ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

2016年08月

2016.08.30

2Psハメ殺しスパルコ/パウダーキャンディーブルー&溶剤チャンピオンシップホワイト

2Psハメ殺しスパルコ/パウダーキャンディーブルー&溶剤チャンピオンシップホワイトスパルコ2Psハメ殺しのリム/パウダーキャンディーブルー&ディスク/指定カラー溶剤チャンピオンシップホワイトその他キャップパーツパウダーコートです。
2Psハメ殺し塗り分けは高温焼き付け(200℃)のパウダーキャンディーブルーを先に済ましてその後焼き付け(70℃)のガン吹き溶剤カラー塗装の手順になります。

※分解出来る2.3Psはパーツ別塗装のため溶剤&パウダーなど関係有りません。

溶剤カラーの後又は一部でも溶剤カラーが残っているモノへ後で高温焼き付けのパウダーコートをすれば溶剤が沸騰変色してしまいますので溶剤カラーの後や溶剤の上にパウダーコートは出来ません。

2Psハメ殺しスパルコ/パウダーキャンディーブルー&溶剤チャンピオンシップホワイト


北海道札幌市のお客様・・・・四半世紀前人気が高かった懐かしのレーシングスパルコです。遠方よりありがとうございます。

先ずは基本通りのアウト&インリム曲り修理から・・・
20数年前のホイールで曲り、ガリ傷が無い訳が有りません。



ガリ傷肉盛り修理!

  

アウトリムからディスクの下処理研磨

※曲り、ガリ傷修理はいつもの様にほぼ完璧です。

センターディスクの再塗装前の面出しバレル研磨による下処理仕込み!塗装は下処理が命

アウトリムのBBFバフポリッシュ!

※ディスクがくっ付いたままでの2Psハメ殺しで奥が深いリムポリッシュはリム単体磨きの倍以上手間が掛かります。

ポリッシュへの密着性向上のためにひと手間かけたガスグラスプライマー化学処理!

パウダーキャンディーブルーの静電噴射!

※新品はアウトリム上っ面だけ溶剤キャンディーブルーを塗って有りますが、どうせやるならインナーリムから側面リムまで丸塗りのパウダーコートで素地をガッチリガードします。

アウトリムをマスキングしてインナーリムから側面リムも溶剤が被らない様にマスキング

※2Psハメ殺しは煩雑なマスキングを要しリム単体に出来る2Ps、3Psと違い倍手間が掛かります。

ディスク表裏の溶剤チャンピオンシップ塗装

キャップリングのアルマイト剥離からキャンディーレッド下地のバフ磨き

キャップリングのガスグラスプライマーからパウダーキャンディーレッドの静電噴射!

センターロック風のオーナメント、6角ボルトの塗装剥離錆び取りブラスト研磨

センターロック風のオーナメント、6角ボルトのパウダーグロスブラック静電噴射!

付属パーツのパウダーコートの完成!

パウダーキャンディーブルー&溶剤チャンピオンシップホワイトの完成

2Ps本体は丸塗りのパウダーコートです。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来無いインリムませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的でガラスコーティングなど不要です

アウトリムのポリッシュからパウダーキャンディーブルーは元カラーの溶剤のキャンディーブルーより耐久性は向上します。

溶剤塗装のディスク部に傷が入っても部分修理塗装は可能ですがパウダーコートしたリムに曲り、ガリ傷が入れば2Psハメ殺しのためリムのみ修理からパウダーコートが出来ませんので全面剥離して一からやり直し(損傷の無いディスクまで再塗装)になるため部分修理やキャンディー塗装が出来ないリムを曲げたり傷を付けない様に十分気を付けてください。

こちら2Psハメ殺しのSSRもパウダースモークブラック&溶剤マットブラックでスパルコと同じ手順工程です。

※重要):2Psハメ殺しや1Psで溶剤カラーの後又は一部でも溶剤カラーが残っているモノへ後で高温焼き付け(200℃)のパウダーコートをすれば溶剤が沸騰変色してしまいますので溶剤カラーの後や溶剤の上にパウダーコートは出来ません。


再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225


  (有)オートサービス西

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/488/

2016.08.27

アルファロメオ純正とボルボ純正のパウダーカラー&パウダークリアー

アルファロメオ純正とボルボ純正のパウダーカラー&パウダークリアーアルファロメオ純正とボルボ純正のパウダーカラー&パウダークリアーのフルパウダーコート再塗装です。

純正ホイールはボディーカラーと同じガン吹き液体溶剤塗装ですので無限のカラー調色や上塗りが出来るのが一番の利点です。パウダーコートは(粉)固体のためカラー調色や上塗りは出来ませんが「密着性・褪色性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性はパウダーコートが勝ります。

カラー調色が出来無いパウダーコートはオリジナルカラー近似での対応のため単品修理には不向きですが4本塗り替え一品物ワンオフ向きで耐久性重視の粉末静電式高温焼付けの再塗装になります。

パウダーコートは上塗りが出来ませんので新品、中古問わず塗装剥離は必須条件のため地金無垢素地からのスタートとなります。

アルファロメオ純正とボルボ純正のパウダーカラー&パウダークリアー

広島県のお客様・・・一部曲りが有りますがガリ傷、修復歴の無い程度良好なアルファロメオ純正15インチです。耐久性重視でパウダーシルバー&パウダークリアーに模様替え

埼玉県のお客様・・・曲りガリ傷修復歴の無い程度良好なボルボ純正20インチです。肌の弱いダイヤモンドカットから耐久性重視のパウダーグロスブラック&パウダークリアーに模様替えです。

塗装剥離・・アルファロメオ純正は丸身の有るまんま鋳造肌ですがボルボの方はスライスされたダイヤモンドカットのため天面が角の立ったポリッシュです。

ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

インナーリムから側面リムは回転研磨機で研磨!

鋳物肌を平滑面出しのためさらにバレル研磨までします。再塗装は下処理が命!

パウダーコートカラー(HeavySilver・HigrossBlack)の静電噴射!

2コート目パウダークリアー前に足付けサイディング

2コート目のパウダークリアー静電噴射!

HeavySilver&PowderClearの完成!

HigrossBlack&PowderClearの完成!

2コート目の丸塗りパウダークリアーでインナーリムから側面リムまでテカテカに光沢になります。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムへのパウダーコートフィニッシュがより効果的でガラスコーティングなど不要です。

溶剤の純正カラーと近似のメタの強いパウダーシルバーです。

ハイグロスブラックをさらにパウダークリアーでリコートする事でより深みのあるハイグロスブラックになります。

メタリック感の強いいかにも頑丈そうなHeavySilver&PowderClear

ピアノブラックの様な深みの有る黒光するHigrossBlack&PowderClear

パウダーコートサンプル短冊500色

※パウダーカラーは全色6.500色以上有ります。

●下処理からパウダーコートの工程●

1・塗装剥離~2・曲りガリ傷修理~・3・ブラスト研磨~4・ハンドアクション研磨~5・バレル荒研磨~6・脱脂~7・化成処理~8・200℃以上空炊き~9・パウダーコート~10・パウダークリアー(任意オプション)※2の曲りガリ傷修理こそが肝心要です。

パウダーコートフィニッシュはビジュアルも重要ですが耐久性がこそが一番の目的です。

「密着性・褪色性・耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性を重視としたカスタム塗装は溶剤よりパウダーコートが絶対優位ですがそれに対して溶剤カラーはボディーカラーと同質で調色が無限大でレベリング、色調、ビジュアル面は焼き付け溶剤の方が優位です。

そのため量産新品ホイールは耐久性より無限大のカラーバリエーションと色調やレベリング重視のため溶剤カラーが主流となっています。

現品合わせや指定カラーNOが有る場合はパウダーコートはベースとして調色可能な溶剤カラーでトップコートも溶剤クリアーになります。

パウダーコートベースからの溶剤カラーhttp://243ok.com/blog/category/495/

溶剤塗装は焼き付け温度が80℃前後のため使用中にホイールは熱を持ち50℃前後で溶剤塗膜が柔らかくなりパットカスや異物が熱で柔らかくなった塗膜に刺さり付着していくら洗っても取れなくなります。

パウダーコートは樹脂膜の上焼き付け温度が200℃前後のため120℃前後まで達しないと塗膜が柔らかくななりませんので通常の使用熱位ではパットカスや異物などびくともしません。

ブレーキパットカス付着の多い外車などは特にパウダーコートが一番適した塗装です。

ガラスコーティングなどボディーカラーと同様の溶剤肌をコーティング保護するためのモノですのでパウダーコートしたモノへのガラスコーティングなど不要です。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/494/

2016.08.25

1Psディッシュ&2Ps無限のバレル2次元研磨&3次元元研磨

1Psディッシュ&2Ps無限のバレル2次元研磨&3次元元研磨当社自慢のバレル2次元&3次元研磨ノークリアーとパウダークリアーです。

ハンドバフ磨きによる「バフ焼け・バフムラ・バフライン」などを完全に無くして鏡面仕上げするのがバレル研磨です。

2台共年代モノで鋳造と鍛造との素材の違いこそ有りますがどちらも高品質な国産品のため腐食と変な修復歴さえなければ問題無くピカピカになります。

※重要):曲りガリ傷は治せても「虫食い、陥没、腐食」などは治りませんのでバレル研磨やパウダーコートは腐食損傷の有無こそが仕上がりを大きく左右する重要ポイントです。

1Psディッシュ&2Ps無限のバレル2次元&3次元研磨のノークリアー&パウダークリアー

その1・・1Psディッシュ/バレル2次元研磨ノークリアー

静岡県のお客様・・モデル名不明の1Ps鋳造(CAST)ホイールです。元がポリッシュのノークリアーのため酸化白ボケはしてますが常に乾燥した状態のため白ミミズ腐食は起きません。

同年代のポリッシュでも肌の弱い量産式一液型オンクリアーされたポリッシュホイールはアルミ素地とクリアーの間に水が浸入して密封された湿った状態のため白ミミズ腐食が入ります。

ブラスト研磨

ハンドアクション研磨から回転研磨機にてリム研摩

バレル荒研磨からバレル中研磨

インナーリムから側面リムは回転研磨機にてリム研摩

ハンドバフ磨きとバレル仕上げ研磨でペーパー目は無くなるまで数回繰り返します。

バレル仕上げ研磨の完成です。

インナーリムから側面リムはバレル研磨でついでに綺麗になります。

バフ磨きで避けられない「バフ焼け・バフムラ・バフライン」などを完全に無くして鏡面仕上げするのがバレル研磨です。

プレスタイプの薄いキャップはバレル研磨出来ませんのでバフ磨きとなります。

※薄い板物の凹んだ箇所の修理は出来ません。

オリジナル同様にノークリアー仕上げです。

ノークリアーはオンクリアーの様に白ミミズシミ腐食は入りませんがアルミ素地は酸化白ボケしますので普段小まめなメンテナンスが必要です。

その2・・2Ps無限バレル3次元研磨パウダークリアー

埼玉県のお客様・・・年代モノの割には腐食も無く程度良好です。バレル研磨からパウダークリアーでコーティングします。

インリムの曲り修理

BBFバフ磨きからアウトリムのバレル研磨

鍛造ディスクのためバレル仕上げ研磨フィニッシュ時でクリアー前は鏡面クロームメッキの様な光沢になります。

キャップ、2Ps本体、センターディスクのパウダークリアーの静電噴射!

パウダークリアー後に無限ロゴ貼り付け

洗浄研磨したピアスボルトを装着組み付け完成!

インナーリムから側面リムまで丸塗りのパウダーコートは「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」など効果的でガラスコーティングなど不要です。

ディスク窓部はマスニング形成された鍛造ディスクのため2次元研磨の料金で実質3次元研磨と同等のフルポリッシュになります。

ピアスボルトが錆びていては見た目効果が半減しますのでピアスボルトは洗浄研磨で再生出来ない場合は再クロームになります。

パウダークリアーは「密着性・褪色性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性は新品時の一液型溶剤クリアーよりは遥かに勝ります。

・・パウダークリアーの特性・・・

磨き肌ポリッシュへのクリアー塗装は密着性が劣るため溶剤のクリアーでは飛び石や干渉傷に弱くなります。それに対してパウダークリアーは「密着性、耐候性、褪色性」などはパウダークリアーが最強ですが厚い樹脂膜のため艶引き感が出る事と傷を入れた場合部分修理が出来ませんので全面パウダークリアー剥離が必要になります。

・・・ノークリアーの長所・・・

素材光沢がそのまま表現されます。クリアー層の下へ入る水の侵入など有りませんの白ミミズ腐食などは無縁です。また少々の傷直しや白ボケは手磨きでユーザー自身でリペアーが出来ます。

・・・ノークリアーの短所・・・

雨泥や塩カリ、降灰が被ったまま放置すると水垢や酸化腐食、白ボケを起こしますので普段のメンテが必要になります。お住まいの環境地域条件にも大きく左右します。

・・ノークリアーのメンテについて・・・

アルミ素地無垢は泥や水気が一番の敵ですので泥汚れは水洗いして乾燥させた後に市販のコンパウンドで手磨きして水弾きの強いワックスを塗ってコーティングしておけば光沢を永く維持出来ます。洗車や磨きを至福の喜びとする方はノークリアーが良いかと思います。

バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。

以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません アフターケアーは安心してお任せください。 

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

2016.08.20

OZスカラー裏割れ修理からブラッシュド/パーツ別フルパウダーコート

OZスカラー裏割れ修理からブラッシュド/パーツ別フルパウダーコートOZスカラーオリジナルはリムバフポリッシュ一液型溶剤クリアーとディスク&キャップはダイヤモンドカット一液型溶剤クリアーですが、曲り、ガリ傷、裏割れ修理ついでに「密着性・耐UV性、耐熱性・頑丈肌」など総合的な耐久性を重視してパウダーシルバー&ブラッシュドによるフルパウダーコートでの模様替えです。

量産式一液型溶剤クリアーとワンオフ向きのパウダークリアーとの耐久性の差はその比では有りません。

OZスカラー裏割れ修理からパウダーシルバー&ブラッシュド全パーツフルパウダーコート

栃木県のお客様・・・OZスカラー18インチ曲り、ガリ傷、裏割れ修理ついでに耐久性重視のブラッシュドフルパウダーコートに模様替えします。

ダイヤモンドカットオンクリアー特有の水の侵入による白ミミズ錆び現象です。・・ダイヤモンドカットはエッジが鋭角になためクリアー層が薄く伸びてしまいす。またダイヤモンドカット面へは足付けサイディングが出来ないため直塗りとなり密着性が悪くなるため角部周辺から水の侵入で白ミミズ錆び腐食が進行する原因です。

ポリッシュ腐食現象についてhttp://www.243ok.co.jp/z.,window/simifusyoku.html

リム曲り、ガリ傷、割れ2ヶ所有りの修理から

割れ修理は溶接が満遍なく溶け込む様にV字に開先を取って表裏包む様に溶接します。

溶接部ハンド研磨形成!

※溶接部の研磨形成に時間と手間が掛かります。溶接団子残し修理なら1本10分も掛かりませんので美味しい仕事です。

割れ修理が終われば普段通りパウダーコート下処理の全面研磨します。

インナーリムのパウダーシルバーの静電噴射!

アウトリムも曲り、ガリ傷修理からBBFバフポリッシュして密着性向上を図りガスグラスプライマーの化学処理

アウトリムのパウダークリアー静電噴射!

ディスクの「剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨~バレル研磨」多くの下処理をしてパウダーシルバーに入ります。※塗装は下処理が命

1コート目ベースカラーとなるパウダーシルバーの静電噴射!

スポーク天面のパウダーシルバーを剥いでブラッシュドの下準備に入ります。

先塗り窓部パウダーシルバーをマスキングガードしてスポーク天面部のみブラッシュド

2コート目となるパウダークリアーの静電噴射!

6角部とプレート一体型のセンターキャップは6角キャップをバレル研磨してプレートはブラッシュドから丸塗りのパウダークリアー静電噴射!

錆びたナットのブラスト研磨からガスグラスプライマーして再錆び防止のためのパウダーシルバーの静電噴射!

ピアスボルトは洗浄研磨してガスグラスプライマーして再錆び防止のパウダークリアーの静電噴射!

全パーツ個別パウダーコートの完成!

組み付け合体完成!

裏リム割れ修理からパウダーシルバー!

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリムはパウダーコートがお勧めです。ガラスコーティングなども必要有りません。

ダイヤモンドカットやリムポリッシュへの量産式一液型溶剤クリアーとブラッシュドやリムポリッシュへワンオフ向きのパウダークリアーとの耐久性の差はその比では有りません。

塗膜がモッチリした樹脂膜頑丈肌のパウダークリアーにより

ピアスボルトとアウトリムポリッシュの錆び腐食防止として一役買います。

ブラッシュドには耐久性は基より見た目もパウダークリアーが相性抜群です。

■OZスカラー18インチ/ブラッシュド全パーツフルパウダーコートの詳細■

 1・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー) 

2・インナーリム・・・・・・・割れ修理(パウダーシルバー)

3・センターディスク・・・・パウダーシルバー&ブラッシュド(パウダークリアー)

4・センターキャップ・・・・・バレル研磨&ブラッシュド(パウダークリアー)

5・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨(パウダークリアー)

6・ナット・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨(パウダーシルバー)

7・エンブレム・・・・・・・・交換無し再利用

8・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し 

装着写真を頂きました。

 

●インリム割れ修理に付いて●

研摩形成無し溶接団子残しのインリム割れ修理痕が頻繁に舞い込んで来ますが、それらは強度確保が目的らしいですが、団子の上から割れてしまい何の根拠も効果も無く何よりも見た目が不細工で手抜き作業以外何物でも無いです。

さらに悪質な団子残しを平滑面出しのためにコーキングで隠して有る割れ修理です。

溶接団子残しの手直し修理は全てお断りしています。

     OZスカラーの裏割れ修理

             

普段見えない裏リムとは言えキチンと表裏研磨形成して何処を治したか解らない様に治すのが本来の割れクラック修理です。

※エアーが漏れなければいいってもんじゃ有りません。・・・

■裏リム割れ修理注意点について■

割れないホイールは何十年経っても割れませんが大きな衝撃も無く自然に割れるホイールは素材の原因や使用条件で大きく左右されます。

1・一回割れた箇所は強度が低下しますので同じ箇所の再クラックや他の箇所が割れてもクレームの対象外となります。

2・引っ張りタイヤやシャコタンなどイン側へ極端に負担がかかりますので余計にインリムが割れやすくなります。

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメイクに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

  (有)オートサービス西

2016.08.18

BBS-RS-GT19インチ/フルパウダーコートによるDSK-P

量産新品の溶剤ハイパー塗装(DBK&DSK)は高級感有るメタル調塗装で社外ブランドホイールや高級車の純正ホイールに多く採用されています。

溶剤ハイパー塗装はベースから銀膜添付、トップコートまで溶剤の4層重ね塗りのため塗装肌が脆く剥げ易いのが最大の弱点欠点でも有ります。

溶剤のハイパー塗装の弱点欠点を補い且つ近い表現で耐久性向上を図るために「パウダーメタルコート&パウダースーパークリアー」フルパウダーコートによるDSK-Pです。

BBS-RS-GTフルパウダーコートによるDSK-P

大分県のお客様・・・曲りガリ傷の無い程度良好なRS-GTの溶剤DSK-Pから耐久性重視のパウダーコートによるDSK-Pに模様替えします。

曲りガリ傷修理が有りませんので早速リムとディスクの塗装剥離に入ります。

インナーリムから側面リムまで2Ps本体の研磨

2Ps本体のパウダーシルバー静電噴射!

アウトリムのBBFバフ研磨からさらにバレル研磨

ポリッシュ面への密着性向上のためのガスグラスプライマーの化学処理プライマー

アウトリムのパウダークリアー静電噴射!

塗装剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨

バレル研磨までして確実な下処理仕込みをします。塗装は下処理が命!

1コート目パウダーメタルコートの静電噴射!

1コート目のパウダーメタルコートで銀色に輝くメッキ調になりその上にパウダースーパークリアーを塗ればハイパーシルバー(DSK)調になります。

2コート目のパウダースーパークリアーの静電噴射!

ピアスボルトを洗浄研磨して組み付け完成

インナーリムから側面リムまでパウダー2コートでがっちりガードしていますので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などこれ以上ないより効果的な塗装ですのでガラスコーティングなど一切不要です。

溶剤のDSKに比べればやや暗めですがシルバーの高輝度は溶剤のDSKより勝りさらに塗膜の頑丈肌は溶剤ハイパー塗装の比では有りません。

アウトリムポリッシュはバレル研磨により映り込みの有る鏡面ポリッシュです。

パウダーコートDSK-Pによる耐久性有る美しいRS-GT

パウダーコートDSKは溶剤のDSKとほぼ近い表現となり色見がやや濃い目では有りますがギラギラ感の無い高輝度はなどや総合的な耐久性の観点からDSKに関してはパウダーコートDSKの方が絶対有利です。

パウダーコート(DBK&DSK)は200℃高温焼き付けの樹脂膜のため「密着性、耐光性、耐色性、耐熱性、頑丈肌」など溶剤ハイパー塗装とは比べモノにならないレベルですが、完全無欠な塗装などは有りませんので弱点欠点も有ります。

・・パウダーコート(DBK&DSK)の弱点欠点・・

1・パウダーコートは粉(個体)の静電気蒸着方のためプラ樹脂製は通電せず高温焼き付けに耐えきれませんので金属製以外のモノは施工が出来ません。

2・液体ガン吹き溶剤塗装の様に臨機応変に部分塗装修理が出来ません。

3・200℃高温焼き付けのため「虫食い、腐食、巣穴」の酷いモノは空気発泡現象が起きます。

4・パウダーコート(DSK)は溶剤DSKとほぼ同じ色調色合いになりますが、パウダーコート(DBK)はやや青赤みが有り溶剤DBKとは若干の色ずれが有ります。


 【溶剤ハイパー塗装とパウダーコート塗装肌の強度比べ】 実験YouTube動画

https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU


■溶剤ハイパー塗装の特性のおさらい■

ハイパー塗装は一般的な調色した溶剤2コートカラー塗装と違い4~5層の塗装を重ねたレイヤー式のメタル調表現のため密着性を犠牲にして成しえる高級感あるハイパー塗装になります。

 

ハイパー塗装はベースカラーの上へ銀膜から最終のトップコートまでの中間塗装はサイディングや密着剤添付が出来ません。つまりベース上の中間から上の層まではバームクーヘンのように挟んで重ねてあるだけのため密着が悪くなり飛び石に弱く、また取り付け時の工具干渉やタイヤ組み付け傷など付きやすく塗装肌が軟弱な事が最大の弱点ですのでタイヤ組み付けや装着作業また普段のメンテなど極デリケートに扱いう必要が有ります。 

それら密着性を犠牲にして特殊なカラー表現ですので高級特殊塗装と言われる(ハイパーやスパッタリングメッキ)は重ね塗り手法のためカスタム塗りも社外量産新品や純正ホイールなどハイパー塗装は全て高圧洗浄機や洗車機は絶対厳禁です。

ハイパー銀膜の上に直接クリアーコートして有るためリムへシールなど貼ってシールを剥いだ時にクリアーも付いて剥げる事も有りますのでご注意ください。


再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。


4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225



  (有)オートサービス西

2016.08.13

BBS-RS15インチ社外リム交換リバレル全パーツフルパウダーコート

ここにエントリー本文を書きます。

LMと同様にオーダーが多いBBS-RSお得意の深リム交換リバレルから耐久性重視の全パーツフルパウダーコートです。

RSの3Psは「純正リム、社外リムキット、付属パーツ」など豊富なラインナップでサイズ変更、ピッチ加工、パーツ個別加工など様々なカスタムリバレルが自由自在に可能でです。         

※RS3Psの復刻版Super-RSは2Psですので深リム交換リバレルなど出来ません。デザインは似ていますが別物、別構造ですので勘違い無い様に・・・

BBS-RS15x8.0J&8.5J/100-4H/社外リムリバレル全パーツフルパウダーコート

静岡県のお客様・・人気が高く入庫率が多い希少なRS100-4Hです。

アウトリム&インリムの曲りチェック修理からですが今回アウトリムは交換しますので曲り修理しません。

インリムの剥離研磨

インリムはパウダーシルバーの静電噴射!

センターディスク&メッシュプレートの剥離ブラスト研磨

肌出しアクション研磨からバレル研磨で塗装前の下処理仕込み。塗装は下処理が命!

センターディスク&メッシュプレートの1コート目パウダーAcuraSilver

パウダーメタリック系1コートでも特別問題有りませんが、メタリック本来のメタ質感や艶が出ませんので「光沢性、耐色性、耐久性」を上げるためにメタリック系はパウダークリアーでリコートした方がより効果的です。

2コート目のパウダークリアー静電噴射!

錆びたナットのブラスト研磨からガスグラスプライマーしてパウダーシルバーの静電噴射!

洗浄研磨からガスグラスプライマーして再錆び防止のパウダークリアーの静電噴射!

海外輸入の社外リム15x2.0Jx2枚と2.5Jx2枚入荷!

※バフ磨き済みのためノークリアーの場合このまま組み付けいたしますがパウダークリアーを塗る場合はバフ磨きムラ、手垢シミ、輸送小傷など有りますので再研磨が必要です。

海外輸入社外リムのBBFバフポリッシュ再研摩!

BBFバフポリッシュからパウダークリアー前に密着性向上のガスグラスプライマーの添付

アウトリムへのパウダークリアー静電噴射!

フロント用ホイール15x8.0J/100-4H/OFF+15

●8.0J=203.2÷2=101.6

アウト2.0J(50.8㎜)+ディスクの重ね厚0.5J(12.7㎜)+ディスク下駄の高さ(23.15㎜)合計86.65㎜101.6-86.65=14.95㎜

リアー用ホイール15x8.5J/100-4H/OFF+8.6

●8.5J=215.9÷2=107.95

アウト2.5J(63.5㎜)+ディスクの重ね厚0.5J(12.7㎜)+ディスク下駄の高さ(23.15㎜)合計99.35㎜

107.95-99.35=8.6㎜

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などインリムはパウダーコートがお勧めです。またガラスコーティングなども必要有りません。

塗膜がモッチリした樹脂膜頑丈肌のパウダークリアーにより

ピアスボルトとアウトリムポリッシュの錆び腐食防止として一役買います。

パウダーコートは溶剤カラーの倍ほど塗膜が厚くなりさらにパウダークリアーによる2コートのため肉厚感有るモッチリとしたパウダーシルバーになります。

フルパウダーコートで耐久性が向上した美しいRS!

3PsのRSはリムの着せ替えが自由自在に出来ますで5.0J~13.0Jまでお好みサイズにカスタマイズ、パーツ個別加工出来るのがRS3Psの最大の魅力です。

■RS15インチ/リバレルフルパウダーコートの詳細■

 1・アウターリム・・・・・・・2.0Jx2+2.5Jx2枚社外リム交換(パウダークリアー) 

2・インナーリム・・・・・・・リム曲り修理剥離研磨(パウダーシルバー)

3・センターディスク・・・・パウダーシルバー&パウダークリアー(パウダー2コート)

4メッシュプレート・・・・・パウダーシルバー&パウダークリアー(パウダー2コート)

5・六角キャップ・・・・・・・・バレル研磨(パウダークリアー)

6・ピアスボルト・・・・・・・40本交換洗浄研磨(パウダークリアー)

7・ナット・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨(パウダーシルバー)

8・エアーバルブ・・・・・・BBS純正新品交換

9・エンブレム・・・・・・・・交換無し再利用

10・リフレッシュの完全分解に伴うシーリング打ち直し 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

PS:夏季休暇について

8月13日~8月17日までお盆休みとさせて頂きます。

  (有)オートサービス西

2016.08.10

OZスカラーリムにOZフッツーラディスク移植リフレッシュ・リメーク

OZスカラーは2Psオーバーヘッド式でOZフッツーラは3Psアンダーヘッド又はサンドウイッチ式になります。構造は違っても同メーカー同サイズの場合、ディスク勘合が同じで互換性が有ればお互いにリムとディスクの移植が可能です。

スカラー2Psリムへフッツーラのディスクを移植してフロント側が2Psとなり、リアー側が3PsのままのOZフッツーラのカスタムリフレッシュ・リメークです。

OZ3PsフッツーラディスクをOZスカラー2Psリムへ移植カスタムリフレッシュ・リメーク

神奈川県のお客様・・OZフッツーラ4本とOZスカラー2本計6本お送り頂きOZスカラー2本のリムにOZフッツーラのディスクを移植リフレッシュ・リメークいます。

採用するリムの曲りガリ傷修理からスタートです。

ディスク取りの採用しないリムの曲りガリ傷はノータッチです。

2Psと3PsのアウトリムのBBFバフポリッシュからパウダークリアー前に密着性向上のガスグラスプライマーの添付

3Psのインリムx2枚の剥離からリム研摩

OZスカラー2Psは本体丸ごと3Psフッツーラはインリムのみパウダークリアー静電噴射!

提出頂いたハブリングに合したC面取りからのハブ穴加工

センターディスクの剥離ブラスト研磨からハンドアクション研磨

さらに平滑面出しのためのバレル荒研磨!

塗装は下処理仕込みが命

ホイール6本分840個のナットから錆びの少ない程度の良い4本分560個を選別して錆びたナットのブラスト研磨からガスグラスプライマーしてパウダーシルバーの静電噴射!

ホイール6本分840本のピアスボルトからクローム損傷の無い4本分560本を選別して洗浄研磨からガスグラスプライマーして再錆び防止のパウダークリアーの静電噴射!

2Psと3Psの全パーツ個別加工の完成!

フロント側OZスカラー2Psリムへのフッツーラのディスク移植組み付完成!

※OZスカラーのリムはオーバーヘッド式2Psリムですがピアスボルト台座から磨いてフッツーラのディスクを裏組すればフッツーラ本来の違和感無いアンダーディスク仕様になります。

リアー側は移植無しのオリジナルのまま組み付け合体完成!

リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」などの利点からインリムカラーはパウダーコートが絶対お勧めで、ガラスコーティングなども不要です。

パウダーコートはカラー調色が出来ませんのでホイールの顔となるセンターディスクは調色無限のビジュアル重視でアクリルウレタン溶剤シルバーでの再塗装です。

パウダーコートと溶剤カラーそれぞれ一長一短が有りますので得意とする分野の組み合わせこそが理想的な塗装です。何でも感でもパウダーを塗れば良いモノでも有りません。

塗膜がモッチリした樹脂膜頑丈肌のパウダークリアー

ピアスボルトとアウトリムポリッシュはパウダークリアーでコーティングされていますので錆び腐食防止として一役買います。

■OZフッツーラ20インチ/リム移植リフレッシュ・リメークの詳細■

 ・アウターリム・・・・・・・BBFバフポリッシュ(パウダークリアー) 

・インナーリム・・・・・・・剥離研磨カラー塗装無し無垢(パウダークリアー) 

・センターディスク・・・・溶剤シルバーメタ

・センターキャップ・・・・・溶剤シルバーメタ

・カーボンリング・・・・・・レンズクリアー

・ピアスボルト・・・・・・・洗浄研磨(パウダークリアー)

・ナット・・・・・・・・・・・・・ブラスト研磨(パウダーシルバー)

・エアーバルブ・・・・・・・洗浄研磨再利用

・3Psリム・・・・・・・・・・・・分解合体に伴うシーリング打ち直し 

再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。

4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。

お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。

 電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 

日曜祝祭日はお休み。

電話番号 0995-65-7225

PS:夏季休暇について

8月13日~8月17日までお盆休みとさせて頂きます。

  (有)オートサービス西

2016.08.08

SSR14インチ2Psハイパー塗装(DBK)&光輝アルマイトDBK-P

SSR14インチ2PsのDBK-P?です。メーカーで名称が異なりますがDBK-PはBBSに代表される溶剤ハイパー塗装(DBK)&ポリッシュの固有名称でPを意味するポリッシュはバフポリッシュ研磨からさらにアルマイト加工して有りますので正確に言えばDBK-Aと言ったところでしょうか?

SSRの合金プレスリムは全て光輝アルマイトですのでオリジナルに沿った拘りの光輝アルマイトでディスクは溶剤ソリッドホワイトからより高級感有るハイパーブラック(DBK)との組み合せです。

SSR14インチ/2Psハイパー塗装(DBK)&光輝アルマイトDBK-A

岩手県のお客様・・・曲りが至る所に有る合金プレスリムの光輝アルマイトSSR2Psです。

曲り修理からですがアウトリムはメクレでは無くタイヤ側へ押された押仕込み曲りです。

本来3Psですがアウトとインを溶接して有る実質2Ps扱いで溶接結合部シーリングが邪魔になります。

溶接結合部はシーリング保護してあるためこのシーリングがアルマイトに影響して悪さを起こしますのでシーリングは完全削除する必要が有ります。

アルマイト剥離研磨

2Psの場合はインリムもアルマイトが被りますのでアウトリムの様に磨き込み必要は有りませんがインリムも剥離研磨します。

2Ps本体丸ごとのアルマイト加工完成!

アウトリムはバフ磨きからのアルマイトのため光輝アルマイトになりインリムはバフ磨き無しでのアルマイトのため光輝では無く白アルマイトになります。

ディスクのエグレ肉盛り修理

※カラー塗装仕上げの場合パテ埋めでも構いませんがそこは拘りでなるべくパテ埋め補修はいたしません。

センターディスクの剥離から傷修理完成

ハンドアクション研磨からバレル研磨までして塗装の下処理仕込み!塗装は下処理が命

密着性向上のためのガスグラスプライマー

ディスクの溶剤ハイパーブラック(DBK)とリム光輝アルマイトの組み付け合体完成

2Ps本体丸ごとのアルマイト加工ですのでインナーリムから側面リムもついでにオリジナルのアルマイトになります。

BBFバフポリッシュとは違うオリジナルに沿った光輝アルマイト

高級感有る溶剤ハイパー塗装(DBK&DSK)は多層重ね式の塗装のため塗装肌がデリケートですので高圧洗浄機は絶対厳禁です。

※重要:光輝アルマイトは市販されているアルミクリナーや薬品洗浄すれば化学反応を起こし酸化して白シミやアルマイト剥げなどが出ますのでアルミクリーナーや薬品洗浄は絶対厳禁です。中性洗剤でやさしく手洗いしてください。

アウトリム単体になる3Psの場合はアウトリムのみ光輝アルマイトいたしますので、インリムはノータッチ簡易洗浄又はパウダーカラー塗装になります。

・・・アルマイト加工の条件と不可なモノ、留意点について・・・

1・・2/3Psの分解可能なリム単体になる事が最必須条件です。

2・・2Psハメ殺しのアウトリムのほとんどはアルマイトですが溶接結合でリム単体に出来ないためアルマイト加工は全て不可です。

3・・溶接を伴う修理のモノは不可では有りませんが溶接痕が現れます。

4・・鋳造リムは白濁しますのでアルマイトは不可

5・・鍛造リムは鋳造リムほど白濁しませんが合金プレスリムより白濁りが出ます。

6・・腐食の有るモノはアルマイトしても腐食痕は残った状態で現れます。

※重要アルマイト加工前の前処理となるBBFバフポリッシュの時点では肉盛り痕はなじんで消えてしまいますがアルマイトの化学反応で溶接痕がうっすらと現れて来ます。

※肉盛研磨形成を要す修理で溶接痕を気にされない方はアルマイトもお受けしますが、溶接痕が気になる方はBBFバフポリッシュ仕上げになります。

4本リフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中! 

お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

お電話でもお気軽にお問い合わせください。 

0995-65-7225  担当ニシまで 

PS:夏季休暇について

8月13日~8月17日までお盆休みとさせて頂きます。

(有)オートサービス西HPはこちら 

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/492/

2016.08.02

BBS-RS-GT18インチ/バレル2次元研磨パウダークリアー&リムバレル研磨ノークリアー

2012年限定販売のMPはバレル3次元研摩の溶剤クリアーですがバレル3次元研摩では無くコストを抑えたバレル2次元研磨のMP仕様とパウダークリアーにより耐久性UPを図ったRS-GT-MP仕様です。

加熱して4トン以上の圧力で金型に押しつけ成形する鍛造ホイールは金属組織が高密度のためバレル2次元、3次元研摩に相性抜群で腐食と変な修復歴さえなければ「パウダー塗って良し・バレル研摩して良し・軽くて取扱いに良し」と3拍子揃った高品質ホイールです。

BBS-RS-GT18インチ/バレル2次元研磨パウダークリアー/リムバレル研磨ノークリアー

東京都のお客様・・・密着性に難が有る溶剤イパー塗装特有の塗装剥がれ浮き有りを修理ついでにプレミアム感有る耐久性アップのバレル研磨フルポリッシュからパウダークリアーに模様替えします。

溶剤ハイパー塗装(DBK&DSK)は密着性に難が有るため塗装剥げ浮きが出て来ます。

先ずは中古品に付き物の「基本中の基本、曲りガリ傷修理」から

2Ps本体の剥離からリム全面研磨

2Ps本体の先塗りパウダーシルバーの静電噴射!

リムフランジのR面よりパウダーシルバーを残してそれ以外のアウトリムをBBFバフ研磨してバレル研磨します。

先塗りパウダーシルバーのリムフランジ部のシルバーを残すパターンとリムフランジまで研磨するパターンが有りますが料金変わらずお好みで対処いたします。

センターディスクの剥離ブラスト研磨

2次元バレル研磨の場合はディスク天面のみのハンド研磨からの磨き込みになります。

バレル2次元研磨はディスク天面のみ磨き込みとなりディスクサイド面は鍛造ゆず肌の表現です。

バレル中研磨からバレル荒研磨

バレル2次元仕上げ研磨が終わればパウダークリアーの静電噴射!

洗浄研磨したピアスボルトとナットを装着組み付けして完成です。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんのでパウダーコートにより「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない」などの利点からインリムカラーはパウダーコートがお勧めです。またガラスコーティングなども不要です

アウトリムはアルミ素地の磨き表現のためのノークリアーです。

ディスクサイド面窓部はバレル研磨パウダークリアーによる鈍い銀の光沢ハイパーシルバー(DSK)の様な渋い光沢になります。

写真左/ディスクサイド面窓部ゆず肌銀の光沢バレル2次元研磨と写真右/ディスクサイド面まで鏡面光沢のバレル3次元研磨

バレル研磨の2次元、3次元がクロームメッキの下処理研磨になりますのでこのれをクロームメッキすれば2Dクロームと3Dクロームになります。そのためクロームは耐久性が悪い割にはコストが掛かる理由です。

バレル3次元研磨はサイズ別算出では無くデザイン構造で料金が異なります。また研磨の限界値などで3次元研磨不可な場合も有ります。

リムはバレル研磨ノークリアーでディスクはバレル2次元研磨パウダークリアーの個別磨きにフルポリッシュプレミアムホイールです。

リムポリッシュへのオンクリアー&ノークリアーには一長一短が有ります。

ノークリアーの長所・・素材光沢がそのまま表現されます。無垢の状態ですので水の侵入による白ミミズ腐食などは無縁です。また少々の傷直しや白ボケは手磨きでユーザー自身でリペアーメンテが出来ます。

ノークリアーの短所・・雨風にさらされるといずれ酸化白ボケします。それらはDIY作業で輝きは復活しますがメンテがやや面倒です。

オンクリアーの長所・・クリアーで表面を保護すれば酸化白ボケはしませんので洗浄のみで磨きメンテは不要です。

※傷に強く密着性も良い頑丈肌のパウダークリアーでも完全無欠では有りませんので溶剤クリアーよりは長持ち先延ばしにするという意味合いと思ってください。

オンクリアーの短所・・磨き込み時よりやや艶引きが出る事と飛び石や干渉傷が入れば傷口から水の浸入で白ミミズ現象が現れます。クリアーが被ってますので白ミミズや小傷修理など一旦クリアーを全部剥がないとDIY作業では無理なため修理代のコストが掛かります。

 

バレル研摩の仕上がりは腐食の有無と素材造りの違い「鋳造(CAST)、鍛造(FORGED)」や「生産国(海外品・国産品)」などで大きく左右されます。

クロームを剥離したモノや中国製品は素材造りが悪いため基本バレル研摩は不向きです。

 以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりません。 アフターケアーは安心ください。 

4本セットリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーンを継続中です。 

お問い合わせやお見積もりはこちら nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。 

メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。

※最近巧妙で悪質な「SPAM」迷惑メールが多いため「お名前、ご住所、電話番号等」連絡先の無いメールは開封返信いたしませんので連絡先を明記の上お願いいたします。

 

電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時 ※日曜祝祭日はお休みです。

電話番号 0995-65-7225

(有)オートサービス西 HPはこちら

関連情報URL : http://243yxeoj.sw63.secure-cms.net/blog/category/473/

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

ブログ内検索

カレンダー

«8月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト

フィード