ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - OZスカラー

2017.07.06

OZスカラー18インチ/曲りガリ傷修理からフルパウダーコートリフレッシュ・リメーク

OZスカラー18インチの曲りガリ傷修理からフルパウダーコート再塗装リフレッシュ・リメークです。


OZスカラーには合金プレスリムの2Ps復刻版が有りますが、今回のスカラーは3Ps構造でリムとディスク共にフル鍛造の当時レア物のOZスカラーです。

OZスカラー18インチ/曲りガリ傷修理からのフルパウダーコートリフレッシュ・リメーク

福島県のお客様・・・当時物3PsのOZスカラー18インチです。

先ずは曲りガリ傷修理から

キャップの欠け、割れが多数有りボンド、コーキング補修されていてホイール修理よりキャップ補修の方が手間が掛かりました。

キャップ補修完成!

ディスクの塗装剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

さらに念を入れてバレル研磨の下処理
※塗装は下処理仕込みが命!

パウダーマットブラックの静電噴射!

アウトリムのBBFバフ鏡面ポリッシュ

アウトリムのガスグラスプライマー化学処理からパウダークリアー静電噴射!

ピアスボルトは洗浄研磨してガスグラスプライマー化学処理から再錆び防止目的でパウダークリアー静電噴射!

インリム以外全パーツの完成!

組み付け合体OZリムシールを貼り付け完成!

左が今回のスカラーのインリムで洗浄のみ塗装無しで右が別のスカラーのインリム剥離からパウダーシルバーです。
※裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ポリッシュへのパウダークリアーは高級アクリルパウダークリアーを使用していますので密着性、透明度がUPします。

マットブラックはざらついた感の肌と思われている方が多い様ですがそれは溶剤でのマットブラックを指しパウダーマットブラックはツル肌でレベリングが高く「密着性・褪色耐UV性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性は溶剤塗装の比では有りません。

■OZスカラー18ンチ/フルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー)

・センターディスク・・・・・・・・・・パウダーマットブラック

・センターキャップ・・・・・・・・・パウダーマットブラック

・インナーリム・・・・・・・・・・・・・・再塗装無し

・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・洗浄研磨(錆び防止パウダークリアー)

・ナット・・・・・・・・・・・・・・・・・・加工無し

・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り2017年7月31日まで送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。 

メール返信のお願い・・毎日多くのメール問い合わせのため随時回答返信が出来ない場合や携帯からのメールは一部返信不可や文字化けなどが有りますので3~4日たってもこちらからの返信メールが無い場合は直接お電話ください。

PS:お客様を装おった巧妙なスパムメールが多いため「表題、お名前、ご住所、電話番号等」が明記されていない怪しげなメールの返信は差し控えさせて頂きます

TEL0995-65-7225(日平日AM9:00時~PM19:00時)にお願いします。
日曜祝祭日はお休みです。


(有)オートサービ西

 

2016.12.07

OZスカラー20インチ/バレル2次元研磨ブラッシュド/パウダースモークブラック(黒中間色)

OZスカラー20インチ/バレル2次元研磨ブラッシュド/パウダースモークブラック(黒中間色)OZスカラー20インチのバレル2次元研磨ブラッシュドパウダースモークブラックの黒中間色です。

削り込みの修復歴有りでリムが薄くなってしまっていましたが肉厚復元は出来ませんので現状の厚みのままでのリフレッシュ・リメークになりました。

曲りガリ傷は治せても削り込みの原型復元は出来ませんので同業者の方、悪質で安易な削り込み修理は止めてください。

OZスカラー20インチ/バレル2次元研磨ブラッシュド/パウダースモークブラック(黒中間色)


兵庫県のお客様・・・パット見は普通ですが、悪質な修復歴有りでよろしく無いです。

削り込みの修復歴有りでリムが薄くなってしまっていましたが肉厚復元は出来ませんので現状の厚みのままでのリフレッシュ・リメークになりました。

薄くなったリム以外も至る箇所ボコボコ曲がっています。

6角キャップを外そうとして叩いたのでしょうか?叩き傷と叩いた衝撃で根本が裂けています。

叩き傷の肉盛り研磨形成

2Ps本体の剥離研磨

2Ps本体先塗りのパウダーグロスブラック静電噴射!

アウトリムをブラッシュドしてアウトリムへのパウダークリアー静電噴射!

ディスクとセンターキャップの塗装剥離ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

バレル荒研磨で肌だし

スポーク天面のブラッシュド

センターキャップのブラッシュドしてパウダークリアー静電噴射!

1本ずつ丁寧に洗浄研磨したピアスボルト装着して組み付け合体完成です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ブラシラインの鈍い銀の光沢に黒薄目のパウダースモークブラックで重厚な高級感有るイメージです。

アウトリムもブラッシュドによりテカテカしたポリッシュでは無く渋い表現です。※薄くなってしまったリムが残念ですが・・・

■OZスカラー20インチ/バレル2次元研磨ブラッシュドの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・・・・・ブラッシュド(パウダースモークブラック)
・2Ps本体・・・・・・・・・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・・・・・・・バレル2次元研磨ブラッシュド(パウダースモークブラック)
・センターキャップ・・・・・・・・・・ブラッシュド(パウダースモークブラック)
・ピアスボルト・・・・・・・・・・・・洗浄研磨
・ナット・・・・・・・・・・・・・・・錆び防止パウダーシルバー
・エアーバルブ・・・・・・・・・・・・洗浄研磨再利用
・エンブレム・・・・・・・・・・・・・研磨レンズクリアー

装着写真を頂きました。・・・イベント出品でVIP STYLE の取材でマジェスタ部門2位受賞されました。おめでとうございます。(^^)v
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。
※曲り、ガリ傷、欠け、割れ修理は治せても削り込みは治せません。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせ、お見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
※日曜祝祭日はお休みです。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2016.08.20

OZスカラー裏割れ修理からブラッシュド/パーツ別フルパウダーコート

OZスカラー裏割れ修理からブラッシュド/パーツ別フルパウダーコートOZスカラーオリジナルはリム情報ヘルプバフポリッシュ一液型溶剤クリアーとディスク&キャップはダイヤモンドカット一液型溶剤クリアーですが、曲り、ガリ傷、裏割れ修理ついでに「密着性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性を重視してパウダーシルバー&ブラッシュドによるフルパウダーコートでの模様替えです。

量産式一液型溶剤クリアーとワンオフ向きのパウダークリアーとの耐久性の差はその比では有りません。

OZスカラー裏割れ修理からパウダーシルバー&ブラッシュド全パーツフルパウダーコート

栃木県のお客様・・・OZスカラー18インチ曲り、ガリ傷、裏割れ修理ついでに耐久性重視のブラッシュドフルパウダーコートに模様替えします。

ダイヤモンドカットオンクリアー特有の水の侵入による白ミミズ錆び現象です。・・ダイヤモンドカットはエッジが鋭角になためクリアー層が薄く伸びてしまいす。またダイヤモンドカット面へは足付けサイディングが出来ないため直塗りとなり密着性が悪くなるため角部周辺から水の侵入で白ミミズ錆び腐食が進行する原因です。

ポリッシュ腐食現象についてhttp://www.243ok.co.jp/z.,window/simifusyoku.html

リム曲り、ガリ傷、割れ2ヶ所有りの修理から

割れ修理は溶接が満遍なく溶け込む様にV字に開先を取って表裏包む様に溶接します。

溶接部ハンド研磨形成!

※溶接部の研磨形成に時間と手間が掛かります。溶接団子残し修理なら1本10分も掛かりませんので美味しい仕事です。

割れ修理が終われば普段通りパウダーコート下処理の全面研磨します。

インナーリムのパウダーシルバーの静電噴射!

アウトリムも曲り、ガリ傷修理からBBFバフポリッシュして密着性向上を図りガスグラスプライマーの化学処理

アウトリムのパウダークリアー静電噴射!

ディスクの「剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨~バレル研磨」多くの下処理をしてパウダーシルバーに入ります。※塗装は下処理が命

1コート目ベースカラーとなるパウダーシルバーの静電噴射!

スポーク天面のパウダーシルバーを剥いでブラッシュドの下準備に入ります。

先塗り窓部パウダーシルバーをマスキングガードしてスポーク天面部のみブラッシュド

2コート目となるパウダークリアーの静電噴射!

6角部とプレート一体型のセンターキャップは6角キャップをバレル研磨してプレートはブラッシュドから丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

錆びたナットのブラスト研磨からガスグラスプライマーして再錆び防止のためのパウダーシルバーの静電噴射!

ピアスボルトは洗浄研磨してガスグラスプライマーして再錆び防止のパウダークリアーの静電噴射!

全パーツ個別パウダーコートの完成!

組み付け合体完成!

裏リム割れ修理からパウダーシルバー!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリムはパウダーコートがお勧めです。ガラスコーティングなども必要有りません。

ダイヤモンドカットやリムポリッシュへの量産式一液型溶剤クリアーとブラッシュドやリムポリッシュへワンオフ向きのパウダークリアーとの耐久性の差はその比では有りません。

塗膜がモッチリした樹脂膜頑丈肌のパウダークリアーにより

ピアスボルトとアウトリムポリッシュの錆び腐食防止として一役買います。

ブラッシュドには耐久性は基より見た目もパウダークリアーが相性抜群です。

■OZスカラー18インチ/ブラッシュド全パーツフルパウダーコートの詳細■

 1・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー) 

2・インナーリム・・・・・・・割れ修理(パウダーシルバー)

3・センターディスク・・・・パウダーシルバー&ブラッシュド(パウダークリアー)

4・センターキャップ・・・・・バレル研磨&ブラッシュド(パウダークリアー)

5・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨(パウダークリアー)

6・ナット・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨(パウダーシルバー)

7・エンブレム・・・・・・・・交換無し再利用

8・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し 

装着写真を頂きました。

 

●インリム割れ修理に付いて●

研摩形成無し溶接団子残しのインリム割れ修理痕が頻繁に舞い込んで来ますが、それらは強度確保が目的らしいですが、団子の上から割れてしまい何の根拠も効果も無く何よりも見た目が不細工で手抜き作業以外何物でも無いです。

さらに悪質な団子残しを平滑面出しのためにコーキングで隠して有る割れ修理です。

溶接団子残しの手直し修理は全てお断りしています。

     OZスカラーの裏割れ修理

             

普段見えない裏リムとは言えキチンと表裏研磨形成して何処を治したか解らない様に治すのが本来の割れクラック修理です。

※エアーが漏れなければいいってもんじゃ有りません。・・・

■裏リム割れ修理注意点について■

割れないホイールは何十年経っても割れませんが大きな衝撃も無く自然に割れるホイールは素材の原因や使用条件で大きく左右されます。

1・一回割れた箇所は強度が低下しますので同じ箇所の再クラックや他の箇所が割れてもクレームの対象外となります。

2・引っ張りタイヤやシャコタンなどイン側へ極端に負担がかかりますので余計にインリムが割れやすくなります。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメイクに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

2016.08.10

OZスカラーリムにOZフッツーラディスク移植リフレッシュ・リメーク

OZスカラーは2Psオーバーヘッド式でOZフッツーラは3Psアンダーヘッド又はサンドウイッチ式になります。構造は違っても同メーカー同サイズの場合、ディスク勘合が同じで互換性が有ればお互いにリムとディスクの移植が可能です。

スカラー2Psリムへフッツーラのディスクを移植してフロント側が2Psとなり、リアー側が3PsのままのOZフッツーラのカスタムリフレッシュ・リメークです。

OZ3PsフッツーラディスクをOZスカラー2Psリムへ移植カスタムリフレッシュ・リメーク

神奈川県のお客様・・OZフッツーラ4本とOZスカラー2本計6本お送り頂きOZスカラー2本のリムにOZフッツーラのディスクを移植リフレッシュ・リメークいます。

採用するリムの曲りガリ傷修理からスタートです。

ディスク取りの採用しないリムの曲りガリ傷はノータッチです。

2Psと3PsのアウトリムのBBFバフポリッシュからパウダークリアー前に密着性向上のガスグラスプライマーの添付

3Psのインリムx2枚の剥離からリム研摩

OZスカラー2Psは本体丸ごと3Psフッツーラはインリムのみパウダークリアー静電噴射!

提出頂いたハブリングに合したC面取りからのハブ穴加工

センターディスクの剥離ブラスト研磨からハンドアクション研磨

さらに平滑面出しのためのバレル荒研磨!

塗装は下処理仕込みが命

ホイール6本分840個のナットから錆びの少ない程度の良い4本分560個を選別して錆びたナットのブラスト研磨からガスグラスプライマーしてパウダーシルバーの静電噴射!

ホイール6本分840本のピアスボルトからクローム損傷の無い4本分560本を選別して洗浄研磨からガスグラスプライマーして再錆び防止のパウダークリアーの静電噴射!

2Psと3Psの全パーツ個別加工の完成!

フロント側OZスカラー2Psリムへのフッツーラのディスク移植組み付完成!

※OZスカラーのリムはオーバーヘッド式2Psリムですがピアスボルト台座から磨いてフッツーラのディスクを裏組すればフッツーラ本来の違和感無いアンダーディスク仕様になります。

リアー側は移植無しのオリジナルのまま組み付け合体完成!

リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点からインリムカラーはパウダーコートが絶対お勧めで、ガラスコーティングなども不要です。

パウダーコートはカラー調色が出来ませんのでホイールの顔となるセンターディスクは調色無限のビジュアル重視でアクリルウレタン溶剤シルバーでの再塗装です。

パウダーコートと溶剤カラーそれぞれ一長一短が有りますので得意とする分野の組み合わせこそが理想的な塗装です。何でも感でもパウダーを塗れば良いモノでも有りません。

塗膜がモッチリした樹脂膜頑丈肌のパウダークリアー

ピアスボルトとアウトリムポリッシュはパウダークリアーでコーティングされていますので錆び腐食防止として一役買います。

■OZフッツーラ20インチ/リム移植リフレッシュ・リメークの詳細■

 ・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー) 

・インナーリム・・・・・・・剥離研磨カラー塗装無し無垢(パウダークリアー) 

・センターディスク・・・・溶剤シルバーメタ

・センターキャップ・・・・・溶剤シルバーメタ

・カーボンリング・・・・・・レンズクリアー

・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨(パウダークリアー)

・ナット・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨(パウダーシルバー)

・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

・3Psリム・・・・・・・・・・・・分解合体に伴うシーリング打ち直し 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

PS:夏季休暇について

8月13日~8月17日までお盆休みとさせて頂きます。

  (有)オートサービス西

2015.08.22

ジャンクションプロデュース:スカラー/ブラッシュド/リフレッシュ・リメークx2台

ジャンクションプロデュースのスカラー18/19インチ「国産復刻版2Psと年代物OZ製3Ps」のリフレッシュ・リメークです。

「国産品復刻版スカラーと年代物OZ製スカラー」は見た目ほぼ同じですが構造(2Ps&3Ps)と素材(合金プレスリム&鍛造リム)とピアスボルト(スチール&チタン)など構造、素材が違います。



スカラー2セットのリム加工は(光輝アルマイト&バフ研磨)でそれぞれ元オリジナルに沿った加工をしましたが、センターディスクとセンターキャップは2台共同じブラッシュドのカスタムリメークのため効率良くまとめて作業進行したスカラー2台を紹介します。



ジャンクションプロデュース:スカラー/ブラッシュド/フルリメーク



【A】・・復刻版国産2Ps:リム修理から化研光輝アルマイト&白アルマイト



和歌山県のお客様・・・復刻版国産2Ps19インチのスカラーです。





アウトリムが大きく反って曲がっています。







大きな曲りのプレス修理から肉盛り修理







その他3本も曲りガリ傷修理







BBFバフ磨きまで当社で行い化研光輝アルマイトは専門会社への外注依頼になります。

光輝アルマイトhttp://243ok.co.jp/blog/category/492/





【B】・・OZ製3Ps:リム修理からBBFバフポリッシュ&パウダーグロスブラック

鹿児島県のお客様・・・年代モノOZ製3Ps18インチのスカラーです。







年代モノですので赤錆や曲りガリ傷などが多く損傷が酷く程度がよろしく有りません。





4本全部曲りガリ傷有りです。





肉盛り溶接は必要不可欠な修理です。







アウトリムのBBFバフポリッシュ

リム曲り、ガリ傷修理はほぼ完璧です。





インリム剥離から研磨機によるリム研磨







パウダーグロスブラックの静電噴射!



【C】・・2セット共通加工:センターディスク&センタープレートのブラッシュド

剥離層による塗装剥離からブラスト研磨してアクション研磨します。







スポーク窓部先塗りのパウダーシルバー8枚まとめて静電噴射!







スポークデザイン天面を研磨します。







ブラッシュドベース研磨







センターキャップはバフ磨きからバレル研磨で一旦磨き込んでブラッシュドします。

※写真上が前処理の一般的なバフ磨きで写真下がさらに追い込んだ磨きのバレル研磨です。







ブラッシュド加工後はセンターディスク&センターキャップ丸塗りのパウダークリアー静電噴射!





剥離~ブラスト研磨~ハンド研磨~バレル研磨~パウダーシルバー~ブラッシュド~パウダークリアーなど多くの工程を経て無事完成





「復刻版国産2Ps19インチ」スカラー組み付け合体完成





インアウト溶接結合の2Psですのでリム丸ごとアルマイトになりますが、アウトリムは一旦バフ磨きしてからアルマイトしますので光輝アルマイトになりインリムはバフ磨きをしませんので白アルマイトになります







「OZ製3Ps18インチ」スカラー組み付け合体完成







裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的です







「復刻版国産2Ps19インチ」のリムは合金プレスリムのため化研光輝アルマイトになります。









「OZ製3Ps18インチ」のリムは鍛造(FORGED)でBBFバフポリッシュになります。

こちらはキャップ3個割れていましたのでキャップに難が有りました。







■復刻版国産スカラー19インチ/リフレッシュの詳細■

1・アウターリム・・・・・・・・・BBFバフ研磨から化研光輝アルマイト

2・インナーリム・・・・・・・・・BBFバフ研磨無しのため白アルマイト

3・センターディスク・・・・・・パウダーシルバー+ブラッシュド(パウダークリアー)

4・センタープレート・・・・・・バレル研磨+ブラッシュド(パウダークリアー)

5・ピアスボルト・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

6・ナット・・・・・・・・・・・・・・・再利用

7・エアーバルブ・・・・・・・・無し

8・エンブレム・・・・・・・・・・交換無し







■OZ製スカラー18インチ/リフレッシュの詳細■

1・アウターリム・・・・・・・・・BBFバフポリッシュ(ノークリアー)

2・インナーリム・・・・・・・・・パウダーグロスブラック

3・センターディスク・・・・・・パウダーシルバー+ブラッシュド(パウダークリアー)

4・センタープレート・・・・・・溶接修理バレル研磨+ブラッシュド(パウダークリアー)

5・ピアスボルト・・・・・・・・・洗浄研磨再利用

6・ナット・・・・・・・・・・・・・・・再利用

7・エアーバルブ・・・・・・・・洗浄研磨再利用

8・エンブレム・・・・・・・・・・交換無し

9・OZロゴシール復元制作

10・完全分解に伴うシーリング打ち直し





 「復刻版国産スカラー」「OZ製スカラー」の構造パーツの違い

           「復刻版国産スカラー」      「OZ製スカラー」

(構造・素材)  ・・・国産品合金プレス2Ps       ドイツ製鍛造3Ps

(アウトリム)・・・ ・光輝アルマイト           バフ磨きフィニッシュ       

(ピアスボルト)・ ・メス型クロームメッキ        オス型クロームメッキ   

(キャップボルト)・スチールクローム          チタン合金     

(ホール穴)・・・・・9穴マルチピッチ           単穴専用ピッチ





再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは肝心要の曲り、ガリ傷修理が出来てからの話しです。

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225



  (有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«11月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

カテゴリーリスト

フィード