ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

バレル研磨/アルミパーツ

2015.04.22

パーツのBBFバフ研磨ベースからのバレル研摩

通常アルミパーツの磨きは青棒やコンパウンドを使った乾式のバフ磨きで平滑な面は磨けても凹凸の多い複雑な構造デザインのモノは磨けません。

またバフ磨きではコンパウンドによるバフラインバフムラと摩擦熱によるバフ焼けが入ってしまい平滑な面の広いモノほど余計に目立ってしまいます。それらを解消するのが、水槽混入湿式セラミック研磨によるバレル研摩です。

ウェットブラスト機も完備していますがウェットブラストは汚れ錆び取りは出来ても白濁して光沢は出ませんのでウェットブラストバレル研摩前処理利用です。

バレル研摩機でパーツ磨きに対応した当社独自の画期的な研磨工法で、バレル研摩機へジグ装着可能なパーツならどんなモノでもスーパーポリッシュバレル研磨が可能です。



パーツのバレル研摩&BBFバフ研磨



その1・・キャリパー/バレル研摩/パウダークリアー



神奈川県のお客様・・キャリパー4個で3個はウェットブラストをかけて有ります。このままではバレル研摩機へ装着出来ませんので分解して8個のパーツとして個別に磨き上げます。









凹凸の多いデザインですがハンド研磨にて手の届く箇所を全て下処理研磨します。







BBFバフ研磨からバレル研摩してパウダークリアーでコーティングして完成!







凸凹の多いデザインのモノは通常のバフ磨きでは無理ですがバレル研摩なら可能です。





その2・・ホイールハブ・ブレーキパネル・カップリング/バレル研摩/ノークリアー



熊本県のお客様・・カップリングは丸いリング円周部のみの磨きでブレーキパネルは表面磨きでホイールハブは丸いリング円周部の両面の2面磨きになります。







ブレーキパネルの表面ハンドバフ磨きから仕上げはバレル研摩につなげます。







3パーツバレル研摩の完成!







鋳造(CAST)パーツの場合素材により胡麻を降った針で刺した程度の巣穴が出てくる場合が有ります。





その3・・ミラーボール/BBFバフ磨き/磨溶剤クリアー



鹿児島県のお客様・・薄いアルミ板の為これをバレル研摩すればセラミックの押し込み圧力で変形しますのでこれはバレル研摩出来ませんのでBBFバフ研磨から研磨機による磨きになります。







バレル研摩では有りませんが、ハンドバフ磨きから研磨機による磨き仕上げならムラのない均等な鏡面仕上げになります。







より光沢を生かすために透明度の高い溶剤硬質クリアーでコーティング!





その4・・エンジンカバー・マニホールド/バレル研摩/ノークリアー



福井県のお客様・・エンジンカバーはお客様が研磨トライしましたが途中で断念!マニホールドは鋳造特有の砂肌が粗いですがこれがバレル研摩によりツル肌光沢になります。









1500番手までペーパー掛けのハンド研磨

バレル研摩は前処理となるハンドペーパー掛けからバブ磨きの下処理次第でバレル研摩の仕上がりが決まります。







バフ研磨からバレル研摩完成!







複雑な構造のモノでも均等に光沢が出ます。







丸みを帯びたRの効いたモノは光沢を反射してより効果的です。







バレル研摩でないとバフ磨きフィニッシュではこんなになりません。







パーツのバレル研摩はサイズよりデザイン構造で「可・不可」とお値段が決まります。



従来の乾式コンパウンドバフ研磨とは違い水槽の中にホイールやアルミパーツを入れ特殊研磨材(セラミック)を混入してその極小のセラミックが細かい箇所まで、ムラ無く均等な光沢輝きを実現します。下処理次第で複雑な構造の物や多種多様なデザインにも対応できる画期的な磨き研磨工法です。

アルミの上に他の材質を付けて光沢表現するメッキ「クローム(金属層)・スパッタ&蒸着(銀幕層)」とは違い、アルミ素材自体の鏡面仕上げのため、高額な割には耐久性の悪いメッキのように錆び、腐食、剥げ、などの損傷劣化が無くメッキ加工の半分~1/3以下の料金で収まります。



素材自体の磨き込みですので、素材の良し悪しにも大きく影響しますので程度の悪いモノは仕上がりが期待できません。



その他1・・樹脂フェンダークロームカラーチェンジ



長野県のお客様・・樹脂製のクロームメッキの新品フェンダーですがこれをゴールドメッキ調にします。









新品状態のクロームメッキをそのまま生かした金メッキ調です。

※注)中古品でメッキ剥げや傷の有るモノなど部分メッキ修理など出来ませんので剥げや傷が残った状態そのまま金メッキ調として反映されます。

アルミ素材ならメッキしなくてもバレル研摩してポリッシュ光沢を生かしたパウダーキャンディーゴールドやその他の色んなキャンディーカラーが出来ます。

バレル研摩からパウダーキャンディーゴールドはこちら

http://www.243ok.co.jp/blog/2015/02/22971/



その他2・・クロームワイヤーホイールのバレル研摩



こんな錆びだらけのワイヤーホイールもバレル研摩で錆び取り磨きが出来ます。







手磨きして仕上げは全面バレル研摩から腐食の酷い一部残った鉄の赤錆はメタル塗装で部分的な補修をして丸塗りのクリアーで再錆び防止コーティングをします。

二輪ワイヤーホイールの修理からのバレル研摩はこちら

http://www.243ok.co.jp/blog/2014/12/22996/





素材自体の磨き込みのバレル研摩は高額な割りには耐久性が悪く素材を痛めるクロームメッキのようにメッキ剥げ、メクレ、メッキサビなど無縁ですのでそんな心配など有りません。



ポリッシュのメンテナンスについてはこちら



ホイールに限らず磨きについてはどんな事でもご相談ください。

お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールの場合一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。

日曜祝祭日はお休みです。





 

(有)オートサービス西HPはこちら

2012.08.04

二輪ホイールの修正とバイクパーツのバレル研摩

久しぶりのブログは年代物の二輪のパーツ磨きと二輪ホイールの修理の紹介です。

4輪ホイールの修理やリフレッシュがメインとなりますので2輪は全体の5パーセント程度の入庫率ですが2輪ホイールもそこそこやっています。またパーツの修理やパーツ磨きは当店独自のバレル研摩機にて仕上げ研摩していますので通常のバフ磨きとは違った研摩工法で対応出来ます。

年代物のレア物は損傷しる恐れ考えるとリスクが高いため取り扱いに気を使います。





CBX400Fのパーツ磨き(スーパーポリッシュバレル研磨)

 

茨城県のお客様・・ヘッドカバー・ポイントカバー・ジェネレーターカバー・ブレーキペタル・クラッチペタル・オイルパン・マフラーフランジ計10点の磨きポリッシュ仕上げをします。





 

オイルパンは1箇所割れ有り





 

割れた箇所はもぎ取って新に溶接でつなぎます。





 

エアーツールで込み入った箇所をハンド研摩します。

前処理の基本はハンド研摩です。





 

バフ屋さんが使っている専用のバフレース研摩機で1個1個丁寧に荒と仕上げでバフ賭けをしてテカテカに磨き込みます。

通常のバフ屋さんならここで研摩終了となりますが、ここからさらにバレル研摩機で 均等な光沢出しをいたします。





 

パーツの写真は違いますが、こんな風にジグに貼り付けてバレル研摩仕上げまでします。

バレルのジグへ装着するためには対角線上に2個以上の穴が開いていないとボルト締めして貼り付け出来ませんので穴の無いパーツはバフレース研摩機での仕上げとなります。





 

バレル研摩仕上げの完成です。

バフレース研摩機はデザイン天面、側面しか磨けませんのでバレル研摩で無いとここまで繊細な磨きはできません。

マフラーフランジ以外はオンクリアーです。







二輪ホイールの曲りガリ傷修理

 

神奈川県のお客様・・良くあるお辞儀をしたメクレ曲り!

二輪はリム幅が小さいためこの程度の曲りでも曲った反対面のリムも引っ張られるため沿ってしまいホイール全体の横振れが起きます。



 

曲りと横振れを直しプレス傷も削除研摩して完成です。

二輪は時間がかかります。









ガリ傷修理は2輪・4輪関係無く肉盛り研摩形成は必須です。

削り込みやパテ埋め修理など修理とは言えません。







高知県のお客様・・溶接箇所を研摩形成してプライマーやサフなど前処理からメインの塗装してトップコートして完成です。







月10~30本程度で数は少ないですが修理、再塗装前の待機中の二輪ホイールです。

二輪のガリ傷修理(肉盛り研摩)や再塗装(溶剤・パウダーコート)は4輪と手間は変わりませんが曲り修理となれば4輪用から2輪用へジグを変更再設置したり、またリム幅の小さい二輪は片面の曲りで反対側も沿って歪むモノが多いため4輪に比べて非常に難しく手間のかかる修理のため4輪修理より時間を頂いています。

2輪ホイール修理で納期を急がれる方はご検討見直しください。



2輪ホイール修理に限らず磨きや再塗装(溶剤ウレタン・パウダーコート)やパーツへのスーパーポリッシュバレル研磨などお気軽にご相談ください。





リフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へ写真を添えてお願いいたします。

お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで





(有)オートサービス西HPはこちら 



・・・お盆休みのお知らせ・・・

8月12日~16日までお盆お休みとなります。


2011.12.22

CBXエンジンヘッドカバー&モンキーチェーンカバーへのバレル研磨

スーパーミラーバレル研磨はホイール専用の特殊研磨機のためホイール研磨の紹介がメインとなっていますが、極稀に依頼のあるアルミパーツへのバレル研磨も可能ですので一部紹介をいたします。

ホンダCBXのエンジンヘッドのカバーとホンダモンキのーチェーンカバーのミラーポリ仕上げです。

アルミ製品ならホイールに限らずどんなパーツでもミラーポリッシュ可能です。

 ※ジグ装着可能なモノに限ります。







バイクパーツへのスーパーミラーバレル研磨



30年前のホンダモンキーのチェーンカバーです。







ホンダCBX400のエンジンヘッドカバーです。







研磨の基本となるハンド研磨でゴシゴシとひたすらぺーパーを充てます。

面倒で根気の要る手作業ですが、ハンド研磨次第で仕上がりが左右されます。







ハンド研磨後、従来のコンパウンドバフ研磨します。

大まかに磨いてからバレル研磨機へ装着するためにパーツ用のジグ(今回はホイールのディスクを利用)へボルト締め貼り付けして準備完了!

写真の時点では従来のバフ研磨ですが、ここから水槽の中へ投入してセラミックで光沢がでるまでバレル仕上げ研磨します。





 

ヘッドカバー完成!

複雑で凹凸の多い構造のモノでもムラ無く均等に光沢が蘇ります。

こんな構造のモノはハンドバフ仕上げでは限界があります。







チェーンカバー完成!

面の広い構造は比較的下処理がやりやすいですが面の広いタイプほどバフ研磨ではバフムラやバフ焼け、コンパウンド傷が目立ってしまいす。

バレル研磨ならコンパウンドバフ研磨と違いますので、ムラ無く均等にアルミ独特の光沢が蘇ります。



アルミホイールに限らずアルミ製品ならほとんどのモノを磨けますが、ジグ装着するためにボルトオン出来る穴があるモノに限ります。



パーツにより工夫次第でジグ取り付けできる事もあります。



素材自体の磨き込みですので、素材の良し悪しにも大きく影響しますので程度の悪いモノは仕上がりが期待できません。



高額な割りには耐久性の悪いクロームメッキのようにメッキ剥げ、メクレ、メッキサビなど手の施し様のない劣化損傷の心配など有りません。



ユーザーのメンテナンスの有無で光沢維持が左右されますので普段の洗浄 研磨が必要です。

ポリッシュのメンテナンスについてはこちら



ホイールに限らず磨きについてはどんな事でもご相談ください。



(有)オートサービス西HPはこちら

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

ブログ内検索

カレンダー

«8月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリーリスト

フィード