ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

2016年11月

2016.11.26

「鋳造・鍛造・合金プレス」の大きな「曲り、欠け、割れ」の修理

アルミ「鋳造・鍛造・合金プレス」各種リムの大きな曲り、欠け、割れの地元で断られた単品修理の紹介です。
酷い修理はやりたくないのが本音です。でも「廃盤、レアモノ、お得意様」など事情によりお請けする事も稀に有りますが強度保証や納期猶予など条件付きでお願いしています。
「歪み、振れ」が無ければアルミなら大概のモノは修理出来ますがマグホイールの大きな曲りや割れはほぼ修理は不可です。

扱うのは基本中古品ですので修理が出来ない事には4本再塗装(溶剤・パウダーコート)や磨き(バレル研磨・BBFバフ研磨・ブラッシュド)などリフレッシュ・リメークには繋がりません。

「鋳造・鍛造・合金プレスリム」の大きな「曲り、欠け、割れ」修理
その1・・鋳造裏リムの大きなの欠け割れ修理


京都府のお客様・・本来修理不能扱いですがお得意様でレア物ですので時間を掛けて強度保証無しの条件付きで原型修復はほぼ完璧に修理しました。

メインの大きな欠け修理以外の曲りおまけ修理も有り鋳造ですのでクラックも入っています。

肉盛り溶接修理

ハンド研磨によるリム形成
※パテ埋め補修は一切行っていません。

インリム原型修復完成!後は色を塗るだけ

インリムのみクリームホワイト再塗装

ぱっかり大きく割れていた周辺です。
その2・・鍛造リムの大きなの曲り割れ修理

北海道帯広のお客様・・・パット見は大した事ない様に見えますが結構行ってます。地元の修理屋さんでは鍛造は治らないと断られたようですが「治らないでは無く治せない」です。

固い鍛造は曲り潰れで確実にクラックが入ります。
BBSは基より当社修理の半分以上が鍛造高級ホイールですので鍛造が治せないと仕事になりません。

潰れてクラックの入った箇所は潔くもぎ取ってしまします。

周辺曲りを治して溶接準備

表裏包み込む様にアルミ肉盛り溶接

アルミ肉盛り溶接すれば高熱で収縮しますので再度プレス微調整修理して研摩形成して曲り割れツブレ修理の完成!

その他おまけガリ傷肉盛り修理
大きな割れ欠け修理に比べればガリ傷肉盛り修理など次いで作業で何て事無い修理です。

リムをポリッシュ磨きクリアーを塗って完成!

潰れてクラックが入ってたリム周辺
ポリッシュ修理はパテ埋めなど誤魔化しが効きませんので修理技術の腕の見せ処でも有ります。

鋳造(CAST)ホイールは元々巣穴だらけですので溶接による巣穴ピンホールは出ますがプレス圧縮された鍛造リムは密度が濃いため溶接による巣穴ピンホールは殆ど出ません。

その3・・鍛造リムの大きな曲り修理


和歌山県のお客様・・・約半周大きく沿って曲がっています。

鍛造リムがぼっこり曲がっていますが鍛造リムは固くて手ごわい修理です。こちらもクラックが入っています。

大きな曲り修理とは別箇所の小さな曲りガリ傷修理

マットブラックの場合、修理箇所周辺の溶剤マットの部分塗装ではザラツキが出て上手くなじみませんのでパウダーマットブラック塗り直しを前提に塗装剥離してから修理に入ります。

大きく曲がった箇所のリムは固い鍛造ですのでクラックが入っています。

表裏包み込む様にアルミ肉盛り溶接とついでにガリ傷肉盛り溶接

手作業による研摩形成

リム修理研磨完成・・後はパウダーマットブラックを塗るだけ

1Ps本体丸塗りのパウダーマットブラック完成!

大きく曲がったいたリムですが原型修復はほぼ完璧です。

溶剤のマットブラックはザラツキ感がでますのでマットブラックに関してはパウダーマットブラックがより確実です。

インリムラベルシールも再利用貼り付けしましたので誰が見ても修理再生品には見えません。
その4・・3Ps合金プレスモノチューブリムの大きな曲り修理

青森県のお客様・・カールリム、Wリム、モノチューブリムと呼ばれるパイプ状の板モノ合金プレスリムの大きな曲り修理です。

合金プレスリムは鋳造、鍛造と違い粘りが有るため大きく曲がっても割れる事は殆ど有りませんが柔らかい分曲り易い素材です。また曲りによりシーリングも引っ張られ切れてしまいます。

曲りのプレス修理・・このプレス修理こそがホイール修理屋の技です。

Wリムのモノチューブリムはリムを折り曲げたパイプ状のためプレス修理してもリム外周は潰れてたままとなりリム外周肉盛り溶接は必須条件です。

凹んで低い箇所を肉盛りします。足りない箇所は溶接して足すこれは修理の基本中の基本でそれすらしない(出来ない?)でひたすら研磨して誤魔化す悪質な修理が削り込み修理です。

リム外周肉厚原型修復研磨

アウトリムをばらしてリム全面研磨!

リム組み付け合体して無事完成です。

モノチューブWリムについてhttp://www.243ok.com/menu/w_rimu_ripea/

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

 (有)オートサービス西

2016.11.23

鉄ホイールのクロームメッキとSuper-RAPのバレル3次元研磨パウダークリアー

鉄ホイールへのクロームメッキと鉄ホイールみたいなデザインのアルミ鍛造Super-RAPのスーパーポリッシュバレル3次元研磨パウダークリアー!

鉄ホイールのクロームメッキは基本となるバフ磨きからバレル研磨は当社で下処理研磨して後はクロームメッキ工場へ外注依頼となります。化研光輝アルマイトも同じ工程でクロームメッキも光輝アルマイトもメッキ前のバフ磨き、バレル研磨、腐食の有無でメッキの仕上がりが大きく左右されます。

Super-RAPはアルミ鍛造(FORGED)ホイールですのでクロームメッキなどする必要が無く磨けば鏡面ポリッシュになりす。またアルミ鍛造にクロームメッキすれば素材を痛めますので鍛造の意味が失われるためクロームメッキは鉄かアルミ鋳造(CAST)に限ります。

鉄ホイールのクロームメッキとアルミ鍛造Super-RAPバレル3次元研磨パウダークリアー
その1・・鉄ホイールのバレル研磨ベースからのクロームメッキ


東京都のお客様・・・車種不明ですが鉄錆びが出始めた純正の鉄ホイールです。

鉄ホイールでも曲りますのでまずは曲りガリ傷修理から

クロームメッキの大切な下処理となるバフ磨き~バレル中研磨バレル荒研磨

リム曲りガリ傷修理してもう少し追い込んでバフ磨きします。

バレル仕上げ研磨

キャップのバフ磨き

クロームメッキの完成!バフ磨きとバレル研磨の下研磨次第でクロームメッキはそのまま反映されます。

クロームは全体的に掛かっていますがホール穴周辺はキャップで隠れますのでバフ磨きしてないため鏡面クロームになってません。・・それはバフ磨きをした箇所だけ鏡面クロームになりますので下磨きの重要性がお解かりかと思います。

本体丸ごとのクロームメッキですがインナーリムから側面リムはついでにクロームが掛かった程度です。

素材そのままメッキにかけても鏡面クロームメッキには成りません。クロームメッキは下処理研磨と腐食が無い事がクロームの仕上がりを大きく左右します。



その2・・Super-RAPアルミ鍛造(FORGED)のバレル3次元研磨パウダークリアー

兵庫県のお客様・・・程度良好な超軽量鍛造Super-RAPです。

塗装剥離からブラスト研磨

回転研磨機研磨

インナーリムから側面リムも研磨

バレル中研磨からバレル荒研磨

まだ白ボケしていますのでひたすらハンドバフ磨きでペーパー目や磨きムラを消していきます。

仕上げのバレル3次元研磨の完成!ノークリアーの時点ではまさに鏡面ポリッシュテカテカ光沢になります。
※この状態でクロームメッキを掛ければ3次元クロームになりますがアルミ鍛造ですので素地光沢を生かしたパウダークリアーで耐久性重視です。

ポリッシュ面への密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理してアクリル系パウダークリアーの静電噴射!

アルミ製の座金ブッシュもホイール同様ガスグラスプライマー化学処理してアクリル系パウダークリアーの静電噴射!

バレル3次元研磨パウダークリアーの完成!

バレル研磨でついでに綺麗になったインナーリムから側面リム裏リムは普段メンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートがさらに効果を発揮します。ガラスコーティングなど不要です。

クロームメッキとは違うアルミ独特の落ち着いた高級感有る光沢風合いです。

鍛造は不純物が無く金属組織の密度が高いため鋳造よりさらに光沢が出ますのでクロームメッキの様な光沢になりますが耐久性が無いクロームメッキとは違いアルミ素地磨きの落ち着いた大人の光沢でクロームメッキの様に剥げると言う概念は有りません。

バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。 

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2016.11.19

ゴルフⅡ用BBS-RS15インチ/バレル研磨全パーツフルパウダーコート

ゴルフⅡ用BBS-RS15インチ/バレル研磨全パーツフルパウダーコート 毎度おなじみのRSですが当社自慢バレル研磨から耐久性向上も兼ねた全パーツのフルパウダーコートのRSです。

リムは回転研磨機で何処でも磨けますが、バレル研磨の最大の特徴は複雑な構造デザインのディスクが磨ける事です。さらにメッシュプレートやキャップなど小物パーツまでバレル研磨が出来ますので乾式バフ磨きで避けられない「バフ焼け、バフムラ、バフライン」など皆無となる水槽混入湿式フルポリッシュ研磨工法です。

RSバレル研磨/YouTube https://www.youtube.com/watch?v=_TB4r30ZMXQ

ゴルフⅡ用BBS-RS15インチ/ノーマルサイズ/バレル研磨全パーツフルパウダーコート


神奈川県のお客様・・・ゴルフⅡ用15インチRS定番の深リム交換は無しでノーマルサイズのままバレル研磨からのフルパウダーコートします。

曲りガリ傷修理から・・・写真程度のガリ傷なら削り込んでしまえば解らなくはなりますがそれは素人でも出来ます。修理屋として基本通り肉盛り溶接修理をきちんとします。

アウト&インリム修理が終われば分解してディスクの塗装剥離に入ります。

アウトリムのガリ傷修理からBBFバフポリッシュからパウダークリアー密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理

アウトリムのパウダークリアー静電噴射!

インリム剥離からリム研摩

インリムは当社定番のパウダーグロスブラック静電噴射!

ディスクのブラスト研磨からハンド研磨

ハンドバフ磨き

バレル仕上げ研磨

その他RSバレル研磨軍団4台同時進行

各パーツのパウダークリアー密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理
※凹凸の有る複雑な構造のメッシュプレートを均等に磨けるのはバレル研摩ならではの離れ技です。※バフ磨きの場合凸の天面は磨けても凹のへこんだ箇所は磨けません。

各パーツのパウダークリアー静電噴射!
※RGRなど1Psはホイール本体の1個のパーツですがRSは付属パーツが多いです。

錆びたナットはブラスト研磨して再錆び防止の役目としてパウダーシルバー

全パーツ個別のフルパウダーコートの完成!

全パーツフルパウダーコート後組み付け合体完成です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

錆びたピアスボルトは洗浄研磨してパウダークリアーして有りますがより光沢を復活するにはピアスボルトの再クロームの方がよりベターです。

■ゴルフⅡ用/BBS-RS15インチ/バレル研摩の詳細■
1・アウトリム・・・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)
2・インリム・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
3・センターディスク・・・・・・・・・2次元バレル研摩(パウダークリアー)
4・メッシュプレレート・・・・・・・・3次元バレル研摩(パウダークリアー)
5・6角キャップ・・・・・・・・・・・ 3次元バレル研摩(パウダークリアー)
6・ピアスボルト・・・・・・・・・・・洗浄研磨(パウダークリアー)
7・ナット・・・・・・・・・・・・・・錆取りブラスト研磨(パウダーシルバー)
8・エンブレム・・・・・・・・・・・・交換無し再利用
9・バルブ・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
10・・・・・・・・・・・・・・・・・ 分解合体シーリング打ち直し
※RS15~17インチの純正アウト&インリム、ピアスボルト、6角キャップ、メッシュプレートなど各種パーツストックして有りますのでご心配なくご相談ください。
※ストックパーツのみの販売はお断りしています。

関東で有名なゴルフ専門ショップからの装着写真を頂きました。
※大人し目6.5Jのノーマルサイズですがアウトリムの0.5Jからフロントは1.0J、リアー1.5JまでUP出来そうですので6.5Jから「7.0J~7.5J」ワイド化希望の際はまたご相談ください。

こちらRS15インチは114-4H~100-4Hピッチ加工+オフセット加工してアウトリムはステンレスリム2.5Jとインリムはアウトリム用の4.0Jをインリムに使った拘りサイズのカスタムRS15x7.0J/OFF-3.5です。

S軍団8セット+2本/34本完成しました。現在作業中のRS軍団はしばらくお待ちください。RSは入庫が多いためブログ紹介は極一部になります。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

メール送受信のお願い・・
携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225
 (有)オートサービス西

2016.11.16

フォルテックス15インチ/ワイヤーホイールのバレル研磨パウダークリアーx2台

ワイヤーホイールのワイヤー部は全て鉄のメッキですがリム本体は「アルミポリッシュ・アルミクロームメッキ・鉄クロームメッキ」の3種類が有ります。

今回紹介のフォルテックス2台共「アルミのポリッシュリム」ですのでガリ傷肉盛り修理は当然の事、バレル研磨からパウダークリアーが可能ですので、バレル研磨による錆び取り全面磨きと、さらにパウダークリアーによる錆び防止が重要な役割目的です。

リムが「アルミメッキ・鉄メッキ」など、完全分解しない事にはリムのメッキ剥離が出来ませんのでリムのメッキ剥げ、虫食い腐食が有るリムメッキのワイヤーホイールのバレル研磨は不可です。

フォルテックス15インチ/ワイヤーホイールのバレル研磨パウダークリアーx2台


愛知県のお客様・・・【A】4本ガリ傷が有りますがポリッシュリムですので問題無くガリ傷修理からバレル研磨が可能です。
※リムがクロームメッキの場合はメッキ剥離が出来ないと肉盛り修理が出来ませんので当然バレル研磨も不可です。

神奈川県のお客様・・・【B】ガリ傷は有りませんが鉄のワイヤー部が一部錆びています。

【A】側、ガリ傷有り
※ガリ傷は完璧に治せても、虫くい腐食は完全には治りません。

【A】側、削り込みとコーキングエアー漏れ有り

【A】側、ガリ傷肉盛り溶接修理

【A】側、ガリ傷修理から本体丸ごとバレル研磨の完成!※パウダークリアー前

【B】側、ガリ傷修理は有りませんでしたが錆びたワイヤー部の錆び取り研磨から本体丸ごとバレル研磨の完成!※パウダークリアー前

【A】【B】2台共コーキング削除研磨

ポリッシュリムとメッキスポークの密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理

http://www.global-suzuki.com/product/gas-glass-primer-2/


再錆防止目的で本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

ガリ傷の有った【A】側の完成!

ガリ傷の有ったリム周辺修理です。
ガリ傷の有無より錆び腐食が少ない事が重要ポイントです。

ワイヤーが多く交差する入り込んだ複雑なセンターボアー周りもバレル研磨ならご覧の通り綺麗になりパウダークリアーが隅々まで入り込んでコーティングされますので再錆び防止にもなります。

ガリ傷が無かった錆びの有った【B】側の完成!
※元キャップ1個欠品のため4個キャップ交換

バレル研磨までの初めの磨きは全て手磨きしますが手磨きがやりにくい箇所です。

この周辺も最初は歯ブラシや布を突っ込んで手磨きしてからバレル研磨での仕上げです。
いきなりバレル研磨で綺麗になる訳では有りませんのでほぼ手作業です。

コーキング打ち直してインナーリムから側面リムはパウダークリアーでコーティング!
インナーリムから側面リムは普段メンテが出来ませんので汚れたままになります。そこで「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリムはパウダーコートがより効果的でガラスコーティングなども必要有りません。

ガリ傷は有りましたが腐食が無かった【A】側

ガリ傷は無く錆び有りでキャップ4個交換した【B】側

メッキのワイヤーホイールも再メッキ出来れば理想的ですが再メッキとなればリムとワイヤーを分解して組み付けなど現実的に不可能ですのでそんな分解出来ない構造のホイールを錆び取りからフル磨きが出来るのが当社独自の画期的な研磨工法のバレル研摩です。

※バイクのワイヤーホイールもバレル研磨可能です。

こちらhttp://www.243ok.com/blog/2014/12/#date-2014-12-05

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2016.11.12

プリウス純正とR35GT-R純正のスーパーポリッシュバレル3次元研磨パウダークリアー

プリウス純正とR35GT-R純正のスーパーポリッシュバレル3次元研磨パウダークリアープリウス純正ENKEI 製の鋳造(CAST)とR35GT-R純正RAYS製の鍛造(FORGED)の当社自慢のスーパーポリッシュバレル3次元研磨からのパウダークリアーです。

プリウス純正は鋳造品ですがENKEI 製純国産の高品質鋳造品ですので国産鍛造(FORGED)とは引けを取らない仕上がりになります。さらに国産純正ホイールはバレル3次元研磨後のパウダーアクリルクリアーで「密着性・褪色性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌・透明度」など総合的な耐久性が有る最強のパウダークリアー可能です。

国産車用の純正ホイールは鋳造(CAST)&鍛造(FORGED)問わず「塗って良し、磨いて良し」の高品質ホイールですので変な修復歴や腐食が無い限り様々な施工が出来ます。

国産鋳造と海外鋳造の違い
http://www.243ok.com/blog/2012/11/#date-2012-11-17c834328/

プリウス純正とR35GT-R純正のスーパーポリッシュバレル3次元研磨パウダークリアー


三重県のお客様・・・3次元研磨にはかなり難航しそうな複雑なデザイン構造をしたプリウス純正鋳造(CAST)ホイールです。

沖縄県のお客様・・・オーソドックすな7本スポークでバレル3次元研磨でも比較的研磨し易いデザインですがスポーク下の帯状の研磨が有りますのでそこがやや難し箇所です。

塗装剥離からブラスト研磨

作業時間全体の半分以上を要すハンドアクション研磨!
※立体的な箇所をフル研磨する3次元研磨はサイズでは無くデザイン構造で大きく煩雑差が大きく異なります。

インナーリムから側面リムは回転研磨機によるフル研磨

バレル荒研磨
※バレル研磨の工程メディアは「湿式荒~乾式中~湿式仕上げ」3種類と後は殆ど手作業による研磨です。

バレル仕上げ研磨ですがまだ光沢が有りませんのでハンドバフ研磨とバレル仕上げ研磨をひたすら数回繰り返します。

ペーパー目も消えて少しずつ光沢が出て来ましたがまだ曇った状態ですのでさらに追い込んだ研磨が必要でまだまだです。

バレル仕上げ研磨

バフ磨きとバレルの繰り返しでプリウス鋳造(CAST)バレル3次元研磨の完成!
鋳造(CAST)でも国産純正ホイールはここまで輝きます。

バフ磨きとバレルの繰り返しでR35GT-R鍛造(FORGED)バレル3次元研磨の完成!鍛造(FORGED)ホイールはバレル研磨に相性抜群です。

鍛造は不純物が無く金属組織の密度が高いため鋳造よりさらに光沢が出ますのでクロームメッキの様な光沢になりますが耐久性が無いクロームメッキとは違いアルミ素地磨きの落ち着いた大人の光沢でクロームメッキの様に剥げると言う概念は有りません。

ポリッシュの密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理
※ガスグラスプライマー

http://www.global-suzuki.com/product/gas-glass-primer-2/


本体丸塗りパウダークリアー静電噴射!

プリウス鋳造(CAST)バレル3次元研磨パウダークリアーの完成!

密着性と透明度の高い高級パウダーアクリルクリアー

R35GT-R鍛造(FORGED)バレル3次元研磨パウダークリアーの完成!

「密着性・褪色性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌・透明度」など総合的な耐久性を重視したパウダーアクリルクリアー

パウダークリアーでバレル仕上げ研磨フィニッシュ時より若干の艶引き感は有りますがこれ以上透明度の高いパウダークリアーは有りません。

バレル研磨でついでに綺麗になったインナーリムから側面リム裏リムは普段メンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートがさらに効果を発揮します。ガラスコーティングなど不要です。

プリウス鋳造(CAST)バレル3次元研磨パウダーアクリルクリアー

R35GT-R鍛造(FORGED)バレル3次元研磨パウダーアクリルクリアー
※鏡面仕上げのポリッシュ肌への密着性向上のガスグラスプライマーと透明度向上のパウダーアクリルクリアーの組み合わせでこれ以上無い鏡面ポリッシュオンクリアーを提供いたします。


パウダーキャンディーカラークリアー
                    ↓
ベースにシルバーを塗った疑似的なキャンディーカラーでは無くバレル研磨で鏡面光沢を透かし生かしたキャンディーが本来のキャンディー飴玉カラー表現です。

90色以上有るパウダーキャンディーで耐久性有る透明系キャンディーカラーに対応します。

バレル2次元研磨からの「パウダーキャンディースモークブラック」

バレル2次元研磨からの「パウダーキャンディーゴールド」
※金メッキ風となりさらに耐久性の無い金メッキに比べて数倍耐久性が有る上に修理コストも金メッキの1/4程度で収まります。

バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。
以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。 
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2016.11.10

LM19インチ/パウダーDSK-Pフルパウダーコート裏組み

LM19インチ/パウダーDSK-Pフルパウダーコート裏組みLM19インチのパウダーコートDSK-Pフルパウダーコートの裏組み仕様です。

高級感有る溶剤のメタル調ハイパー塗装は4層以上の重ね塗りのため塗装が剥げ易く脆いのが欠点です。

ハイパー塗装の欠点を補うために頑丈肌パウダーコートの「ミラークローム&スーパークリアー」によるDSK調とPのポリッシュから2Ps本体フルパウダーコートで模様替え!

BBS-LM19インチ/パウダーコートによるDSK-Pフルパウダーコート裏組み


茨木県のお客様・・・他店修復歴有りのLM-DSK-Pですが手直し修理から耐久性重視のフルパウダーコートによるDSK-Pに塗り替えします。

「クレーム無し」と書き込んで有る修復歴ホイールが頻繁に舞い込んで来ますが「上手く直っていませんヨ!」って意味でしょうか?・・・

削り込み修理からさらにガリ傷がついていますので現状での修理になります。

肉盛り溶接研磨形成しますが他店修理の肉厚が基準になります。
※曲りガリ傷は治せても削り込んで失われた肉厚復元は出来ません。

インナーリムから側面リムの剥離からリム研摩

2Ps本体のパウダーシルバー静電噴射!

アウトリムをBBFバフポリッシュしてポリッシュ面への密着性向上のためのガスグラスプライマーの化学処理

BBFバフポリッシュしたアウトリムのパウダークリアー静電噴射!

センターディスクの剥離ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

バレル荒研磨まですればパウダーコートの下処理はほぼ完璧です。

1コート目のパウダーミラークロームの静電噴射!

パウダーミラークロームをベースとしてDSKの準備

2コート目のパウダースーパークリアーの静電噴射!

洗浄研磨したピアスボルトを裏組組み付けして完成です。
※裏組の注意点は下記説明

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートのカラーに関係なく「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリムはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども必要有りません。

パウダークリアー独特のモッチリした頑丈肌のポリッシュクリアーになります。

先塗りしたリムフランジのパウダーシルバー残し

■LM19インチパウダーコートDSK-P裏組(アンダーディスク仕様)の詳細■

・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)
・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーシルバー
・センターディスク・・・・パウダーコートDSK
・ピアスボルト・・・・・・・クローム洗浄研磨再利用
・ナット・・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・赤パッチ新交換

パウダーコート(DBK&DSK)は200℃高温焼き付けの塗膜では無く樹脂膜のため「密着性、耐光性、耐色性、耐熱性、頑丈肌」など溶剤ハイパー塗装の比では有りません。「丈夫で長持ちお手入れ楽々」で耐久性やメンテナンスの面ではパウダーコートによる(DBK&DSK)が断然優位です。

・・パウダーコート(DBK&DSK)の弱点欠点・・

1・パウダーコートは粉(個体)の静電気蒸着方のためプラ樹脂製は通電せず高温焼き付けに耐えきれませんので金属製以外のモノは施工が出来ません。
2・液体ガン吹き溶剤塗装の様に臨機応変に部分塗装修理が出来ません。
3・200℃高温焼き付けのため「虫食い、腐食、巣穴」の酷いモノは空気発泡現象が起きます。
4・パウダーコート(DSK)は溶剤DSKとほぼ同じ色調色合いになりますが、パウダーコート(DBK)はやや青赤みが有り溶剤DBKとは若干の色ずれが有ります。

【溶剤ハイパー塗装とパウダーコート塗装肌の強度比べ】 実験YouTube動画

https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU

■溶剤ハイパー塗装の特性のおさらい■

ハイパー塗装は一般的な調色した溶剤2コートカラー塗装と違い4~5層の塗装を重ねたレイヤー式のメタル調表現のため密着性を犠牲にして成しえる高級感あるハイパー塗装になります。

  

ハイパー塗装はベースカラーの上へ銀膜から最終のトップコートまでの中間塗装はサイディングや密着剤添付が出来ません。つまりベース上の中間から上の層まではバームクーヘンのように挟んで重ねてあるだけのため密着が悪くなり飛び石に弱く、また取り付け時の工具干渉やタイヤ組み付け傷など付きやすく塗装肌が軟弱な事が最大の弱点ですのでタイヤ組み付けや装着作業また普段のメンテなど極デリケートに扱いう必要が有ります。 

それら密着性を犠牲にして特殊なカラー表現ですので高級特殊塗装と言われる(ハイパーやスパッタリングメッキ)は重ね塗り手法のためカスタム塗りも社外量産新品や純正ホイールなどハイパー塗装は全て高圧洗浄機や洗車機は絶対厳禁です。

・・LM裏組(アンダーディスク)仕様の注意点・・

表組用の勘合を作られたディスクを裏から組めば当然勘合が合いません。勘合の無いディスクを裏から組んで既存のピアスボルトを締めて「ハイ完成!」と安易な組み付けでは有りません。

勘合の無い裏組のため最善の方法を施しては有りますが正規の組み付けでは無く改造の組み付け装着とまりますので強度的な面など当社での責任は負いかねますので自己責任としてご判断ください。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。日曜祝祭日はお休みです。

 (有)オートサービス西

2016.11.08

1971年製ルノー純正修理フルコースからのパウダーコートベース溶剤シルバー再塗装

1971年製ルノー純正修理フルコースからのパウダーコートベース溶剤シルバー再塗装1971年製45年前のルノー純正鋳造(CAST)ホイールの修理からのパウダーコートベース溶剤シルバー仕上げです。

45年前の割には虫くい腐食は有りませんが4本共「曲り、ガリ傷、欠け、割れ、チェンジャー傷、ハンマー叩き傷、裏割れ溶接団子残し」これ以上修理メニューが無い修理フルコースからさらにセンターボアーが無い特殊な構造でリム研摩機が使ないため別の研磨機による修正研磨となり修理形成に8割の時間を要した復元再生再塗装です。

1971年製ルノー純正修理フルコースからのパウダーコートベース溶剤シルバー再塗装


香川県のお客様・・・45年前のルノー純正13インチのセンターに穴が開いてない特殊なホイールです。修正修理技術から近代塗装パウダーコートベースによる再塗装で復活します。

写真では納まりきれない凸凹だらけの曲り修理!

曲り修理に比べればガリ傷修理など屁みたいな修理ですが修理領域が広くガリ傷が多過ぎます。

極一部抜粋!曲り修理後のガリ傷肉盛り溶接修理

よくあるクラック修理溶接団子残しのおまけ付き!
タイヤビートがあたる面に溶接団子の段差残しはまずいですのでフラットに研摩形成する必要が有ります。

不細工な溶接団子の研磨形成手手直し!

インリム割れでよく見るとクラック発見・・・さらに修理が増えてがっかりします。

曲りによるクラック溶接修理!

ようやく修理フルコースが無事終わりブラスト研磨して塗装の下準備ですがまだ小傷補修が有ります。

ハンマー叩傷や組み換えチェンジャー内締め傷の補修がまだ有ります。

組み換えチェンジャー内締め傷はパウダーコート専用パテで補修!

45年前の古い素材のホイールですので念のためガスグラスプライマーで化学処理
http://www.global-suzuki.com/product/gas-glass-primer-2/

満を持してパウダーシルバーの静電噴射!

パウダーシルバーはあくまでもベースですので肌をサイディングして溶剤シルバーメタ&溶剤硬質クリアーでお化粧塗装をします。

デザイン天面のみ溶剤シルバーメタ&溶剤硬質クリアーによるビジュアル向上のお化粧塗装の完成!

インナーリムから側面リムはベースのパウダーシルバー肌残しです。その理由・・・裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

陥没ガリ傷は修理して鋳物ゆず肌は当時の風合いを残しています。

結果は何て事無い普通の丸塗りシルバーですが最終塗装に辿りつくまでの修理や多くの下処理、仕込みが有ってこそ朽ち果てた50年前のホイールが再生再現されます。
古かろうが新しかろうが再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の「曲り、ガリ傷、欠け、割れ」修理が出来てからの話しです。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2016.11.04

二輪鋳造マグ腐食からのパウダーコートベース再塗装とマグ曲り修理の部分塗装

二輪鋳造マグ腐食からのパウダーコートベース再塗装とマグ曲り修理の部分塗装マグホイールをユーザーが市販の剥離剤を使い剥離した結果、マグ肌を痛めてしまった二輪鋳造マグホイールの補修修理パウダーコートベース再塗装と二輪鍛造マグホイール曲り修理の部分塗装のご案内です。

二輪のマグホイールにも鋳造、鍛造が有りアグはアルミ、スチールのように剥離剤やブラストでの塗装剥離が出来ませんのでマグ専用の特別な剥離、下処理をしてパウダーコートで地金マグ肌をガードしてから最終仕上げは溶剤カラーでのお化粧塗装となり、マグの再塗装は様々な特殊な下処理を要すためアルミの倍ほど納期、料金が掛かります。

マグのガリ傷、欠けなどマグ肉盛り溶接修理は比較的簡単ですがマグの曲り、割れ修理は治らない場合が有ります。

二輪鋳造マグ腐食からのパウダーコートベース再塗装とマグ曲り修理の部分塗装

その1・・鋳造マグのユーザー剥離手直しと腐食修理のパウダーコートベース再塗装


広島県のお客様・・・お客様が剥離してマグ肌を溶かしたモノとマグ特有の塗装腐食が酷く進行したマグ鋳造ホイールです。ユーザー剥離して素材を痛めた場合は再生不可になる事が有りますのでマグホイールは絶対に手を加えずにお願いします。

市販の剥離を使えばマグ表面の一部が溶けてヒョウ柄模様に腐食陥没して穴だらけの凸凹肌になり終いにはマグが溶けて形も無くなり骸骨になります。
※市販の剥離剤によるユーザー剥離は絶対NGです。
ユーザー剥離による過去の事例
http://www.243ok.com/blog/2015/05/#date-2015-05-14


経年劣化した鋳造マグホイールは塗装縮みや塗装浮き剥げが確実に出て来ます。この現象は鋳造マグ塗装の避けられない宿命です。

ユーザー剥離したホイールの肌確認研磨状態ですが、間違った剥離方で素材を痛めた場合は再生不可の場合もあり得えますのでマグホイールは特に余計な事をしないで手を加えずに送ってください

お客様自身で剥離したホイールよりはまだ増しですがそれでも腐食が結構進行しています。

鋳造マグ腐食による虫くい、陥没だらけですのでこれから先が大変です。

リム端しの深い陥没ガリ傷はパテ埋めではまずいですのでマグ溶接修理!
※マグ陥没腐食補修に比べればガリ傷肉盛り修理など屁みたいなモノです。

ある程度追い込んで腐食削除の研磨しますが削り過ぎると肉厚が薄くなってしましますのでここまでが限界です。

マグ専用のプラーマーからさらにマグ肌にも効果が高いガスグラスプライマーで化学処理します。

※ガスグラスプライマー
http://www.global-suzuki.com/product/gas-glass-primer-2/

虫くい、陥没を少しでも埋め込むために普段より倍近くパウダーコートを厚めに塗ります。

やや厚めに塗ったパウダーグレーサフ塗装の第一段階

パウダーグレーサフで埋まり切れなかった虫くい、陥没のほぼ全域パテ埋めで補修でパテ埋めとサフの繰り返しを要します。

パウダーコート肌へのパテ埋め補修研磨はエアー工具は使えませんので手作業での研磨でパテ埋めとサフと手削りを何回も繰り返しして平滑面出しのこの工程が全体の半分以上の時間を要します。
※平滑面が出たら指定カラー溶剤ゴールド塗装&クリアー塗装に入ります。

フロント側/塗装が剥いでなかった方の剥離からのパウダーコートベース溶剤ゴールド塗装&クリアー再塗装の完成!

リアー側/塗装が剥いで有った虫くい、陥没の酷かった方のパウダーコートベース溶剤ゴールド塗装&クリアー再塗装の完成!

虫くい、陥没の酷かった凸凹リムが何とかツルツル平滑肌になりました。

凸凹陥没スポークも平滑肌になりました。

ホイール側面は普段タイヤで覆われ保護されていますので大気に触れず雨泥が付かないため殆ど腐食していません。

表面を溶かしてしまった廃棄処分寸前の陥没、凸凹ホイールが再生復活しました。

・・マグ再塗装について・・
マグネシウム(鋳造・鍛造)問わずスチール、アルミと違い塗装との相性が悪い特異な金属です。
マグホイールはF1やフォーミュラーカー使用の軽量かつ機能性重視のため塗装の耐久性など二の次です。

塗装の耐久性や外観性などを問わないレース専用の特異な素材のマグホイールを実用車で機能性重視から塗装外観も良い状態を維持するという事は現実的にマグは無理な素材です。
マグの再塗装はマグ専用の外注剥離から本格的な下処理は陽極酸化(アルマイト)など施しその後マグ専用の皮膜形成処理やプロテクターなどアルミに無い特殊な下処理してからパウダーコートをベースとして溶剤ウレタンカラー仕上げの工程を踏みますのでアルミの倍以上の納期とコストが掛かります。
マグ専用の下処理に陽極酸化や化成処理しても実用車として永い年月で劣化しないとは言い切れませんしまた保障も出来ません。
マグネシウムホイールは実用に耐えうる金属では有りませんのでマグの特性上ある程度割り切りが必要です。
量産の鋳造マグでも塗装の浮きや縮み現象もそれらのマグ特性によるものですので修理からワンオフ塗装は出来るだけベストな処理を施し、腐食発生を先延ばしにする、というイメージだと思ってください。近年アルミの鍛造(FORGED)の方が鋳造マグより軽量化していますので鋳造マグの意味が無くなりました。
マグのガリ傷欠けなどマグを肉盛り溶接してから再塗装をしていますので強度を必要とする箇所はパテ埋め補修など行っていません。

その2・・鍛造マグ曲り修理からの部分塗装処理

福岡県のお客様・・・アルミ鍛造(FORGED)よりさらに軽い鍛造マグの曲り修理から修理周辺部分塗装です。

マグは粘りが無く割れやすい特性が有りますので曲りプレス修理中にクラックが入ればそこでOUT修理不可になりますのでトライしないと結果が見えません。
二輪アルミのリム割れは修理可能ですがマグのリム割れ修理は全て修理不可です。

幸いにクラックも入らず曲り修理が出来ました。
※過去の経験上マグの曲り修理に伴う割れや振れ残りなど二輪マグ曲り修理の成功率は約50%位で二輪マグの曲り修理が一番難しい修理です。

曲り修理箇を研磨形成して研磨周辺の簡易部分塗装になります。

大きく曲がっていた修理箇所部分塗装仕上げ!
赤ラインのリムシールは塗装の邪魔になるため削除して有ります。

曲りガリ傷修理の場合は本格的なマグ全面塗装剥離からの全面再塗装では無く修理周辺の簡易的な分部塗装のため簡易的な分部塗装周辺はマグ特有の塗装縮み、塗装浮き。剥げが出やすくなりますのでその点はご理解ご了承の上お願いします。

★二輪ホイール曲り修理について★
バイクホイールの曲りは見た目での修理「可・不可」の判断が出来ません。

二輪はアルミ・マグに関係なくガリ傷や欠け修理は問題なく修理いたしますが曲り修理に関しては現品確認後の修理「可・不可」の判断となります。

二輪の曲りの特性として二輪ホイールはリム幅が細いためリム曲りにより反対側も引っ張られ反ってしまうためホイール本体が横振れを起こします。
特にタイヤ側への押し込み曲りはエアーは漏れませんがディスクまで押されるためディスク自体が曲って横振れ縦振れ歪み現象になります。

リム曲りよりも反りつまりホイール本体のよじれ歪みが大きい場合は見た目の曲りは治っても横振れは残りますので修理不可となります。
※自転車のようなワイヤーホイールは歪現象が顕著に現れます。
修理不能歪現象はこちら https://www.youtube.com/watch?v=c3kQbnR5Vs8

二輪ホイールの再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2016.11.01

シボレー純正16インチ/バレル2次元研磨ノークリアー

シボレー純正ポリッシュオンクリアー白ミミズ腐食研磨削除からのバレル研磨によるポリッシュ光沢復活です。
 
旋盤切削やマスニング形成は鋭角な角張ったデザインになるため溶剤オンクリアーしても鋭角な角張った角部はクリアー層が極端に薄くなりその角部のアルミとクリアーの間に水が侵入して早期に白ミミズ腐食が確実に入りる原因で屋外で使用する以上ポリッシュオンクリアーの宿命ですのでいくらメンテしても無駄な抵抗です。
 
ポリッシュへのオンクリアー&ノークリアーの特性と一長一短を詳しくご案内いたします。

シボレー純正16インチ/バレル2次元研磨ノークリアー


茨木県のお客様・・・・曲りガリ傷は有りませんがポリッシュオンクリアー特有の白ミミズ腐食が酷く進行しています。

アルミとクリアー塗装の間に水が侵入して常に湿った状態のままとなり白錆びが出ますが、白錆びは早めの処置をしないとアルミ地金まで腐食が浸透して虫くい陥没状態になります。

薄っぺらいクリアーを剥離してブラスト研磨します。

マシニングされたディスク窓部が特に腐食が進行していますのでブラストで集中的に狙い研磨

リム研摩とディスク面はハンド研磨で腐食が有る程度消えるまで追い込んで研磨削除します。

バレル荒研磨からバレル中研磨

インナーリムから側面リムは研磨機による研磨

裏インリムもかなり腐食していますが裏ですのでデザイン天面(フェイス)部ほどの研磨では有りません。

バレル2次元研磨の完成!
今回はノークリアーのリクエストですのでここで完了!

側面リムは普段タイヤで覆われていますので殆どのモノは腐食していません。

インリムは特別磨いた訳ではなく1Ps本体水槽漬けのバレル研磨でついでに綺麗なるレベルです。

マシニングされたスポーク側面窓部は特に腐食が進行していましたので虫くい、陥没が多少残りました。

当社のバレル研磨メディアは「バレル荒研磨・バレル中研磨・バレル仕上げ研磨」の3種類のメディアを使い研磨していますので大概のモノは光沢復元出来ます。

ノークリアーですのでアルミ光沢がそのまま表現され量産の薄いクリアーによる白ミミズ腐食は入りませんがアルミ無垢のため酸化白ボケを起こしますので普段の磨きメンテが必要です。


ポリッシュオンクリアーの白ミミズ腐食現象について
            
【A】バフ磨きポリッシュノークリアー

ノークリアーの場合は雨泥が付いても水気はすぐに蒸発しますので湿りが無く白ミミズ腐食は入りませんが雨泥が付いた状態のままでは酸化ボケはしますので普段のメンテが必要です。
乾燥した所へはカビは生えませんが、水気、湿気がある所へはカビが生えるのと同じ現象です。
インナーリムは汚れてやブレーキパッド痕は付きますが、インナーリムは剥き出しかカラー塗装のため虫食い腐食の現象が起きないのもそのためです。
【B】切削カットポリッシュ溶剤一液型オンクリアー

ダイヤモンドカットオンクリアー新品卸しで僅か2年程度で全て角部からの水の浸入により発生した白ミミズシミ現象です。屋外で使う以上角部への水の浸入は避けられませんので毎日手入れしても無駄な抵抗の自然腐食現象です。
切削ポリッシュやダイヤモンドカットは天面を鉋で切るような手法のため平面の角張った構造になりただでさえ薄く弱い量産式の一液型クリアーで鋭角な箇所はクリアーが伸びてさらに薄くなるためクリアー層の薄い角部から水が浸入して腐食が起きる原因です。
ポリッシュ「オンクリアー&ノークリアー」長所・欠点
ポリッシュ研磨完成後のクリアー塗装の有無はご要望の応じて対応いたしますがどちらも一長一短がございます。
●オンクリアー(クリアー塗装有り)の特性●
アルミ剥き出しは酸化白ボケ現象や水泥が付いてそのまま放置すればシミの原因となります。それらを防ぐためにクリアー塗装で保護皮膜をかけます。
1・鏡面研磨終了後のフィニッシュ時の光沢輝きからプライマー、クリアーコートをした時点で光沢輝きは1割ほど落ちます。

2・年数劣化により角部よりアルミ素地とクリアーの間へ水が浸入してに白シミ、ミミズシミ、塗装の浮き、また飛び石によるクリアー剥げなどポリッシュ仕上げ特有の損傷劣化は避けられません。 

3・一部の傷補修でもカラー塗装のように部分直しが不可のため一旦クリアーを全面剥離する必要がありリペアー代が割り高となります。

4・ユーザー自信で部分傷補修はできません。
※傷、シミの入った箇所を研磨しても部分的にクリアーを剥いでしまいアルミ素地が出来るだけで不格好な仕上りとなります。
●ノークリアー(クリアー塗装無し)の特性●
1・アルミ素地剥き出しのため傷が付きやすく、雨風に触れると酸化白ボケ現象を起こします。また水や泥が付いてそのまま放置すればシミ、腐食の原因となりますので普段のメンテナンス(洗浄・ワックス・磨き)など常に必要となります。

2・一部の傷補修や少々の傷消しはサンドペーパーとコンパウンドさえあればユーザー自身でも傷修正可能となります。

3・肉盛りを要す深いガリ傷修正でもクリアー塗装剥離やクリアー再塗装がないため、リペアー代が安く上がります。

4・アルミ素地剥き出しのため、汚れやすく、傷が入りやすくなりますが、塗装の変色、剥げなどはなくなります。※クオリティの維持は使用条件化や普段のメンテナンスの有無に左右されます。
ノークリアーメンテについてhttp://www.243ok.com/menu/noclearmente/
ポリッシュへのクリアーコートには液体ガン吹き溶剤系(アクリルウレタン樹脂)と固体パウダー系(ポリエステル&アクリル樹脂)があります。
液体ガン吹き溶剤アクリルウレタン樹脂にも1液型(硬化剤無し)と2液型(硬化剤有り)の2種類があります。
その1・溶剤系(液体)「1液型のクリアーコート」新品量産型 
その2・溶剤系(液体)「2液型の硬質のクリアーコート」硬化剤混合硬質型 ワンオフ向き
その3・静電式(固体)「パウダーコートクリアー」塗膜ではなく樹脂膜の頑丈型(第3のクリアー) 
その1・溶剤系(液体)「1液型のクリアーコート」は自然硬化しないため120℃前後の強制乾燥の釜焼きが必要です。透明度が高く、量産向となり新品ホイールは「1液型のクリアーコート」が主流です。 
弱点は塗膜が薄く肌が弱いため飛び石傷や干渉傷が入りやすくクリアー劣化も早いのが難点で新品ホイールやパーツのポリッシュは数年で白ミミズ、シミ現象が入るのは塗膜が薄く肌の弱い1液型のためです。1液型は見た目は良いですが塗膜肌が軟弱です。 
その2・溶剤系(液体)「2液型の硬質クリアーコート」はワンオフでの塗装向きで、1液型よりさらに肌の硬い2液型でよりよい高価な塗料を選別して使っています。硬化剤の比率が高いほど塗料代も高くなりますが、塗装肌の硬さも期待できるため一品物ワンオフでのクリアー塗装は2液型が主流となっています。
難点としてツル肌仕上げのポリッシュへの塗装は光沢仕上げのため「足付けの荒研磨」が出来ません。そのため肌が硬くても密着性に関しては1液型と同レベルです。
※注)カラー塗装へのクリアーは足付け研磨しますので2液型でも問題ありません。これはあくまでもポリッシュへのオンクリアーの場合の事を指します。

その3・静電式(固体)「パウダーコートクリアー」は「密着性・褪色性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPでポリッシュへのオンクリアーとして最強のクリアーですがパウダークリアーにも一長一短が有ります。
■パウダークリアーの長所■
1・地金素地への密着性が高い
2・退色性、耐光性が有り色褪せしにくい
3・頑丈な樹脂膜で塗装肌が固く干渉傷や飛び石に強い
パウダーコート肌実証動画 https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU
■パウダークリアーの短所■
1・素材を選ぶ(一部海外製など質の悪い鋳造ホイールは不純物が多いためブツなど発砲を起こします。)
2・腐食の有るモノも腐食痕周辺からブツなど発砲を起こします。
3・ポリッシュ光沢が若干艶引きします。
4・1Psなどディスクや窓部など溶剤カラーを塗って有るモノは温度差の関係上パウダークリアーと混合が出来ません。
バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。
以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。 
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

ブログ内検索

カレンダー

«11月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

カテゴリーリスト

フィード