ホイール修正・リフレッシュ・リメーク・全国対応のカスタム専門プロショップ オートサービス西

お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。 0995-65-7225 営業時間  9:30~19:30 定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせ

仕上げ実績・ブログ

2019.04.02

RAYS15インチ/溶剤ハイパー塗装DBKからパウダーコートDBK

RAYS15インチの溶剤ハイパー塗装DBKから耐久性重視のパウダーコートDBKです。

ハイパー塗装はメーカーにより名称が異なりDBK、DSKはBBS固有名称ですが一般的にハイパー塗装をDBK、DSKと呼ばれています。

黒ベースDBKとグレーベースDSKは溶剤4コートメタル調塗装で高級感は有りますが、塗装肌がデリケートで脆く弱いのが溶剤ハイパー塗装の弱点です。

溶剤ハイパー塗装は塗膜が弱いデリケート肌の弱点を補うのがDBK&DSK近似の耐久性重視フルパウダーコートによる再塗装です。

RAYS15インチ/溶剤ハイパー塗装DBKからパウダーコートDBK


神奈川県のお客様・・・ガリ傷修理ついでに溶剤ハイパー塗装DBKからパウダーコートDBKに塗り替えです。

溶剤ハイパー塗装DBK特有の塗装浮き剥げが至る個所出て来てます。

アルミ製バルブは柔らかいためナット締め過ぎでバルブが変形して焼き付きを起こし再利用不可です。※軽量が売りのアルミ製バルブは焼き付き損傷が多く再利用出来ないモノが有りますので、わずか10g程度軽くなった処でタイヤバランスのウェイト付ければ意味が無いかと思いますが?・・・・

ガリ傷肉盛り修理

リム研磨形成~剥離~ブラスト研磨~ハンドアクション研磨~バレル荒研磨
※塗装は下処理、仕込みが命!

インナーリムから側面リム研磨

1コート目・・・ミラークロームDBK風パウダーコート静電噴射!

パウダーミラークローム乾燥冷却待ち

2コート目・・・パウダースモークブラック静電噴射!

パウダースモークブラックの艶出しパウダーアクリルクリアー前

3コート目・・・最終トップコートのパウダーアクリルクリアー静電噴射!

プラ樹脂製キャップはパウダーコート出来ませんのでガン吹き液体溶剤カラー塗装になります。
※爪折れ1個有り

エンブレムマスキングしてガン吹き液体溶剤カラー塗装からエンブレム丸塗りのレンズクリアー

金属エアーバルブはホイールと同様のパウダーコートDBK塗装

パウダーコートDBK風完成!・・・写真では上手く表現出来ませので実物とは色合いが異なります。

裏リムは普段汚れっぱなしでメンテ掃除が出来ませんので「頑丈肌で密着性が良く塗装が剥げにくい・熱に強いためパットカスが付きにくい・汚れ付着がしにくいため汚れ落ちが良い」の利点からインリムまで塗装までパウダーコートが絶対お勧めです。ガラスコーティングは肌の弱い溶剤カラーを保護する役目のコーティングですので頑丈肌のパウダーコートはガラスコーティングなど不要です。

下処理仕込みのバレル荒研磨でユズ肌も消えて平滑レベリングも良好ですが、本来のハイパー塗装DBK色味メタリック感はガン吹き液体溶剤DBK塗装が勝ります。

塗装仕上げのビジュアルも重要ですが見えない工程、基本土台となる修理こそが修理屋の本丸です。

リム外周全面削れていたリム原型修復はほぼ完璧です。※パテ埋めなど補修など一切行っていません。

装着写真を頂きました。・・・ベースカラーを透かした手法のため光の当たり具合いで黒濃淡が変化します。
・・パウダーコート(DBK&DSK)の弱点欠点・・
1・パウダーコートは粉(個体)の静電気蒸着方のためプラ樹脂製は通電せず高温焼き付けに耐えきれませんので金属製以外のモノは施工が出来ません。
2・液体ガン吹き溶剤塗装の様に臨機応変に部分塗装修理が出来ません。
3・200℃高温焼き付けのため「虫食い、腐食、巣穴」の酷いモノは空気発泡現象が起きます。
【溶剤ハイパー塗装とパウダーコート塗装肌の強度比べ】 実験YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=EwgV3IQNJiU
■溶剤ハイパー塗装の特性のおさらい■
ハイパー塗装は一般的な調色した溶剤2コートカラー塗装と違い4~5層の塗装を重ねたレイヤー式のメタル調表現のため密着性を犠牲にして成しえる高級感あるハイパー塗装になります。
ハイパー塗装はベースカラーの上へ銀膜から最終のトップコートまでの中間塗装はサイディングや密着剤添付が出来ません。つまりベース上の中間から上の層まではバームクーヘンのように挟んで重ねてあるだけのため密着が悪くなり飛び石に弱く、また取り付け時の工具干渉やタイヤ組み付け傷など付きやすく塗装肌が軟弱な事が最大の弱点ですのでタイヤ組み付けや装着作業また普段のメンテなど極デリケートに扱いう必要が有ります。
それら密着性を犠牲にして特殊なカラー表現ですので高級特殊塗装と言われる(ハイパーやスパッタリングメッキ)は重ね塗り手法のためカスタム塗りも社外量産新品や純正ホイールなどハイパー塗装は全て高圧洗浄機や洗車機は絶対厳禁です。
再塗装や磨きによるリフレッシュ・リメークは基本土台となるホイール修理が出来てからの話しです。※色塗って誤魔化せる削り込み修理やパテ埋め補修など素人でも出来る塗装修理などプロの仕事では有りません。
4本フルリフレッシュ・リメークに限り送料往復無料キャンペーン中!
お問い合わせやお見積もりは会社メール nishi@243ok.co.jp  の方へお願いいたします。
メール送受信のお願い・・携帯からのメールでは一部「受信制限、返信不能、文字化け」などが有り電話番号が明記されないと、こちらから連絡の取り様が有りませんので必ず電話番号明記の上お願いします。返信不能な場合はこちらからお電話いたします。
電話受付:平日AM9:00時~PM19:00時
日曜祝祭日お休み。
電話番号 0995-65-7225
(有)オートサービス西

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ホイール修正・リフレッシュ・リメークは
「全国対応のカスタム専門プロショップ 」オートサービス西へ

カレンダー

«4月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

カテゴリーリスト

アーカイブ

フィード