ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - 1Ps/パウダーカラー&リムポリッシュ

2019.01.29

トラックアルミホイール17.5Jパウダーゴールド&バレル研磨パウダーアクリルクリアーフルパウダーコート

トラックアルミホイール17.5Jパウダーゴールド&バレル研磨パウダーアクリルクリアーによるフルパウダーコートです。

今回のトラック用アルミホイールは丸磨きや丸塗りパウダーコートとは違い、「パウダーゴールド+バフ磨き+バレル研磨+パウダーアクリルクリアー」の塗装&磨き2コートフルパウダーコートのため手間と時間が掛り納期は2ヶ月ほど頂きました。

トラックアルミホイール17.5Jパウダーゴールド&バレル研磨パウダーアクリルクリアーフルパウダーコート


福岡県のお客様・・・やや傷んではいますが曲りガリ傷の無いトラックアルミホイール17.5Jです。

剥離~ブラスト研磨

小傷チェックして傷直し

ハンドアクション研磨

カラーベースとなる丸塗りEdgement Gold静電噴射!

Edgement Gold 丸塗りのポリッシュ部をハンド研磨で塗装を剥ぎます。

ハンド研磨によるポリッシュ部研磨・・・山構造のフロント側の研磨は比較的簡単ですが深い谷構造のリア側はフロント側の3倍ほど手間時間が掛かります。

ハンドバフ磨き

バレル仕上げ研磨完成!

ポリッシュ密着性UPのためのガスグラスプライマー化学処理

本体丸塗りのパウダーアクリルクリアー静電噴射!
※ポリッシュ面はパウダー1コートになりますが先塗りEdgement Goldパウダー2コートになります。

フロント側Edgement Gold&バレル研磨パウダーアクリルクリアー完成!

リア側Edgement Gold&バレル研磨パウダーアクリルクリアー完成

Edgement Gold1コート目に対して2コート目パウダーアクリルクリアーを塗れは色合いが変わります。

リア側の奥深い構造のポリッシュは光沢を出すのみ苦労します。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的です

ブラック&バレル研磨の方は6穴周辺や丸窓磨きが有りませんので磨き領域が少ない為、ゴールド&バレル研磨よりお安くなります。
以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り今年も継続して往復送料無料キャンペーン中!※単品修理は当社送料片道負担になります。
メール問い合わせのお願い・・携帯、スマフォからのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2019.01.12

ワタナベ1Ps旧式砂型鋳造パウダーコートカラー&リムポリッシュパウダークリアーフルパウダーコート

ワタナベ1Ps旧式砂型鋳造ホイールのパウダーカラー(ガンメタ&ブラック)リムポリッシュパウダークリアーフルパウダーコートです。

新品のワタナベでも当時昔ながらの旧式砂型鋳造ホイールですので砂肌が月面クレーターの様な凸凹肌で金属組織が荒いため「巣穴、陥没」は当たり前の様に有りますが、新品は低温焼き付け60℃のガン吹き液体溶剤カラー塗装と溶剤クリアーですので「巣穴、陥没」から異物、空気発砲ブツ現象が起こる事が有りません。

高温焼き付け(200℃前後)のパウダーコートでは「巣穴、陥没」から異物、空気発砲ブツのリスクも稀に伴いますが、耐久性を重要したワンオフ一品物ならではのフルパウダーコートが大きな目的です。

曲りガリ傷の有無より酷い腐食さえなければ「古い・新しい」は仕上がりにさほど影響しません。

ワタナベ1Ps旧式砂型鋳造パウダーコートカラー&リムポリッシュパウダークリアーフルパウダーコート


茨城県のお客様・・・30年以上前の旧式砂型鋳造4本スポークのワタナベです。

古い商品の割にはポリッシュ腐食が少ないのは溶剤クリアーを塗って無い為クリアー層の下に水が入り湿った状態でならず常に乾燥しますのでポリッシュ腐食が少なるなる原因です。

まずは曲りガリ傷肉盛り修理から

滋賀県の・・・新品8本スポークのワタナベですが造りは昔ながらの旧式砂型鋳造ホイールの為、凸凹砂肌で巣穴、陥没が多く見受けられます。
下処理仕込み2台共通作業

塗装剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨~アウトリム研磨

平滑面出しバレル荒研磨 ※再塗装は下処理、仕込みが命!

インナーリムから側面リムの剥離研磨

1Ps本体先塗りのパウダーガンメタ&パウダーブラック静電噴射!

パウダーガンメタ&パウダーブラック冷却乾燥した後塗装を剥ぎながらアウトリム磨きに入ります。

アウトリム磨きの祭、ディスク面に磨き傷が入らぬように養生ガードします。

4本スポークアウトリムのBBFバフポリッシュ完成!

8本スポークアウトリムのBBFバフポリッシュ完成!

ポリッシュ密着剤性UPのガスグラスプライマー化学処理!

透明度、密着性の高い拘り高級パウダーアクリルクリアー静電噴射!

4本スポークワタナベ・・パウダーガンメタ+アウトリムポリッシュのフルパウダーコート完成!

8本スポークワタナベ・・パウダーブラック+アウトリムポリッシュのフルパウダーコート完成!

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」インリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。パウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

30年前のモノも新品も仕上がりの差は殆ど差は有りません。

黒、白、他ソリッド系はパウダーアクリルクリアーを塗る事で「光沢性、耐食性、耐久性」UPしますので用途に応じてパウダークリアーリコート”をお勧めします。

4本スポークは30年前のリムポリッシュですので凝視すれば若干の腐食残りは見受けられますが目立つ程の無いレベル

8本スポークの方は新品とは言え1Ps旧式砂型鋳造のワタナベですのでよく見れば巣穴、陥没は多少残ります。

写真左パウダーガンメタクリアー無しと写真右パウダーガンメタへのパウダーアクリルクリアーです。
※メタリック系はクリアーを塗って本来のメタリックになりますのでパウダークリアーリコートする事により、艶感だけで無く、色調、色合いまで雰囲気が変わります。
塗装や再磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
営業時間:9:00時~19:00時
定休日:日曜祝祭日
電話番号 0995-65-7225
   (有)オートサービス西

2018.12.28

MOTOSPORT-RSL14インチ/曲りガリ傷修理からパウダーマットブラック&リムポリッシュ

MOTOSPORT-RSL14インチの曲りガリ傷修理からパウダーマットブラック&リムポリッシュです。

1Psホイールのカラー&リムポリッシュはカラー塗装を先に本体丸塗りしてからリムポリッシュ(BBFバフ・ブラッシュド・バレル研磨・ダイヤモンドカット)の手順となりますので、先塗りカラーが溶剤カラーの場合最終工程のポリッシュクリアーも溶剤クリアーとなりパウダーコートカラーの場合ポリッシュクリアーはパウダークリアーになります。

溶剤カラー60℃の後にポリッシュのパウダークリアー180℃では焼き付け温度差で溶剤カラーが沸騰、変色しますので溶剤カラー後のパウダーリアーは出来ません。

MOTOSPORT-RSL14インチ/曲りガリ傷修理からパウダーマットブラック&ポリッシュ


福島県のお客様・・・プラ樹脂製ダミーボルト付き1Ps14インチのMOTOSPORT-RSLです。

曲りガリ傷修理は何て事無いですがダミーボルトに試行錯誤しました。

プラ製ゴールドメッキのダミーボルト交換のリクエストですが、同規格のゴールドメッキダミーボルトが無いためゴールドメッキの金属ボルトをタップ切って埋め込みします。

アウト&インリム曲り修理

アウトリムガリ傷肉盛り修理

曲りガリ傷修理が無事完了してインナーリムから側面リムの剥離研磨

パウダーマットブラック下処理のバレル荒研磨

先塗りパウダーマットブラック静電噴射!

マットブラックに研磨傷が入らぬ様にマスキングしてアウトリムのBBFバフポリッシュ

ゴールドメッキの金属ボルト埋め込み装着完成!

馬鹿穴開けてボルトをナット締めの方が簡単で良かったですがナットが収まる領域が無い為タップ切り差し込み式です。

・・・1Ps本体パウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

新品ゴールドメッキピアスボルトは1本280円x80本で結構なお値段がしますので当社中古在庫より程度の良い物を選別提供しました。

パウダーマットブラック&リムポリッシュノークリアー&ピアスボルト交換
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本となる曲り、ガリ傷、割れ修理が出来てからの話しです。
※悪質な削り込み修理 http://www.243ok.com/blog/category/490/
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2018.07.10

ADVAN19インチ/パウダーブラック&リムポリッシュ+パウダークリアーフルパウダーコート

ADVAN19インチ1Psパウダーブラック丸塗りからリムポリッシュしてパウダーアクリルクリアーのフルパウダーコートです。

パウダーコートをベースとした溶剤指定カラー塗装や溶剤ハイパー塗装(DSK・DBK)など溶剤への上塗りやポリッシュへのパウダークリアーなど焼き付け温度差の違いで出来ませんので、耐久性重視のパウダークリアーを塗りたい場合は先塗りカラーも同条件のパウダーコートカラーに限ります。

溶剤焼き付け温度70~90℃に対してパウダーコート180~200℃のため後パウダーコートでは溶剤カラーが沸騰変色します。

ADVAN19インチ/パウダーブラック&リムポリッシュフルパウダーコート


群馬県のお客様・・・程度良好なガンメタADVAN19インチです。

先ずは曲り、ガリ傷修理から

塗装剥離

ブラスト研磨

砂肌落としのハンドアクション研磨

インナーリムから側面リム研摩

溶剤、パウダーコート問わず当社独自のバレル荒研摩による平滑面出し
※再塗装は下処理、仕込みが命です。

1Ps本体丸塗りパウダーグロスブラック静電噴射!

丸塗りパウダーグロスブラック1コート仕上げならここで完成ですが、これからディスクのサンディングしてリムポリッシュに入ります。

リムBBFバフポリッシュにるディスクにき傷が付かぬ用ディスク養生マスキング

アウトリムポリッシュ完成!

ポリッシュ密着向上のガスグラスプライマー化学処理して透明度の高いパウダーアクリルクリアー本体丸塗り静電噴射!

パウダーグロスブラック&ポリッシュパウダーアクリルクリアーの完成

凸ロゴ文字は手で磨いてポリッシュ

程度の良いアルミ製ラベルは上手に剥いで再利用貼り付けしています。
・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です

2コート目のパウダークリアーによりディスクのブラック光沢が出てさらに耐久性もUPしてポリッシュもパウダークリアー独特の肉持ち感有る頑丈な肌になり再塗装としては現時点では最強と言えます。

ポリッシュへのクリアーコートには大きく分けて液体ガン吹き二液型溶剤(アクリルウレタン)と固体静電パウダークリアー(ポリエステル樹脂・アクリル樹脂)があります。
ポリッシュにはより透明度と密着性が高いアクリル系のパウダークリアーを採用しています。

量産新品黒と当社パウダーブラックの黒光り光沢の違い!
量産新品のインナーリム、側面リムは溶剤の黒が薄く被った程度ですが、当社丸塗りパウダーブラックはインリム側面リムまで材料代と手間を惜しまず見えない箇所も拘りの完全丸塗りです。
ADVAN溶剤ハイパー塗装DBK&リムポリッシュ

こちらADVANは溶剤ハイパー塗装DBKのリムポリッシュは同条件溶剤クリアーです。
分解可能な2Psや3Psはリム&ディスク個別仕上げですので溶剤やパウダーコートの組み合わせは自由自在に出来ますが1Psの場合は先塗りカラーが溶剤の場合溶剤焼き付け温度70℃に対してパウダーコート180℃のため溶剤カラーが沸騰変色するため先塗り溶剤カラーから後塗りパウダーコートが出来無い理由です。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※素地表現のブラッシュドやバレル研摩など色塗って誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など出来ませんので修理技術こそモノを言います。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2017.10.27

無限CF48/15インチ/ブラック&ポリッシュ/フルパウダーコートリフレッシュ・リメーク

無限CF48/15インチのフルパウダーコートによるポリッシュ&ブラックのリフレッシュ・リメークです。

オリジナルは溶剤ガンメタ塗装&ポリッシュですが、パウダーグロスブラック&ポリッシュパウダークリアーのフルパウダーコートフィニッシュによる「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性UPで量産には無いワンオフ一品物ならではのフルパウダーコートです。

無限CF48/15インチ/ポリッシュ&ブラック/フルパウダーコートリフレッシュ・リメーク

千葉県のお客様・・・業者様では無く一般ユザー様ですが無限シリーズ4セット目ご依頼のお得意様です。

剥離槽による塗装剥離

ブラスト研磨からインナーリムから側面リムの研磨

ベース先塗りのパウダーグロスブラック静電噴射!

本体丸塗りベースとなるパウダーグロスブラック完成

ポリッシュしたい部位の塗装剥離研磨

BBFバフポリッシュの完成!

ポリッシュ密着性向上のガスグラスプライマーから本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

FRP製カウルはパウダーグロスブラックは塗れませんので溶剤ブラックからロゴシール制作貼り付け!
パウダーコートは金属製に限ります。

プラ樹脂製のキャップ爪が数ヶ所折れていますがこれは修理出来ませんのでこのままの状態で溶剤マットブラックを塗ってロゴ天面はそれを剥いでポリッシュにします。

プラ樹脂製キャップのは溶剤マットブラックからロゴ天面磨き!

FRP製カウルも個別に加工装着取り付け完成!

    ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装は特にパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

リムポリッシュのアクリルクリアーは透明度の高く肉厚感有るモッチリとした頑丈肌です。
※FRPカウルカバーはパウダーコートが出来ませんので溶剤ブラック塗装になります。

■無限CF48/15インチ/ブラック&ポリッシュフルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ+パウダークリアー

 ・センターディスク・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック+パウダークリアー

・センターキャップ・・・・・・・・・・・溶剤マットブラック+ロゴポリッシュ

・インリム・・・・・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・FRPカウルカバー・・・・・・・・・溶剤グロスブラック

・無限POWERロゴ作成・・・・・ゴールドシート溶剤クリアー抑え
 
・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

 

再塗装や磨きによるリフレッシュリバレルは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されていないメール「迷惑メール」と判断して削除されますので回答・返信出来ません

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

 

2017.06.01

エクイップ14インチ鋳造ホイール/パウダーブラック&バレル研磨ノークリアー

30年前のエクイップ14インチ鋳造(CAST)ホイールパウダーブラック&バレル研磨ノークリアーです。

カラー塗装なら「虫食い、陥没、腐食」などパテやサフで埋めて色塗ればほぼ目立たなくなりますが、バレル研磨ポリッシュは素地表現のため「虫食い、陥没、腐食」など追い込んで研磨しても腐食痕はどうしても一部残ります。

素地表現の「バレル研磨・BBFバフポリッシュ・ブラッシュド・光輝アルマイト・ダイヤモンドカット」など年式や曲りガリ傷の云々より腐食の有無こそが仕上がりを大きく左右する重要ポイントです。

エクイップ14インチ鋳造(CAST)ホイールパウダーブラック&バレル研磨ノークリアー

滋賀県のお客様・・・30年前の1Ps鋳造のエクイップですがノークリアーですので溶剤オンクリアーに付き物の白ミミズシミなど無く白ボケしているだけですのでこれならバレル研磨すれば見事に光沢が出ます。

量産新品の切削式のポリッシュは肌の弱い溶剤クリアーの上にエッジが角ばっていますのでそこから水が入り込み白ミミズシミが入る原因です。
溶剤オンクリアー腐食についてhttp://www.243ok.com/menu/simifusyoku/

古いホイールで曲がって無い訳が有りませんのでまずは曲り修理からです。

ガリ傷も同然有りますので肉盛り溶接修理
パテ埋めなどインチキ修理の様に誤魔化しの効かない素地表現ポリッシュ仕上げですので修理技術の見せ処です。

塗装剥離からブラスト研磨

パウダーグロスブラックを塗りますのでインナーリムから側面リムまで研磨します。

先塗りのパウダーグロスブラック密着性向上のため化成処理して念のためガスグラスプライマー化学処理

ディスク窓部から繋がったインリムまでパウダーグロスブラックの静電噴射!

リムからディスクの塗装を剥ぎながら荒研磨!

中研磨からペーパー1500番手まで追い込んだバフ磨き!
バレル研磨機の設備が無いお店ではこのバフ磨きで終了です。

バフ磨きから水槽混入セラミックボールのバレル仕上げ研磨を数回繰り返してバフ磨き数ランク上の仕上がりになります。

ガリ傷肉盛り修理した周辺です。

バフ磨きで避けられない「バフライン・バフムラ・バフ焼け」など皆無にするのがバレル研磨の役目です。

国産品なら古い鋳造(CAST)ホイールでもで「虫食い、陥没、腐食」が無ければ問題無く光沢復活します。

               ・・・インリムのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」の理由からインリムまで塗装までパウダーコートが絶対お勧めです。ガラスコーティングは肌の弱い溶剤カラーを保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

30年前の鋳造(CAST)ホイールでも磨き込めばここまで再生復活します。

丸身を帯びたお椀型のデザインは光の屈折反射でメッキの様な光沢を放ち鍛造ホイールはさらに効果的です。
 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです
※色塗れば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修などバレル研磨は絶対出来ません。



以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービ西

2017.03.23

ハヤシレーシング14&15インチ/溶剤&パウダーコートリフレッシュ・リメーク

ハヤシレーシング14インチ(新品)と15インチ(新品同様)のため修理ついでのリフレッシュでは無く模様替えと耐久性重視のリフレッシュリメークです。

14インチ/ハヤシ・・・個性的で派手目な溶剤塗装による3トーンカラーによる色調カスタム重視!マスキングを要す多色重ね塗りはパウダーコート不可のため溶剤カラーに限ります。

15インチ/ハヤシ・・・パウダーシャンパンゴールドとポリッシュパウダークリアーフルパウダーコートによる耐久性重視!
バレル研磨が前提の場合、先塗りのカラーが溶剤カラーでは密着性が悪いためバレル研磨で塗装が剥げてしましますので先塗りカラー塗装&バレル研磨は密着性の高いパウダーコートに限ります。

溶剤カラーとパウダーコートそれぞれの塗装特性を生かしたハヤシx2台を紹介します。

ハヤシレーシング/パウダーコート&溶剤リフレッシュ・リメークx2台
 その1・・・ハヤシ14インチ/マスキングによる溶剤多色カラー重ね塗りのリフレッシュ・リメーク

埼玉県のお客様・・・新品14インチのハヤシx5本を「黒・赤・ポリッシュ」の溶剤塗装による3トーンカラーにリメークします。

溶剤カラー再塗装はベースが新品又は新品同様の場合に限り塗装剥離無いで下処理から上塗り塗装が可能です。

マスキングして最初に溶剤の赤塗装!

赤塗装部をマスキングして黒塗装のための2回目のマスキング!

赤塗装部をマスキングして窓部への溶剤の黒塗装!

リムポリッシュ部は磨き直して「ポリッシュ+赤+黒」3トーンカラーの完成です。

インナーリムから側面リムもマスキングしてカラー塗装無しのアルミ剥き出しです。

ポリッシュはノークリアー仕上げです。

マスキングを数回要す重ね塗り多色カラーの場合パウダーコートでは塗膜が厚いためマスキング断層が出ますので、重ね塗り多色カラーは溶剤カラーに限ります。
その2・・・ハヤシ15インチ/パウダーシャンパンゴールド&パウダークリアーフルパウダーコート

愛知県のお客様・・・15インチ程度良好のハヤシ!新品設定がノークリアーのためパウダークリアーが目的でそのついでに溶剤黒からパウダーシャンパンゴールドに模様替えします。

黒剥離からブラスト研磨

インナーリムから側面リムの研磨

ハンドアクション研磨からバレル荒研磨!

先塗りのパウダーシャンパンゴールド静電噴射!

リムからディスク天面のパウダーコート削除研磨

バレル研磨前の下処理バフ磨き

バレル仕上げ研磨!
※バレル研磨する場合の先塗りカラー塗装が溶剤カラーでは密着が悪いため剥げてしましますので後でバレル研磨する場合の先塗りカラー塗装は密着性の高いパウダーコートに限ります。

本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

シャンパンゴールド&ポリッシュパウダークリアー完成!

裏リムは普段洗浄メンテが出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などパウダーコートがより効果的でガラスコーティングなども必要有りません。

先塗りのパウダーシャンペンゴールドからポリッシュまでベロット丸ごとパウダークリアーする事でシャンペンゴールドの光沢向上と耐久性もアップします。

ポリッシュ鏡面肌により密着性と透明度のより高い高級アクリル系パウダークリアーを採用していますので鏡面ポリッシュ艶引き感も最小限に抑えられます。

カラー&バレル研磨や最終クリアーがパウダークリアー希望の場合は溶剤カラーとの組み合わせが出来ませんので先塗りカラー塗装&バレル研磨は密着性の高いパウダーコートに限ります。
 


   ・・・溶剤カラーとパウダーコートの特性について・・・
●溶剤カラーの長所●
1・素材を選ばない
2・部分修理塗装や上塗り塗装が出来る
3・液体のためブレンド自由自在に無限大のカラー表現が出来る
4・キャンディー系の濃淡調色が自由自在に出来る

●溶剤カラーの短所●
1・「密着性・褪色性・耐UV性、」が劣るため塗装剥げや褪色の劣化が早い
2・耐熱性が無いため熱により柔らかくなった塗膜にパットカスや汚れが浸透付着する
3・塗装膜が弱いため傷が付きやすい
4・有機溶剤のため人体や環境に悪い


●パウダーコートの長所●
1・粉末状の樹脂膜のため塗膜が固く傷が入りにくい
2・密着性が高いため塗装が剥げにくい
3・褪色性・耐UV性が高いため色褪せしにくい
4・200℃焼き付けのため少々の熱に強い
5・耐熱性が高いため塗膜にパットカスや汚れが浸透付着しない
6・有機溶剤を使わないため人体や環境に良い
7・ガラスコーティングなど不要


●パウダーコートの短所●
1・金属製に限り素材を選ぶ
2・塗装を剥いで金属無垢に戻す必要が有る
3・部分修理塗装や上塗り塗装が出来無い
4・カラーNOや指定カラーなどカラー調色に対応出来ない。
5・マスキングを要す多色カラー重ね塗りが不向き
6・キャンディー系の濃淡調色が出来ない。


完全無欠の塗装など有りませんのでそれぞれ一長一短特性を生かして目的に応じた選択です。


再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!


お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225


(有)オートサービス西

2017.02.04

絶版ホイール/ワタナベ&SSRのパウダーコート再塗装リフレッシュ・リメーク

絶版ホイール1Ps鋳造ワタナベと3Psの鋳造ディスクと合金プレスリムの3Ps溶接ハメ殺しSSRパウダーコートリフレッシュ・リメークです。

2Ps&3Psハメ殺しも1Ps同様一体型ホイールですので先に色塗りを済ましてからリムポリッシュ磨きの手順になります。

一体型の同素材1Psと違い2Psや3Psは素材の違うモノを組み付け溶接されているためリムとディスクのつなぎ目、段差が生じ部位ごとのマスキングの煩雑差やデザイン構造により塗装磨きが完全に届かない箇所が出る場合も有ります。

絶版ホイールへのパウダーコート再塗装は今後末永く愛用するために耐久性UPこそが最大の目的です。

絶版ホイール/ワタナベ&SSRのパウダーコートによるリフレッシュ・リメーク1

その1・・1Ps鋳造(CAST)ワタナベ/カラー&ポリッシュ個別仕上げフルパウダーコート

鹿児島県のお客様・・・曲り、ガリ傷、腐食無し程度良好な旧式砂型鋳造のワタナベです。

修理工程が有りませんので、即剥離ブラスト研磨

インナーリムから側面リムは回転研磨機でリム研摩

1コート目はディスクからインリムまで繋がった部位のパウダーゴールド静電噴射!

バフ磨きでディスクゴールドに傷やバフカスが入らぬようにディスク面マスキングガードしてアウトリムBBFバフポリッシュ

ポリッシュ面の密着性UPのためのガスグラスプライマー化学処理してアウトリムをパウダークリアーするついでに本体丸ごとのパウダークリアー静電噴射!

先塗りのパウダーゴールドからリム本体まで本体丸塗りパウダークリアーの完成です。

  ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ディスクはパウダーゴールド+パウダークリアー2コートとなりリムBBFバフポリッシュ面はパウダークリアー1コートになります。

パウダーゴールドでも数種類ある中でお任せカラーでしたので金の鯱みたいなより鮮やかできらびあかなゴールドをチョイスしました。

砂型鋳造の雑な造りでも許されるワタナ特有の巣穴陥没が至る処に有りますが、いくら当時モノの風合い表現とは言えこれが当りまえに商品化されにるのはいかがなモノでしょか?・・・
※巣穴陥没から時としてエアー漏れやクラックの原因にもなります。

やや雑な造りのワタナベですが、フルパウダーコートにより「密着性・褪色性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性を重視とした再塗装リフレッシュ・リメークです。
その2・・3Ps溶接ハメ殺しSSR/カラー&ポリッシュ個別仕上げパウダーコート

広島県のお客様・・・年期モノですが程度良好な3Ps溶接ハメ殺しのSSRです。

同じモデルでも年式生産ロットで造りが違うため鋳造荒肌の仕上がりがこんなにも違います。メーカーさんも結構アバウトですね・・・

ディスクのみの塗装剥離からブラスト研磨

マチマチの鋳造荒肌を揃えるためにハンドアクション研磨

さらに肌合わせパウダーコート下地処理のためのバレル荒研磨・・・塗装は下処理仕込みが命です。

ディスクから繋がったインリムまでパウダーグロスホワイトの静電噴射!

2Psや3Psの溶接ハメ殺しは1Psのリム&ディスク個別加工と同じ流れでディスクの塗装が完成してからアウトリムのBBFバフポリッシュの手順です。

アウトリムを磨いて新品ピアスボルト装着して完成です。
2Psや3Psの溶接ハメ殺しは溶接で決めて有るためピアスボルトは有っても無くても関係ないお化粧ボルトですので素材問わず何でも構いません!

  ・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

アウトリムは磨き本来の光沢を表現するためにノークリアーです。

深リムは何とも言えずカッコいいです。・・・・
リムの虫くい、腐食が無い事がポリッシュ磨きの仕上がりを大きく左右します。

■SSRリフレッシュ・リメークの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(ノークリアー)
・インリム・・・・・・・・・・・パウダーグロスホワイト
・センターディスク・・・・・パウダーグロスホワイト
・ピアスボルト・・・・・・・・クロームメッキ新品交換
・ナット・・・・・・・・・・・・・・フランジナット新品交換
・エアーバルブ・・・・・・・パウダーキャンディーゴールド
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話です。
※悪質な削り込み修理 http://www.243ok.com/blog/2011/10/#date-2011-10-30
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お見積は会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2016.12.20

FUEL17インチ/1Ps鋳造バレル研磨パウダーキャンディーカッパー3コート

FUEL17インチ新品ホイールのバレル研磨からカッパー&ブラック&クリアーのパウダー3種カラーと溶剤ブロンズカラーの4種カラーによるバレル研磨リフレッシュ・リメークです。

新品ですがmade in Taiwanの鋳造(CAST)ホイールですのでバレル研磨して上手く光るだろうか?パウダーコートで発泡ブツが出ないだろうか?心配しましたが、何とか上手く行きました。

FUEL17インチ/バレル研磨カッパーその他パウダー3色リフレッシュ・リメーク


群馬県のお客様・・・・四駆用1Ps鋳造(CAST)の新品ホイールです。

プラ樹脂&金属製のダミーボルトを外して塗装剥離からブラスト研磨

ディスク裏マスキングしてインナーリムから側面リムの研磨!

1コート目:インナーリムから側面リムのパウダーグロスブラック静電噴射!

ディスク天面からリムのハンドアクション研磨!

ディスク天面からリムのバレル荒研磨!

ディスク天面からリムのバフ研磨!

ディスク天面からリムのバレル仕上げ研磨

ポリッシュ面への密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理!

2コート目:ディスク面のパウダーキャンディーカッパー静電噴射!

パウダーキャンディーカッパー完成後にリムのBBFバフ研磨からバレル仕上げ研磨ノークリアー完成!

3コート目:パウダークリアー本体丸塗りの静電噴射!
※一番最後のパウダークリアーは先塗リの黒からカッパーまで本体丸塗りですのでパウダー2コートでさらに耐久性と光沢性が向上します。

アルミ製キャップならホイール同様に磨いてキャンディーカッパーになりますがプラ樹脂製キャップは塗るしか方が有りませんので、みたいな塗装で磨きとは別表現です。

プラ樹脂製のダミーボルトは溶剤ブラック塗装となり金属製のダミーボルトはパウダーグロスブラックの素材に応じた使い分け塗装です。

ダミーボルト装着してバレル研磨4色カラーの完成!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

アウトリムポリッシュの最終パウダークリアーを塗る際に先塗りのカッパーまで丸塗りのクリアーですのでディスクのカッパーはパウダー2コートになります。

プラ樹脂製のキャップ無しでオープンホールでもいい感じです。

■FUEL17インチ/バレル研磨フルパウダーコートの詳細■

・アウトリム・・・・・・・・・・・・・・・・バレル研磨パウダークリアー
・インリムから側面リム・・・・・・パウダーグロスブラック+パウダークリアー
・センターディスク・・・・・・・・・・バレル2次元研磨パウダーカッパー+パウダークリアー
・プラ樹脂製キャップ・・・・・・・・溶剤ブロンズ塗装&ポリッシュ
・ダミーボルト・・・・・・・・・・・・・溶剤ブラック&パウダーブラック
・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・クランクインバルブ新品交換

国産鋳造(CAST)は古いモノでも腐食が無い限り問題無くバレル研磨可能ですが、海外製の鋳造品(中国製など)新品でも品質のバラつきが有りますのでバレル研磨やパウダーコートが上手く行かない事も稀に有ります。
生産国による品質に違いhttp://www.243ok.com/blog/2012/11/#date-2012-11-17

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

2016.01.07

AMG1Ps/ポリッシュ&カラー/パウダーコートベースとパウダーコートフィニッシュ

AMG16インチ1Ps鋳造(CAST)の1Psホイールの「リムポリッシュ&ディスクカラー」の個別仕上げは先にカラー塗装を済ましてからポリッシュ加工の手順になります。

新品又は新品同様の再塗装は溶剤カラーの上塗りも可能ですが古いホイールなど剥離からスタートする場合はパウダーコートをベースにして最終塗装が溶剤カラーの場合と特別指定カラーが無い場合はフルパウダーコートフィニッシュの2通り有ります。

・・パウダーコートをベースにする理由・・

地金への密着性は溶剤よりパウダーコートが遥かに勝っている点とブレーキダストが特に付きやすい外車など熱に強いパウダーコートならブレーキダストが付きにくく汚れ落ちが良くなり腐食もしずらくメンテがやり易くなるなどベース塗りや本体丸り塗装はパウダーコートが断然有利です。



AMG16インチ1Psパウダーコートベースとパウダーコートフィニッシュ



その1・・・AMGパウダーシルバーベースから溶剤シルバー塗装&ポリッシュ



福岡県のお客様・・・曲りと修復歴有りのディスク型AMGです。





剥離してから曲り修理





ベースにパウダーコートを塗りますので面出しのアクション研磨





さらにバレル研磨





インナーリムから側面リムの研磨





ベースカラーとなるパウダーシルバーの静電噴射





パウダーシルバーを足付けサイディングして指定カラーの溶剤シルバーでお化粧塗装をしてディスク面は一旦クリアー塗装まで済ませます。





インナーリムから側面リムはパウダーコート肌を残すためにマスキングしてデザイン天面をサイディングして溶剤シルバーを塗ります。





アウトリムBBFバフポリッシュして溶剤クリアーコーティングで完成です。





裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点からデザイン天面(フェイス)のみ溶剤指定カラー塗装でインナーリムから側面リムはマスキングによる拘りのパウダーコート肌残しです。





ベースがパウダーシルバーでも最終カラーが溶剤シルバーの場合同条件の溶剤クリアーになります。パウダーコートの上に溶剤は塗れますが、溶剤に上にパウダーコートは塗れません。





1Psホイールの「リムポリッシュ&ディスクカラー」の個別仕上げは先にカラー塗装をしますが、そのカラー塗装が溶剤カラーかパウダーカラーでポリッシュへのクリアーも溶剤クリアーかパウダークリアーいずれかに決まります。



その2・・・AMGパウダーシルバー&ポリッシュ&パウダークリアーによるフルパウダーコート



大分県のお客様・・・年代物の割には程度良好なヒトデAMGです。





曲り、ガリ傷修理が有りませんでしたので即、剥離からリム研磨





パウダーコートのためのアクション研磨からバレル研磨





アクション研磨からバレル研磨まですればパウダーコートのレベリングがさらに向上します。





1コート目のパウダーシルバーの静電噴射!





ディスクをマスキングしてアウトリムのBBFバフポリッシュ





磨き込んだアウトリムから本体丸ごと2コート目のパウダークリアーの静電噴射!





ポリッシュリム&ディスクカラーのフルパウダーコートの完成





外車ホイールはパットカスが特に付きやすいため「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などパウダーコートがより効果的です。





パウダーコート独特の肉厚感有るモッチリした樹脂膜肌になります。腐食が酷い場合はパウダークリアーが出来ませんのでその場合は溶剤クリアーに変更します。





パウダーコートは調色が出来ないのが最大の欠点ですが特別な指定カラーが無い場合は耐久性重視でパウダーコートフィニッシュがお勧めです。

色調重視なら溶剤カラーで耐久性重視ならパウダーコートの選択になります。



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!



お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。日曜祝祭日はお休みです。



(有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード