ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

2019.11.09

ハーマン22インチ鋳造ホイール/パウダーグロスブラックパウダーアクリルクリアー

ハーマン22インチ鋳造ホイールのパウダーグロスブラックパウダーアクリルクリアー

1Psのインリムを輪切り切断溶接してリム幅を細くしパテ埋め面出しして有るびっくりホイールです。

2Ps、3Psのリム交換はディスクとリムにセンター合わせ勘合が有りますので振れる事無く、自由自在にリバレル出来ますが、1Psを輪切り切断して溶接合わせしたホイールは中心、縦、横にずれが出ますので横振れ、縦振れを起こす邪道な改造です。

ハーマン22インチ鋳造ホイール/パウダーグロスブラックパウダーアクリルクリアー


群馬県のお客様・・・上塗りされた怪しげなハーマン22インチ鋳造ホイールです。

大雑把なシングルアクション研磨と上塗りですのでキャップハメ外しで塗装も剥げます。

ホイールは曲がっていないのにやけに横縦振れするのでざっくり塗装を剥いで確認したら何となんインリムを切断溶接してリム幅を細くしてありました。
同サイズ4本のつもりの購入でしたがフロント側2本は切って貼った悪質なホイールです。

切って貼ったインリム溶接部は面出しのパテ埋め補修・・それ以外も削りまくり

アウトリムのガリ傷は当然の様にパテ埋め補修

パテ埋め補修ガリ傷の肉盛り修理

リム研磨形成~リム研磨

1Psインナーリムから側面リム研磨

リム研磨形成~ハンドアクション研磨~バレル荒研磨の下処理仕込み
再塗装は修理から下処理仕込みが命です。

パウダーグロスブラック静電噴射!

1コート目パウダーグロスブラック
黒、白、赤、青、黄色、他ソリッド系はパウダー1コートでも構いませんのでパウダークリアーは任意ですが、光沢性、耐食性、耐久性UPのため”パウダーアクリルクリアー”リコートをお勧めします。

パウダーグロスブラックサンディング

パウダーアクリルクリアーリコート

アルミ製キャップもホイールと同じ工程

パウダーグロスブラックサンディングからのパウダーアクリルクリアーコート

パウダーグロスブラックパウダーアクリルクリアー

・・・インリムへのパウダーコート推奨理由・・・
裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い・黒は汚れが目立たない・黒光りして見栄えが良い」などインリム塗装はパウダーコートが絶対お勧めです。さらにパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

ガン吹き液体溶剤カラー塗装では狭く奥深いホイール穴や角部など完全に塗装が届かず「角が薄くなる・ざらつく・狙い過ぎの塗装垂れ」などよく目にしますが、静電噴射式のパウダーコートは満遍無く塗装が出来てガン吹き液体溶剤カラー塗装より奇麗に仕上がり艶も出ます。

インリムを輪切り溶接貼り付けしてパテ埋めで誤魔化して有った個所は手直し無し現状のまま

ネット購入は写真でしか判断出来ませんのでとんでも無いホイールを結構なお値段で捕まされる事も有りますので基本的に上塗り塗装品は疑ってかっかた方が無難です。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※ガリ傷削り込み修理や色塗って誤魔化せるパテ埋め補修など行っていません。
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
営業時間:平日9:00時~19:00時
定休日:日曜祝祭日
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード