ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - HAYASHI Racing

2017.03.23

ハヤシレーシング14&15インチ/溶剤&パウダーコートリフレッシュ・リメーク

ハヤシレーシング14インチ(新品)と15インチ(新品同様)のため修理ついでのリフレッシュでは無く模様替えと耐久性重視のリフレッシュリメークです。

14インチ/ハヤシ・・・個性的で派手目な溶剤塗装による3トーンカラーによる色調カスタム重視!マスキングを要す多色重ね塗りはパウダーコート不可のため溶剤カラーに限ります。

15インチ/ハヤシ・・・パウダーシャンパンゴールドとポリッシュパウダークリアーフルパウダーコートによる耐久性重視!
バレル研磨が前提の場合、先塗りのカラーが溶剤カラーでは密着性が悪いためバレル研磨で塗装が剥げてしましますので先塗りカラー塗装&バレル研磨は密着性の高いパウダーコートに限ります。

溶剤カラーとパウダーコートそれぞれの塗装特性を生かしたハヤシx2台を紹介します。

ハヤシレーシング/パウダーコート&溶剤リフレッシュ・リメークx2台
 その1・・・ハヤシ14インチ/マスキングによる溶剤多色カラー重ね塗りのリフレッシュ・リメーク

埼玉県のお客様・・・新品14インチのハヤシx5本を「黒・赤・ポリッシュ」の溶剤塗装による3トーンカラーにリメークします。

溶剤カラー再塗装はベースが新品又は新品同様の場合に限り塗装剥離無いで下処理から上塗り塗装が可能です。

マスキングして最初に溶剤の赤塗装!

赤塗装部をマスキングして黒塗装のための2回目のマスキング!

赤塗装部をマスキングして窓部への溶剤の黒塗装!

リムポリッシュ部は磨き直して「ポリッシュ+赤+黒」3トーンカラーの完成です。

インナーリムから側面リムもマスキングしてカラー塗装無しのアルミ剥き出しです。

ポリッシュはノークリアー仕上げです。

マスキングを数回要す重ね塗り多色カラーの場合パウダーコートでは塗膜が厚いためマスキング断層が出ますので、重ね塗り多色カラーは溶剤カラーに限ります。
その2・・・ハヤシ15インチ/パウダーシャンパンゴールド&パウダークリアーフルパウダーコート

愛知県のお客様・・・15インチ程度良好のハヤシ!新品設定がノークリアーのためパウダークリアーが目的でそのついでに溶剤黒からパウダーシャンパンゴールドに模様替えします。

黒剥離からブラスト研磨

インナーリムから側面リムの研磨

ハンドアクション研磨からバレル荒研磨!

先塗りのパウダーシャンパンゴールド静電噴射!

リムからディスク天面のパウダーコート削除研磨

バレル研磨前の下処理バフ磨き

バレル仕上げ研磨!
※バレル研磨する場合の先塗りカラー塗装が溶剤カラーでは密着が悪いため剥げてしましますので後でバレル研磨する場合の先塗りカラー塗装は密着性の高いパウダーコートに限ります。

本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

シャンパンゴールド&ポリッシュパウダークリアー完成!

裏リムは普段洗浄メンテが出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などパウダーコートがより効果的でガラスコーティングなども必要有りません。

先塗りのパウダーシャンペンゴールドからポリッシュまでベロット丸ごとパウダークリアーする事でシャンペンゴールドの光沢向上と耐久性もアップします。

ポリッシュ鏡面肌により密着性と透明度のより高い高級アクリル系パウダークリアーを採用していますので鏡面ポリッシュ艶引き感も最小限に抑えられます。

カラー&バレル研磨や最終クリアーがパウダークリアー希望の場合は溶剤カラーとの組み合わせが出来ませんので先塗りカラー塗装&バレル研磨は密着性の高いパウダーコートに限ります。
 


   ・・・溶剤カラーとパウダーコートの特性について・・・
●溶剤カラーの長所●
1・素材を選ばない
2・部分修理塗装や上塗り塗装が出来る
3・液体のためブレンド自由自在に無限大のカラー表現が出来る
4・キャンディー系の濃淡調色が自由自在に出来る

●溶剤カラーの短所●
1・「密着性・褪色性・耐UV性、」が劣るため塗装剥げや褪色の劣化が早い
2・耐熱性が無いため熱により柔らかくなった塗膜にパットカスや汚れが浸透付着する
3・塗装膜が弱いため傷が付きやすい
4・有機溶剤のため人体や環境に悪い


●パウダーコートの長所●
1・粉末状の樹脂膜のため塗膜が固く傷が入りにくい
2・密着性が高いため塗装が剥げにくい
3・褪色性・耐UV性が高いため色褪せしにくい
4・200℃焼き付けのため少々の熱に強い
5・耐熱性が高いため塗膜にパットカスや汚れが浸透付着しない
6・有機溶剤を使わないため人体や環境に良い
7・ガラスコーティングなど不要


●パウダーコートの短所●
1・金属製に限り素材を選ぶ
2・塗装を剥いで金属無垢に戻す必要が有る
3・部分修理塗装や上塗り塗装が出来無い
4・カラーNOや指定カラーなどカラー調色に対応出来ない。
5・マスキングを要す多色カラー重ね塗りが不向き
6・キャンディー系の濃淡調色が出来ない。


完全無欠の塗装など有りませんのでそれぞれ一長一短特性を生かして目的に応じた選択です。


再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

2014.04.07

ハヤシレーシング/パウダーグロスブラックからバレル研摩

パウダーグロスブラックからバレル研摩によるハヤシレーシングのリフレッシュ・リメークです。

同じ日に同じ加工内容のハヤシが2台入庫しましたので効率良く8本まとめて同時進行しましたハヤシ2台を紹介します。

バレル研摩に一部カラーを入れる場合は先にパウダーカラーを済ませてからバレル研摩となります。他のホイールも同じ手順ですので参考にしてください。



ハヤシレーシング/パウダーグロスブラックからバレル研摩

その1・・FR用レア物ハヤシ14インチ/パウダーグロスブラック&バレル研摩



福岡県のお客様・・・オフセットがゼロのサイズで現行品には無いレアなサイズのハヤシです。かなり傷んでいますがこのハヤシは無垢の状態ノークリアーでの腐食ですのでバレル研摩で磨けば光沢が蘇ります。







剥離してポリッシュ肌を確認した感じでは問題ないです。

これがオンクリアーでの腐食でしたら素地とクリアーの間に水が浸入したままの状態になるため素地奥まで侵して虫食い状態になりそうなればいくら磨いても虫食い跡は取れません。









スポークサイド面からインナーリムまで先にパウダーグロスブラックを静電噴射します。







スポークサイド面の黒を残してデザイン天面を研磨します。







インリムまで腐食が酷かったためパウダーコートの高温焼き付け(200℃)で腐食箇所から湧きが発生しました。腐食の酷い中古のインリムへのパウダーコートは高温焼きにより腐食部からブツ、湧きが出てしまいます。でも・・そこは裏面インリムですので溶剤塗装でビジュアル重視するより耐久性の観点から多少のブツは犠牲、有り、としてもインリムにはパウダーコートの方が良いかと思います。ガラスコーティングなども必要ないです。。









デザイン天面ハンド研磨からBBFバフ仕上げしてフィニッシュはバレル研摩になります。







バレル仕上げ研磨の完成!







インナーリムはパウダーグロスブラックで側面リムは無垢の状態仕上げです。









バレル研摩の独特なポリッシュ肌です。







黒を残しバフ磨きからさらにバレル研摩で見事に蘇りました。





その2・・FF軽車用ハヤシ14インチ/パウダーグロスブラック&バレル研摩



鹿児島県のお客様・・・女性のオーナーでタント用の現行品のハヤシです。比較的新しいですのでほとんど腐食していません。







まずはガリ傷肉盛り修理から・・・ポリッシュ仕上げは素地表現ですので溶接技術の見せ所です。









パウダーコートは肌が固いため塗装を剥ぎながらの研磨では時間がかかり難儀しますので磨く箇所はなるべくパウダーが掛からない様に簡易的なマスキングをします。







このホイールは程度が良いですのでインリムのパウダー湧きブツはほとんど出ません。







パウダーグロスブラックの完成







デザイン天面ハンド研磨







キャップのロゴシールは結構傷んでいますのでシール復元します。







パウダーグロスブラック&バレル研摩の完成!

グリーンとシルバーのカッティングシールによるキャップロゴも復元!







インリムは先のハヤシと違いブツ、湧きも無く黒光りしたパウダー肌フィニッシュです。







肉盛溶接のガリ傷修理は完璧です。







元々ノークリアーでしたので今回もノークリアー仕上げです。



バレル研摩と一部カラーの場合は溶剤カラーではバレル研摩の際セラミックの圧力で溶剤カラーが一部剥げてしまうためバレル研摩での磨き前提の場合カラーはパウダーコートに限定されます。



以前当社でスーパーポリッシュバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心ください。





4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。



お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西

2014.03.10

ハヤシレーシングのバレル研摩によるリフレッシュ・リメーク

デビューから30年今でも販売されている現役の超ロングセラー、ハヤシレーシングは修理やリフレッシュの依頼が多いモデルの一つです。

当時モノも現行品も同じ鋳造(CAST)ホイールで当時モノはノークリアーで現行品はオンクリアーして有ります。デザイン変わらず見た目は同じでも技術の進歩で昔と今では造りが違います。また年式により腐食劣化の差も出て来ますのでポリッシュ仕上げは腐食の有無で仕上がりに大きく影響されます。

今回のハヤシ3台共バレル研摩によるリフレッシュですが塗装内容や最終表現が3台それぞれ違う3パターンの作業を紹介します。



その1・・・黒を剥いでパウダーグロスブラックからのバレル研摩

その2・・・既存の黒を残して溶剤ブラックからのバレル研摩

その3・・・黒を剥いで無垢の状態で黒塗装なしでのバレル研摩



ハヤシレーシングのバレル研摩によるリフレッシュ・リメーク

その1・・パウダーブラック+バレル研摩+ブラッククリアー



愛知県のお客様・・・現行品で新品同様10インチのハヤシレーシング。当時モノのハヤシはノークリアーですが最近のハヤシはオンクリアーして有ります。









クリアーから黒塗装を完全剥離してブラスト研磨









ディスクサイド面からインナーリムまでパウダーグロスブラックの噴射







硬くてしつこい頑丈肌のパウダーグロスブラックを剥ぎながら研磨します。







ハンド研磨からリム研磨してバレル研摩を数回掛けます。









パウダーグロスブラック部を残してバレル研摩の完成です。









スモーククリアーを塗ってブラックポリッシュとなり完成です。

※キャップロゴはグリーンから黒&銀に作り直ししました。









インナーリムはパウダーグロスブラック肌残しになります。







写真では黒が濃く写りますが実際は薄いスモークブラックポリッシュです。





その2・・溶剤グロスブラック+バレル研磨+ノークリアー



茨城県のお客様・・・現行品の腐食がない程度良好な13インチのハヤシレーシング。ご自分で研磨にトライしたようですがここはプロにお任せください。







既存の黒は残してバレル研摩で磨きます。







新品塗装では溶剤ブラックですのでバレル研摩を掛ければセラミックの圧力で溶剤の弱い肌の黒が一部剥げてしますため再度溶剤の黒を塗ります。

※バレル研摩する事が前提の作業はバレルの圧力に負けないパウダーコートを先に塗ってからの方がこんな作業をする必要が有りませんので出来れば先のパウダーコートをお願いします。







黒を残してデザイン天面のみバレル研摩の完成







インナーリムから側面リムは丸ごとバレル研磨によりついでに綺麗になります。









今回ノークリアーですがオンクリアーの場合は1Psですのでディスク面からインナーリムまで丸塗りのオンクリアーになります。





その3・・黒塗装無し+バレル研摩+ノークリアー



高知県のお客様・・・当時モノで虫食い、腐食、陥没が進行した14インチのハヤシレーシングです。カラー塗装なら「虫食い、腐食、陥没」などパテ埋めしてそれらは隠せて見えなくなりますがポリッシュは素地表現のため「虫食い、腐食、陥没」などそのまま残ってしまいます。









剥離からブラスト掛けた状態ですがこの時点で酷い腐食痕が見えて来てます。









ホイール穴付近やリムの一部など素材を大きく痛めて穴が開いてます。









一皮剥いて何とか少しでも腐食を研磨で削除しましたが素地奥まで浸透し虫食い削除が出来ませんのでそれは限界が有ります。







バレル研摩で何とかここまで光ってくれました。







スポーク窓部の塗装無しでバレル2次元研磨の完成です。







全体的な光沢は出ても虫食い、腐食、陥没はこんな感じで残ってしまいます。

※こうなればポリッシュ仕上げは基よりパウダーコートもパウダークリアーも湧きが出るため不可となりますのでポリッシュ仕上げのホイールは腐食が進行する前、腐る前に早めの処置が一番大切です。



 ハヤシ3台バレル研摩のまとめ

       




1・・パウダーグロスブラックと天面バレル研摩からスモーククリアー







2・・溶剤ブラックと天面バレル研摩からノークリアー







3・・黒塗装無しのスポーク窓部は素地ユズ肌2次元バレル研磨からノークリアー

ポリッシュ仕上げは虫食い、腐食、が出る前に早めの処置が一番大切です。

現在作業中のハヤシ3台(鹿児島県S様・福岡県J様・秋田県Y様)今しばらくお待ちください。



以前当社でスーパーミラーバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心ください。





4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。



お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«9月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリーリスト

フィード