ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ - 2020年06月

2020.06.04

WALD20インチ鋳造ホイール/バレル2次元研磨ブラッシュドパウダーアクリルクリアー

WALD20インチ鋳造ホイール/バレル2次元研磨ブラッシュドパウダーアクリルクリアー

「バレル2次元研磨ブラッシュド」とは、ディスクのサイド面窓部をバレル研磨で鈍い銀の光沢にしてからリム、ディスク天面のみをブラッシュドするバレル研磨との組み合せによる当社独自のバレル2次元研磨ブラッシュド工法です。

その他様々なブラッシュドが可能!  http://www.243ok.com/menu/burashudo/

WALD20インチ鋳造ホイール/バレル2次元研磨ブラッシュドパウダーアクリルクリアー


愛知県のお客様・・・曲り、ガリ傷、塗装剥げ有りのWALD20インチ

このモデルに良くある塗装剥げ

インリム曲りとアウトリムガリ傷修理から

肉盛り溶接

リム修理が終われば塗装剥離

ブラスト研磨

ハンドアクション研磨

インナーリムから側面リム研磨

湿式バレル粗研磨

乾式バレル中研磨

湿式バレル仕上げ研磨

リム、ディスク天面ブラッシュド

アルミ製キャップ剥離研磨からブラッシュド・・・・プラ樹脂製キャップはブラッシュド不可の為、溶剤カラー塗装になります。

アルミ製キャップのパウダーアクリルクリアー静電噴射!

ポリッシュ密着性UPガスグラスプライマー化学処理してパウダーアクリルクリアー静電噴射!

バレル2次元研磨ベースのブラッシュドパウダーアクリルクリアー完成

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・ガラスコーティング不要」など再塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。
※ガラスコーティングは肌の弱い溶剤を保護するためのモノですので頑丈肌のパウダーコートにガラスコーティングなど不要です。

ディスク下処理帯もブラッシュド

ディスクのサイド面窓部はバレル研磨による鈍い銀の光沢になるためパウダーアクリルクリアーを塗る事でハイパー塗装DSK調になります。
※ハイパー塗装DSKは銀膜を透かす手法ですので銀発色した物へクリアーを塗れば原理、理屈は同じです。

繊細な虹色ヘアーラインのダイヤモンドカットとまた違う手造り感有る武骨なブラシラインがブラッシュドです。
※ダイヤモンドカットは溶剤クリアーのみ対応になりますがブラッシュドは耐久性有るパウダークリアーが塗れるのが売りです。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。
※色塗ってば誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修などインチキ行っていません。
当社でブラッシュド研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても アフターケアーは安心してお任せください。
ブラッシュドのガリ傷修理部分修理は出来ませんので全面やり直しになります。
ブラッシュドの曲り、ガリ傷修理 https://www.243ok.com/blog/category/558/
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

2020.06.02

BBS-RS16インチ/アルマイトリムからバフポリッシュ/リム交換リバレル/バレル研磨フルパウダーコート

BBS-RS16インチのアルマイトリムからBBFバフポリッシュ&リム交換バレル研磨フルパウダーコートです。

前回フロント2本アルマイトリムをBBFバフポリッシュパウダーアクリルクリアーリムと交換してお納めしましたが、現物4本見比べて違いは歴然、RSにアルマイトリムは似合わなので、アルマイトリムをBBFバフポリッシュパウダーアクリルクリアーに4本揃えたついでにリム交換バレル2次元研磨フルパウダーコート見様替えです。

BBS-RS16インチのアルマイトリムからBBFバフポリッシュ&リム交換バレル研磨フルパウダーコート


福井県のお客様・・・BBS-RS16インチのアルマイトリムとBBFバフポリッシュリム

リバレルされたRSのナットはニクロム6角ナットが多く使われてますが、当社リバレルは全てBBS純正モリブデン鋼12角ナットを再利用又は交換しています。

インリム曲り修理・・・曲がって無いホイールはめったに有りません。

インリム剥離研磨

インリム当社定番のパウダーグロスブラック静電噴射!

塗装剥離~ブラスト研磨

2次元ハンドアクション研磨

湿式バレル粗研磨

乾式バレル中研磨

2次元バフ磨き

バフ磨きとバレルを数回繰り返しバレル2次元仕上げ研磨

メッシュプレート3次元バフ磨き

凸凹した複雑で難しいメッシュプレートが光ってくれないとバレル研摩に繋がりません。

ポリッシュ密着性向上のためのガスグラスプライマー化学的処理

そうこうしている間に海外輸入社外リム3.0Jx2枚入荷

半端なサイズ(3.25J)の国産合金プレスアルマイトリムのBBFバフポリッシュ

アウトリム肌合わせ4枚BBFバフポリッシュ

ポリッシュ密着性向上のためのガスグラスプライマー化学的処理パウダーアクリルクリアー静電噴射!

SuperRS用80φ6角キャップ、バレル3次元研磨からパウダーアクリルクリアー静電噴射!

個別施工の全パーツフルパウダーコート完成!

フロント:16x9.0J完成!「アウト3.0J+ディスク挟み厚0.5J+インリム5.5J」

リア:16x9.75J完成!「アウト3.25JJ+ディスク挟み厚0.5J+イン6.0J」
※国産社外アルマイトリムは0.75スタート0.5刻みですので9.0や9.5Jにはならず半端なサイズになりますのでなりますのでご注意ください。

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」インリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。パウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

密着性、透明度の高いのパウダーアクリルクリアー

素地磨きによるアルミ独特のいぶし銀の光沢です。

国産社外アルマイトリムからバフポリッシュパウダーアクリルクリアーがよりRSらしくなります。
※RSに化研光輝アルマイトリムは似合いません!

■BBS-RS16インチ/リム交換バレル2次元研磨フルパウダーコートの詳細■
・アウターリム・・・・・・・・3.0Jx2枚交換BBFバフポリッシュパウダーアクリルクリアー
・インナーリム・・・・・・・・パウダーグロスブラック
・センターディスク・・・・・・バレル2次元研磨パウダーアクリルクリアー
・メッシュプレート・・・・・・バレル3次元研磨パウダーアクリルクリアー
・6角キャップ ・・・・・・・・バレル3次元研磨パウダーアクリルクリアー
・ピアスボルト・・・・・・・・洗浄研磨
・ナット・・・・・・・・・・・ニクロム6角ナットからRS純正モリブデン鋼12角メッキナット交換
・エアーバルブ・・・・・・・・洗浄研磨中古再利用
・エンブレム・・・・・・・・・中古再利用・リム交換分解合体に伴うシーリング打ち直し
RS用純正中古パーツ「アウトリム&インリム・ディスク・メッシュプレート・6角キャップ・ピアスボルト・ナット」など修理リフレッシュお客様用のストック品のため中古パーツのみの販売はお断りしています。

左:化研光輝アルマイト  右:BBFバフポリッシュパウダーアクリルクリアー
以前当社でバレル研磨したお客様へ!曲りやガリ傷をつけてしまっても低価格で完璧な修理をしてまたピカピカに蘇えらせますので少々のダメージは心配いりませんアフターケアーは安心してお任せください。
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール問い合わせのお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」など有ります。電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。
お名前、ご住所、電話番号など連絡先が明記されて無いメールは「SPAM」迷惑メールと判断して削除されますので回答返信出来ません。
営業時間:9:00時~19:00時
定休日:日曜祝祭日
電話番号 0995-65-7225
   (有)オートサービス西

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード