ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - 2017年09月

2017.09.29

BBS-DTM鍛造18インチ3次元ブラッシュド/パウダースモークブラック(黒中間色)

BBS-DTM鍛造1Ps18インチ3次元ブラッシュドからパウダースモークブラック(黒中間色)です。

数年前パウダーコート光輝シルバーDSKに再塗装したホイールでしたが曲りガリ傷修理ついでに3次元ブラッシュドパウダースモークブラックに模様替えしました。

前回BBS-DTMパウダーコートDBK&DSK

http://www.243ok.com/blog/2016/04/#date-2016-04-28
BBS-DTM鍛造18インチ3次元ブラッシュド/パウダースモークブラック(黒中間色)

福岡県のお客様・・・福岡からお持ち込み頂きました。
パウダーコートDSKから曲りガリ傷修理ついでにブラッシュドパウダースモークブラックに模様替えします。

アウト&インリム曲り修理から・・

剥離~ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

インナーリムから側面リムのブラッシュド研磨の下処理研磨

ブラッシュド下研磨

3次元ブラッシュド完成!

パウダースモークブラック(黒中間色)静電噴射!

リムロゴ作成貼り付けして3次元パウダースモークブラック(黒中間色)の完成!

ブラッシュドされたインナーリムから側面リム裏リムは普段メンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートがさらに効果を発揮してガラスコーティングなども不要です。

ブラッシュドは全て手作業ハンドメイドですので手作り感が有ります。

ブラッシュドを薄っすらと透かす黒の入ったスモークブラックで
重厚でどっしりしたイメージです。

パウダーコートDSKからさらに高級感有るブラッシュドで雰囲気変えて別ホイールを買った気分になりました。

再塗装、磨き、ブラッシュドリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

 

2017.09.26

アメ鍛19インチ/クロームメッキリムからポリッシュパウダークリアー

アメ鍛19インチのクロームメッキリムからポリッシュパウダークリアーです。

黒く塗られたリムのカラー塗装からポリッシュ仕上げは塗装を剥いでBBFバフポリッシュしますが、塗装を剥いでビックリ!始めた遭遇したホイールです。しかも中古品の後加工では無く新品納めとの事・・・・?

アメ鍛19インチ/クロームメッキリムからポリッシュパウダークリアー

島根県のお客様・・・新品購入のアメ鍛19インチの黒リムをポリッシュパウダークリアーにしてほしいとのご依頼です。

新品購入ですがディスクのメスネジボルトが3本折れています。
オーナー様は気づいてないため作業した弊社の責任にされますので逐一現状報告してから作業に入ります。

分解してアウトリムの塗装剥離に入りますが・・・・?

ナ、ナ何とクロームメッキの表面をグラインダーやエアーツールで剥いでそのまま黒を厚めに塗られていました。

中古の後加工ならともかく1本30万円もするホイールです在庫のメッキリムを在庫処理で黒塗って新品納めしたものかと思います。・・中古ならともかく新品では考えられません。

リムサイド面はクロームメッキが残ったままです。

リムフランジのクロームメッキは半端に研磨されており赤茶色して見えるのがクロームの金属銅版です。

半端な金属銅版残りはアルミと銅版との金属断差が出ますのでタイヤを組んで影響無い箇所まで研磨します。

ハンドアクションで粗い肌を削り落とし1.500番手までBBFバフポリッシュです。

リムポリッシュ密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理してアウトリム丸塗りのアクリルパウダークリアー静電噴射!

分解ついでに洗浄研磨したピアスボルト装着組み付けして完成です。

インリムは今回塗装無しですので洗浄のみ
インリム洗浄でのウェイトカスの削除は塗装が剥げる恐れがあるためウェイトカスがは残ったままの簡易洗浄です。

削りまくったボコボコリムが何とか上手くポリッシュ出来ました。

ポリッシュへのパウダークリアーは密着性と透明度の高い高級アクリルパウダークリアーを採用しています。

1本30万円もする新品納めホイールですが最初からボルトは3本折れてるわ、クロームメッキを剥がずに黒塗装はしているわ、で驚きだらけでした。
                ディスク裏メスネジについて
                               ↓


皆さん裏まで普段覗いて見ませんので気づかないかと思いますが、写真上WORKインリムの穴が有ってもディスク側にメスネジが無いため20本ボルト締めして有りませんので表面19本のボルトナットで締めて有ります。
写真下ifogidoはディスク側のメスネジもボルト締めして有りボルトナット表裏計40本、WORKの倍以上のボルト締めして有ります。
ifogidoのボルト3本折れて無くなっていますがWORKの様に始めから付いて無いモノも有ますので3本折れた程度はそう心配する事は無いかと思いますが・・・・・

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

 

2017.09.23

絶版フォーカス15インチ3Psハメ殺しフルパウダーコートリフレッシュ・リメーク

絶版フォーカス15インチ3Psハメ殺しフルパウダーコートリフレッシュ・リメークです。

30年以上前のホイールを当時無かったパウダーコートで耐久性UPも兼ねて再生復活しました。

「虫食い、陥没、腐食」が有ってもカラー塗装なら色で何とか隠せますが素地表現のポリッシュは「曲り、ガリ傷、割れ」は治せても「虫食い、陥没」は完全には治せません。

絶版3Psハメ殺しフォーカス15インチ/フルパウダーコートリフレッシュ・リメーク

宮崎県のお客様・・・30以上年前の3Psハメ殺しフォーカス15インチです。

塗装剥離・・・年代モノですのでそれなりに傷んでいます。

ブラスト研磨・・・ディスク部はラメ塗装で腐食は消せますが素地表現のアウトリムポリッシュの「虫食い、陥没」は残るかも知れません。

リムの曲り、ガリ傷肉盛り修理

先塗りディスクのパウダーコート下処理

1コート目・・パウダーイエロー

2コート目・・パウダーラメクリアー

アウトリムのBBFバフポリッシュ

ディスクは色塗れば虫食い、陥没は隠せますがポリッシュ素地表現のリムも虫食い、陥没はこれ以上はどうにもなりません。

3コート目・・リムポリッシュ密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理して本体丸塗りのアクリルパウダークリアー静電噴射!

錆びた座金ブッシュは交換も有りですが何分古いホイールのため規格の合う座金ブッシュが無いためブラスト研磨パウダーグロスブラックで再利用します。

イエローラメ&リムポリッシュフルパウダーコートの完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」などインリム再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

ディスクのラメパウダーコートはパウダー3コートになります。

ポリッシュリムの避けられない虫食い、陥没、腐食はやや残りましたが沸き発泡が出なかった事が幸いです。

■フォーカス15インチフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ+パウダークリアー

・センターディスク・・・・・・・・・・・パウダーイエローラメ(パウダー3コート)

・3Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーイエロー&パウダークリアー

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・ステンレスボルト新品交換

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ニクロム新品交換

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・クランクインバルブ新品交換

・座金ブッシュ・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨パウダーグロスブラック再利用

曲り、ガリ傷、欠け、割れ修理は出来ても「虫食い、陥没、腐食」は治せませんので腐る前に早めの処置が大切です。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

 

2017.09.16

WORK-VS17インチ/バレル2次元研磨パウダースモークブラック&フルパウダーコート

WORK-VS17インチのバレル2次元研磨パウダースモークブラック&フルパウダーコートです。

WORKの2Psは「なんちゃってダミーボルト」付きの2Psハメ殺しが多い中で唯一VSは分解可能な2Psですのでリム交換やパーツ別に無限大のカスタム可能です。

WORK2Psの人気モデル「シュヴァーツ、グノーシス、マイスター、ヴァリアンツァ、復刻版エクイップ・seeker・グッカーズ、ユーロライン、その他」は2Ps・3Ps溶接ハメ殺しですので施工内容が極一部に限られ「リム全面ポリッシュ(デザインにより)・ダイヤモンドカット・光輝アルマイト・クロームメッキ」など分解してパーツ別加工を要すモノは全て不可です。

WORK-VS17インチ/バレル2次元研磨パウダースモークブラック&フルパウダーコート

鹿児島県のお客様・・・WORKお得意の2Psハメ殺しが多い中でVSは分解可能稀な2Psですのでリム交換からパーツ別施工が無限にカスタム可能です。

目視判断や写真では解りにくい「じゅわ~」と曲がったリムが数ヶ所有ります。

2Ps本体の剥離研磨

2Ps本体パウダーグロスブラック

アウトリムはBBFバフ研磨から研磨ライン削除の鏡面バレル研磨!

ポリッシュ面の密着向上のガスグラスプライマー化学処理

アウトリムのアクリルパウダークリアー静電噴射!
※リムはここで全て完了!

ディスク塗装剥離~ブラスト研磨
※砂肌の粗い鋳造(CAST)です。

ブラスト研磨から天面ハンドアクション研磨

当社独自の乾式バレル中研磨
※バレル2次元研磨の場合バレル荒研磨は使用しません。

バレル仕上げ研磨前のハンドバフ磨き下磨き
※バフ磨きではバフムラ、バフ焼け、バフライン、バフボケがでますのでそれらを解消するのがバレル仕上げ研磨です。

バレル2次元仕上げ研磨の完成!

ディスクポリッシュ面の密着向上のガスグラスプライマー化学処理

パウダースモークブラック(黒中間色)静電噴射!

プラ樹脂製のキャップは研磨してレンズクリアー

ブラック艶有りガンコートしたピアスボルト装着組み完成です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒光して見栄えが良い・黒は汚れが目立たない・ガラスコーティング不要」などインリム再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

バレル研磨光沢を生かした透き通る薄い黒が入ったパウダースモークブラックです。

ディスク窓部サイド面はバレル2次元研磨で鈍い銀の光沢になりますのでパウダースモークブラックを塗る事でハイパー塗装(DBK)風の表現になります。

■WORK-VS17インチフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・バレル研磨+パウダークリアー

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・センターディスク・・・・・・・・・・・バレル2次元研磨パウダースモークブラック

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・ブラック艶有りガンコート

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・ブラック艶有りガンコート

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・研磨レンズクリアー

装着写真を頂きました。
               ディスク裏メスネジについて
                              ↓


皆さん裏まで普段覗いて見ませんので気づかないかと思いますが、写真上WORKインリムの穴が有ってもディスク側にメスネジが無いため20本ボルト締めして有りませんので表面19本のボルトナットで締めて有ります。
写真下ifogidoはディスク側のメスネジもボルト締めして有りボルトナット表裏計40本、WORKの倍以上のボルト締めして有ります。
ディスク裏のボルト1~2本折れて無くなったモノが稀に有りますが、はなっから無いモノも有ますので心配する事は無いかと思います。・・・・・
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

2017.09.14

日産R34GTR純正カラー近似フルパウダーコート再塗装リフレッシュ・リメーク

日産R34GTR純正溶剤カラーから耐久性重視で近似のフルパウダーコートによるの再塗装リフレッシュ・リメークです。

純正ホイールは全て溶剤カラーですので、単品修理の場合は現品合わせの調色して溶剤カラーになりますが、4本再塗装リフレッシュ・リメークの場合は剥離ブラスト研磨してアルミ無垢からの再塗装ですので量産新品には無い一品モノならではの耐久性UPのパウダーコートカラーが今主流です。

日産R34GTR純正カラー近似のフルパウダーコート再塗装リフレッシュ・リメーク

青森県のお客様・・・数年屋外放置されたR34GTR純正です。

屋内保管なら湿気位で殆ど傷みませんが屋外放置は雨風の影響で塩を吹いたような腐食が出て来ます。

曲りガリ傷は完璧に治せますが腐食の方が心配です。

剥離ブラスト研磨して肌確認で一部虫食い、陥没が有りますがこの程度ならパウダーコートが上手く行きそうです。

リム&ディスクのガリ傷肉盛り溶接!
色塗って誤魔化せるパテ埋め補修、削り込みなどインチキ修理は行っていません。

曲りガリ傷修理が終わればパウダーコートの下処理ハンドアクション研磨

さらに当社独自のバレル荒研磨
※塗装は下処理、仕込みが命!

溶剤純正カラー近似のパウダーカラーの静電噴射!

パウダーカラー1コートで艶質感が出ませんのでさらにパウダークリアーでリコートします。

2コート目パウダークリアー静電噴射!

錆びて傷んだ座金ブッシュは新品交換も有りですが新品は直ぐに錆びますので再錆び防止も兼ねてパウダーグロスブラックで再利用します。

座金ブッシュのブラスト研磨~ガスグラスプライマー~パウダーグロスブラック静電噴射!

座金ブッシュを圧入して完成です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

パウダーコートは溶剤の様に調色が出来ませんので調色無限の溶剤純正カラーと同じ色にはなり切れませんがほぼ近い表現です。

虫食い、陥没、腐食は殆ど目立たないレベルに仕上がりました。

純正の溶剤カラーの色合わせより今回の再塗装のメインは耐久性重視です。

溶剤カラーの出番は単品修理や部分的な修理塗装補修用で4本塗り直しで拘りカラーが無い限り再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。

パウダーコートの売りは「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPが期待出来ますのでパウダーコートフィニッシュはワンオフ一品物ならではの理想的な塗装です。

拘りの指定カラーNOが有る場合はパウダーコートでは表現で出来ないためパウダーコートはベースとしてその上に調色したガン吹き溶剤カラーになります。

パウダーコートベースからのお化粧溶剤カラー http://www.243ok.com/blog/2016/11/#date-2016-11-08

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
削り込み修理やパテ埋め補修など一切行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービ西

2017.09.09

BBS-LM17&18インチ裏組みフルパウダーコートリフレッシュ・リメークx2台

LM17&18インチのG-P(ゴールド&ポリッシュ)からオリジナルG-Pの雰囲気を替えずにフルパウダーコートによるG-P裏組みLMです。

溶剤塗装G-Pに対してパウダーコートでのG-Pは「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPは溶剤塗装G-Pの比では有りません。

S-PやDSK-Pのシルバー系は年式ロットで色見は殆ど変わりませんがG-PゴールドやDBK-Pハイパーブラックの新品は年式ロットで色見色合いが微妙に違います。

同時期入庫でパウダーゴールドの色が違うだけで工程は同じですのでLM裏組みG-Pフルパウダーコート2台まとめて紹介です。

BBS-LM17&18インチ裏組みフルパウダーコートリフレッシュ・リメークx2台

千葉県のお客様・・LM-GP(ゴール&ポリッシュ)17インチです。

広島県のお客様・・LM-GP(ゴール&ポリッシュ)18インチです。

2台共通基本中の基本、曲りガリ傷修理から

ディスクの塗装剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

さらに当社独自のバレル荒研磨!
塗装は下処理仕込みが命です。

TransparentGoldとSpanishGoldパウダーゴールド静電噴射!

TransparentGold17インチとSpanishGold18インチのワンコートゴールド
ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。

2コート目リコートパウダークリアー静電噴射!

2Ps本体剥離研磨

2Ps本体パウダーグロスブラック&パウダーシルバー静電噴射!

17インチ側はリムフランジ黒まで剥いでアウトリムのBBFバフ研磨からバレル研磨

18インチ側はリムフランジシルバーを残しアウトリムのBBFバフ研磨からバレル研磨

ポリッシュ密着向上のためのガスグラスプライマー化学処理

アウトリムのバレル鏡面研磨のアクリルパウダークリアー静電噴射!

ピアスボルト剥離ブラスト研磨からパウダーグロスブラック静電噴射!

パーツ別個別のフルパウダーコート完成!

17インチ114.3-4H裏組み完成!

色褪せした黒ボルトから黒光りするピアスボルトが鏡面光沢リムと効果に

17インチ側のTransparentGoldは煌びやかで明る目なゴールド

裏組みにより17㎜フェンダー側で出て面一になった装着写真を頂きました。

17インチ114.3-5H裏組み完成!

18インチ側のSpanishGoldは明るさ控えめの落ち着いたゴールドです。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

■LM17インチ裏組みG-Pフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・バレル研磨+パウダークリアー

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーブラック

・センターディスク・・・・・・・・・・・パウダーTransparent Gold +パウダークリアー

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・交換無し

■LM18インチ裏組みG-Pフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・バレル研磨+パウダークリアー

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーシルバー

・センターディスク・・・・・・・・・・・パウダーSpanish Gold+パウダークリアー

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・錆び止めパウダーシルバー

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・・・・・・・交換無し
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

2017.09.06

BBS-RGR19インチ/悪質な修理手直しからのパウダーマットブラック

BBS-RGR19インチ開けてビックリ!悪質な修理手直しからのパウダーマットブラックです。

ガリ傷のパテ埋め補修は良く有る事ですが、割れた箇所をパテで誤魔化して有る悪質な修復歴有りです。

ネットでの中古品は現物確認が出来ませんので後塗りされたホイールは疑って掛かり、なるべく避けた方が無難です。

中古ホイール購入は曲りガリ傷が有っても手を加えて無い荒の状態が却って安心です。・・見た目だけ良くするために再塗装されたモノはろくなモノが有りません。

BBS-RGR19インチ/悪質な修理手直しからのパウダーマットブラック

熊本県のお客様・・・熊本からわざわざお持ち込み頂いた後塗りのRGR-19インチです。
※手を加えた丸塗りホイールは塗装を剥がないとどんな修理をした不明のため剥いでからの報告見積りになります。

塗装して有る時点では見えない良く有るガリ傷のパテ埋め補修が出て来ました。

ディスク割れもパテ埋で隠して有りました。ふざけてますね!
カラー塗装はパテ埋めで誤魔化せますので危険が一杯です。

ガリ傷パテ埋め補修部の肉盛り溶接

リムのパテ埋め補修部の肉盛り溶接研磨形成完成!

ディスク割れの溶接修理から研磨形成!
リムの研磨形成は簡単な事ですが山谷のディスク研磨形成は全て手作業のため手間と手間を要します。

割れ、ガリ傷修理が終われば塗装の下処理仕込みのブラスト研磨

ハンドアクション研磨からリム研摩
※パテ埋め補修は一切有りません。

パウダーコート前の当社独自のバレル荒研磨

化成処理して250℃で空炊き冷却後パウダーマットブラックの静電噴射!

丸塗りパウダーマットブラックの完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

リムガリ傷をパテ埋め補修部されてた周辺

割れていたディスク根本周辺

マットブラック再塗装の出来栄え評価よりパテ埋め誤魔化しのガリ傷、割れの修理手直しの方が修理屋として肝心要です。
溶剤もパウダーも色塗りだけなら誰でもそこそこ出来ます。


  ■パウダーカラーのリコートについて■
           

1・黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。

2・ゴールドメタ、シルバーメタ、ガンメタ、他メタリック系はパウダー1コートではメタ本来のメタリック感が出ませんので光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の2コートをお勧めします。

3・パールやラメ系は「ベースカラー+パールOrラメ」から光沢艶出し、耐UV性、耐久性UPのため”パウダークリアー”の3コートをお勧めします。

4・マットブラックやガンメタ他マット系はパウダー1コート仕上げのためパウダークリアー2コート、3コートなど不要ですのでパウダーコートカラーでは一番安く上がります。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など行っていません。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

 

2017.09.02

AMG15インチ&ゴルフⅡ純正15インチ/バレル2次元研磨ノークリアー

AMG15インチ&ゴルフⅡ純正15インチのバレル2次元研磨ノークリアーです。

カラー塗装からのバレル研磨とポリッシュからのバレル研磨ではハンド研磨工程が大きく異なります。

AMGのカラー塗装からのバレル研磨は鋳物ゆず肌の削除研磨から始まりますがポリッシュのゴルフⅡ純正は鋳物ゆず肌研磨が省かれるためカラー塗装のAMGよりややお安く上がります。

鋳造(CAST)と鍛造(FORGED)素材の違いでも光沢輝きの差は出ますが「虫食い、陥没、腐食」の有無こそがポリッシュ仕上げの重要ポイントです。

AMG15インチ&ゴルフⅡ純正15インチ/バレル2次元研磨ノークリアー
その1・・・AMG鋳造(CAST)15インチ/バレル2次元研磨ノークリアー


東京都のお客様・・・・25年以上前のヒトデAMGです。
小さな曲りは有りますが年期モノの割には程度良好です。

アウトリムはノークリアーのため酸化白ボケ腐食は出ていますがオンクリアーの白ミミズ虫食い陥没が有りませんのでこれなら綺麗になります。

剥離~ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

バレル荒研磨

バレル中研磨

バフ磨きからバレル2次元研磨の完成!

インナーリムから側面リムもバレル研磨でついでに綺麗に磨かれます。

凸文字周辺を下研磨すれば文字が消えて無くなるため凸文字周辺は逃がし研磨になります。

古い鋳造(CAST)ホイールでも虫食い、陥没、腐食さえなければ光沢が蘇ります。
※フルポリッシュ仕上げは曲りガリ傷の有無より虫食い、陥没、腐食こそが仕上がりを大きく左右します。
その2・・・ゴルフⅡ鍛造(FORGED)15インチ/バレル2次元研磨ノークリアー

神奈川県のお客様・・・ポリッシュアルマイト処理のゴルフⅡ純正ホイールです。

リム曲り修理から

アルマイトを剥いでハンド研磨

バレル中研磨からバフ磨き

バレル2次元研磨の完成!

インナーリムから側面リムは元肌アルマイト残しになります。

通常の乾式バフ磨きで「バフムラ、バフライン、バフ焼け」が入りますがそれらを解消するのが水槽混入湿式バレル研磨です。

バレル研磨鏡面ポリッシュの映り込みは御覧の通り
バフ磨きフィニッシュでは「バフライン・バフ焼け・バフムラ」など面の広いモノほど余計目立ちます。

ノークリアーは雨風で酸化白ボケしますので小まめなメンテ磨きが必要ですが磨き易いデザインの上、磨くのが好きな方にはノークリアーで良いかと思まいす。

AMG鋳造(CAST)とゴルフⅡ純正鍛造(FORGED)では鍛造の方がより光沢が出ますが比べて見ないと解らないレベルです。


バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。
国産鋳造と海外鋳造の違い http://www.243ok.com/blog/category/465/

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。アフターケアーは安心してお任せください。
バレル研磨曲りガリ傷修理実例 http://www.243ok.com/blog/category/464/

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 


メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されていないメール「迷惑メール」と判断して削除されますので回答・返信出来ません

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

 

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«9月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリーリスト

フィード