ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

BBS-RS-GT/修正リフレッシュ・リメーク

2017.01.18

BBS-RS-GTスーパーポリッシュバレル2次元研磨パウダーキャンディーゴールド

BBS-RSGTのバレル2次元研磨からパウダーキャンディーカラー(透明系)のパウダーキャンディーGoldSparkleです。

簡易的なキャンディーはパウダー(クローム又はシルバー)をベースとした方法ですがそれでは色合い発色が変わります。本来のキャンディーとは光沢下地を透した飴玉調の透き通るカラー表現ですので「BBFバフ研磨・バレル研磨・ブラッシュド・クロームメッキ」など磨き光沢をベースとするのが本当のキャンディーカラーです。

バレル研磨で鏡面ポリッシュしてから透明のパウダークリアーを塗るか透き通る色付きパウダークリアーを塗るかだけの違いです。

BBS-RS-GTスーパーポリッシュバレル2次元研磨パウダーキャンディーゴールド&フルパウダーコート


千葉県のお客様・・・曲りガリ傷無し程度良好なRS-GT(DSK-P)です。

曲りガリ傷修理が有りませんので即2Ps本体のインナーリムから側面リムの剥離研磨!

2Ps本体のパウダーグロスブラックの静電噴射!

アウトリムをBBFバフポリッシュして密着性向上のガスグラスプライマーで化学処理をします。
GAS Glass Primerの特性・特徴 http://global-suzuki.com/gas-glass-primer/technology/


アウトリムのパウダークリアー静電噴射!
2Psリムはこれで全て終了!これよりディスクの加工に入ります。

センターディスクの塗装剥離ブラスト研磨!

デザイン天面部の2次元ハンドアクション研磨

バレル荒研磨からバレル中研磨!

ハンドバフ研磨とバレル仕上げ研磨を納得いくまで数回繰り返してバレル2次元研磨の完成です。!

ポリッシュへの密着性向上のためのガスグラスプライマー化学処理!

センターディスクのパウダーキャンディーGoldSparkleの静電噴射!

ピアスボルトも1本ずつ丁寧に磨いて組み付け合体完成です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的でさらにガラスコーティングなども必要有りません。

磨き込んだポリッシュリムへのクリアーとしての密着性は最強で透明度も高く耐候性も良いアクリル系のパウダークリアーです。

バレル研磨で鏡面ポリッシュしてから透明のパウダークリアー塗るか透き通る色付きパウダークリアーを塗るかだけの違いです。

■RS-GT18インチ/バレル2次元研磨パウダーキャンディーゴールドの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)
・2Ps本体・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
・ディスク塗装・・・・・・・・・・バレル2次元研磨/パウダーキャンディーGoldSparkle
・ピアスボルト・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エアーバルブ・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・・・研磨再利用

バレル研磨とパウダーコート組み合わせはすぐに剥げる耐久性の悪いゴールドクロームメッキでは有りませんので高級感漂うパウダーコートゴールメッキ調で「密着性・褪色性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性がUP期待出来ます。

後日装着写真頂きました。

バレル2次元研磨と3次元研磨について
リムはリング状の平面ですので2次元3次元の概念が有りませんが2次元3次元とはディスクの平面または立体の研磨領域を指します。
                      

                ・・●バレル2次元研摩●・・
2次元研磨(平面磨き)はディスク天面のみバレル鏡面仕上げとなりディスクサイド面窓部はバレル研磨によるゆず肌銀の光沢になります。。※この状態からメッキ掛ければ高品質な2Dクロームになります。

              ・・●バレル3次元研摩●・・
3次元研磨(立体的な磨き)はディスク天面からサイド面窓部全てがバレル研磨による鏡面光沢になります。※この状態からメッキ掛ければ高品質な3Dクロームになります。

・・■バレル研摩のメディア■・・



荒研磨・・・3角すいのプラスティック系のメディアに水と混合の湿式水層研磨します。
※パウダーコートの塗装前の仕込み下処理研磨にも利用しています。

中研磨・・・1ミリx3ミリの長方形ガラス樹脂系で乾式ですので水混入無しでこのまま空磨きします。
※2次元研磨の場合乾式中研磨メディアは使いませんが3次元研磨はこの中研磨が無いと3次元研磨になりません。

仕上げ研磨・・・2ミリと4ミリのセラミックボールで湿式水層で粉末コンパウンドと液体コンパウンドを混ぜて仕上げ研磨します。

3種類のメディアを通していきなり3次元研磨が出来る訳では有りませんので各メディアの間に多くのハンド磨きが有って初めてバレル2次元&3研磨になります。

         ・・・バレル2次元&3次元研磨の長~い工程・・・

1・塗装全面剥離~2・ブラスト研磨~3・曲りガリ傷修理~4・3次元ハンドアクション研磨~5・バレル荒研磨~6・3次元ハンドアクション研磨~7・バレル中研磨~・8・3次元ハンドアクション研磨~9・3次元バフ磨きトレース研磨~10・バレル仕上げ研磨~11・3次元バフ磨き~12・バレル仕上げバレル研磨完成~13・クリアートップコート(有無)

※・・2次元研摩は天面研磨のため3本スポークも12本スポークもまた複雑な荒目のメッシュなどデザイン構造を選びませんが、3次元研磨は立体的な全面磨きのためデザイン構造でお値段が異なりデザイン構造により磨きが完全に届かない場合が有ります。

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。 

バレル研磨の修理から再バレル研磨http://www.243ok.com/blog/2016/02/#date-2016-02-08

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 
日曜祝祭日はお休み。
電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス

2016.08.18

BBS-RS-GT19インチ/フルパウダーコートによるDSK-P

量産新品の溶剤ハイパー塗装(DBK&DSK)は高級感有るメタル調塗装で社外ブランドホイールや高級車の純正ホイールに多く採用されています。

溶剤ハイパー塗装はベースから銀膜添付、トップコートまで溶剤の4層重ね塗りのため塗装肌が脆く剥げ易いのが最大の弱点欠点でも有ります。

溶剤のハイパー塗装の弱点欠点を補い且つ近い表現で耐久性向上を図るために「パウダーメタルコート&パウダースーパークリアー」フルパウダーコートによるDSK-Pです。

BBS-RS-GTフルパウダーコートによるDSK-P

大分県のお客様・・・曲りガリ傷の無い程度良好なRS-GTの溶剤DSK-Pから耐久性重視のパウダーコートによるDSK-Pに模様替えします。

曲りガリ傷修理が有りませんので早速リムとディスクの塗装剥離に入ります。

インナーリムから側面リムまで2Ps本体の研磨

2Ps本体のパウダーシルバー静電噴射!

アウトリムのBBFバフ研磨からさらにバレル研磨

ポリッシュ面への密着性向上のためのガスグラスプライマーの化学処理プライマー

アウトリムのパウダークリアー静電噴射!

塗装剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

バレル研磨までして確実な下処理仕込みをします。塗装は下処理が命!

1コート目パウダーメタルコートの静電噴射!

1コート目のパウダーメタルコートで銀色に輝くメッキ調になりその上にパウダースーパークリアーを塗ればハイパーシルバー(DSK)調になります。

2コート目のパウダースーパークリアーの静電噴射!

ピアスボルトを洗浄研磨して組み付け完成

インナーリムから側面リムまでパウダー2コートでがっちりガードしていますので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などこれ以上ないより効果的な塗装ですのでガラスコーティングなど一切不要です。

溶剤のDSKに比べればやや暗めですがシルバーの高輝度は溶剤のDSKより勝りさらに塗膜の頑丈肌は溶剤ハイパー塗装の比では有りません。

アウトリムポリッシュはバレル研磨により映り込みの有る鏡面ポリッシュです。

パウダーコートDSK-Pによる耐久性有る美しいRS-GT

パウダーコートDSKは溶剤のDSKとほぼ近い表現となり色見がやや濃い目では有りますがギラギラ感の無い高輝度はなどや総合的な耐久性の観点からDSKに関してはパウダーコートDSKの方が絶対有利です。

パウダーコート(DBK&DSK)は200℃高温焼き付けの樹脂膜のため「密着性、耐光性、耐色性、耐熱性、頑丈肌」など溶剤ハイパー塗装とは比べモノにならないレベルですが、完全無欠な塗装などは有りませんので弱点欠点も有ります。

・・パウダーコート(DBK&DSK)の弱点欠点・・

1・パウダーコートは粉(個体)の静電気蒸着方のためプラ樹脂製は通電せず高温焼き付けに耐えきれませんので金属製以外のモノは施工が出来ません。

2・液体ガン吹き溶剤塗装の様に臨機応変に部分塗装修理が出来ません。

3・200℃高温焼き付けのため「虫食い、腐食、巣穴」の酷いモノは空気発泡現象が起きます。

4・パウダーコート(DSK)は溶剤DSKとほぼ同じ色調色合いになりますが、パウダーコート(DBK)はやや青赤みが有り溶剤DBKとは若干の色ずれが有ります。


 【溶剤ハイパー塗装とパウダーコート塗装肌の強度比べ】 実験YouTube動画

https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU


■溶剤ハイパー塗装の特性のおさらい■

ハイパー塗装は一般的な調色した溶剤2コートカラー塗装と違い4~5層の塗装を重ねたレイヤー式のメタル調表現のため密着性を犠牲にして成しえる高級感あるハイパー塗装になります。

 

ハイパー塗装はベースカラーの上へ銀膜から最終のトップコートまでの中間塗装はサイディングや密着剤添付が出来ません。つまりベース上の中間から上の層まではバームクーヘンのように挟んで重ねてあるだけのため密着が悪くなり飛び石に弱く、また取り付け時の工具干渉やタイヤ組み付け傷など付きやすく塗装肌が軟弱な事が最大の弱点ですのでタイヤ組み付けや装着作業また普段のメンテなど極デリケートに扱いう必要が有ります。 

それら密着性を犠牲にして特殊なカラー表現ですので高級特殊塗装と言われる(ハイパーやスパッタリングメッキ)は重ね塗り手法のためカスタム塗りも社外量産新品や純正ホイールなどハイパー塗装は全て高圧洗浄機や洗車機は絶対厳禁です。

ハイパー銀膜の上に直接クリアーコートして有るためリムへシールなど貼ってシールを剥いだ時にクリアーも付いて剥げる事も有りますのでご注意ください。


再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225



  (有)オートサービス西

2016.08.02

BBS-RS-GT18インチ/バレル2次元研磨パウダークリアー&リムバレル研磨ノークリアー

2012年限定販売のMPはバレル3次元研摩の溶剤クリアーですがバレル3次元研摩では無くコストを抑えたバレル2次元研磨のMP仕様とパウダークリアーにより耐久性UPを図ったRS-GT-MP仕様です。

加熱して4トン以上の圧力で金型に押しつけ成形する鍛造ホイールは金属組織が高密度のためバレル2次元、3次元研摩に相性抜群で腐食と変な修復歴さえなければ「パウダー塗って良し・バレル研摩して良し・軽くて取扱いに良し」と3拍子揃った高品質ホイールです。

BBS-RS-GT18インチ/バレル2次元研磨パウダークリアー/リムバレル研磨ノークリアー

東京都のお客様・・・密着性に難が有る溶剤イパー塗装特有の塗装剥がれ浮き有りを修理ついでにプレミアム感有る耐久性アップのバレル研磨フルポリッシュからパウダークリアーに模様替えします。

溶剤ハイパー塗装(DBK&DSK)は密着性に難が有るため塗装剥げ浮きが出て来ます。

先ずは中古品に付き物の「基本中の基本、曲りガリ傷修理」から

2Ps本体の剥離からリム全面研磨

2Ps本体の先塗りパウダーシルバーの静電噴射!

リムフランジのR面よりパウダーシルバーを残してそれ以外のアウトリムをBBFバフ研磨してバレル研磨します。

先塗りパウダーシルバーのリムフランジ部のシルバーを残すパターンとリムフランジまで研磨するパターンが有りますが料金変わらずお好みで対処いたします。

センターディスクの剥離ブラスト研磨

2次元バレル研磨の場合はディスク天面のみのハンド研磨からの磨き込みになります。

バレル2次元研磨はディスク天面のみ磨き込みとなりディスクサイド面は鍛造ゆず肌の表現です。

バレル中研磨からバレル荒研磨

バレル2次元仕上げ研磨が終わればパウダークリアーの静電噴射!

洗浄研磨したピアスボルトとナットを装着組み付けして完成です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのでパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムカラーはパウダーコートがお勧めです。またガラスコーティングなども不要です

アウトリムはアルミ素地の磨き表現のためのノークリアーです。

ディスクサイド面窓部はバレル研磨パウダークリアーによる鈍い銀の光沢ハイパーシルバー(DSK)の様な渋い光沢になります。

写真左/ディスクサイド面窓部ゆず肌銀の光沢バレル2次元研磨と写真右/ディスクサイド面まで鏡面光沢のバレル3次元研磨

バレル研磨の2次元、3次元がクロームメッキの下処理研磨になりますのでこのれをクロームメッキすれば2Dクロームと3Dクロームになります。そのためクロームは耐久性が悪い割にはコストが掛かる理由です。

バレル3次元研磨はサイズ別算出では無くデザイン構造で料金が異なります。また研磨の限界値などで3次元研磨不可な場合も有ります。

リムはバレル研磨ノークリアーでディスクはバレル2次元研磨パウダークリアーの個別磨きにフルポリッシュプレミアムホイールです。

リムポリッシュへのオンクリアー&ノークリアーには一長一短が有ります。

ノークリアーの長所・・素材光沢がそのまま表現されます。無垢の状態ですので水の侵入による白ミミズ腐食などは無縁です。また少々の傷直しや白ボケは手磨きでユーザー自身でリペアーメンテが出来ます。

ノークリアーの短所・・雨風にさらされるといずれ酸化白ボケします。それらはDIY作業で輝きは復活しますがメンテがやや面倒です。

オンクリアーの長所・・クリアーで表面を保護すれば酸化白ボケはしませんので洗浄のみで磨きメンテは不要です。

※傷に強く密着性も良い頑丈肌のパウダークリアーでも完全無欠では有りませんので溶剤クリアーよりは長持ち先延ばしにするという意味合いと思ってください。

オンクリアーの短所・・磨き込み時よりやや艶引きが出る事と飛び石や干渉傷が入れば傷口から水の浸入で白ミミズ現象が現れます。クリアーが被ってますので白ミミズや小傷修理など一旦クリアーを全部剥がないとDIY作業では無理なため修理代のコストが掛かります。

 

バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。

クロームを剥離したモノや中国製品は素材造りが悪いため基本バレル研摩は不向きです。

 以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心ください。 

4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。 

お問い合わせやお見積もりはこちら nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

※最近巧妙で悪質な「SPAM」迷惑メールが多いため「お名前、ご住所、電話番号等」連絡先の無いメールは開封返信いたしませんので連絡先を明記の上お願いいたします。

 

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西 HPはこちら

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/473/

2016.07.02

BBS-RS-GT18インチ/バレル2次元研磨パウダーキャンディーゴールド&フルパウダーコート

BBS-RS-GTのバレル2次元研磨からパウダーキャンディーカラー(透明系)のパウダーキャンディーZertinGoldです。

透明系のキャンディーカラーは素地光沢を透した飴玉みたいなカラー表現ですので「BBFバフ研磨・バレル研磨・ブラッシュド」などホイールを磨き上げる事がまず最前提です。

加熱して4トン以上の圧力で金型に押しつけ成形する鍛造ホイールは金属組織の密度が高いため素地表現のバレル研摩やパウダーコートには相性抜群の高品質ホイールです。



BBS-RS-GT18インチ/バレル2次元研磨/パウダーキャンディーゴールド&フルパウダーコート



東京都のお客様・・・ガリ傷は多少有りますが程度良好なRS-GTのDBK-P。





先ずはガリ傷修理から





アウトリムのガリ傷修理が済んだら2Ps本体のインナーリムから側面リムまで剥離研磨!







2Ps本体のパウダーグロスブラックの静電噴射!







アウトリムをBBFバフポリッシュして密着性向上のためにガスグラスプライマーで化学処理をします。

GAS Glass Primerの特性・特徴 http://global-suzuki.com/gas-glass-primer/technology/





アウトリムのパウダークリアー静電噴射!

2Psリムはこれで全て終了!これよりディスクの加工に入ります。





センターディスクの塗装剥離!





センターディスクのブラスト研磨!







デザイン天面部の2次元ハンドアクション研磨





バレル荒研磨からバレル中研磨!





バレル荒、中研磨からいきなりバレル仕上げ研磨で完成では有りません。まだこれからさらにハンドバフで磨き込みをします。







ハンドバフ研磨とバレル研磨を納得いくまで何回も繰り返ししてバレル仕上げ研磨の完成になります。





ペーパー目残りや磨きムラが無いか確認してパウダーキャンディーカラーへ入ります。





センターディスクのパウダーキャンディーZertinGoldの静電噴射!





ピアスボルトも1本ずつ丁寧に磨いて組み付け合体完成です。





裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的でさらにガラスコーティングなども必要有りません。







手の込んだバレル研磨をベースとしたパウダーキャンディーZertinGoldです。





磨き込んだポリッシュリムへのクリアーとしての密着性は最強で透明度も高く耐候性も良いアクリル系のパウダークリアーです。







■RS-GT18インチ/バレル2次元研磨フルパウダーコートの詳細■

・アウターリム・・・・・・・・・・BBFバフ+バレル研磨(パウダークリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

・ディスク塗装・・・・・・・・・・バレル2次元研磨/パウダーキャンディーZertinGold

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・新品交換

・エンブレム・・・・・・・・・・・・赤パッチ新品交換







高級感漂うゴールメッキの様になりますが、クロームメッキでは有りませんので勘違い無い様にお願いします。





昼間と夜間の装着写真を頂きました。





数有るパウダーキャンディーゴールドの中で薄目のゴールドのリクエストでしたので試塗りをして写真左側(ZertinGold)を今回採用です。





透明系パウダーキャンディーカラー全92色

需要の無いカラーは一部廃盤になったモノも御座いますのでお問合せください。





パウダーコートフィニッシュはビジュアルも重要ですが耐久性が最大の目的です。

一般的な溶剤塗装は焼き付け温度が80℃前後のため使用中にホイールは熱を持ち50℃前後で溶剤塗膜が柔らかくなりパットカスや異物が熱で柔らかくなった塗膜に刺さり付着していくら洗っても取れなくなります。

パウダーコートは樹脂膜の上焼き付け温度が200℃前後のため120℃前後まで達しないと塗膜が柔らかくななりませんので通常の使用熱位ではパットカスや異物などびくともしません。

ブレーキパットカス付着の多い外車などは特にパウダーコートが一番適した塗装です。

ガラスコーティングなどボディーカラーと同様の溶剤肌をコーティング保護するためのモノですのでパウダーコートしたモノへのガラスコーティングなど無意味です。



           ・・密着機器導入・・

パウダーコートは密着性が高いのが最大の特徴でパウダーカラー塗装の場合は足付けサイディングしてパウダーカラー塗装しますので密着性はさらに向上します。しかしポリッシュ加工した鏡面肌へは足付けサイディングが出来ないため鏡面ツル肌へ直塗りとなりパウダーコートとは言えパウダーカラー塗装より密着性はやや劣ります。

そんな鏡面ツル肌へのパウダークリアー直塗りと溶剤塗装の密着性向上を目指し2016年4月末よりガスグラスプライマーを採用しています。

GAS Glass Primerはアルミ、マグ、ステンレス、クローム、ガラス、シリコンゴム、セラミックなど金属から特殊樹脂まで幅広く対応可能で密着が弱いモノへの密着向上を図ってます。

GAS Glass Primerの特性・特徴 http://global-suzuki.com/gas-glass-primer/technology/



以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。

バレル研磨の修理はこちらhttp://243ok.co.jp/blog/category/464/



 4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



  (有)オートサービス西

2016.06.06

BBS-RS-GT/スーパーポリッシュバレル3次元研磨&バレル2次元研磨ブラッシュド

RS-GT限定販売MPのバレル3次元研磨パウダークリアーとDBK-Pからバレル2次元研磨ベースのブラッシュドパウダークリアーです。

2台共にリムのガリ傷修理から始まりディスクはバレル3次元研磨とバレル2次元研磨ブラッシュドでディスクは共通のパウダークリアーですが・・・・

2Ps本体のインナーリム加工に関し片や「ノータッチ簡易洗浄のみ」と片や「剥離研磨してカラー塗装無し無垢の状態でのパウダークリアー丸塗り」のため2Ps本体の剥離からパウダーコートの有り無しでアウトリムへのパウダークリアー「可・不可」などクリアーの選択が異なって来ます。



BBS-RS-GTバレル3次元研磨とバレル2次元研磨ブラッシュド



その1・・RS-GT-MPバレル3次元研磨パウダークリアー&溶剤クリアー



佐賀県のお客様・・2012年限定販売されたフルポリッシュのRS-GT-MPです。経年劣化で傷んだMPをバレル研磨により元のMPに復元再生しますがどうせやるなら新品設定の溶剤クリアーからワンランク上のパウダークリアーでしっかりガードします。





アウトリムのガリ傷への溶接肉盛り修理!







今回アウトリムは溶剤クリアーですので密着性向上がより期待出来るガスグラスプライマーの前処理をします。





元がバレル3次元研磨ですので前処理研磨が簡素化されるためバレル荒研磨までの処理が早く出来ます。





念を入れたバレル3次元仕上げ研磨の完成!

腐食さえなければ新品時より光沢が出てると言っても決して過言では有りません。





パウダークリアー前に密着性向上のためのガスグラスプライマー処理

※ガスグラスプライマーhttp://global-suzuki.com/gas-glass-primer/









パウダークリアーの静電噴射!





1本ずつ丁寧に洗浄研磨したピアスボルトを装着合体して完成です。







2Ps本体インナーリムから側面リムはノータッチのため簡易洗浄研です。

RS-GT-MPバレル3次元研磨フルパウダーコートはこちらhttp://www.243ok.co.jp/blog/2015/07/22920/





バレル研磨フィニッシュ時の光沢よりパウダークリアーにより若干の艶引き感が出ます。





インリムはノータッチつまり元の溶剤シルバー残しのままアウトリムへパウダークリアーを塗れば温度差の違いで元の溶剤シルバーが変色したり発泡したりする恐れが有りますの同条件温度の溶剤クリアーになります。





■RS-GTバレル3次元研磨パウダークリアー&溶剤クリアーの詳細■

・アウターリム・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(溶剤クリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・剥離無しノータッチ簡易洗浄

・ディスク塗装・・・・・・・・・・バレル3次元研磨ブラッシ(パウダークリアー)

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・・・・交換無し





その2・・RS-GT-DBK-Pからバレル2次元研磨ブラッシュドフルパウダークリアー



静岡県のお客様・・RS-GT-DBK-Pからバレル2次元研磨ブラッシュドフルパウダークリアーに模様替え





こちらもアウトリムのガリ傷肉盛り修理から・・

ポリッシュ仕上げですのでパテ埋め補修などの修理誤魔化しが効きません。





アウトリムはBBFバフポリッシュからさらにバレル研磨





2Ps本体の塗装剥離からインナーリムから側面リムの研磨





パウダークリアー前に密着性向上のためのガスグラスプライマー処理





アウトリムから2Ps本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

※先塗りのパウダーシルバーやブラックのパウダーカラーは今回有りません。





センターディスク剥離からブラスト研磨





バレル荒研磨







ディスク天面のブラッシュド





ディスクサイド面はバレル2次元研磨肌になり天面部が粗目のブラッシュドになります。







パウダークリアー前に密着性向上のためのガスグラスプライマー処理





パウダークリアーの静電噴射!





1本ずつ丁寧に洗浄研磨したピアスボルトを装着合体して完成です。





裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリムへはパウダーコートフィニッシュが絶対お勧めです。ガラスコーティングなども必要有りません。





ブラッシュドとバレル研磨による鏡面リムとのコンストラストで新品設定に無い一品物カスタムとなり注目度、高級感がより増します。





ディスクサイド面はバレル2次元研磨によるゆず肌銀の鈍い光沢がパウダークリアーによりDSKの風合いを醸し出します。





■RS-GTバレル2次元研磨ブラッシュドフルパウダークリアーの詳細■

・アウターリム・・・・・・・・・・バレル研磨(パウダークリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・バレル研磨無垢(パウダークリアー)

・ディスク塗装・・・・・・・・・・バレル2次元研磨ブラッシュド(パウダークリアー)

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・・・・新品交換

・エンブレム・・・・・・・・・・・・交換無し





バレル3次元研磨フルポリッシュとバレル2次元研磨ブラッシュド同日2台完成しましたので比較のため並べてみましたがどちらもいいです。



再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2016.04.06

BBS-RS-GT18インチ/バレル2次元研磨ブラッシュドパウダースモークブラック(薄目)

BBS-RS-GT18インチの当社独自のバレル2次元研磨ブラッシュドからパウダースモークブラック(薄目)、2Ps本体リムもバレル研磨からのパウダークリアーによる全パーツフルパウダーコートです。

バレル研磨をしてからディスク天面をブラッシュドしてディスクサイド面はユズ肌の銀の光沢になるのがバレル2次元研磨ブラッシュドです。

スポークサイド面の立体的な箇所隅々までバレル研磨により鏡面仕上げして天面をブラッシュドするのがバレル3次元研磨ブラッシュドです。



BBS-RS-GT18インチ/バレル2次元研磨ブラッシュドパウダースモークブラック(薄目)





静岡県のお客様・・・多少の傷は有りますが程度良好なDSK-PのRS-GTです。







修理工程が有りませんので2Ps本体剥離からリム研磨







アウトリムのBBFバフ研磨からバレル研磨







アウトリムから本体丸塗りのパウダークリアー静電噴射!







ディスクの塗装剥離して~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨~バレル荒研磨を経てブラッシュドとなりそれからパウダーコートで締めとなりますのでこれから長い長い道のりです。







ブラッシュドの下地となるバレル2次元研磨!

バレル研磨の光沢を生かしたブラッシュドは渋い金属光沢ラインになります。







ブラッシュド専用研磨機によるブラッシュド加工

通常のセンターコーンテーパー式ではセンターコーン付近が万遍無くブラッシュド出来ませんのでボルトオン式を採用しています。







パウダースモークブラック静電噴射!







バレル研磨の光沢を生かしたブラッシュドスモークブラック薄目の完成







1本ずつ丁寧に磨いたピアスボルトを装着合体完成です。







2Ps本体のインナーリムから側面リムはカラー塗装無しの無垢の表現でのパウダークリアーになります。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・」などの利点から2Ps本体インリムなどパウダーコートが絶対お勧めです





パウダースモークブラックの黒があまり濃いとブラッシュドが死んで目立たなくなりますので濃からず薄からずのほどよい塩梅の透けた黒の表現です。





ブラッシュドラインは粗目混入です。







アウトリムのポリッシュは下処理研磨のBBFバフ磨きのバフラインを完全に消し鏡面仕上げするのがバレル研磨の役目です。







■RS-GT18インチ/ブラッシュドパウダースモークブラック&フルパウダーコーの詳細■

・アウターリム・・・・・・・・バレル研磨(パウダークリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・リム全面研磨カラー塗装無し(パウダークリアー)

・センターディスク・・・・・バレル研磨ブラッシュド+パウダースモークブラック薄目

・ピアスボルト・・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

・エンブレム・・・・・・・・・・交換無し





再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。



4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お見積は

会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西

2016.03.03

BBS-RS-GT19インチ/バレル2次元研磨ブラッシュド&パウダースモークブラック(濃いめ)

BBS-RS-GTのバレル2次元研磨ベースからブラッシュドして最終コーティングは「パウダークリアー」「パウダースモークブラック」のフルパウダーコートです。

ポリッシュへの一品物ワンオフカスタムではパウダークリアーが主流ですが、透明キャンディー系のパウダークリアーカラーも「密着性・褪色性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性は溶剤の比では有りませんのでパウダーコートフィニッシュが絶対お勧めです。



BBS-RS-GT19インチ/バレル2次元ブラッシュド&パウダースモークブラック(濃いめ)



神奈川県のお客様・・・曲り、ガリ傷、シミ腐食の無い極めて程度良好なRS-GTのDSK-Pです。







分解してディスク&ディスク個別の剥離





ディスクのブラスト研磨





ハンドアクション研磨からバレル荒研磨





バフ磨きからバレル中研磨





デザイン天面(フェイス)部のブラッシュド





バレル2次元研磨仕込みからのブラッシュドは渋い銀の光沢になります。





アウトリムからインナーリム、側面リム2Ps本体丸ごとのブラッシュド





2Ps本体はカラー塗装無しのブラッシュド無垢表現のままでパウダークリアー静電噴射!





ディスクはパウダースモークブラック濃いめの静電噴射!





2Ps本体リムからディスクまでフルブラッシュド





インナーリムから側面リムまでパウダーコートでしっかりガードしていますので普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ない裏リムなどは「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」効果抜群です。







粗目ラインブラッシュドの銀の渋い光沢とパウダークリアーのモッチリした肉厚感光沢は相性抜群です。





あまりにも濃いパウダースモークブラックを塗ればただのグロスブラックに見えますのでブラッシュドの意味がなくなります。





ブラッシュド表現を殺さない程度の透き通る黒の濃淡です。





装着写真を頂きました。





派手さを抑えた渋めのブラッシュドフルパウダーコート





バレル研磨、ブラッシュド、パウダーコートなどの下処理仕込みとして効率良く進めるために14セット56本まとめてバレル荒研磨です。



パウダーコートフィニッシュはビジュアルも重要ですが耐久性が最大の目的です。

一般的な溶剤塗装は焼き付け温度が80℃前後のため使用中にホイールは熱を持ち50℃前後で溶剤塗膜が柔らかくなりパットカスや異物が熱で柔らかくなった塗膜に刺さり付着していくら洗っても取れなくなります。

パウダーコートは樹脂膜の上焼き付け温度が200℃前後のため120℃前後まで達しないと塗膜が柔らかくななりませんので通常の使用熱位ではパットカスや異物などびくともしません。

ブレーキパットカス付着の多い外車などは特にパウダーコートが一番適した塗装です。

ガラスコーティングなどボディーカラーと同様の溶剤肌をコーティング保護するためのモノですのでパウダーコートしたモノへのガラスコーティングなど無意味なため不要です。



以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。

バレル研磨の修理はこちらhttp://243ok.co.jp/blog/category/464/



 4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 



メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



  (有)オートサービス西

2015.02.06

BBS-RS-GT18インチパウダーグロスブラック&オリジナルロゴ

BBS-RS-GT18インチのリム傷修理のついでに「DSK-P(ハイパーシルバー+ダイヤモンドカット)」から「PGB-P(パウダーグロスブラック+BBFバフポリッシュ)」に気分一新で色替えですがどうせ塗るなら既製品には無いパウダーリメークでオリジナルロゴと耐久性重視が今回の拘りテーマです。 



曲り、ガリ傷、腐食無しで程度が良かったですので作業もスムーズに進みました。



BBS-RS-GT18インチパウダーグロスブラック&オリジナルロゴ



埼玉県のお客様・・・多少の傷は有りますが程度良好なRS-GT-DSK-Pです。

傷修理ついでに模様替えと耐久性重視でハイパーシルバー(DSK)からパウダーグロスブラックに色替えリフレッシュ・リメークです。







ディスクの剥離からブラスト研磨







平滑肌合わせのハンドアクション研磨







下地が出来たらパウダーグロスブラックの静電噴射!







ピアスボルトはパウダーゴールド







リムはBBFバフポリッシュ仕上げで組み付け合体完成です。

※ピアスボルトはパウダーコートですので装着時に工具干渉にも耐え剥げる事も有りません。







2Ps本体インナーリムから側面リムは再塗装無し(2Ps本体塗装は追加オプシュン)

※ウェイトカスの削除は塗装が剥げますので洗浄のみとなります。







アウトリムはBBFバフポリッシュノークリアー仕上げです。







規制品には無い当店オリジナルの黒背景+金文字の立体的なBBSロゴです。

お客様のデザインしたイラストでもラフの下書きを下さればトレースしてオリジナルロゴの作成も可能です。







LM、Super-RS、旧RSのピアスボルトはモリブデン鋼のクロームメッキボルトですがRS-GTやLM-Rのピアスボルトは軽量チタン合金のため洗浄研磨は出来ても再クロームが出来ませんのでパウダーコートの色塗りなら可能です。





お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へ電話番号明記の上お願いいたします。 



ホイール4本フルリフレッシュ・リメークに限り往復送料無料!

3本以下単品修理は送料片道当社負担です。



メール返信のお願い・・日々膨大なメール問い合わせのため随時回答返信が出来ませんので3~4日たってもこちらからの回答返信メールが無い場合は直接お電話ください。

TEL0995-65-7225(AM9:00時~PM19:00時・日曜、祝祭日はお休み)





(有)オートサービス西HPはこちら

2014.04.19

BBS-RS-GT19インチバレル3次元研磨&スモークブラック

BBS-RS-GTで限定販売されていたMP(ミラーポリッシュ)と同じ工法ですので全く同じようにMP(ミラーポリッシュ)が可能です。

今回はバレル3次元研磨のMPからさらにもうひと手間加えてワンオフ加工一品モノならではのスモークブラックで世界に一つのRS-GTの提供です。





BBS-RS-GT19インチバレル3次元研磨スモークブラック



福島県のお客様・・・新品同様で程度良好なDBK-PのRS-GT19インチです。

一品モノバレル3次元研磨ブラックスモークポリッシュにします。







ディスクの剥離からブラスト研磨







3次元前処理ハンド研磨(込み入った構造のためここが一番時間を要します。)







隅々までの研磨して中研磨からバレル荒研磨にかけます。







バレル中研磨状態!まだまだペーパー目や磨きムラが多くありますのでそれが無くなるまでバフとバレルを繰り返す事数十回!







バレル3次元研磨の完成です。

数百トンでプレス加圧された国産鍛造ホイールは金属組織の密度が濃く気泡など皆無ですので磨けば光ります。不純物や気泡だらけで金属組織がスカスカの中国、アメリカ製の鋳造品とは数十倍の密度の差と素材と造り自体が違います。F1のホイールは100%日本製です。

なんだかんだ言っても物造りは・・made in Japan・・です。









ディスク3次元研磨ベースのブラックスモークリアーの完成!







アウトリムもBBFバフポリッシュからバレル研摩して溶剤オンクリアーします。









リム/ディスク個別の研磨から組み付け合体完成です。







元々程度の良い綺麗な商品のため改めて2Ps本体のインリム塗装する事も無くりインナーリムから側面リムは今回洗浄のみです。







アウトリムは「BBFバフポリッシュやダイヤモンドカット」とは違いうバレル研摩独特のポリッシュ肌になります。







昨年12月頭の入庫でしたが雪で使えないためゆっくりで宜しいとの事でお言葉に甘えまして2ケ月ほどかけてゆっくりと仕上げたました。







同じ光モノでも高級鍛造ホイールへのバレル研摩はクロームメッキとは違い耐久性が有り、アルミ独特のいぶし銀、落ち着いた風合い光沢となりスモーク加減で独特のフェイスで高級感あふれる一品になっています。(自画自賛)







こちらも当店ノウハウのワンオフ加工で仕上げた3次元研磨からの限定販売RS-GT(MP)と同じ表現の溶剤透明オンクリアーです。

どちらもお勧めカスタム商品です。



以前当社でミラーバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。



4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。



お問い合わせやお見積もりなどは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。



PS:お問い合わせ見積もりなどこちらからのメールでの回答など手が空かず当日連絡は出来ない事も多々ございますが、2~3日以内には返信するようにしていますが、それでも返信がない場合は携帯からなど特に迷惑メール設定などが考えられますので2~3日以内に当方からの返信が無い場合は確認のため直接お電話ください。



お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで





(有)オートサービス西 HPはこちら





 

2013.12.12

BBS-RS-GT19インチのパウダーコートによるリフレッシュ・リメーク

BBS-RS-GT19インチの曲り、ガリ傷修理から粉体塗装(パウダーコート)によるグロス&マットブラックのリム本体丸塗りとディスク単体の個別塗装です。

パウダーコートフィニッシュの最大の目的は素地への密着性の向上と傷に強い頑丈肌が売りですが、溶剤のように塗り重ねによる手直しが出来ませんので一発勝負の塗装のため素材の良し悪を選びます。



BBS-RS-GT19インチの粉体塗装(パウダーコート)グロスブラック&マットブラック



滋賀県のお客様・・・外観はまあまあですが4本皆曲り有りでさらに修復歴有りのオマケ付です。模様替えで耐久性重視のパウダー1コートフィニッシュにします。







ポリッシュオンクリアーの宿命となる水侵入による白シミ、腐食が至る所へ進行中です。

量産新品は肌の弱い一液型クリアーのため顕著にこの現象が現れます。



ポリッシュシミについてはこちら

腐食が酷い場合はパウダーコートの高温焼き付けによる異物の湧きが出る場合が有ります。







インナーはどれもこんなモノです。







RS-GTのアウトリムはリムフランジ(リム耳)が殆ど有りませんのでプレス修理が難し構造でまたインリムは分厚く固い鍛造のためこれも修理が難しいです。

色塗りも磨き仕上げも曲りやガリ傷修理が出来てからの話しです。









曲り修理に比べればガリ傷など屁みたいな修理です。







至る所が曲がっていたアウトリムのリム修理から研磨形成

※雌ねじへパウダーコートが被らないようにボルトで目隠し









インナーリムから側面リムまで研摩します。









2Ps本体丸ごとパウダーグロスブラックの噴射









2Psリム本体の黒光したパウダーグロスブラックの完成です。







センターディスクの塗装剥離からブラスト研磨







デザイン天面部のユズ肌削除の手作業によるアクション研磨







さらにもうひと手間かけてバレルの荒研磨









パウダーマットブラックを噴射







センターディスクは渋めのパウダーマットブラックの完成









フロント側19x8Jの合体完成







リアー側19x9Jの合体完成









新品設定の2Ps本体「インナーリムから側面リム」全て溶剤シルバーですが、一品物ワンオフならではのパウダーシルバーにより裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点から2Ps本体塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。





BBSロゴは当店制作のオレンジカラーと新品のレッドエンブレムが黒に良くマッチしています。







2Psのアウトリムはポリッシュが殆どですが、アウトリムのカラー仕上げも最近多くなっています。グロスとマットのブラック2トーンで硬派なイメージです。



新品でも海外の鋳造品やまた国産の鋳造、鍛造品でも腐食が酷い場合はブツ、湧きが一部発生する事が有りますのでパウダーコートフィニッシュは不向きのためそんな場合は溶剤カラー仕上げになります。





4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。



お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へ電話番号明記の上お願いいたします。





お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西HPはこちら

2013.06.29

BBS-RS-GT20インチ/スーパーポリッシュバレル3次元研磨

限定販売されていましたRS-GT/MPシリーズの復刻盤作成です。

職人の手作業によるフルポリッシュはコストがかかり量産向きでないため期間限定品として当時ワンセット70万円以上もした高額なMPと全く同じ仕様のワンオフバレル3次元研磨です。オリジナルのアウトリムは量産向きの切削カット(ダイヤモンドカット)ですがアウトリムも手作業によるBBFバフポリッシュからディスクと同質肌のバレル研磨仕上げしました。



BBS-RS-GT20インチスーパーポリッシュバレル3次元研磨



静岡県のお客様・・・4本リム修復歴有り20インチDSK-PのRS-GTです。

リム/ディスク共別々にバレル研磨MP仕様にします。







まずは2Ps本体にパウダーシルバーを塗りますのでインナーリムや側面リムを研磨します。







2Ps本体丸ごとパウダーシルバーの噴射







パウダーシルバーが完成してアウトリムをBBFバフポリッシュで磨き込みます。バフ仕上げならここで完成ですが今回さらにアウトリムへバレル研磨にかけます。







バレル研磨はリム単体では出来ませんのでバレルセッティング用の治具を付けて

アウトリムのみバレル仕上げをします。







リムとは別工程でディスクの剥離からブラスト研磨を掛けます。









3次元研磨ですので隅から隅までユズ肌落としのハンド荒研磨をします。







バレル荒研磨







中研磨中!~ハンド研磨~仕上げ研磨~バフ研磨~ペーパー目やバフ目のムラが無くなるまで数回繰り返します。







バレル3次元研磨の完成!これよりオンクリアーします。







アウトリムとディスクを個別に溶剤硬質オンクリアーして合体完成です。

※新品の量産オンクリアー1液型に対して後塗りクリアーは硬質型2液クリアーですので新品オリジナルよりクリアー肌は固くなります。







新品設定の2Ps本体「インナーリムから側面リム」全て溶剤シルバーですが、一品物ワンオフならではのパウダーシルバーにより裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点から2Ps本体塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。





クリアー塗装によりバレルフィニッシュ時より若干の光沢艶引き感が出て来ます。







■BBS-RG-GT20インチMP仕様詳細■

・アウトリム・・・・・・・・・・他店手直しからバレル研磨(オンクリアー)

・2Ps本体・・・・・・・・・・・インナー、側面リム(パウダーシルバー)

・センターディスク・・・・バレル3次元研磨(オンクリアー)

・ピアスボルト・・・・・・・・洗浄研磨

・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨

・エンブレム・・・・・・・・・交換無し

ポリッシュオンクリアーの特性についてこちら



写真を頂きましたので紹介いたします。

フルポリッシュのPM仕上げはレクサスによくマッチしています。







以前当社でミラーバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心してお任せください。



4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。



お問い合わせやお見積もりなどは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。



PS:お問い合わせや見積もりなどこちらからのメールでの回答など手が空かず当日連絡は出来ない事も多々ございますが、2~3日以内には返信するようにしています。 それでも返信がない場合は携帯やPCの迷惑メール設定などが考えられますので2~3日以内に当方からの返信が無い場合は確認のため直接お電話ください。



お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで





(有)オートサービス西 HPはこちら

2013.04.16

BBS-RS-GTリム曲り修理からの色替えリフレッシュ・リメーク

BBS-RS-GT18インチのリム曲り修理のついでにディスクをゴールドに色替えてして気分一新です。

2Psのリム曲り修理は全てディスクを外してリム全体のBBFバフポリッシュやダイヤモンドカットしますのでアウトリムだけ綺麗になってもディスクが傷んでいれば半端な仕上がりになります。

2Psは全て解しての作業ですので分解ついでに傷んだディスクの場合はディスクも再塗装した方がベターです。



BBS-RS-GTリム曲り修理からのゴールド色替えリフレッシュ・リメーク



神奈川県のお客様・・・最初の依頼は2本リム曲り修理でしたが4本共みな汚れやパットカス付着が酷いため他の2本追加で結局4本リフレッシュ・リメークへと変更になったDSK-Pです。

パットカスは塗装に染み込んでいるため洗っても取れません。パットカスを強くこすると塗装まで剥げてしましますのでリム曲り修理ついでに4本綺麗にします。







ペコッと2本アウトリムが曲がっています。まずは曲り修理からです。









リム曲り修理完成後は2Psリム本体の塗装剥離からリム全体研磨をします。アルミ無垢に戻しておけば後はどんな加工でも出来ます。







インナーリムや側面リムの塗装を先に済ましてアウトリムをBBFバフポリッシュにて磨き込みしてば2Ps本体はここで完成です。







センターディスクも塗装剥離からブラスト研磨して溶剤仕上げの下処理のプライマーやサフで肌を整えてメインのゴールド塗装をします。

塗装は前処理次第で仕上がりが決まりますので、下処理が命です。







BBS-RG-Rのゴールドを塗ってセンターディスクの塗り替え完成。







ピアスボルトやエアーバルブも1本づつ丁寧に磨いて合体完成です。

リムやディスクが綺麗になればピアスボルトやエアーバルブも綺麗にしないと半端な完成度になりますからネ!









普段は2Ps本体のインナーリムや側面リムはパウダーシルバーを塗りますが今回はお客様の予算の関係上溶剤のシルバー仕上げです。







アウトリム仕上げはBBFバフポリッシュ(ノークリアー)仕上げです。



単品修理の場合はお手持ちのホイールのオリジナルの肌に合す必要が有りますが4本リフレッシュの場合はオリジナルの肌に拘る必要が有りませんので「BBFバフポリッシュ・バレル研磨・ダイヤモンドカット」などご予算ご希望に応じてお受けします。 どれが良い、悪いでは有りません。あくまでも好みの問題です。



アウターリムポリッシュ研磨の種類お値段についてはこちら





「ハーフオーバーホール」や「フルオーバーホール」など4本依頼は送料往復無料キャンペーン中です。





お問い合わせやお見積もりは会社メール

nishi@243ok.co.jp  の方へ電話番号明記の上お願いいたします。





お電話でもお気軽にお問い合わせください。

0995-65-7225  担当ニシまで



(有)オートサービス西HPはこちら

2011.05.24

BBS-RS-GT リム/ディスク個別ハイパー塗装(DBK)

RS-GT2Psタイプのリム(ブラック濃い目)とディスク(ブラック薄め)でハイパー塗装DBKの濃淡を換えて2トーンのハイパー塗装です。

2Ps・3Psで分解可能なホイールへの塗装や磨きは全て分解してリム/ディスクそれぞれ別々に下処理からの塗装&磨き作業となります。



 

宮城県のお客様・・他店での後塗りハイパーカラーからの塗り換えです。

写真には無いですが、前回の作業でピアスボルトが2本斜めにねじ込んであったため外す際、2本折れてしまいました。当店に幸い同品在庫が有りましたので、ボルト交換いたしました。

斜め入りでのネジ穴の損傷、締め過ぎ防止のためピアスボルトは手ではめてトルクに沿って手力で締め付けています。





パウダーベースのハイパー塗装の塗り替えは全て塗装剥離から始まります。 

 

ハイパー塗装の塗り替えはベースコートにパウダーコートをいたしますので、2Psはホイール1セット、リムとディスクの計8個それぞれの塗装剥離からブラスト研磨となります。



他所とのパウダー下処理はここからが違います。

  

 

個人向けカスタムペイントを自前でパウダーコートを行っているお店はまだまだ少ないようです。またパウダーコートの下処理として通常、剥離からブラスト研磨してパウダー噴射となりますが、当店ではさらにバレル荒研磨にかけて下処理研磨を1工程追加しています。

ホイールを丸ごと磨くスーパーミラーポリッシュ用のバレル研磨機を設置していますので、それをパウダーコートの下処理に使えないかと思い、当店独自でパウダー塗装用下処理に脱脂剤を添付して最終荒研磨にバレル研磨も追加採用しています。塗装は下処理が命です。



 

下処理完了後、リムとディスクの水分を飛ばすため30分ほど空炊き「チン」します。 



 

 

リムとディスク別々に計8枚、ベースとなるHDブラックのパウダー噴射です。





 

大型焼付け釜で180℃焼くこと約40分

ハイパー塗装のベースコートのブラックはパウダーコートのため密着性は抜群の威力を発揮します。

※焼いた日にちが異なったため2枚の写真となってます。



 

ピアスボルトのロックタイト削除と洗浄研磨です。

※ロックタイトが残ったまま新たなロックタイトを付けてハメ込むと旨く案内しませんのでロックタイト痕は全て剥ってからの取り付けとなります。





 

ピアスボルトはパウダーコートフィニッシュのマットブラックです。

表面がパウダー樹脂で覆われますので工具を使っても塗装剥がれが起きにくくなります。





 

リム部ベースのパウダーブラックを透かしながら銀膜を多く添付してハイパー(DBK)ブラックを「やや薄め」に染めます。







ディスク部のベースのパウダーブラックを透かしながら銀膜を少なく添付してハイパー(DBK)ブラック「やや濃い目」に染めます。



 

リム・ディスク・ピアスボルト別々の塗装終了後、ロックタイトを付けて合体完成です。

※ディスクの黒がリムに反射してリムが濃く見えますが、実際は薄い黒となってます。

ブラック系フェイスには赤パッチが良く似合います。





 

リムとディスクそれぞれハイパーの黒濃淡の違いで、ハイパー2トーンカラーとなります。



全面色換えリフレッシュに伴い、塗装剥離を要す作業の場合は耐久性の向上のため全て粉体パウダー塗装(下地用またはフィニッシュ仕上げ)で対応いたします。

※1・ウレタンカラー仕上げの場合は下処理は通常溶剤系サフとなりますが、別途料金で下地塗装としてのパウダーコートもお受けいたします。

※2・ハイパー塗装(DBK・DSK)塗り替えの場合は全て下地ベースコート(ブラック&グレー) としてパウダーコートいたします。

※3・マットブラックやクリアーブラックその他ソリッド系の調色を要さない既存のパウダー色仕上げの場合はALLパウダーフィニッシュ仕上げいたします。





粉体・パウダー塗装についてはこちら



スーパーミラーポリッシュ・BBF鏡面研磨・ハイパー塗装・ウレタンカラー塗装・粉体パウダー塗装など、磨きや塗装が出来ても、基本・土台となる確実な修理、修正が出来ないと見た目だけ綺麗にしても意味がありません!!





(有)オートサービス西HPはこちら

2011.05.14

BBS-LM19インチ/粉体パウダー塗装リフレッシュ

BBS-RS-GT19インチDSK-Pから、リム部は表裏丸塗りパウダーホワイト(艶有り)塗装! ディスク部はパウダーブラック(艶有り)塗装の個別仕上げです。

スプレーガンで塗る溶剤系より密着性が高く、硬くで丈夫な塗膜となり、白黒といった調色を要さないカラーの場合はパウダーフィニッシュでも溶剤カラー塗装と変わりなく仕上ります。



※指定カラーや(カラーNO)をご希望の場合は調色無限の溶剤カラー塗装の下処理塗装としてのパウダー塗装でお受けいたします。



BBS-RS-GT19インチ/パウダー塗装リフレッシュ・リメーク

 

三重県のお客様・・ディスク部は程度良好のDSKですが、リムポリッシュ部は修復暦有りの半端な箇所からの研磨仕上げで目の粗いポリッシュ仕上げとなっていますが、今回はカラー塗装で丸ごと覆いますので問題ありません・・ ・





 

ガリ傷修理と曲り修理からまず始まります。





 

パウダー塗装仕上げが前提のですので、従来のリムとディスク分解してそれぞれ塗装剥離からブラスト研磨です。



他所とのパウダー下処理はここが違います。





通常は塗装剥離してガラスビーズのブラスト研磨からパウダー塗装となりますが、当店ではさらにバレル研磨にかけて下処理研磨をワン工程追加しています。

他所には無い大好評のスーパーミラーポリッシュ用のホイールを丸ごと磨くバレル研磨機を設置していますので、それをパウダー塗装の下処理に使えないかと思いつき、当店独自でパウダー塗装用下処理に脱脂剤も添付してバレル研磨を採用しています。

塗装は下処理が命です。



 

リム部の剥離からブラスト研磨です。

塗装剥離も全て自社加工ですので臨機応変に対応できます。







水分を完全に飛ばすため30分程度空炊きします。

 





リム部はパウダーホワイトのため留まりを良くするために色付きの下地プライマー塗装をして乾燥待ちです。!







リムとディスク部を下処理後いよいよパウダー(粉)の静電噴射となります。 

4本ワンセットの場合1Psは丸ごと4本となりますが、2Psはリム/ディスク別々の作業のため合計8枚塗装します。





 

大型焼付け釜で180℃焼くこと約40分

※RS-GTのリムの焼付け風景写真を撮り忘れていましたので写真にはアドバンが写っていますがディスクはRS-GTです。(他のお客様のRS-GTもついでに焼いてます。) 釜が大きいため効率良くまとめて焼けます。





 

パウダー焼き上げ完成!

パウダーの種類やカラーバリエーション、お値段も多種ありますが、その中から

より良いモノ高級品を厳選して使っています。





 

リムとディスク合体前にピアスボルトのロックタイト痕の削除と洗浄研磨をします。





 

パウダー塗装は塗膜が厚く硬いためボルトのメス側のネジ溝が入りにくくなってしまいますので塗装を剥ぐ程度のタップの切り直しです。







ピアスボルト装着は新にネジ緩み防止剤(ロックタイト)を付けてトルクに合わして手力で閉めています。 





 

 

ピアスボルト装着後、自社製作のシールを貼って完成です。

ロゴ製作・ロゴ見本はこちら

簡単そうに見える黒と白の再塗装のようですが、下処理から完成まで時間と手間を惜しまずやっています。

これが
ハイパー塗装の場合は後2工程塗装が増えてきます。 





 



白は色飛びして写真撮影が難しく旨く撮れていませんが綺麗になっています。

ホイールのカラーは人それぞれ好みがあります。今回の白と黒はRS-GTには珍しく個性的でなんといっても頑丈な塗装仕上げとなりました。



今後、全面色換えリフレッシュに伴い、塗装剥離を要す作業の場合は耐久性の向上のため全て粉体パウダー塗装(下地用またはフィニッシュ仕上げ)で対応いたします。

※1・ウレタンカラー塗装の場合は下地塗装としてパウダー塗装いたします。

※2・ハイパー塗装(DBK・DSK)の場合は下地ベースコート(ブラック&グレー) パウダー塗装いたします。

※3・マットブラックやクリアーブラックその他ソリッド系で調色を要さない既存のパウダー色仕上げの場合はパウダー塗装にて塗装いたします。





粉体・パウダー塗装についてはこちら





スーパーミラーポリッシュ・BBF鏡面研磨・ハイパー塗装・ウレタンカラー塗装・粉体パウダー塗装など、磨きや塗装が出来ても、基本・土台となる確実な修理、修正が出来てそれら、お化粧が生きてきます。

見た目だけ綺麗にしても意味がありません!!





(有)オートサービス西HPはこちら

2010.10.05

BBS-RS-GT20インチ/リム修正からハイパーブラック

ディスクは元々はDSK-Pですたが、リム手直し修正ついでにイメージチェンジでDBK-Pにいたしました。

※Pとはポリッシュの事です。



リム部は他所でリム研磨してあり、ディスクをつけたままの研磨のためディスク上に研磨筋が残ったままで研磨もやや荒く、フランジは薄くなり角ばった形状となっていました。





リム修正からDBK-P(ハイパー塗装・ブラックフェイス)

 

RS-GTはリバースタイプでしかも20インチのディスクは口径が大きいですのでハイパーブラックがさらにに際立ちます。

DBKの濃淡はご希望に沿って塗装いたします。

もちろんDSKも濃淡調整は可能です。





 

比較的使用年数の浅い商品ですが、既に塗装の浮きや腐食が出始めています。

これら下地が劣化したものは全て塗装を剥いでからの新たな塗装となります。







リム修正研磨からハイパー塗装塗り替えの完成です!

 

※注)削り込みにより既に薄く仕上がったリムの手直し復元は出来ませんので現状の厚みでの仕上げとなってしまいます。

粗悪な削り込みに付いてこちら

リム研磨、ディスク塗装はそれぞれ別の個別作業となります。

詳細はこちら



他 RS-GTリフレッシュ・メーク加工例



19インチ ブルーブラック





18インチ ブラッククリアー







(有)オートサービス西のHPはこちら





BBS-RS15インチ 16インチ 17インチ 販売用の在庫あります。





希少品 BBS-RS15インチ 100―4穴 6J~6.5J~7Jのサイズは現在4セットございます。

お気軽にお問い合わせください。

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

ブログ内検索

カレンダー

«4月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

カテゴリーリスト

フィード