ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

2016年09月

2016.09.28

AGIO19&20インチ/バレル3次元研磨ブラッシュドパウダースモークブラック(薄目)x2台

修理やカスタムリフレッシュ依頼が多いAGIOI鍛造3Psです。19インチの方はリムのブラッシュドパウダースモークブラック(薄目)で、20インチの方は当社自慢のバレル3次元研磨からの天面ブラッシュドのパウダースモークブラック(薄目)です。

分解可能な3PsのAGIOIは1本30万円前後する高額で高品質なフル鍛造ですので、各パーツ別にバレル研磨やブラッシュドなど様々な施工組み合わせが可能でさらにパウダーコートによる「密着性・褪色性・耐熱性・頑丈肌」など耐久性向上とより高級感を演出したビジュアルと個性を兼ね備えたカスタマイズです。

※2Psハメ殺しのブラッシュドはAGIOの様なブラッシュドやその他カスタムはほぼ出来ません。その理由は下欄に詳しく案内しています。

AGIO19&20インチ/ブラッシュドパウダースモークブラック(薄目)x2台

その1・・AGIO19インチ/リムのみブラッシュドパウダースモークブラック(薄目)

 

福岡県のお客様・・・AGIO19インチ3Ps全パーツフル鍛造(FORGED)ディスクはノータッチでアウト&インリムのみのリフレッシュ・リメーク

 

曲りガリ傷修理が有りませんでしたので即分解してパーツ別12枚の塗装剥離に入ります。

 

インリムの剥離からリム研摩

 

インリムは当社定番もパウダーグロスブラックの静電噴射!

 

リムまで大きく突き出たスポークとリムの間に泥汚れがこびりついて腐食が進行しています。

 

アウトリムを再研磨してブラッシュドポリッシュへガスグラスプライマー化学処理

 

アウトリムのパウダースモークブラック(薄目)の静電噴射!

 

ノータッチのディスク以外パーツの完成!

 

組み付け完成!アウトリムブラッシュドパウダースモークブラックは濃からず薄からず中間色の良い塩梅のスモーク加減で個性を主張!

 

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などインリムはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども必要有りません。

 

■AGIO19インチ/ブラッシュの詳細■

1・アウターリム・・・・・・・ブラッシュド+パウダースモークブラック(薄目) 
2・インナーリム・・・・・・・・パウダーグロスブラック
3・センターディスク・・・・・施工無し
4・センターキャップ・・・・・施工無し
5・ピアスボルト・・・・・・・・洗浄研磨再利用
6・エアーバルブ・・・・・・・交換無し
7・分解合体シーリング打ち直し
 
 

その2・・AGIO20インチ/バレル3次元研磨ブラッシュドパウダースモークブラック(薄目)&フルパウダーコート

岐阜県のお客様・・・AGIO20インチ3Ps全パーツフル鍛造(FORGED)ディスク3次元バレル研磨ブラッシュドパウダースモークブラックでアウトリムはBBFバフポリッシュのカスタムフルパウダーコートにします。

 

4本皆アウト&インリムの曲り修理から

 

アウトリムはブラッシュドからBBFバフ鏡面研磨してポリッシュへガスグラスプライマー化学処理

 

BBFバフポリッシュへのパウダークリアー静電噴射!

 

インリム塗装剥離+研磨から定番のパウダーグロスブラックの静電噴射!

 

バレル3次元研磨ブラッシュド
※ディスクのサイド面窓部はバレル鏡面ポリッシュでディスク天面がブラッシュドになります。

 

ディスクのパウダースモークブラックの静電噴射!

 

センターキャップ凹文字は赤からガンメタ塗装墨入れ

 

キャップ(溶剤クリアー)以外全のパーツのパウダーコートの完成!

 

社外新品クロームのピアスボルト組み付け合体完成!

 

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などインリムはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども必要有りません。

 

ディスクは鈍い銀のブラシライン光沢を透かしたパウダースモークブラック薄目です。

 

アウトリムはBBFバフポリッシュパウダー透明クリアー

 

■AGIO20インチ/ブラッシュの詳細■

1・アウターリム・・・・・・・・BBFバフポリッシュパウダークリアー
2・インナーリム・・・・・・・・パウダーグロスブラック
3・センターディスク・・・・・バレル3次元ブラッシュドパウダースモークブラック(薄目)
4・センターキャップ・・・・・ブラッシュド溶剤クリアー
5・ピアスボルト・・・・・・・・社外新品クロームボルト交換
6・エアーバルブ・・・・・・・金属ストレート新品交換
7・分解合体シーリング打ち直し

              ★AGIO新品ブラッシュドとの違い★
                      ↓

写真左がバレル研磨無しのAGIO鍛造ディスク3次元フルブラッシュドで写真右がAGIO鍛造ディスクバレル研磨ベースの当社施工3次元フルブラッシュドのです。
バレル研磨無しのAGIOはアルミ無垢肌へ直にブラッシュドされていますので下地光沢が無いため白濁したブラッシュドなりバレル研磨したブラッシュドは銀色に輝くブラッシュドになります。

            ●2Psハメ殺しのブラッシュドについて●
                     ↓

修理依頼が多いWORKお得意の2Psハメ殺しグノーシスシリーズのブラッシュドです。

グノーシスはダミーボルト付きと無しが有りリムは合金プレス光輝アルマイトでディスクが鋳造のブラッシュドですが、2Psハメ殺しのため再ブラッシュド、再光輝アルマイトいずれも再生不可です。

2Psハメ殺しでもリムとディスクに隙間の有るモノやディスク縦柱の無い物ならブラッシュドも一部可能ですが、リムとディスクを隙間なく付けて有るモノやディスクの縦柱が有るモノはディスクのブラッシュドは不可能でリム磨きもディスクの縦柱が邪魔になりその周辺が磨けませんのでリム天面だけ研磨でフル磨きは出来ません。

2Psハメ殺しのブログ
http://243ok.com/blog/2012/05/#date-2012-05-18

2Psハメ殺しは新品同質の加工は全て不可能なため丸塗りのカラー塗装をするかバレル研磨丸磨きの2通りしか方法が有りません。
※以下8項目パーツ別施工を必須条件とする加工は全て再生不可能です。
1・リムのフルポリッシュ不可
2・リムのフルブラッシュド不可
3・リムの光輝アルマイト不可
4・リムのダイヤモンドカット不可
5・ディスクのクロームメッキ不可
6・ディスクのスパッタリングメッキ不可
7・ディスクのフルブラッシュド不可
8・ディスクのダイヤモンドカット不可
※バレル研磨によるフルポリッシュなら唯一何とか可能です。こちら
http://243ok.com/blog/2015/08/#date-2015-08-29

ブラッシュドは人の手によるハンドメイド受注生産のためダイヤモンドカットの様に量産向では有りませんのでコストが掛かり2Psハメ殺しとは言え結構なお値段がします。高額な商品を溶接でくっ付けて新品と同質の修理が出来ない!つまり1本でも損傷すれば買い替えで使い捨ての様な2Psハメ殺しはいかがな物でしょうか?・・・

1Psホイールは1個のパーツですのでブラッシュドは勿論新品同質オリジナル施工やリムとディスクの個別加工など様々なカスタム施工が可能です。


再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

2016.09.24

TOYOTA2000GT純正ホイール/アルミ&マグのパウダーコートリフレッシュx2台

TOYOTA2000GT純正ホイール/アルミ&マグのパウダーコートリフレッシュx2台トヨタとヤマハの共同開発で1967年~1970年販売された名車TOYOTA2000GT純正ホイールのレプリカ(アルミ鋳造)と物本(マグ鋳造)の再塗装フルリフレッシュです。

激レア絶版車の当時物(約50年前)の鋳造ホイールは今とは品質技術が遠く違いますので気苦労が多い上に手間が掛かります。

レプリカ(アルミ鋳造)の方はパウダーシルバー&パウダークリアーの丸塗り仕上げで、物本(マグ鋳造)の方はパウダーコート&溶剤カラーとさらにお初となるマグのポリッシュ加工が有りマグも磨けばテカテカに光りますがそれは一時期的な事で耐久性に難が有る邪道な加工のため素材的に施工内容が逆だったら良かったのですが・・・

マグホイールの特性は下の欄に詳しく案内しています。

TOYOTA2000GT純正ホイールのパウダーコートによるリフレッシュその1・・レプリカ(アルミ鋳造)パウダー2コート丸塗り

富山県のお客様・・TOYOTA2000GT純正ホイールのレプリカ(アルミ鋳造)ですので程度の良い新しホイールです。

 

アルミですので普段通りの塗装剥離からブラスト研磨

 

インナーリムから側面リムも完全研磨

 

リム研摩からバレル荒研磨。塗装は下処理が命!

 

1コート目のパウダーシルバーの静電噴射

 

ディスクの粗い砂肌は当時の風合いを残すためにそのままです。

 

2コート目のパウダークリアーの静電噴射!

 

パウダーシルバー&パウダークリアー丸塗りの完成!
※チューブホイールでしたがバルブ穴を改造してチューブレスにして有ります。

 

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートのカラーに関係なく「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点からパウダーコートフィニッシュが断然お勧めです。パウダーコートにはガラスコーティングなども必要有りません。

 

個体樹脂膜のパウダー2コートでモッチリとした肉厚感有るいかにも頑丈そうな塗装肌になります。

 

パウダーコートはカラー調色が出来ませんので純正カラー近似のパウダーシルバーお任せカラーになります。

その2・・物本(マグ鋳造)ポリッシュ&パウダークリアー&溶剤カラー
群馬県のお客様・・TOYOTA2000GT純正ホイールの本物(マグ鋳造)です。

 

自然風化したマグ特有のポリッシュの褪色黒シミ!

 

マグ専用の剥離してポリッシュ部を下研磨

 

砂型鋳造マグ特有の陥没や鋳物巣穴など雑な造りですが当時の風合をあえて残します。

 

センターホール穴周辺とアウトリムのマグポリッシュ研磨
※マグを磨いて数時間も放置すればすぐに変色しますので作り置きが出来ないマグは付きっ切りでさっさとパウダーコートでマグ肌をコーティングします。

 

インナーリムから側面リムは回転研磨機で研磨

 

マグのポリッシュへ陽極酸化処理や化成処理をすればテカテカに光ったポリッシュが白濁して変色しますので本来行うべき下処理が出来ないためガスグラスプライマーで被膜の化学処理をします。

 

本体丸塗りのパウダークリアーの静電噴射!

 

艶有り仕上げならここで無事終了ですがディスクは艶消しの指定カラーのリクエストのためディスクは溶剤カラーの艶消しを上塗りします。

 

1Psのカラー&ポリッシュは先にカラー塗装を済ませてからポリッシュの手順になりますが、溶剤艶消し指定カラーが有るため焼き付け温度の関係でパウダーコートの上に溶剤カラーを塗る順番となるためパウダークリアーのポリッシュのマスキングなどで手間が倍掛かります。

 

ディスクの溶剤艶消し指定カラーを塗って完成です。

 

インナーリムから側面リムはマスキングしてパウダーコート肌のままのため「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点からパウダーコート肌を残す理由です。パット面の塗装カットはマグ地金肌を出さないためにあえて研磨していません。

 

マグのポリッシュからパウダークリアーを塗って焼き付けしたら後で何やら黒シミが出て来ました。カラー塗装なら黒シミも消えて見えなくなりますがこれもマグポリッシュの避けられない一つの現象です。

 

レプリカ(アルミ鋳造)/パウダーシルバー&パウダークリアーのパウダー2コート丸塗り仕上げ!

 

物本(マグ鋳造)/ポリッシュ&パウダークリアー&溶剤艶消し仕上げ!


【アルミと大きく違うマグホイールの修理から再塗装の工程】
1・マグ剥離(外注依頼)~2・曲り、ガリ傷修理~3・本体丸ごと研磨~4・脱脂(釜炊き)~5・陽極酸化や化成処理~6・マグプライマー(釜炊き)~7・パウダーコート(釜炊き)~8・パウダー肌サイディング~9・陥没埋め+サフ塗装(釜炊き)~10・サフサイディング~11・溶剤塗装(釜炊き)~12・トップコート(釜炊き)~13・バフ磨き
※1・剥離から完成まで釜炊きだけで最低6回を要します。
※2・塗装剥離は専門外注依頼となるためアルミの倍ほど掛かります。
※3・ガリ傷肉盛り溶接はアルミの5割~増し
※4・割れ修理は修理不可な場合が多く有ります。
※5・外注工事を伴い下処理が多いため納期もアルミの倍近く掛かります。
マグホイールへの塗装は実用に耐えうる金属では有りませんのでマグの特性上ある程度割り切りが必要です。新品マグホイールでも塗装の浮き剥げが出るのはマグの宿命特性です。
マグも磨けば光りますがマグ地金ポリッシュ肌へはマグ専用下処理の陽極酸化や化成処理が出来ないため直接パウダークリアーとなりますので耐久性はあまり期待出来ませんしそうは永く持たないかも知れません。そのため量産新品のマグホイールは全て丸塗りのカラー塗装品でポリッシュされたマグホイールは有りません。
マグもアルミも再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

日々多いメールのため随時回答返信が出来ない場合や回答返信しても迷惑メール削除されている場合も有りますので2~3日たってもこちらから回答返信が無い場合はお電話お願いします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2016.09.22

R35GTR純正20インチ鍛造3次元ブラッシュド&パウダークリアー

R35GTR純正のスポークデザインは5面カットのためブラッシュド混入に全体の8割の時間と手間を要しました。

バレル3次元研磨やブラッシュド3次元はデザイン構造により奥ばった狭い箇所など研磨が届かない場合も有ります。

R35GTR純正20インチ鍛造(FORGED)3次元ブラッシュド&パウダークリアー

R35GTR純正20インチ鍛造(FORGED)3次元ブラッシュド&パウダークリアー

山口県のお客様・・・多少の曲りガリ傷は有りますが程度良好なRAYS製の鍛造R35GTR純正ホイールです。

 

先ずは曲り、ガリ傷修理から

 

塗装剥離からブラスト研磨

 

鍛造ゆず肌削除のハンドアクション研磨で平滑にします。

 

ブラッシュドのためのバレル研磨荒研磨

 

3次元ブラッシュドパウダークリアー前
※鍛造ホイールはバレル研磨やブラッシュドにより効果的な高品質素材です。

  

リムからディスクの平面部とスポークサイド面の5面方向の立体構造のためブラッシュド混入に全体の8割の時間を要します。

 

3次元ブラッシュドが無事終われば1Ps丸塗りのパウダークリアーの静電噴射!

 

3次元ブラッシュドパウダークリアーの完成!

 

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのでフルパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点で本体丸塗りパウダーコートはガラスコーティングなども必要有りません。

 

樹脂膜で塗膜の厚いパウダークリアー独特のモッチリとした肉厚感有るクリアー膜になります。

 

センターボアー回りのブラッシュドは丸くならない様にエッジを利かした表現に一番苦労した箇所ですが如何にもハンドメイド手造り感有る雰囲気を醸し出します。

 

銀色に発色する金属ラインの鈍い光沢

 

派手さを抑えた金属銀ラインで重厚で高級感有る肌です。

 

こちらAGIOの鍛造ディスクはバレル3次元ブラッシュドです。
ディスクサイド面窓部は鏡面仕上げのバレル3次元研磨して天面部のみのブラッシュドになります。

 

SW3連休前に間に合った9台36本とその他単品修理品計52本完成!梱包に丸1日掛かります。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225


  (有)オートサービス西

2016.09.17

LM18インチDSK-P&19インチGPからDBK-P仕様裏組リフレッシュ・リメーク

LMとRSの修理リフレッシュのオーダーが断トツに多いため極一部に限ったブログになりますが、今回のブログは同時期入庫の2Ps本体のパウダーカラーとピアスボルトの再クロームが違うだけで施工の工程が同じLMのDBK-P裏組を紹介します。

表組用の勘合に設計されたディスクを裏から組んで当然勘合が合わないモノを裏から組み付てピアスボルトを付けて「ハイ完成!」と安易な組み付けでは有りません。

勘合の無いモノを裏組して最善の方法を施しては有りますが正規の組み付けでは無く改造組み付けですのでご使用に関し自己責任としてご判断ください。

LM18&19インチDBK-P裏組(アンダーディスク)フレッシュ・リメーク

愛知県のお客様・・・LM18インチDSK-Pから裏組DBK-Pに模様替えします。DSK-Pのピアスボルトはクロームタイプですので洗浄研磨して再利用出来ます。

 

長崎県のお客様・・・LM19インチG-Pから裏組DBK-Pに模様替えします。G-Pのピアスボルトは黒ボルトですのでクロームにしたい場合は再クロームする必要が有ります。

 

LM18インチの方は曲りは有りませんが肉盛りを要すガリ傷修理

 

LM19インチの方はガリ傷は有りませんがリム曲り修理

 

18&19インチ曲りガリ傷を治して2Ps本体塗装剥離からリム研摩

 

2Ps本体先塗のパウダーシルバー&パウダーグロスブラックの静電噴射!

 

裏組ですので本来ディスク台座となるピアスボルトのあたり面からBBFバフポリッシュ

 

ポリッシュ面への密着性向上を図りガスグラスプライマー化学処理

 

2コート目となるアウトリムへのパウダークリアー静電噴射!

 

ディスク8枚塗装剥離からブラスト研磨 

 

ハンドアクション研磨

 

バレル荒研磨※塗装は下処理仕込みが命!

 

ハイパー塗装(DBK)ベースの黒塗装
※センターボアまでハイパー塗装を塗ればタイヤバランスやキャップハメ外しで肌の弱いハイパー塗装が剥げ易くなるためあえて塗装が載らない様に拘りのマスキングをしています。

 

18&19インチセンターディスク8枚ハイパー塗装(DBK)の完成

 

19インチGPの方は純正が黒ボルトですので黒ボルトからクローム加工

 

18&19インチ各パーツの完成! 

 

LM18インチDBK-P裏組の完成! 

 

LM19インチDBK-P裏組の完成!

 

LM18インチの2Ps本体(インナーリムから側面リム)は1コートパウダーシルバーになります。

 

LM19インチの2Ps本体(インナーリムから側面リム)は黒光りするパウダーグロスブラックになります。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートのカラーに関係なく「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などインリムはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども必要有りません。

 
 

カラー塗装やクリアー塗装に完全無欠な物など有りませんがポリッシュへ面のコーティングではパウダークリアーが現時点では最強のクリアーでオリジナル新品の溶剤クリアーの比では有りません。

 

パウダーコートによるDBK調も有りますがハイパーブラック(DBK)に関しては溶剤の方が濃淡、色調、レベリングなど見た目はメーカーDBKと同質の溶剤ハイパー塗装DBKの方が勝ります。

 

■LM18インチDBK-P裏組(アンダーディスク仕様)の詳細■

・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)
・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーシルバー
・センターディスク・・・・溶剤ハイパーブラック(DBK)
・ピアスボルト・・・・・・・クローム洗浄研磨再利用
・ナット・・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨/パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

■LM19インチDBK-P裏組(アンダーディスク仕様)の詳細■

・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)
・2Ps本体塗装・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・溶剤ハイパーブラック(DBK)
・ピアスボルト・・・・・・・黒から再クローム
・ナット・・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨/パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・新品交換
・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

その他BBSとLM軍団5台完成!
現在施工中のBBS軍団9台はSW明けになります。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

9月18日~20日までSWお休みとさせて頂きます。

  (有)オートサービス西

2016.09.14

BBS-RSシュトロゼック100-4Hピッチ加工フルパウダーコートカスタムリフレッシュ

BBS-RSシュトロゼック100-4Hピッチ加工フルパウダーコートカスタムリフレッシュ四半世紀前RSの5本スポークとしてデビューしたRSシュトロゼックは販売台数が少ないため希少なレアホイールで、単品修理は過去数回有りますが4本セット物のピッチ加工、リム交換カスタムサイズリフレッシュは当社お初です。

シュトロゼック100-4Hピッチ加工からバレル研磨フルポリッシュフルパウダーコートで世界で一つのシュトロゼックが出来上がりました。

BBS-RSシュトロゼック100-4Hピッチ加工フルパウダーコートカスタムリフレッシュ

福島県のお客様・・・・希少なRS5本スポークのシュトロゼックです。114-5Hから100-4Hにピッチ加工してカスタマイズします。

 

アウト&インリム取り用のRSを提供頂きましたがどれも他店修復歴有りと曲がっていますので手直し修理が必要です。

 

赤錆びの酷いピアスボルトは再クロームしても綺麗にはなりませんので錆びの浅いモノと交換しての再クロームになります。

 

採用するアウト&インリムの曲り修理から
※他店修復歴が酷かったインリムx2枚は他残骸パーツと無償トレード

 

海外輸入社外リムはバフ磨きして有りますが、「輸送傷、手垢、小傷」が有りますのでパウダークリアーを塗る場合はシビアな再研摩が必要です。

 

再BBFバフポリッシュからパウダークリアー密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理

 

アウトリムのパウダークリアー静電噴射!

 

インリムの剥離研磨

 

インリムは当社定番となるパウダーグロスブラックの静電噴射!

 

2Ps本体やインリムのパウダーグロスブラックは効率よく5台まとめて完成!

 

シュトロゼックのディスク&センタープレートの塗装剥離

 

114-5H~100-4Hのピッチ加工は穴が1ヶ所交差しますので溶接で埋めが必要です。

 

弾丸ナット専用の100-4Hピッチ加工からディスク裏下駄逃げのスライス

 

ハンドアクション研磨

 

バレル荒研磨からバレル中研磨

 

バレル仕上げ研磨の完成!

 

バレル研磨フルポリッシュへのパウダークリアー密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理

 

センターディスクとプレートのパウダークリアー静電噴射!

 

錆びたピアスボルトの再クローム
※錆びの酷い約半分以上は交換しての再クロームになりました。

 

再クロームしたピアスボルトのクロームを透かしたパウダーキャンディーゴールドでゴールドメッキ調にします。

 

6角キャップのバレル研磨からパウダークリアー静電噴射!

 

全パーツのフルパウダーコートの完成!

 

フロント側アウトリム1.5Jトータルサイズ7.5J

 

リアー側アウトリム3.5Jトータルサイズ10.0J

 

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などインリムはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども必要有りません。

 

バレル研磨のポリッシュディスクにゴールドピアスが映えます。

 

3.5Jの海外輸入社外深リムのパウダークリアー

 

16インチ以上はオーナメントの外径が大きいため「袋・貫通ナット」では縦柱にナットが干渉するためストレート弾丸ナットを採用しています。
※:15インチ以下はオーナメント径が小さいため袋・貫通ナットが縦柱に干渉しませんので通常の60度テーパー式のピッチ加工になります。

 

■RSシュトロゼック100-4Hリム交換カスタマイズリフレッシュの詳細■

1・アウターリム・・・・・・・1.5J+3.5J/BBFバフポリッシュ(パウダークリアー) 
2・インナーリム・・・・・・・パウダーグロスブラック
3・センターディスク・・・・バレル2次元研磨(パウダークリアー)
4・センタープレート・・・・・バレル研磨(パウダークリアー)
5・6角キャップ・・・・・・・・バレル3次元研摩(パウダークリアー)
6・ピアスボルト・・・・・・・再クロームからパウダーキャンディーゴールド
7・ナット・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨からパウダーシルバー
8・エアーバルブ・・・・・・・新品交換
9・エンブレム・・・・・・・・・赤パッチ新品交換
10・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し 


再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。


電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

9月18日~20日までSWお休みとさせて頂きます。

   (有)オートサービス西

2016.09.10

カウンタックアニバーサリー15インチ修復歴有り手直しリフレッシュ・リメーク

これは酷かった・・・・リムが大きく横振れして削りまくりのアウトリムとインリム波打った凸凹を隠すために黒いコーキング隠しの悪質な修復歴のジャンクの様なホイールです。

大きな横振れの原因はリムの曲りより肝心要のディスクが曲がっていますので曲がったディスクのままリム曲り修理しても横振れが治る訳が無くホイール修理の基本が解っていないようです。

フレームが曲がった車のボディーを治しても車は真っすぐ走らないのと同じ理屈です。

カウンタクアニバーサリー15インチ他店修復歴の手直し修理からのリフレッシュ

広島県のお客様・・・・一見何て事無い普通の損傷状態に見えますが、ビックリ仰天の修復歴ホイールです。

 

リム側面に色んな落書きされていますが、リムは大きく横振れして削りまくりの凸凹状態!凸凹を隠すために黒いコーキング隠しの悪質な修復歴有りのこんなんでも中古購入価格30万円以上したそうです。・・・?

 

インリム内側も削り込んで有ります。

 

インリムの凸凹を直してリム全面研磨!
※げずり込まれて薄くなったリムの復元は出来ません。

 

当社定番のインリムへのパウダーグロスブラック静電噴射!

 

アウトリムの凸凹を直してBBFバフポリッシュへパウダークリアー前のガスグラスプライマー化学処理!
※げずり込まれて薄くなったリムの復元は出来ません。

 

アウトリムのパウダークリアー静電噴射!

 

ピアスボルトと座金ブッシュのブラスト研磨からパウダーグロスブラック静電噴射!

 

大きな横振れの原因はディスク自体が曲がっているためです。曲がったディスクに直したリムを組んでも大きく横振れを起こしますので意味が有りません!
フレームが曲がった車のボディーを治しても見た目だけで車は真っすぐ走りません!このホイールを治した業者さんは修理の基本が解っていないようです。

 

ディスク2枚の約2ミリ横振れ歪を許容範囲±0.5以内に振れ修理し後は普段通りブラスト研磨して塗装の下処理に入ります。

 

鋳造肌削除のハンドアクション研磨

 

バレル荒研磨・・・・塗装は下処理が命です。

 

厄介な修復歴有りのアウト&インリム何とか直して全パーツ完成です。

 

フロント側はアウトリム2.5Jでトータルサイズ8.5J

 

リアー側はアウトリム5.5Jでトータルサイズ12.0J

 

5.5Jの超深リム

 

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などインリムはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども必要有りません。

 

アウトリムのタイヤビートあたり面凸凹コーキング隠し削除から修理研磨形成

 

インリムのタイヤビートあたり面凸凹コーキング隠し削除から修理研磨形成

 

手直し修理に時間と手間が掛かりましたが何とか上手く行きましたが、他店修理手直しは原型修復に限界が有りますので完全には治しきれません。

 

■カウンタックアニバーサリー他店手直しリフレッシュの詳細■

1・アウターリム・・・・・・手直し修理BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)
2・インナーリム・・・・・・・手直し修理(パウダーグロスブラック)
3・センターディスク・・・・溶剤シルバーメタ
4・ピアスボルト・・・・・・・ブラスト研磨(パウダーグロスブラック
5・ナット・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨(パウダーシルバー)
6・座金ブッシュ・・・・・・・・ブラスト研磨(パウダーグロスブラック
7・エアーバルブ・・・・・・・新品交換
8・エンブレム・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
9・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

2016.09.06

RAYS-Gr-C16インチ/3次元ブラッシュド/パウダーキャンディーピンクゴールド

四半世紀前RAYS-Gr-Aと人気を二分したフル鍛造Gr-C16インチを今人気のブラッシュドから最終コーティングはパウダークリアー&パウダーブラック&パウダーキャンディーピンクゴールドで一品物ワンオフならではの耐久性重視の塗装フルパウダーコートです。

フルパウダーコートは「曲り、ガリ傷の有無」より腐食が少ない事が重要な条件です。曲りやガリ傷は治っても虫食い、陥没、腐食は治せません。・・・・

RAYS-Gr-C16インチ/3次元ブラッシュドからパウダードキャンディーピンクゴール&フルパウダーコート

神奈川県のお客様・・・年代モノの割には大きな腐食も無く程度良好な3Ps鍛造Gr-Cです。
※フルパウダーコートは腐食が無ければどんな古いホイールでも上手く行きます。

 

インリムの曲り修理!

 

インリムの剥離から回転研磨機にてリム研摩

 

インリム塗装は当社が最初に推奨提案した定番のパウダーグロスブラックの静電噴射!

 

アウトリムのガリ傷肉盛り溶接!
※曲りガリ傷修理よりもポリッシュの腐食が無かった事が何よりです。

 

アウトリムBBFバフポリッシュ

 

ポリッシュへの密着性向上のためにガスグラスプライマーをしてパウダークリアーの静電噴射!

 

分解出来ないプラ樹脂オーナメントが付いたモノへ200℃釜焼きが必要なパウダーコートをすればプラが溶けてしまいますのプラに耐えうる70℃釜焼きの溶剤キャンディーゴールドになります。

 

6角キャップブラッシュドのガスグラスプライマーの化学処理

 

クロームのピアスボルトならパウダーキャンディーゴールドが出来ますがメッキで無いピアスボルトはカラーパウダーになります。
※パウダーキャンディーカラーにする場合は先に再クロームする必要が有ります。

 

ディスクの塗装剥離!

 

ブラッシュドのために鋳物ゆず肌をハンドアクション研磨!

 

バレル研磨研磨してブラッシュドの仕込みをします。
※ブラッシュドのためにバレル研磨までするの当社独自の拘り工程です。

 

ディスク天面からディスクサイド窓部までの3次元ブラッシュド
ディスクのブラッシュドに全体の8割の時間を要します。

 

キャップリングもブラッシュド

 

ブラッシュドしたセンターディスク&キャップリングのパウダーピンクゴールドの静電噴射!

 

6角キャップ以外全パーツのパウダーコートの完成!

 

組み付け合体完成!
※フルパウダーコートは曲りガリ傷の有無より腐食の有無で仕上がりを大きく左右します。

 

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などインリムはパウダーグロスブラックがお勧めです。またガラスコーティングなども必要有りません。

 

ブラッシュドのパウダーピンクゴールドお初ですが個性的でエレガン優雅なイメージです。

 

肉厚感有るモッチリとしたパウダークリアー独特のポリッシュになります。

 

■RAYS-Gr-Cブラッシュド/フルパウダーコートの詳細■

1・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー) 
2・インナーリム・・・・・・・パウダーグロスブラック
3・センターディスク・・・・ブラッシュド(パウダーピンクゴールド)
4・センタープレート・・・・・ブラッシュド(パウダーピンクゴールド)
5・6角キャップ・・・・・・・・・ブラッシュド(溶剤キャンディーゴールド)
6・ピアスボルト・・・・・・・パウダーゴールド
7・ナット・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
8・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用
9・エンブレム・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
10・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。


電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

2016.09.02

RAYSニスモとENKEIインパルRSの溶剤シルバー&リムポリッシュx2台リフレッシュ

RAYSニスモとENKEIインパルRSの溶剤シルバー&リムポリッシュx2台リフレッシュ北は北海道旭川と南は九州種子島からRAYS製ニスモ(鍛造)とENKEI製インパルRS(鋳造)の溶剤シルバー&リムポリッシュの同時期入庫、同種施工で「リム修理・キャップ加工・ポリッシュクリアーの有無」こそ違いますが施工内容が同じ2台を紹介します。

1Psホイールのカラー&リムポリッシュは溶剤又はパウダーのカラー塗装を先に丸塗りしてからリムポリッシュ(BBFバフ・ブラッシュド・バレル研磨・ダイヤモンドカット)の手順となり1Psのカラー&リムポリッシュ工程は量産新品も同じです。

先塗りカラーが溶剤の場合は最終クリアーも溶剤クリアーになりますのでパウダークリアーを塗りたい場合は先塗りカラーも同条件のパウダーカラーにする必要が有ります。

RAYSニスモとインパルRSの溶剤シルバー&リムポリッシュx2台

その1・・RAYSニスモ鍛造(FORGED)リム修理からの溶剤シルバー&ポリッシュノークリアー

北海道旭川市のお客様・・・地元で鍛造ホイールの曲りガリ傷は治せないとの事で遠方よりお送り頂きました・・鍛造ホイールが治せないと毎日修理しているBBSなど治せません!!

 

溶剤塗装は上塗りが可能ですが腐食や塗装浮き剥げの有るモノは全て剥離ブラスト研磨が必要です。そんな事より曲り、ガリ傷修理箇所が多過ぎて修理に時間が掛かりそうです。

 

タイヤ側へ押された曲りはホイール正面への大きな衝撃による曲りで側溝や段差乗り揚げによる縦の衝撃メクレ曲りでは有りません。

 

インリムのメクレ曲りとリム側面は押し込みで腹が凹んでいます。ホイール側面が凹むのは結構な事故と推測されます。

 

ガリ傷と言うよりリム欠けです。

 

大きな衝撃による欠けた箇所は当然曲がっていますので曲りを治して肉盛り溶接

 

リム研摩形成原型修復からリム研摩機研磨~ディスクハンドアクション研磨~インリム研摩機研磨~本体丸ごとバレル荒研磨と塗装まで多くの仕込みが有ります。

 

オリジナルカラーに調色した溶剤ウレタンシルバーメタ塗装をしてクリアー塗装まで先に済まします。
※パウダーコートは溶剤の様に純正同色やボディーカラーNOに調色出来ないのがパウダーコートの短所です。

 

アウトリムの塗装を剥ぎながらBBFバフ研磨してノークリアーのためここで完成です。

 

アウトリムの曲り修理と欠け原型修復は何処を治したのかわからないほぼ完璧な修理です。
※注:曲りガリ傷修理は鍛造本来の強度を保証するものでは有りません。

 

アウトリムは素地表現のポリッシュですので丸塗りカラー塗装の様に削り込みやパテ埋め補修などで誤魔化しは出来ません。



その2・・ENKEIインパルRS鋳造(CAST)溶剤シルバー&ポリッシュ溶剤オンクリアー

鹿児島県種子島のお客様・・・塗装腐食浮きは有りますが曲り、ガリ傷がないですのでいきなりリフレッシュ・リメークに入れます。


インリムに微小な曲り有りですがそれらもキチンと直してからの話しです。

 

離島からのご依頼ホイールは潮風の影響か?腐食の進行が速いみたいです。

 

剥離ブラスト研磨

 

ハンドアクション研磨からバレル荒研磨で塗装の下地を整えます。塗装は下処理仕込みが命!

 

インナーリムから側面リムは回転研磨機にて全面研磨

 

ポリッシュのセンタープレートの剥離からバフ磨き

 

テカテカに磨き込込んだ後はパウダークリアー前のガスグラスプライマー化学処理

 

6角キャップはバレル研磨してパウダーキャンディーブルー前のガスグラスプライマー化学処理

 

溶剤ウレタンシルバー&リムポリッシュ溶剤クリアーの完成!
アウトリムの塗装は剥ぎながらBBFバフ研磨してアウトリムの溶剤オンクリアーで完成です。

 

インナーリムから側面リムも丸塗りの溶剤ウレタンシルバー&溶剤オンクリアーになります。
※腐食の酷いモノへのパウダーコートでは発泡沸きが一部出ますが溶剤の場合は発泡沸きは殆ど出ません。

 

アウトリムは本来切削カットのダイヤモンドカットですがコスト削減のBBFバフポリッシュオンクリアーになります。

 

溶剤カラー&溶剤クリアーの場合腐食が酷くでもブツ発泡沸きが殆ど出ませんしまた無限のカラー調色が出来るのがボディーカラー同種の二液型液体ガン吹きアクリルウレタン溶剤塗装の最大の利点です。

 

先塗りカラーが溶剤の場合は最終クリアーも溶剤クリアーになりますのでパウダークリアーを塗りたい場合は先塗りカラーも同条件のパウダーカラーにする必要が有ります。

パウダーカラーベースからの溶剤カラーはこちら 
http://243ok.com/blog/2016/07/#date-2016-07-25
パウダーカラー&パウダークリアーフルパウダーコートはこちら
http://243ok.com/blog/2015/04/#date-2015-04-01


再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。


電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/502/

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

ブログ内検索

カレンダー

«9月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーリスト

フィード