二輪バイクホイール曲りガリ傷修理からパウダーコートリフレッシュ・リメーク



神奈川県のお客様・・・アルマイト加工された鍛造(FORGED)ホイールです。曲り、ガリ傷修理ついでにアルマイトよりコストが安くしかも耐久性の有るパウダーコートにします。







曲り、ガリ傷修理から・・・







先にアルマイトを剥離して曲り修理をすましてからガリ傷の肉盛り修理です。







リムの曲りガリ傷修理が終わればパウダーコートの下準備







パーツもついでに剥離してパウダーコートをします。









ホイールとパーツのパウダーコートの静電噴射!







ホイール&パーツのフルパウダーコートの完成!







錆びたボルトもついでにブラスト研磨







使用条件化の厳しいバイクホイールなどには頑丈肌で簡単に剥げないパウダーコートが一番理想的です。

パウダーコート頑丈肌実証動画 

https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU



 化研光輝アルマイトについて





左写真「バイク本体のアルマイト」と右写真「リムのみのアルマイト」では下処理のバフ磨きが同じでも光沢輝きが全く違います。

化研アルマイトは酸化被膜の一種のメッキのような方法で、鋳造、鍛造などはアルマイトしても光沢が無く白っぽくなります。

2.3Psのリムに使われる板モノ合金プレスリムはメッキのような光沢有る光輝アルマイトとなり、鋳造、鍛造ホイールを光沢有る光モノにするには金属膜を被すクロームメッキか素地事態を磨くバレル研磨の方法になります。



「アルマイト・クロームメッキ・バレル研磨」の共通する下処理はバフ磨きです。バフ磨きから「化研アルマイトするか、クロームメッキするか、バレル研磨するか」最終仕上げが違うだけで前処理のバフ磨きが一番重要で仕上がりを左右します。腐食が有ればいくらバフ磨きしても一部残りますのでアルマイトもクロームもバレル研磨も腐食痕がそのまま反映されます



バフ磨きからの光輝アルマイト

http://www.243ok.co.jp/blog/2016/07/23542/35743467/



バフ磨きからのバレル研磨

http://243ok.co.jp/blog/category/455/



バフ磨きとバレル研磨からのクロームメッキ

http://www.243ok.co.jp/blog/2016/07/23542/34517927/





再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール返信のお願い・・携帯からのメールは一部返信不能や文字化けなど有り電話番号が明記されないとこちらから連絡方が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

日々多いメールのため随時回答返信が出来ない場合や回答返信しても迷惑メール削除されている場合も有りますので2~3日たってもこちらから回答返信が無い場合はお電話お願いします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



(有)オートサービス西

2015.07.03

ホンダモンキー/ゴールドメッキからパウダーコート&バレル研摩による模様替え

当社お買い物専用の限定販売ゴールドメッキの愛車モンキーがあちこちメッキが剥げてきましたので耐久性重視でパウダーコートやバレル研摩その他樹脂パーツ加工などビニールゴム製品以外全て色換え磨きで模様替えをしました。

パウダーコートならクロームメッキの損傷が少ない場合はクロームを剥離せずブラストから化成処理して上塗りのパウダーコートができます。

カラフルな色で派手目の仕上がりになりセンスを疑われるますが「剥離からの塗装&磨き」のカラー見本のためのサンプルカラーモンキーです。!



ホンダモンキー/ゴールドメッキからパウダーコート&バレル研摩による模様替え



クロームメッキ特有の錆び剥げが出て来出しましたので宣伝用のためにサンプル品として休みを利用して模様替えします。







一番大きめサイズのフレームとエンジンのブラスト研磨をしますが原付ですので大した重量サイズでは有りません。

ハーレーのフレームまで対応できるパウダー焼き窯を完備しています。

エンジンはアルミ製ですので分解すればバフ磨きからバレル研磨でピカピカにフルポリッシュも可能です。







エンジンは「乾式サンドブラスト」でキャブレターは「湿式ウェットブラスト」です。







小物パーツの剥離からサンドブラスト研磨







1コートのパウダーレッド







1コートのパウダーゴールド・ブラック・オレンジ・グリーン







2コートの用の1コート目のパウダーシルバー







2コートの目のパウダーキャンディーカラー(レッド・ライトブルー・ライトイエロー・ライトピンク)







アルミ製パーツは当社自慢のBBFバフ研磨からのバレル研磨パウダークリアー

青棒やコンパウンドで磨く一般的な乾式バフ磨きでは摩擦熱により「バフ焼け・バフムラ・バフライン」などが入りますが水槽の中で磨く湿式バレル研磨はそれらをすべて解消します。

パーツのバレル研磨http://243ok.co.jp/blog/category/456/





休日に1ヵ月以上掛けてようやく全パーツ加工の完成!

組み付けは時間が掛かり面倒ですしエンジンメンテもついでに兼ねて近所のバイク屋さんに頼みます。







シートとタイヤを変えればほぼ新車の輝きド派手なモンキーの完成です。

プラ樹脂製以外全てパウダーコートですので数年でボロボロ剥げるクロームメッキとは違い「雨、塩風、降灰、泥、油」など耐えうる塗膜ですのでしばらくは剥げる心配も無く長持ちさせます。



・スチールパーツ/パウダーコート(1コート&キャンディー2コート)

・エンジン&キャブレター/ガンコート

・樹脂パーツ/溶剤カラー(ハイパー塗装&キャンディーカラー)

・樹脂メッキパーツ/溶剤金メッキ調

・アルミパーツ/バレル研摩パウダークリアー

・アルミパーツ/バレル研摩らパウダーキャンディーカラー

・タンクロゴ/カッティングシール

※3Dプリンター導入で廃盤絶版品のキャップ作成も現在試作中です。

とりあえず「アラレちゃん」の50㎝大のフィギアを趣味で3DCADを作っています。





再塗装や磨きは下処理が命です。



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



 (有)オートサービス西

2015.06.03

二輪バイクホイールの曲がり修理からの再塗装

二輪バイクホイールの大きな曲がり修理からの再塗装です。

二輪のガリ傷や欠け修理など全く問題有りませんが曲り修理に関しては曲がり方により歪が残り横振れが出るモノは修理不可となりますのでお預かりして物現品確認後の修理「可・不可」の判断となります。

二輪の曲りの現象としてリム幅が細いため曲がった方の反対側が引っ張られて反ってしまうためホイール全体が横振れを起こします。

曲りよりも反りつまりホイール本体のよじれ歪みが大きい場合はリムの曲りは治っても横振れが大きく残れば使用に影響しますので振れの大きなモノは修理不可になります。



二輪ホイールの曲がり修理は非常に難しいため四輪ホイールの曲がり修理が出来ないと二輪ホイールの曲がり修理など出来ません。



二輪バイクホイールの曲がり修理からの再塗装

その1・・鍛造(FORGED)ホイールの大きな曲がり修理からパウダーキャンディーブルー再塗装



鹿児島県のお客様・・・大きく曲がっていますので本来修理不可でお断りしたい処ですが1本25万円もするらしく地元のお客様ですので何とか治してみます。

※これがマグやワイヤーホイールなら修理不可です。





大きな曲がりにより反対側のリムが矢印側へ引っ張られて丸印のスポーク部もやや反った現象が現れます。







歪反りを直しながらリムのプレス修理をします。







割れる事無くリム曲がり修理が完成したら塗装を剥いでパウダーコートの下準備です。







大きく曲がっていたリムですが振れ(0.5ミリ以下)で治まり上手く行きました。







キャンディーカラーは通常ベースにシルバーを塗りますがキャンディーカラーの艶、発色をより引き出すためにバレル研磨で磨きます。







パウダーキャンディーブルーの静電噴射!







パウダーキャンディーブルーの完成!

バレル研磨で磨いて有るため透明感有るパウダーキャンディーカラーになります。







大きく反って曲がっていた箇所ですがバレル研磨する訳ですのでパテ埋めなどで誤魔化しなど出来ません。







曲がり修理からの原型修復はほぼ完璧です。







パウダーコートは調色が出来ませんのでオリジナルの元のキャンディーカラーの近似としてとらえてください。

※オリジナルの元のキャンディーブルーは溶剤ですのでこちらのパウダーキャンディーの方が遥かに耐久性は勝ります。





その2・・鋳造(CAST)ホイールの曲り修理とラック修理からの溶剤ホワイト再塗装



東京都のお客様・・パッと見は損傷無いように見えますが検査軸を通すと結構振れています。







大した曲がりではないみたいですがスクーターの鋳造(CAST)ホイールは造りはよろしく有りませんのでこの程度の曲がりでもクラックが入る事が有ります。







曲がったリムとディスクの付け根にクラックが入っています。







曲がりを治してから割れの溶接修理







場所的に工具が使いにくい箇所のため手作業により研磨形成です。







修理が終われば剥離からブラスト研磨して塗装の下準備です。









溶剤の指定カラーホワイトを塗ってシールの復元貼り付け完成です。







小文字のロゴシールは剥げ防止にクリアーで抑えて有ります。





その3・・鋳造(CAST)ホイールの大きな曲り修理から再塗装無し



神奈川県のお客様・・大きく反って曲がっていますので横振れも有ります。







曲がり幅は約30㎝ほど有ります。







曲がりプレス修理から押し傷のプレス痕研磨して完成!







押し傷のプレス痕が付きますので研磨して部分的な塗装や剥離して丸塗り再塗装までいたしますがこのホイールは塗装無しでのお納めです。

ご自分で塗装される方は曲りガリ傷修理から修理箇所周辺研磨かまたは全面剥離からブラストまでして塗装無しでも構いません。





※自転車のようなワイヤーホイールの曲りはワイヤー事態が曲り易いため横振れが大きく出て来ますので修理不可です。

※クロームメッキの欠け傷直しはクロームを剥離から再クロームが必須になりますのでクロームの欠け傷直しは出来ません。

※古いホイールや素材の悪い鋳造(CAST)ホイールは肉盛り溶接の祭に巣穴ピンホールが出る場合が有ります。

※マグホイールは粘りが有りませんので少しの曲りでもプレス修理でクラックが入る場合が有りクラックが入れば修理不可です。

※マグホイールのクラック修理は基本修理不可です。

二輪ホイールの曲り修理は修理不可の場合が多く有りますので曲り修理依頼は全て元払い発送でお願いします。



大きな曲り修理の無い二輪のフルリフレッシュ・リメーク2本セットは送料往復無料です。



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール返信のお願い・・携帯からのメールは一部返信不能や文字化けなど有り電話番号が明記されないとこちらから連絡方が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

日々多いメールのため随時回答返信が出来ない場合や回答返信しても迷惑メール削除されている場合も有りますので2~3日たってもこちらから回答返信が無い場合はお電話お願いします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



(有)オートサービス西

2015.05.14

二輪マグホイールのパウダーコートベース再塗装

二輪マグホイールの再塗装!

二輪に限らずマグホイールはアルミ、スチールのように剥離剤やブラストでの自社剥離ができませんのでマグ剥離専門業者への外注依頼となりさらにマグ専用の下処理からパウダーコートは必須となり最終仕上げは溶剤カラーでのお化粧塗装で再塗装コストはアルミの倍ほどかかります。

マグのガリ傷肉盛り修理は特別問題有りませんがマグの曲がりや割れ修理は治らないモノが少なく有りません。

今回のブログはマグ剥離とマグ塗装に付いてご案内します。

二輪マグホイールのパウダーコートベース再塗装

その1・・マグ専用剥離からの再塗装



茨城県のお客様・・・マグ含有量が少ない古いタイプのマグホイールです。







マグ専用剥離の場合は素材を痛める事なく剥離が出来ます。







肌合わせのリム研磨







マグ専用の下処理(場合により陽極酸化や化成処理~ハイブリットプライマー)からパウダーコートの下準備





マグ専用のプライマー







パウダーコートサフ







パウダーコートを足付けサイディングして最終仕上げは溶剤カラーになります。







溶剤のゴールドでお化粧塗装からクリアーコートして完成です。







マグ鋳造(CAST)独特の鋳物肌残しです。







パーツへのパウダーグロスブラック





その2・・ユーザーの無茶なマグ剥離からの再塗装



熊本県のお客様・・・マグの特性をお知らずにお客様自身で剥離したため素材が侵され表面がボコボコになってしまいました。ユーザー剥離して素材を痛めた場合は再生不可の可能性が多くなるため高額なマグホイールは余計な事をしないで手を加えずに送ってください。







マグは通常の剥離剤やブラスト研磨は絶対NGです。







剥離による肌縮みや腐食を研磨!

ここまでできれば平滑面な塗装が出来ます。







リムサイド面もリム研磨







化成処理からマグ専用のプライマー







パウダーコートサフ







パウダーコートを足付けサイディングして溶剤カラー下準備







溶剤のゴールドでお化粧塗装からクリアーコートして完成です。







荒れた凸凹肌がなんとか無事に再生出来ました。







ユーザー様で剥離剤やウェットブラスト&サンドブラストで剥いで手を加えたモノは素材を痛めてしまい再生不能になる場合も有ります。







バイクホイールマグ再塗装2台とアルミバレル研磨1台同時期完成!



・・マグ再塗装について・・

マグネシウムやステンレスはスチール、アルミと違い塗装との相性が非常に悪い特異な金属です。

マグホイールはF1やフォーミュラーカー使用の軽量かつ機能性重視のため塗装の耐久性など二の次で使い捨て扱いの位置です。

塗装の耐久性や外観性などを問わないレース専用の特異な素材のマグホイールを実用車で機能性重視から塗装外観も良い状態を維持するという事は現実的にマグは無理な素材です。

マグの再塗装はマグ専用の外注剥離から始まり場合により陽極酸化なども施しその後マグ専用の皮膜形成処理やプロテクターなどアルミに無い特殊な下処理してからパウダーコートをベースとして溶剤ウレタンカラー仕上げの工程を踏みますのでアルミよりもコストがかかり納期もかかります。

マグ専用の下処理に陽極酸化や化成処理しても実用車として永い年月で劣化しないとは言い切れませんしまた保障も出来ません。

マグネシウムホイールは実用に耐えうる金属では有りませんのでマグの特性上ある程度割り切りが必要ですのでその点はご理解の上お願いいたします。

新品マグでも塗装の浮きや縮み現象もそれらのマグ特性によるものです。

後加工は出来るだけベストな処理を施し、腐食発生を先延ばしにする、というイメージだと思ってください。

マグのガリ傷もアルミ同様きちんとマグを肉盛り溶接してから再塗装をしていますのでパテ埋めなど行っていません。



二輪2本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール返信のお願い・・
毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。

日曜祝祭日はお休みです。



(有)オートサービス西



2014.09.10

二輪バイクホイールとバイクパーツへのパウダーコート

使用条件化の厳しい剥き出しのバイクホイールやパーツなどは溶剤では無くパウダーフィニッシュコートが一番適した塗装です。

二輪は四輪に比べて市場の絶対数が少ないですので修理依頼も全体の5%前後では有りますが修理から再塗装を行っています。

二輪ホイールのガリ傷修理などは全く問題有りませんが曲りに関して歪が残る場合は修理不可になります。二輪ホイールはまずは曲り、ガリ傷修理が出来て使える状態へ戻しから塗装や磨きのリフレッシュ・リメークへと繋がります。





二輪バイクホイールとバイクパーツへのパウダーコート



二輪ホイールはモデル名まで解りませんが3本皆小さな曲り、ガリ傷有りです。







曲り修理からガリ傷肉盛り修理!ここが一番肝心な工程です。

パテ埋め修理なら素人でも出来ます。











修理研磨形成完成!パテ埋め補修は一切有りません。

パウダーコートは修理前処理が命です。







パウダーグロスブラックの静電噴射!













側面リムまで本体丸塗りパウダーグロスブラックの完成です。

二輪ホイールの曲り修理は難しいですので4輪ホイールの修理が出来ないと二輪ホイール曲りなど治せません。







お客様がご自分で塗装を剥いで缶スプレー塗装をトライしたようですがパウダーコートの特性存在を知ってから急遽パウダーグロスブラックへのご依頼品です。







剥離からブラスト研磨してパウダーコートの下準備







パウダーグロスブラックの静電噴射!













二輪パーツの粉体塗装(パウダーコート)の完成です。

パウダーコートは母材への密着性が強く、塗膜と言うより樹脂膜で肌が厚く頑丈なため、剥げれにくく傷が付きにくい、耐久性・耐候性・耐熱性は有機溶剤(ガン吹き液体)の比ではありませんのでエンジンカバー、ミッションカバーなど高熱を発すモノでも対応できます。



※バイクホイールの場合「大きく曲がったモノ、振れ歪の有るモノ、修復歴有るモノ」は修理リフレッシュは不可になります。



バイクホイールも2本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中です。

こちらからの発送は運送会社の2次的な「紛失、盗難、損傷」などに備えて保険を掛けて発送しています。



お問い合わせやお見積もりなど「みんカラ」メッセージではお客様管理が出来ませんのでnishi@243ok.co.jp  の方へ「写真、住所、電話番号」明記の上お願いいたします。





お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西HPはこちら

2013.12.14

二輪バイクホイールの欠け修理からのバレル2次元研摩

レア物バイクホイールの欠け修理からバレル2次元研摩です。

リム幅が小さなバイクホイールの曲り修理の場合はホイール全体が反ってしまい歪が出て横振れを起こすため曲りは治っても横振れが取れず修理不能になる事も多く有りますが、割れたモノや欠けたモノは衝撃がそこで収まっていますので反りや歪が起こらないため治せるパターンが多くなります。



二輪バイクホイールの欠け修理からのバレル2次元研摩



千葉県のお客様・・・割れ欠け修理ついでにバレル研摩にてリフレッシュ・リメークいたします。







バーナーでトライした形跡が有りますがアルミはアルゴン溶接でなけれな溶接は出来ません。これこそ腕の見せ所です。









リアー側は経年劣化程度で大きな損傷は有りません。







バーナー痕跡周辺から大きく削除して欠け部分を表裏包み込むように肉盛溶接します。







手作業にて研磨形成の原型復元







修理した箇所以外の隣り(赤丸)付近は虫食い、腐食、陥没が酷く進行しているようですがこれは素地事態を痛めていますのでいくら磨いても元通りにはなりません。

カラー塗装ならパテ埋めすれば腐食痕も消えて隠せます。







2次元バレル研摩のためにウェットブラストで洗浄研磨します。

※ウェットブラストはあくまでも洗浄レベルですので白っぽくなるだけで光沢が出る訳では有りません。ユズ肌、砂肌の状態で光沢を出せるのがバレル研摩最大の特徴です。







荒肌のブツブツ砂肌の風合いはそのまま残してスポーク天面からリムまでバレル研摩の完成です。









欠けていた箇所のUPです。原型復元はご覧の通り!

※素地表現のポリッシュ仕上げはカラー塗装のようにパテ埋めでの誤魔化しが出来ません。









修理箇所以外の虫食い、腐食、陥没は残念ながら残ってしまっています。

※ポリッシュ仕上げの修理やリフレッシュ・リメークは虫食い、腐食が進行する前の早めの処置が一番大切です。









リアー側は虫食い、腐食、陥没が有りませんでしたので綺麗に生き返りました。







スポークサイド面は当時の風合いを表現するために荒い砂肌を残すのも今回の目的の一つでも有ります。







普通のバフ仕上げは側面は既存の荒の状態のままになってしまいますが、バレル研摩は本体丸ごと水槽研磨のためタイヤを組めば隠れるリム側面もついでに綺麗になります。







リムからスポーク天面は光沢の有るバレル研摩になりそれ以外の砂肌面はバレル研摩特有のユズ肌、砂肌のままの光沢になります。これがバレル2次元研摩の特徴でもあり最大の売りでも有ります。

※通常の天面バフ仕上げではユズ肌、砂肌はブラスト肌のままでただ白いだけです。



リム曲りはエアーが漏れる程度で大した事が無いように見えて簡単な修理に思われがちです。それに対して欠けや割れは大げさな修理に見えますが実は逆なのです。

バイクはリム幅が小さいため曲りにより反対側も引っ張られホイール全体が反った状態になります。つまり歪が生じます。それに対して欠けた物はそこで衝撃が止まってしまうため反りや歪が出にくい現象です。

例えると・・粘りの有るアルミ缶を手で潰せば呑口が下に引っ張られますが、粘りの無い陶器やガラスコップはすぐに割れてしまいます。それと理屈は同じ事です。





バレル研磨はツル肌仕上げで切削ラインなど有りませんのでオンクリアーは任意となります。

ポリッシュオンクリアーの特性についてこちら



バレル研磨はお陰様でオーダーが途切れる事は有りませんが、使用品、中古品を扱う以上、肝心要の修理が出来てからの話です。





以前当社でミラーバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。





バイク2本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。



お問い合わせやお見積もりなどは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 





お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで





(有)オートサービス西 HPはこちら

2013.11.09

HONDA VFR1200Fバイクホイールの2次元バレル研磨

HONDA VFR1200Fバイクホイールのバレル2次元研摩オンクリアーです。

ハイパーブラック(DBK)への後塗りで湧きブツが酷いため手直しでのご相談でしたが巣穴、陥没が多い素材でしたのでパウダーコートは不向きのため気分転換も兼ねてましてバレル研磨にしました。



HONDA VFR1200Fバイクホイールのバレル2次元研摩オンクリアー



千葉県のお客様・・・ハイパーブラック(DBK)に塗ったらしいですがこれはどう見てもハイパーシルバー(DSK)です。・・まあそれは良しとしても塗装仕上げがちょっと?・・







2本ともパウダーベースが原因と思われる湧き、ブツが多く発生しています。

微小なゴミ噛み、ブツなど塗装には付き物ですが、湧きが多く発生したままで完成品として収めるのはどうかと思いますが。・・・・









塗装を剥いだら「巣穴、陥没」が至る所に出現!

この穴から「エアーや異物」が出てきてパウダーコートすれば湧き現象が確実に出ます。それを強引にパウダーコートすれば自ずと結果は見えてますが・・・

溶剤カラーなら穴埋めパテしてサフ塗って肌を整えれば問題無く仕上がります。今回はバレル磨きにトライします。







凝視しないと解らない程度の小さな巣穴残り有りますが無事2次元バレル研磨の完成です。









フロント側も巣穴など殆ど目立たない仕上がりになりました。

※針で刺した程度の巣穴レベルですがこれがパウダーコートなら確実に湧きが発生します。









低温焼き付け(60℃)の溶剤硬質クリアーを塗って完成です。湧きブツは発生していません。







バレル研摩は丸ごと研磨ですの側面リムもついでに綺麗になってクリアーも被して有ります。







リアー側は方持ちですのでホール穴回りまで研磨仕上げです。







2次元研摩はスポーク天面とリム面の磨きとなりスポーク縦壁は鋳物ユズ肌のままの鈍い光沢になります。これがバレル2次元の特徴です。



バレル研摩後のパウダーコートクリアーは素材の良し悪しを選びます。

ダイヤモンドカットは虹色切削ライン保護のためオンクリアーは必須条件となりますがダイヤモンドカットへのパウダークリアーは不可となります。

バレル研磨はツル肌仕上げで切削ラインなど有りませんのでオンクリアーは任意となります。

ポリッシュオンクリアーの特性についてこちら



バレル研磨はお陰様でオーダーが途切れる事は有りませんが、使用中古品を扱う以上、肝心要の修理が出来てからの話です。





以前当社でミラーバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。



4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。



お問い合わせやお見積もりなどは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 





お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで





(有)オートサービス西 HPはこちら

2013.04.14

二輪バイクホイールのアルミとマグのパウダーコート

同じデザインのバイクのホイールですが「白い方がマグ」で「黒い方がアルミ」です。

同時期に入庫しましたので同時進行で両方共にパウダーコートをしますが、アルミの方と違いマグは修理が難しい事と剥離方や特別な前処理さらに最終フィニッシュ方が違いますのでマグはアルミの倍近い料金になります。

乗用車のマグホイールも同じ条件です。





二輪バイクのアルミホイールとマグホイールのパウダーコート

その1・・バイクアルミホイールのパウダーグロスブラック/フィニッシュ仕上げ



島根県のお客様・・・裏表傷だらけのバイクアルミホイールです。





 

組み換え傷も今回は綺麗に直します。







小さな曲りは有りましたがそれを直してバイク専用の研磨機でリム研磨してパウダー前の120℃空炊きをします。







静電チェックしてパウダーグロスブラックの噴射!







パウダーグロスブラックの完成です。





 

虫食いや腐食の無いアルミホイールの場合はパウダーグロスブラック肌のフィニッシュが可能です。パウダーフィニッシュは素材の良し悪しで「可・不可」が決まります。

パウダーフィニッシュは耐久性が有り頑丈肌となりますが溶剤仕上げに比べればレベリング、ビジュアルは溶剤よりやや劣ります。







その2・・バイクマグホイールのパウダーホワイトベースからの溶剤カラー仕上げ

 

東京都のお客様・・曲り、削れ、クラック有りのマグホイールです。





 

削れは問題無しとしてマグのクラック修理はメーカーやモデル、年式などでマグ合金の造りが全て違いますので同じ割れ方でも治るモノと治らないモノが有ります。

微小な割れでもマグホイールの割れ修理はすべて治るとは限りません。





 

マグの塗装を剥離してから溶接準備として大きき開先を取って治るか治らないか、一応トライしてみます。







表裏包み込むようにマグ溶接します。溶接の時点で気泡や空気湧きが出ると修理不可となって返品となりますが今回の素材は治りそうです。







溶接痕を表裏綺麗に研磨してマグの大きなの壁となる割れ修理が出来ました。

これからは塗装に入ります。

素材自体からの巣穴、気泡、湧きが出るようでしたら修理不可です。







リム研磨とディスク研磨の下処理はアルミと同じ工程ですがこれからパウダーコートの前処理にはアルミにはないマグ専用の下処理が有ります。







マグ専用の下処理をしてベースとなるパウダーホワイトを噴射!







マグの場合はパウダーコートはあくまでもベース利用ですのでこれからさらに溶剤カラーのためのサイディング下処理をします。

写真ではそこそこに綺麗に見えますが実際のマグのパウダーフィニッシュ肌の仕上がり感や見た目はあまり良く有りません。







高温焼き付けのパウダーではマグの素材の特性上パウダー肌の仕上がり時では若干のチジミ、湧き、ブツなどがどうしても出てしまうためパテやサフで修正して平滑にして低温焼き付けの溶剤カラーでお化粧塗装となります。





 

パウダーコート肌の上に溶剤ホワイトカラーを重ね塗りして完成です。









当然トップコートも溶剤クリアーのトップコートとなります。

当店の溶剤クリアーは二液型2:1の高級硬質肌のクリアーを使っていますので肉持ち感有るトップコートです。

「主剤2に対して硬化剤1」の二液型は硬化剤の比率が多いほど塗料代も高価になりますが硬化剤が多ければ塗装肌は固くなります。

ちなみに新品量産は硬化剤のない一液型のクリアーが主流です。





アルミとマグの修理と再塗装について

アルミの曲りやクラックなどよっぽど酷くない限りほとんど治せますが、マグの場合小さな曲りや小さなクラックでも治らい場合が少なく有りません。

また再塗装にしてもアルミは剥離から溶剤塗装も可能ですがマグ合金の特性上、酸化腐食が早いため塗装の密着性が極端に劣り素材自体からの反応を起こすためいきなり溶剤塗装など出来ませんのでベース下地としてパウダーコートは必須条件です。

 



マグはアルミより多くの特殊な下処理を要します。

まずは、剥離からですが、マグネシウムは剥離剤やブラストで安易に剥離すると素材を痛めますのでマグ専門の剥離工場への外注依頼となります。





マグの塗装剥離後にマグ専用の下処理の皮膜形成処理やプロテクターを付着させより耐久性の向上を図っています。





ベースとなるパウダーコートを静電付着して最後に溶剤ウレタンカラーでお化粧の塗装となります。





アルミの再塗装と違いマグの再塗装は以下の工程が必須です。

1・マグ塗装全面剥離   外注依頼(アルミは自社剥離)

2・化成処理         (アルミは必要無し)

3・マグ専用プライマー   (アルミは必要無し)

4・パウダーコート      (アルミはパウダーフィニッシュ可) 

※アルミはパウダーフィニッシュ可能ですがマグはあくまでもベースとしての利用です。

※注)それなりのマグ専用の下処理をしたからと言って完全とは言い切れません。それは新品卸のマグ塗装でもチジミや剥げなど起きてますので塗装劣化はマグの特性宿命です。



バイクホイールの磨き、再塗装リフレッシュ・リメークも送料往復無料キャンペーン中です。

「曲り、割れの大きいモノ」・「歪の有るモノ」・「修復歴の有るモノ」・「ワイヤーホイール」などは修理リフレッシュが出来ない場合が多くあります。





お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へ電話番号明記の上お願いいたします。





お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西HPはこちら

2013.02.12

二輪バイクホイールのパウダーコートからリムポリッシュ

バイク二輪ホイールの粉体塗装(パウダーグロスブラック)からリムポリッシュ加工の1Psタイプの個別仕上げです。

二輪・四輪に限らず1Psホイールのリムポリッシュ加工は先に塗装を済ませてからリムのポリッシュ加工(BBFバフポリッシュ)となります。



当店ではバイク専用のリム研磨機も完備していますので塗装無しのリムポリッシュのみでもお受けしています。





バイク二輪ホイールのパウダーグロスブラックからリムポリッシュ



埼玉県のお客様・・・ユーザー自身でリムを研磨しようとトライした様ですが途中で断念!リム磨きついでに粉体塗装(パウダーコート)で再塗装してリムをポリッシュ加工します。









一部曲がっていましたのでリム修理してからまずは塗装剥離







バイクは両面加工ですので丸ごとブラスト研磨します。

※パウダーコートやリムポリッシュ加工する場合はベアリングは全て外す必要が有ります。







リムは最後にBBFバフポリッシュをしますのでリムへパウダーあまり被らないようにリムをマスキングしてパウダーコートを噴射します。







パウダーコート完成後にバイク専用リム研磨機でセンターディスクとの境目よりリムのみポリッシュ加工します。







パウダーコート丸塗りですのでリムサイド面はパウダーコート肌となります。









リアーは腐食痕もなくピカピカになりました。









フロントは腐食が酷かったため腐食痕、黒シミ斑点がやや残ってしまっています。

ポリッシュ仕上げのホイールは腐食が出る前の早めの処置が大切です。



1Psのバイクホイールは丸塗りのカラー塗装がほとんどですので個性を生かしたリムのポリッシュ化も提案いたします。バイクホイールも当店は得意としておりバイク専用研磨機も完備していますのでリムポリッシュのみでもお気軽にお問い合わせください。

注:)1・・マグやスチールホイールのポリッシュ加工は出来ませんのでリムポリッシュはアルミ(1Ps・2Ps鋳造・鍛造問わず)に限ります。

注:)2・・バイクのポリッシュはBBFバフポリッシュのみとなりダイヤモンドカットは出来ません。

注:)3・・ベアリングは外す必要が有りますのでなるべくベアリングは外されてお送りください。





バフトレース研磨機から当店独自のバレル研磨にてバイクパーツ磨きも行っています。





バイクホイールも2本セット塗り替え、磨きリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中です。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へ電話番号明記の上お願いいたします。





お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西HPはこちら

2013.02.04

二輪バイクの割れ修理から塗装&ポリッシュ仕上げ

KAWASAKIの名車マッハのホイール割れの修理です。

強度的な配慮から割れが大きいモノは普段お断りするのですがレア物ですので何とかお力になろうと時間を頂き修理いたしました。

割れたモノは条件付きで修理いたしますのでその点はご理解ください。





バイクホイールの縦割れの修理



神奈川県のお客様・・・レア物マッハのバイクホイールです。縦に大きく割れていますが幸い歪が有りません。割れた箇所の強度は当然やや落ちますが、割れからの原型修復は問題無く再生します。







二輪も四輪も割れよりも歪の有る横振れ、縦振れの大きなものは修理不能となります。







アルミがしっかり溶け込み様に開先をとって溶接の準備をします。









表裏包み込むように万遍なく溶接してピンホールや熱による歪を起こさないように溶接するのが腕の見せ所ポイントです。









溶接部は両面と側面とも手作業による研磨形成(グラインダー、ヤスリ、超鋼バー、ペーパー)などを使い形を造っていきます。そのためこの工程が一番時間がかかります。







塗装のための仕上げ研磨600番♯まで手作業です。

古い鋳造品は溶接による湧きでピンホールが出やすいですがそれも皆無です。







裏というかタイヤビートが当たる側面部も手作業研磨です。







ゴールド塗装からクリアーまで済ましてリムポリッシュの仕上げ研磨に入ります。









バイク専用のリム研磨機にてアウトリム(二輪は両面仕上げ)磨き込んで完成です。







当時物の鋳造品の塗装部は荒い仕上げ(鋳物肌)を残したままの塗装ですが修理した箇所、周辺は研磨によりどうしてもツル肌になります。そのためぶつぶつの鋳物肌の再現はできません。







割れたいた箇所のポリッシュ部は全くピンホールは有りません。

溶接修理としての再生はバッチリかと自負します。



こうゆう仕事をつい受けてしまうと他のモノが先に進まずさらに仕事が溜まってしまいますが、修理屋としての本領発揮でも有ります。私が一番得意なのは塗装や磨きではなくホイール修理ですから・・・・





二輪ホイールの大きく反って曲がったモノや修復歴の有るモノは修理不可となります。同時期に今回のホイールと全く同じホイールで同じ症状のホイールが入庫しましたがそれは他所で手を加えて有りましたので手直し修理不能となりました。



塗装や磨きなどバイクのホイールも乗用車のホイールも関係有りませんのでバイクのアウトリムポリッシュ加工のみもお受けしています。





■メール送信について■

最近稀に「メッセージを送信できませんでした。」・・・というメッセージが出る事が有ります。

何回やっても送信できず、しまいにはお客様から「しかとですか?」「無視ですか?」などクレームのとばっちを受けます。

何らかの原因で返信不能な事も稀に有りますのでメールには全て携帯番号の明記の上ご連絡ください。お電話にてご連絡いたします。

こちらから返信が無い場合は返信不能と思ってください。





4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。





お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西HPはこちら

2012.12.18

二輪ホイールの曲り修理からパウダーコートと溶剤ゴールド

二輪ホイールの大きな曲り修理から塗装仕上げ(溶剤&パウダー)までの紹介です。

溶剤カラー塗装はカラー調色してから上塗り部分塗装が可能ですが、それに対してパウダーコートは剥離してブラスト研摩からの丸塗り塗装となります。

溶剤もパウダーコートもカラー塗装はホイール修正が出来てからの話です。 ガリ傷修理などは二輪も四輪も取るに足らない簡単な修理ですが、二輪の曲り修理は難しいですので四輪が直せないと二輪は直せません。





その1・・YAMAHA純正鋳造ホイールの曲り修理から丸塗りパウダーコート(グロスブラック)

 

群馬県のお客様・・・ 大きな曲りと外周ガリ傷です。





 

目測できる曲りは2箇所ですがそれ以外に両面合わして8箇所曲っています。





 

曲り修理とガリ傷修理完成後はパウダーコートのための塗装剥離からブラスト研摩とリム研摩をします。





 

パウダーグロス静電噴射丸塗り







ハブダンパーも分解して個別の前処理から個別の塗装です。





 

パウダーグロスブラック丸塗りの完成!

二輪ホイールは四輪と違い剥き出し装着で、さらにリアー側はチェーンの巻き込みで油や飛び石など使用条件が厳しいホイールですので耐久性に優れる頑丈肌のパウダーコートは二輪ホイールには一番理想的な塗装です。





その2・・マルケジーニ鍛造ホイールの曲り修理から部分溶剤ゴールド塗装



千葉県のお客様・・・R側は両面の大きな曲りとF側は小さな曲りとガリ傷修理です。





 

R側曲り修理から研摩形成!





 

F側ガリ傷修理から研摩形成!

これから溶剤の下塗装となるプライマー+サフ塗装してメインゴールド塗装に入ります。





 

R側の曲り修理からの溶剤ゴールド塗装完成!





 

F側のガリ傷修理などR側の曲り修理に比べれば屁見たいな修理です。

部分塗装でもトップコートクリアー塗装は本体丸塗りです。





二輪ホイールはリム幅が小さいため片面が曲ると反対側も引っ張られ歪んでしまいます。そのため大きな曲りだけでなく曲り方や構造デザイン(特に自転車みたいなワイヤータイプ)などは小さな曲りでも曲りは直っても本体の歪み(横振れ、縦振れ)が残るモノは修理不能扱いとなります。





二輪ホイール2本ワンセット磨き再塗装によるリフレッシュ・リメークは無料キャンペーン中!

※大きな曲りのある2輪ホイールは修理不可の場合も有りますので大きな曲りの有るホイールは全て元払いにての発送をお願いしています。





お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西 HPはこちら






2012.08.31

二輪バイクホイール(アルミ&マグ)のパウダーコート

今回は同時期入庫の「ヤマハR1-Z205CCアルミホイール」と「NSR250CCマグホイール」と他パーツへのパウダーコートの紹介です。

パウダーコートは高温焼付けの樹脂皮膜のためアルミ、マグなど素地への密着性が高く、耐久性、耐食性に優れさらに頑丈肌ですので傷にも強いため剥き出しの二輪用ホイールには一番適したカラー塗装方です。

 

パウダーコートは高温焼付けによりベアリングのパーツを痛めますのでベアリングは予め取り外す必要があります。

マグはスチールやアルミと違い密着性が極端に悪く、酸化腐食し易いため剥離からパウダー前に特別な前処理が必要となります。





2輪ホイール&パーツへのパウダーコート

その1・・・ヤマハR1-Z205CCアルミホイールへのパウダーゴールド

 

熊本県のお客様・・少々の傷は有りますが曲りが有りませんので直ぐに剥離工程に入れます。





 

リム傷を直し塗装剥離からブラスト研摩してベアリングを外し内部へパウダーが入らないようにマスキングしてパウダーコートへの下処理をします。





 

水分飛ばしの空焚き(120℃・20分)して保管箱で冷めるを待ってパウダーコートの準備をします。





 

パウダーゴールドの噴射!専用釜で200℃・10分ほど焼いて粉を溶かします。





 

冷却完成!フロント側





 

冷却完成!リアー側







アルマイト処理されたブレーキキャリパー





 

薬品反応にてアルマイトを溶かして傷を直したからブラスト研摩します。







2個1のパーツですので分解して個別にプライマーから前処理をします。 

 





ブレーキフルードの箇所はパウダーがかからないようにマスキングしてパウダーコートを噴射!







マスキングを剥いで2個1パーツ完成!





  

パウダーコートのベージュカラーです。

ちなみホイールや小物パーツなどへの光輝アルマイトやアルマイトカラーもお受けしています。





その2・・・ホンダNSR250CCマグホイールへのパウダーグロスホワイト

 

鹿児島県のお客様・・・ややマグの含有量の少ないマグホイールです。マグの純度が高いモノほど塗装へのリスクが高くなります。





 

剥離ブラストからマグ専用の化成処理してさらにアンダーコートしてパウダーコートを静電蒸着させます。

マグはアルミよりパウダーコート前の処理が2コート増えます。





 

パウダーホワイト噴射!

マグは剥離したまま放置すると直ぐに腐食が始まりますので剥離したら一気にパウダーコートまで済ませます。そのためマグは作業開始したら付きっ切りとなり他の作業と並行できません。





 

冷却完成!フロント側







冷却完成!リアー側

※注):アルミに比べればマグはレベリング(平滑化)がやや劣り気泡や発砲が出る可能性が高くなります。そんな場合はビジュアル的な思考からさらに溶剤にてお化粧塗装をします。これは4輪ホイールも同じです。







クロームスチール製のバイクハンドルのパウダーコートグロスブラックです。







マスキングしてパウダーグロスブラック

スチール製は通電性が強くパウダーの密着性も高くなります。



2輪ホイールの再塗装やポリッシュ仕上げ(スーパーポリッシュバレル研磨)など4輪ホイールとほとんど変わりませんが、大きな曲り修理がある場合は歪みが出て修理不可となる事も有ります。

ガリ傷、欠けなどはアルミ・マグ問わず問題なく修理できます。



2輪ホイールも2本セットのリフレッシュ・リメークに限り無料キャンペーン中です。

※曲りのある2輪ホイールは修理不可の可能性が有りますので曲りの有るホイールは対象外です。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西 HPはこちら

2011.11.19

二輪ホイールの曲り修正&パウダーコート(マットブッラク)

二輪ホイールのボコボコ曲り修理からパウダーコートマットブッラクです。

リアー側はガリ傷程度でしたがフロント側のホイールが至る所数箇所曲っておりそれらを直してからの剥離~ブラスト~パウダーコートです。





二輪ホイールのリム修理からパウダーコート(マットブッラク)



ネット販売の中古購入先から直接当店へ入庫しました。

お客様が現品を確認されていませんので、曲りやガリ傷の有無とあと大切な事は2輪は大きく曲ればホイール自体が横振れしますのでその確認と修理「可・不可」の判断から報告いたします。

2輪は曲りやガリ傷の見た目が治れば良いモノではありません。







写真には納まらないくらい両面色んなところが曲っていますので、曲り修理、振れ修理から始まります。

二輪の修理は大きく曲ったモノ歪みの取れないモノは修理不能な場合があります。







ガリ傷肉盛り修理です。







 

修理が無事終われば、ベアリングを外してパウダー用に普段通りの剥離からブラスト研磨です。





 

静電チェックしてパウダーマットブッラク噴射です。

2輪は表裏が無い両面仕上げのため4輪同サイズ1本分の5割増しです。







 

至る所が曲っていたフロント側パウダーマットブッラク完成!





 

ガリ傷があったリアー側パウダーマットブッラク完成!



車両剥き出しの2輪ホイールは過酷な条件化での使用ですので、頑丈肌のパウダーコートが2輪ホイールには一番適しています。

2輪はホイールに限らず、各パーツへもパウダーコートを是非ご検討ください。



パウダーコートについてはこちら









「修理も色塗りも磨きも」最善を尽くし時間をかけ出来る限りの仕事をしています。しかしそれでも時としてお客様の意に沿わぬモノと思われる事も有るかも知れません。

無菌室のような部屋で閉じこもって塗装してもゴミやブツなど起こる事もあれば色の特性上、どうしても色ずれ現象が出る場合もあります。また磨きにしても素材自体の荒の出現や傷補修の溶接によるアルミを足した合金質が合う、合わないなど様々な素材との相性も有ります。

一概に「鋳造・鍛造・合金プレス」「アルミ・マグ・スチール」と言っても全て「同じモノ・同じ素材・同じ製法」では有りません。

全て違うモノを同じように補修として完全に回避出来ない事も当然出てきます。

それらをよりよい方法でより近ずける修理が「日々の目標であり永遠のテーマ」でもあります。



4本ワンセットリフレッシュ・リメークは送料往復無料キャンペーン中です。

この機会に是非ご相談ください。



(有)オートサービス西HPはこちら

2011.07.29

二輪バイクのホイールの修正から再塗装&磨きのリフレッシュ!

バイクのホイールのガリ傷、曲り、欠け、割れ、振れの修理から再塗装、磨きも行っています。

大型バイクを所有している方もホイール修理から塗装、磨きのリフレッシュもご相談ください。

二輪ホイールでもガリ傷程度ならアルミ・マグ問わず採るに足りないカワイイ修理です。でも「曲り、歪み修理」は4輪のホイールに比べて難ししいため損傷の大きなモノは修理不能となります。

2輪の修復暦の手直し修理は一切お受け出来ません。





その1・・DUCATI 748ホイール曲り、歪み修正 

 

神奈川県のお客様・・お辞儀した角の立ったリム曲りです。

なでらかに曲ったモノと違い角張った曲りはプレス時にクラックが入る可能性があります。 アルミ缶を手で潰して角張った所は綺麗に戻らないのと理屈は同じです。



 

修理箇所周りの塗装を剥いでリムが割れないように余熱してゆっくりプレス修理しても角張った箇所はやっぱりクラックが入りました。 





クラックの入った箇所へ溶接が満遍なく溶け込むように開先を取って溶接準備します。



 

角張った曲りは運よくクラックが入らなかったにせよ、プレスだけではリム外周は完全に出ませんのでどっち道 肉盛り研磨形成は必要です。

クラック箇所だけではなく外周面や裏面も包み込むように溶接します。

この方法は4輪のクラック修理も同じ方法です。

不細工な溶接団子など残しません。





 

グラインダー、超硬バー、ヤスリ、ペーパー充て木を使い、「表・裏」全てハンド研磨します。 円周出しの荒研磨はアクションサンダーなど使えません。





 

事前に調色して配合したカラーを修理した箇所へ部分塗装して完成です。

※部分塗装とは言えプライマーからサフの下地塗装して調色したガンメタを塗ります。またメタリック系はクリアー塗装が必須ですのでクリアー塗装もしてあります。

※注)年数劣化退色したモノへ調色して色を合わしても部分塗装してクリアーまで塗れば塗装した箇所の艶、光沢が出てきます。そのため若干の色ずれを感じる場合もあります。





その2・・マルケジーニ(マグ鍛)パールホワイト再塗装 

 

埼玉県のお客様・・高額なマグタンホイール(鍛造マグネシューム)のパールホワイト再塗装です。 傷はもちろんありますが、それとは別にマグネシューム特有の塗装縮みの現象が出て来ています。





  

後塗りでなく、新品卸しですのでマグ専用のメーカー仕様の下処理が施してあります。今回はそのマグ専用の下処理を剥がないように部分修理してから念のため密着性の高い高温焼く付けのプライマーからサフを塗りその後は通常のウレタンカラーの下処理サフを塗ります。

 



 

2回目の溶剤カラー塗装用の下処理塗装後、ベアリング交換します。

メインの仕上げ塗装が済んでからのベアリング交換はホイールに傷をつけそうで気を使い緊張しますので下処理塗装前後に交換して起きます。

このホイールのリアーは微調整が難しく時間がかかりました。

※2輪のベアリング交換は別途料金となります。





 

溶剤パールホワイトの完成です。







その3・・ANTERAハイパー塗装(DBK)再塗装

埼玉県のお客様・・飛び石傷や引っかき傷はありますが、程度良好の3本(6本?)スポークホイールをハイパー塗装 (DBK)します。





 

パウダーコートのグロスブラックをベースとしてそのベースを透かしながらハイパー銀膜をつけていきます。

本当は従来通り、塗装剥離からパウダーコートをさせて頂いた方が見積もり価格も違ってきますので、それも有りですが、剥離やパウダーコート代が節約できる事とオリジナルのロゴシール(ホイール各3枚)も塗装剥離が無かったためシールを削除する事も無くマスキングによりそのまま生かす事も出来ました。

無駄を省き少しでもお安く出来る良い方法も提案していきます。 





その4・・ハーレー曲り、ガリ傷、チェンジャー傷修理BBFバフポリッシュ研磨



リム曲りとリムガリ傷そしてチェンジャー傷直しからのリム全面BBFバフポリッシュ仕上げします。 







考えられない組み換えによるチェンジャー爪の4箇所傷です。 





本来はアルマイト光輝リムですが予算的な理由からBBFバフポリッシュ仕上げとなりました。 ※二輪でも分解可能なリムならアルマイト光輝リムももちろん可能です。





その5・・マグホイールの割れ、欠け修理からのパウダーコート



東京都のお客様・・曲り、削れ、クラック有りのマグホイールです。

削れは問題無しとしてマグのクラック修理はメーカーやモデル、年式などでマグ合金の造りが全て違いますので同じ割れ方でも治るモノと治らないモノが有ります。

微小な割れでもマグホイールの割れ修理はすべて治るとは限りません。









マグの塗装を剥離してから溶接準備として大きき開先を取って治るか治らないか、一応トライしてみましたが上手く行きそうです。







リム研磨とディスク研磨の下処理はアルミと同じ工程ですがこれからパウダーコートの前処理にはアルミにはないマグ専用の下処理が有ります。







マグ専用の下処理をしてベースとなるパウダーホワイトを噴射!







パウダーコートをベースとして溶剤ホワイトカラーを重ね塗りして完成です。





その6・・レア物ホイール/縦割れ修理からゴールド&ポリッシュ仕上げ



神奈川県のお客様・・・レア物マッハのバイクホイールです。縦に大きく割れていますが幸い歪が有りません。割れた箇所の強度は当然やや落ちますが、割れからの原型修復は問題無く再生します。







開先を大きく取って表裏包み込むように万遍なく溶接してピンホールや熱による歪を起こさないように溶接するのが腕の見せ所ポイントです。







溶接部は両面と側面とも手作業による研磨形成(グラインダー、ヤスリ、超鋼バー、ペーパー)などを使い形を造っていきます。そのためこの工程が一番時間がかかります。





先にゴールドからクリアー塗装してバイク専用のリム研磨機にてアウトリム(二輪は両面仕上げ)磨き込んで完成です。

当時物の鋳造品の塗装部は荒い仕上げ(鋳物肌)を残したままの塗装ですが修理した箇所、周辺は研磨によりどうしてもツル肌になります。そのためぶつぶつの鋳物肌の再現はできません。





その7・・ハーレー純正ゴールド塗装からデザイン天面ポリッシュ仕上げ



埼玉県のお客様・・・曲り、ガリ傷修理は有りません。色替えから再ポリッシュします。





ゴールドに塗り替えしてデザイン天面をポリッシュからオンクリアー

※リムは研磨機で磨けてもスポーク天面の磨きはハンド磨きのため面倒で苦労する箇所です。





その8・・DOCATIアルミ鍛造スーパーポリッシュバレル3次元研摩



神川県のお客様・・新品卸しからのスーパーポリッシュバレル研磨でよりプレミアムホイールへと進化します。





当店独自自慢のスーパーポリッシュバレル3次元研磨です。

他所では出来ない特殊研磨工法で隅々まで万遍無く磨きこんだ芸の細かなミラーポリッシュとなります。 高品質の鍛造高級ホイールほどより効果的です。





2輪も2本リフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

※二輪の曲りや割れの酷いモノは直らない可能性が大となり損傷の酷いモノは送料往復無料は適用外とさせていただきます。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へ写真を添えてお願いいたします。

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



PS:ガリ傷や割れなどほぼ治せても曲りによる歪や反り現象の有るバイクのホイールは横振れ、縦振れが取れないため修理不可になる場合が多くなります。



(有)オートサービス西HPはこちら 

2011.04.17

二輪バイクのホイールも修正いたしますが、手の施し様の無いモノも有ります。

二輪・バイクのホイールのガリ傷、曲り、欠け、割れ、振れの修理は開業時23年前から地味にやっています。

オーダー数は4輪(乗用車)の5%にも満たない月10本程度ではありますが、「みんカラ」ユーザーも大型バイクを所有している方が多いようですので今後はもっとバイクのホイール修理、リフレッシュもPRしていきます。

二輪ホイールでもガリ傷程度ならアルミ・マグ問わず採るに足りないカワイイ修理ですが、曲り、歪みなどは4輪のホイールに比べて難しく、4輪ホイールがまともに直せないと2輪のホイールはまず治せません。

粗悪な修復暦有りの手直し修理はしたしません。







その1・・二輪ホイールの曲り、歪み修正

 

よくあるお辞儀したリム曲りです。

この位の曲りならホイール全体の歪みや横振れ現象はほとんど現われません。



 

リムが割れないように余熱してプレス修理しますので塗装焼けやプレス傷は修理の工程上、一部塗装へのダメージは避けられません。

そのため修理箇所の塗装は一部剥いで研磨してから部分塗装「有り・無し」で納品しています。







 

アルミ(アルマイト)、スポークワイヤータイプはスポークが細くリベット止めのため、リム曲りの衝撃でワイヤー自体も曲ってしまいホイール全体が大きく横振れを起こします。

ちなみにこれは以前バイク屋さんが曲りをプレスして無理やり押し込んでいるため一部リムが下がった状態で大きく沿っています。

曲り修理は素人さんが手を加えれば直るモノも直らなくなりますので絶対に手を加えずお送りください。



 

ワイヤー自体が引っ張られるためリムの曲った方のワイヤーは歪んで曲り、反対側のワイヤーは逆に引っ張られてしまいます。



 

角の立った曲り方をしたリムはプレスしても当然リム外周の円は凸凹となりますので外周復元のため表、裏肉盛り研磨形成は必須となります。

ビールのアルミ缶を手で潰したら角がでます。その角をまん丸くはできませんよね、 それと同じ事です。



 

アルマイトリムのためアルマイトを一部剥いでの研磨仕上げとなります。

もちろん全面研磨も可能ですが、ワイヤーの付け根が研磨出来ませんので本格的に全面研磨する場合はワイヤーを全部外してリング状にする必要があります。





その2・・外傷ダメージ無しのホイールの歪み・横振れ修正

 

高額なマグタンホイール(鍛造マグネシューム)1本/25万円するらしいです。

新品同様で曲りや傷はありませんが大きく横振れしています。





 

検査してみたら赤丸印部のディスクスポークに塗装のヒビ割れ発見!

これはホイール側面からの衝撃でディスクスポークが引っ張られスポークが反って塗装が割れる現象です。

そのためホイール全体の横振れが約2ミリほどあります。

プレス修理する際、マグは粘りがないためスポークが割れないように時間をかけ騙し騙し少しずつプレス修正していきます。

結果横振れの範囲約0.4ミリ以下でディスクスポークも割れずにまた塗装ダメージも無く治りました







その3・・粗悪な修復暦への手直し修正不可について



修理から色塗り替えでご依頼いただいた、マグ鍛JB3です。

小さな曲り修正とガリ傷修正かと思いきや・・・ビックリ修理痕有りでまたガッカリです。






リムの形状がイビツで良く見たら表・裏ヒビ、クラックが見えます。





恐る恐るブラスターで塗装剥いで見たらご覧の通りの信じられない恐ろしい溶接修理痕です。

塗装してしまえばどんな修理をしたのか判らなくなるのはこの事です。

何も知らずに使っていたなんてぞっとしますね。

高額なマグ鍛も台無し!廃棄処分です。

残念ながら手直し修理不能のため当然、塗装、塗り替えはキャンセルとなりました。

こんな修復暦ホイールとたまに遭遇しますが、こちらとしても多大な迷惑を被っています。







その4・・二輪ホイール修正後の塗装・磨きによるリフレッシュ・リメーク

 

ブラッククリアー再塗装(溶剤系)

粉体パウダー塗装も可能です。(剥離からパウダーまで全て自社加工です。)



 

ハイパー塗装(ブラックフェイス)再塗装





 

当店自慢のスーパーミラーポリッシュ研磨(3次元)

手の届く範囲は全てポリッシュしてあります。

面倒で時間のかかるアルミ磨き込み工法のためバイクホイールはデザイン、構造により「可・不可」があります。 





 

メッキ加工(メッキ工場への外注依頼となります。)

二輪ホイールは4輪ホイールより悪条件化のためメッキしたホイールを傷つけやすいですので注意が必要です。

特にリアー側はチェーンの油、汚れ、飛び石がホイールに付きやすくメッキの損傷が出やすくなります。







二輪ホイールは四輪ホイールと違いホイール幅(J)が2~3Jと幅が細いためリム曲りにより反対面のリム面も引っ張られて付いて曲ります。

さらに大きな曲りの場合ディスク面もついて曲るためホイール全体の横振れの現象が現われます。

そのため修理「可・不可」は写真での判断ができませんので現品ダメージを検品後の判断となりまた歪み(横振れ)の大きなモノはトライしてみないとなんともいえない状況のモノも少なくありません。

※2Ps合せホイールや自転車のホイールのようなワイヤーホイールは顕著にその現象が現われます。



塗装膜が厚く、耐久性が良く、さらに高熱に耐えられる粉体パウダー塗装ホイールはもとより、抜き出しのエンジンミッションまたフレームなどバイクには一番適した塗装です。

ハーレーダビットソンのフレーム本体そのまま丸ごと入る粉体塗装専用焼付け釜をただいま準備中です。



大型焼付け釜完備によりバイクのフレームはもちろんホイールならサイズにより一気に12本前後同時焼付けが可能となります。



近日本格的に開始いたしますので乞うご期待ください。



スーパーミラーポリッシュ・BBFバフ・ハイパー塗装・ウレタンカラー塗装・粉体パウダー塗装などで磨き、塗装が出来ても、基本・土台となる確実な修理、修正が出来て初めてお化粧となるそれらが生きてきます。



(有)オートサービス西HPはこちら

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

ブログ内検索

カレンダー

«8月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリーリスト

フィード