ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

2010年10月

2010.10.26

AMG18インチ2Psのリフレッシュ・リメーク編

ベンツの定番、AMG18インチ2Ps(鍛造)ホイールのガリ傷修正からリム鏡面研摩・ハイパー塗装(ブッラクフェイスやや薄め)リム・ディスク個別仕上げで高級感がより増しました。









ガリ傷修正から、人気のハイパー塗装塗り替えです。 



 2本大きなガリ傷と年数劣化によるリムの腐食とディスクの色褪せがあり、リム修正鏡面研摩のついでにどっちみち分解しますので追加作業にてディスクの塗り替えもお勧めします。







 

まずは良くあるガリ傷修正からです。

使用年数の永い年代もので傷や曲がりの無いホイールはまずお目にかかりません。







 

ディスクやキャップの下処理塗装です。

分解可能なホイールは全てリムとディスクは別々の加工をしています。









リム鏡面研摩(オンクリアー)/ディスクハイパー塗装して合体完成です。

分解ついでにピアスボルトも磨き込んであります。

※ピアスボルトの洗浄研摩はリフレッシュオーダーに限り無料サービス作業しています。

※ピアスボルト腐食劣化の激しいものは有料にて交換いたします。

※ピアスボルト装着はトルクはもちろんネジ緩め防止剤もきちんと添付しています。



修正ついでに4本塗り替えや磨きなどでイメージチェンジなどご相談ください。





(有)オートサービス西のHPはこちら



2010.10.22

ボルボ用 NEEZ ユーロクロス(FORGED)19インチ 2次元スーパーミラーポリッシュ!

ボルボ用 ニーズ ユーロクロス19インチ 2次元スーパーミラーポリッシュです

「鍛造加圧式(FORGED)」はスーパーミラーバレル研摩に愛称抜群の素材です。







NEEZ ユーロクロス19インチ 2次元スーパーミラーポリッシュ

 

元はハイパー塗装(ブラックフェイス)でしたがミラーポリッシュで別物となって生まれ変わりました。







 

リム研摩修正してありましたが、ハイパー塗装もせず削ったままのビックリ仕上げとなっていました。







 

前回のリム修正は良くある削り込み研摩修正のため 2本はリムフランジの厚みが薄くなってしまっています。

削り込み修正についてはこちら

オーナーへご報告確認後、このままのミラーポリッシュとなります。

やや残念ではありますが、心無い修正屋さんの手直しには限界が有り、肉厚復元は出来ません。

他店手直しに付いてはこちら









 

塗装完全剥離状態です。

素材の肌は剥いでみないと解りませんが、鍛造ホイールのアルミ素地肌は一般的にこんな感じの粗いユズ、ブツ肌状です。

 









荒研摩・・ハンド研摩で粗いユズ、ブツ肌をツル肌になるまで研摩します。

中研摩・・地道に研摩目を細かくして仕上げ研摩へと進んでいきます。











仕上げ研摩後、ミラーバレル研摩機にて、最終磨きして完成です。

2次元研摩の場合、表面ツルピカとなり、スポークサイド面、窓部はユズ肌の鈍い光沢となります。

クロームとは違ったアルミ独特の柔らかい光沢です。

素材自体の磨き工法のため素材の良し悪しに仕上がりが反映されます。

鍛造加圧式(FORGED)品は特にお勧めです。



今回はノークリアー仕上げです。 オンクリアー・ノークリアーはご希望に応じて対応いたします。

オンクリアー・ノークリアーの特性についてはこちら



クロームメッキのように錆び、腐食、剥げ、などの損傷劣化の心配もありません。

※普段のメンテナンスの有無で光沢の維持は左右されます。

仕様中生じたガリ傷など当店で一遍磨いてありますので、ローコスト、短納期で修理、再研磨が何回でも可能です。

●再修理代(ノークリアーの場合)12.000円~

●納期 1週間程度

※クロームメッキの修正再クロームは剥離から始まり再クロームとなりますので、18インチクラスで1本/7万円以上となり納期は40日以上かかります。

さらに再クロームは溶剤漬け電気分解により一部素材が犯されますので強度が3割ほど低下するため再クローム回数には限界があります。

※スパッタリングメッキは塗装式ですので強度低下の影響はほとんどありません。



クロームメッキの修正/再クロームについてはこちら



カラー塗装ホイールと違い素材自体の表現ですので、ガリ傷修正など肉盛り研磨形成の誤魔化しのきかないホイールです。



外車・国産車純正ホイールや社外品ホイール問わずスーパーミラーポリッシュ可能です。





ミラーポリッシュサンプル販売品もあります。





(有)オートサービス西HPはこちら

2010.10.19

RAYS LK37 18インチ 2次元スーパーミラーポリッシュ

RAYS LK37 18インチのガリ傷修正から2次元スーパーミラーポリッシュ!

「鍛造加圧式(FORGED)」はスーパーミラーバレル研摩でこんなに変わります。







ゴールド塗装から2次元スーパーミラーバレル研磨



RAYS製にはミラーポリッシュが市販されて無いため完全オリジナルで注目度抜群です。







全面塗装剥離から良くあるガリ傷修正です。

素地表現のポリッシュのためカラー塗装のように削り込みやパテ埋めでの誤魔化しなどで来ません。







2次元研摩の場合、表面ツルピカとなり、スポークサイド面、窓部はユズ肌の鈍い光沢となります。

クロームとは違ったアルミ独特の柔らかい光沢です。

素材自体の磨き工法のため素材の良し悪しに仕上がりが反映されます。

鍛造加圧式(FORGED)品は特にお勧めです。



今回はノークリアー仕上げです。 オンクリアー・ノークリアーはご希望に応じて対応いたします。

オンクリアー・ノークリアーの特性についてはこちら



クロームメッキのように錆び、腐食、剥げ、などの損傷劣化の心配もありません。

※普段のメンテナンスの有無で光沢の維持は左右されます。

仕様中生じたガリ傷など当店で一遍磨いてありますので、ローコスト、短納期で修理、再研磨が何回でも可能です。

●再修理代(ノークリアーの場合)12.000円~

●納期 1週間程度

※クロームメッキの修正再クロームは剥離から始まり再クロームとなりますので、18インチクラスで1本/7万円以上となり納期は40日以上かかります。

さらに再クロームは溶剤漬け電気分解により一部素材が犯されますので強度が3割ほど低下するため再クローム回数には限界があります。

※スパッタリングメッキは塗装式ですので強度低下の影響はほとんどありません。



クロームメッキの修正/再クロームについてはこちら



カラー塗装ホイールと違い素材自体の表現ですので、ガリ傷修正など肉盛り研磨形成の誤魔化しのきかないホイールです。



外車・国産車純正ホイールや社外品ホイール問わずスーパーミラーポリッシュ可能です。





ミラーポリッシュサンプル販売品もあります。





(有)オートサービス西HPはこちら

2010.10.17

BBS-RS17インチの修正からリム研摩・ピンク塗装

RS―17インチ(PCD114-5H)ですがGX71系の4穴に変換アダプターを付けての使用らしくより個性的に演出いたしました。







修正から目立ち度抜群なピンクRSへリフレッシュ・リメーク編



削り込み研摩修復暦とポリッシュ面の腐食痛みが多いやや程度が悪いホイールでしたが、個性的なカラーでここまで綺麗に仕上がりました。







修復暦有りのリムです。やや波打ち状でリムフランジは薄くなっています。

当店に在庫があればリムを交換いたしますが、17インチリムは現在欠品はのため現品の修正磨きとなります。  

肉厚の修復は出来ません。削り込修正についてはこちら

※次回程度の良いリムがあればリム交換はいつでもできますので、ご安心ください。







波打ち状の凸凹修正と他曲り修正から始まります。

ポリッシュ面はアルミ素地むき出し表現のため、カラーやパテで隠せませんので肉厚や凸凹、腐食、などいくら磨いても限界があります。





ディスクの完全剥離から下処理塗装です。

ポリッシュ面と違ってカラー塗装パーツ部は少々痛んでいても剥離して下処理さえしっかりすればカラーで素材が隠れますので、問題なく元通りに綺麗になります。







アウターリム/ディスク/インナーリム/キャップ/各パーツの完成です。

ガラスコーティングの追加注文がありましたので、塗装完成後、合体前に各パーツごと

ガラスコーティングしてあります。

ガラスコーティングについてはこちら





ガラスコーティング、指触乾燥後、2日ほど開けてからパーツ合体となります。

合体完成後の裏面、側面です。

※側面完全塗装は別途料金となります。





 

表デザイン面が明るいピンクカラーのため裏面、側面は黒塗装によりピンクが際立ち、全体的な締まりとメリハリが付きまた。

丸ごとピンクにしてしまうと・・想像がつきます。

写真でには写らないレベルのポリッシュ部腐食のシミ、斑点はやや残った感はあります。

シミ、斑点が無ければほぼ完璧の出来栄えでしたが・・・

ポリッシュのシミ・腐食が深い物について





見た目だけのリフレッシュではなく基本となる修理・修正が完璧に出来て本来のBefore&Afterとなります







(有)オートサービス西のHPはこちら



BBS-RS15インチ 16インチ 17インチ 販売用やリフレッシュ・リメーク交換用のパーツ在庫多数あります。

お気軽にお問い合わせください。


2010.10.16

「セリカ」ファンが泣いて喜ぶ、古~いOZのキャップレス仕様、ロゴ復活16インチ

前回OZキャップレス加工の好評に付き今回は16インチをキャップレスタイプに加工 しました。

さらにこだわりの初期タイプのロゴ復元作成により、20数年前のOZがリニューアルして復活です。







キャップレス加工へリフレッシュ・リメーク



ガリ傷や痛みのある年代物のトムスOEMのOZ16インチです。





 

キャップの台座の部分とネジ収めはこんな感じです。

同じモデルでも年式やサイズで構造が違うと知りました。また一つ勉強になりました。







キャップ台座は鋭利で深いタイプのためネジ穴と台座は溶接埋めです。

パテ埋めしない事がプロとしての拘りです。

パテ埋めてして塗るだけなら素人でも出来ます。







 

塗装剥離から形成、荒研摩です。

溶接箇所の台座を研磨形成して自然な感じで丸みの帯びたキャップレス仕様となりました。











形が整ったらいよいよ塗装の下地段階となり完成が見えてきました。ここまでの工程が全体の8割を占め時間を要します。







指定カラー(トヨタ04ホワイト)を塗って、トップコートまで済ませてから当店で作成のロゴシールを貼り付けて完成となります。

裏面、側面も丸ごと完全塗装です。



基本となるホイール修正、溶接形成が出来てお客様のご希望に沿った塗装、磨き加工が出来るのです。





((有)オートサービス西 HPはこちら



2010.10.13

フェラーリ用ホイール(Cast)の3次元スーパーポリッシュ

シルバーメタの極普通のフェラーリ用ホイールが3次元スーパーポリッシュで憧れのスーパーカーに見合ったPremiumホイールとなりました。











フェラーリホイール17・18インチの3次元スーパーミラーポリッシュ

 

ガリ傷、曲がりなど修正の無い程度良好なホイールでしたが普通のシルバーではやや物足りない感のあったホイールがこんな風にチェンジしました。

クロームメッキのような派手さでは無く、アルミ独特の風合い、柔らかい光沢、質感となって高級車には絶対お勧めです。









表裏塗装完全剥離後、手作業によるハンド荒研摩!









バレル研摩機による中研摩!







 

3次元ミラーポリッシュ完成です。

3次元研摩ですので、表面(デザイン面)細部まで磨きこんであります。

2次元・3次元研磨についてはこちら



サイド、裏面もご覧の通りです。

※表(デザイン面)の研摩がメインとなりますのでサイド、裏面はバレル研摩機にかけてついでに磨いたものです。



今回は磨きこみノークリアー仕上げのため塗装ホイールに付き物の塗装波、ごみ噛み、ブツ、などは全くの皆無です。



オンクリアー・ノークリアーはご希望に応じて対応いたします。

オンクリアー・ノークリアーの特性についてはこちら



クロームメッキのように錆び、腐食、剥げ、などの損傷劣化の心配もありません。

※普段のメンテナンスの有無で光沢の維持は左右されますので定期的に洗浄、磨きしてください。



仕様中生じたガリ傷など当店で一遍磨いてありますので、ローコスト、短納期で修理、再研磨が何回でも可能です。

●再修理代(ノークリアーの場合)12.000円~

●納期 1週間程度

※クロームメッキの修正再クロームは剥離から始まり再クロームとなりますので、18インチクラスで1本/7万円以上となり納期は40日以上かかります。

さらに再クロームは溶剤漬け電気分解により一部素材が犯されますので強度が3割ほど低下するため再クローム回数には限界があります。

※スパッタリングメッキは塗装式ですので強度低下の影響はほとんどありません



クロームメッキの修正/再クロームについてはこちら



カラー塗装ホイールと違い素材自体の表現ですので、ガリ傷修正など肉盛り研磨形成の誤魔化しのきかないホイールです。



外車・国産車純正ホイールや社外品ホイール問わずスーパーミラーポリッシュ可能です。





(有)オートサービス西 HPはこちら

2010.10.12

BBS-RE17インチ ガリ傷・割れ修正からDBK、ハイパー塗装

BBS-REの簡単なガリ傷修正からハイパー塗装への塗り換えのつもりが、1本だけリム根元よりクラック発見でやや手間の掛かった修正、リフレッシュです。











ガリ傷、エゲレ、割れ修正からDBKハイパー塗装への塗り換えリフレッシュ



良くあるガリ傷有りのホイールです。(のつもりでした・・・)





 

溶接周辺部の塗装は剥いで極簡単な肉盛り研摩形成からです。 よく目にするリム端へのパテ埋め修正など絶対にいたしません。

削り込み・パテ埋め修正についてはこちら







エグレの大きい箇所のスポーク根元に割れ発見です。

持ち主も当然気づいていません。

ネットでの購入はこんなのが多いですよ!

簡単なガリ傷だけと思っていましたら一気に難儀な修理工程が増えました。





 

割れ部の開先を取って当然表裏からの溶接となります。

溶接自体は難しくありませんが、研摩が難しい箇所です。







割れた箇所は構造的に機械工具が使いにくく研摩しにくい箇所のため全てハンド研摩形成となります。

長年の経験で培った職人技で原型修復は完璧です。







 

修正後の部分剥離後はホイール本体の全面剥離となります。

このホイールは下地が粉体のため下の粉体が簡単に剥離できません。

そのため最初剥離溶剤に数時間漬けてからさらにサンドブラスターで完全剥離となり、2回攻撃で頑固な粉体を剥ぎます。

これだけやっても剥離代は1本/3千円、4本で1.2万円しか頂いていません。良心的な価格でしょう!(笑う)







修正から下処理に手こずってDBKハイパー塗装の完成です。

 これが割れていたホイールです。

スポーク根元割れ修正に比べれば欠けやガリ傷修正などみたいな簡単な修理です。

色を塗ってしまえばどんな修理をしたのかお客様は判断ができません。



修正に絶対の自信があるからこそ作業の証として修正作業(肉盛り・研磨・下地等)の写真を商品と添えてお客様へ提出しています。

「綺麗になりまいた。」と表面の仕上がりだけを評価されてお礼のお言葉をいただきますが、それより目に見えない土台となる下修理などを観察してください。 色を塗るだけならどこでも出来ます。





 

★・・最終仕上げのハイパー塗装について ・・★

ハイパー塗装の工程写真は当店の独自のノウハウもあり省略してますが、ハイパー塗装は一般的なウレタンカラー塗装と違い6層の塗装工程を要します。

修正後アルミ無垢の状態からのハイパー塗装工程

1・密着用プライマー・・密着性向上のための塗装です。 (焼き付け)

2・サーフェーサー塗装・・肌合わせや密着性向上のための塗装です。 (焼き付け)

3・ベースコート・・ブラック・・グレー・シルバーの下地の塗装色でハイパー色が反映されます。(焼き付け) 

4.アンダーコート塗装・・ハイパー塗装のツル肌だしやにじみ、ぎらつきを抑える下地塗装です。 (焼き付け)

5・メインハイパー塗装・・厚さは0.01μ~0.03μの超極薄銀幕塗装 (焼き付け)

6・クリアートップコート塗装・・表面保護と光沢艶出しのための最終クリアー塗装 (焼き付け)

7・完全硬化後バフガケして完成です。







1本修正ついでに4本イメージチェンジなども是非ご検討ください。





(有)オートサービス西のHPはこちら

2010.10.08

ベンツ純正 18インチ 2次元スーパーミラーポリッシュ

「オンクリアー」ポリッシュホイール特有のミミズシミや艶落ちなど劣化の現われた、ベンツ純正18インチ「鍛造加圧式(FORGED)」を当店自慢の2次元スーパーミラーバレル研摩でこんなに光沢が蘇ります。







ポリッシュホイールから2次元スーパーミラーバレル研磨



元々窓部グレー塗装してあるポリッシュタイプでしたが表面は塗装を剥離して窓部のユズ肌状の鈍い光沢となりディッシュ表面はご覧の通りツルピカ光沢が蘇っています。







2次元研摩の場合、赤丸部の窓部はこんな感じで以前のグレーの塗装よりワンランクアップした仕上がりです。

クロームとは違ったアルミ独特の柔らかい光沢となります。

赤丸部の窓部も表面同様に下処理から磨き込みする研摩工法を3次元ポリッシュ研摩といいます。



素材自体の磨き工法のため素材の良し悪しに仕上がりが反映されます。

鍛造加圧式(FORGED)品は特にお勧めです。



今回はノークリアー仕上げです。 オンクリアー・ノークリアーはご希望に応じて対応いたします。

オンクリアー・ノークリアーの特性についてはこちら



クロームメッキのように錆び、腐食、剥げ、などの損傷劣化の心配もありません。

※普段のメンテナンスの有無で光沢の維持は左右されます。

仕様中生じたガリ傷など当店で一遍磨いてありますので、ローコスト、短納期で修理、再研磨が何回でも可能です。

●再修理代(ノークリアーの場合)12.000円~

●納期 1週間程度

※クロームメッキの修正再クロームは剥離から始まり再クロームとなりますので、18インチクラスで1本/7万円以上となり納期は40日以上かかります。

さらに再クロームは溶剤漬け電気分解により一部素材が犯されますので強度が3割ほど低下するため再クローム回数には限界があります。

※スパッタリングメッキは塗装式ですので強度低下の影響はほとんどありません。



クロームメッキの修正/再クロームについてはこちら



カラー塗装ホイールと違い素材自体の表現ですので、ガリ傷修正など肉盛り研磨形成の誤魔化しのきかないホイールです。



外車・国産車純正ホイールや社外品ホイール問わずスーパーミラーポリッシュ可能です。





(有)オートサービス西 HPはこちら

2010.10.07

18インチプロドライブ(鍛造品)のハイパー塗装編

18インチプロドライブのガリ傷修正ついでにハイパー塗装(ブッラクフェイスやや薄め)へ塗り替えでメタル調で高級感が増しました。







ガリ傷修正ついでに、今人気のハイパー塗装塗り替え



2本大きなガリ傷があり、ゴールドもやや色あせてきたようで、2本新品を買い換えたつもりで新品1本半のご予算で4本ハイパー塗装してイメージチェンジしました。





 

小さな曲りと、ガリ傷肉盛り研磨形成

ガリ傷修正くらいはたいした事の無い修理です。

削り込みやパテ埋めはいたしませんよ!







地元谷山のお客様でしたので、装着後ご丁寧にご挨拶に視えました。 U・様ありがとうございました。



修正ついでに4本塗り替えや磨きなどでイメージチェンジなどご相談ください。





(有)オートサービス西のHPはこちら




2010.10.06

ワーク エクイップ 20インチ 3色カラー塗装編

根強い人気のあるロングセラーの「エクイップ」シリーズの完全リメークです。

新品ホイールのWORK 「エクイップ」3色カラーにより目立ち度抜群の個性的なホイールが出来ました。

いかがでしょうか?





アルマイトリムカラーの塗装

 

箱入り新品ホイールのご依頼です。

使いこんで傷が入ってからでもよかったのにと思いながら、手を加えるのが、もったない気もしましたがこんな感じになりました。







リムは合金プレスのアルマイトメッキのため塗装密着性が悪いため、まずはアルマイト剥離から始まります。

アルマイトメッキの特性についてはこちら







アルマイト剥離後は通常の下処理からメインのオレンジカラー塗装です。

アウターリム・インナーリムは表、裏、側面まるごとオレンジカラーいたしました。





 

ディスク部はハイパー塗装でしたので通常の下処理からパールホワイトと明るめブルーの2トーンカラーとなります。







 

完成です!。 かなり個性的になりました。

特殊カラー(マジョーラ・ラメ)や、「ど派手」なカラーでも何でもご相談ください。







(有)オートサービス西のHPはこちら





お気軽にお問い合わせください。

2010.10.05

BBS-RS-GT20インチ/リム修正からハイパーブラック

ディスクは元々はDSK-Pですたが、リム手直し修正ついでにイメージチェンジでDBK-Pにいたしました。

※Pとはポリッシュの事です。



リム部は他所でリム研磨してあり、ディスクをつけたままの研磨のためディスク上に研磨筋が残ったままで研磨もやや荒く、フランジは薄くなり角ばった形状となっていました。





リム修正からDBK-P(ハイパー塗装・ブラックフェイス)

 

RS-GTはリバースタイプでしかも20インチのディスクは口径が大きいですのでハイパーブラックがさらにに際立ちます。

DBKの濃淡はご希望に沿って塗装いたします。

もちろんDSKも濃淡調整は可能です。





 

比較的使用年数の浅い商品ですが、既に塗装の浮きや腐食が出始めています。

これら下地が劣化したものは全て塗装を剥いでからの新たな塗装となります。







リム修正研磨からハイパー塗装塗り替えの完成です!

 

※注)削り込みにより既に薄く仕上がったリムの手直し復元は出来ませんので現状の厚みでの仕上げとなってしまいます。

粗悪な削り込みに付いてこちら

リム研磨、ディスク塗装はそれぞれ別の個別作業となります。

詳細はこちら



他 RS-GTリフレッシュ・メーク加工例



19インチ ブルーブラック





18インチ ブラッククリアー







(有)オートサービス西のHPはこちら





BBS-RS15インチ 16インチ 17インチ 販売用の在庫あります。





希少品 BBS-RS15インチ 100―4穴 6J~6.5J~7Jのサイズは現在4セットございます。

お気軽にお問い合わせください。

2010.10.02

ゴルフ用APT19インチ(CAST)ホイールの2次元ミラーポリッシュ

APT19インチ(CAST)ゴルフ用ホイールの2次元スーパーミラーポリッシュ加工です。

丸ごとガンメタ塗装した後、裏、側面と表面の窓部、サイド面はガンメタ塗装を残し表面のみ削り、切削してあるダイヤモンドカットのポリッシュホイールを今回は表・裏丸ごと塗装剥離してから2次元スーパーミラーポリッシュとなりました。





ダイヤモンドカットから2次元ミラーポリッシュ

 

「Before」ダイヤモンドカットから「After」スーパーミラー研磨

ガンメタ塗装してあったスポークサイド面と窓部は2次元研磨のためユズ肌状の光沢仕上げとなり表面ダイヤモンドカット部はツル肌光沢仕上げとなりました。

ミラーポリッシュとダイヤモンドカットの最大の違い

ミラーポリッシュはサイド面まで丸ごと磨けますが、ダイヤモンドカットは表面のみの切削研磨となりサイド面、窓面はカラー塗装となります。







表裏丸ごと塗装剥離からガリ傷肉盛り修正









ハンド研磨による荒研磨です









バレル研磨機による中研磨です







 

バレル研磨機による仕上げ研磨完成です。

オリジナルのダイヤモンドカットとは全く違った表現のミラーポリッシュとなっています。





カラー塗装ホイールに対してアルミ素地表現のホイールを一般的にポリッシュホイールといいます。

ポリッシュホイールでも加工方は全く違います。

スーパーミラーポリッシュ

表面磨き込み(鏡面ツル肌光沢仕上げ)

下処理から中研磨まで手作業によるハンド研磨で最終磨きのみバレル研磨機による研磨仕上げとなります。 隅々まで研磨可能でアルミ独特の風合い柔らかい輝きを放ちます。

スーパーミラーバレル研磨の詳細はこちら

ダイヤモンドカットポリッシュ

表面削り出し(切削ライン光沢仕上げ)

3Dデータの数値を計算してその後PC旋盤による旋盤切削仕上げとなります。

CD盤のようなキラキラと虹色の輝きを放ちます。

PCダイヤモンドカットの詳細はこちら



今回はノークリアー仕上げです。 オンクリアー・ノークリアーはご希望に応じて対応いたします。

オンクリアー・ノークリアーの特性についてはこちら

ミラーポリッシュはクロームメッキのように錆び、腐食、剥げ、などの損傷劣化の心配もありません。



過去のブログのミラーポリッシュ関連も是非ご覧くだい。





(有)オートサービス西のHPはこちら

2010.10.01

BBSなど硬い鍛造ホイールの曲り修正は難しい修理です。

ディスク根元より大きくお辞儀したRGRのリム曲がり修正からDSK(ハイパーシルバー)塗装です。

合金プレスリムや鋳造リムと違い鍛造リムは頑丈で硬いため 「伸ばして」、「研磨して」、「塗装」と言う訳にはいきません。経験がモノを言う非常に難しい曲り修理です。

完全なる原型修復のホイール修正が出来てそれから「磨き」・「塗装」・「メッキ」などリフレッシュ・リメークへとオリジナルのお化粧へとつながります。









曲りを直してからDSK塗装して完成です。





鍛造ホイールの曲り修正の流れ



むやみにプレスすれば赤○部のディスク付け根が口を開けてしまいますので、ディスク付け根が割れない程度までプレスするのがこの修理のポイントです。







外周復元のため肉盛り溶接が必要となります。







原型修復しての研磨形成です。







 

ハイパー塗装(DSK)して完成しました。



鋳造CAST(鋳物式)

熱したアルミ合金を溶かして鋳型に流し入れた後に冷却して形成していく製法のため、金属組織が粗く方向性のない状態となるため空気孔(ピンホール・巣穴)が多く発生します。最近のCAST鋳造は機会式ですが古いCAST鋳造(10~20年以上前のもの)は砂型式があります。砂型式は素材自体の空気孔(ピンホール・巣穴)が機械式よりさらに荒く金属組織がスカスカ状態のため砂型式は表面上へ空気孔(ブツブツ感)が表面上に現れる商品があります。

 

鍛造FORGED(加圧式)

日本刀を作るような製法で加熱し圧力をかけ、叩きながら形成していくため鍛造は大量生産には向かない製法のためコストが掛かり高価なホイールとなります。鍛造は組織も極めて密となり空気孔は全くできず高い強度が得られるため密度の高い高品質はホイールとなります。

鍛造品はスーパーミラー研磨のような素地表現にはより効果が発揮されます。



鍛造曲り修正に比べれば欠けやガリ傷修正など私に言わせると取るに足らない簡単な修理です。



1本修正ついでに4本イメージチェンジなども是非ご検討ください。





(有)オートサービス西のHPはこちら

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

ブログ内検索

カレンダー

«10月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カテゴリーリスト

フィード